AGA薬プロペシアとジェネリック「フィナステリド(ファイザー、サワイ、クラシエ)」の効果の違い

考え込む外国人

プロペシアのジェネリックであるフィナステリド「ファイザー」「サワイ」「クラシエ」のAGAの効果は、プロペシアと同等です

フィナステリドの各メーカーが試験を行い、効果が同等(生物学的に同等)であることを証明しているからです。

効果が同等(生物学的に同等)とは
「吸収される薬の量と時間、排泄される薬の量と時間が同等である」
つまり、血中濃度の推移が同じグラフを描くことを言います。

スポンサーリンク

プロペシアとフィナステリド「ファイザー」の効果の違い

左図:フィナステリド0.2mg「ファイザー」錠、右図:フィナステリド1mg「ファイザー」錠

左:フィナステリド0.2mg「ファイザー」錠
右:フィナステリド1mg「ファイザー」錠

プロペシアとフィナステリド「ファイザー」の血中濃度推移

フィナステリド「ファイザー」とプロペシアの血中濃度推移(グラフ)

標準製剤=プロペシア
出典:フィナステリド「ファイザー」添付文書

プロペシアのジェネリックであるフィナステリド「ファイザー」の臨床試験のグラフです。

このグラフだけを見る限り、
血中フィナステリド濃度が、ほとんどの時間においてフィナステリド「ファイザー」の方が高いです

誤差の範囲内で効果は同等と判断しますが、何かを期待してしまいます。

プロペシアとフィナステリド「サワイ」の効果の違い

最強AGA薬、ついに発売。価格も効果も最強!

ザガーロ発売!価格と効果はプロペシア、フィナステリド、アボルブとどう違う?
ザガーロは、プロペシアの1.5倍以上の価格が付くなどの憶測がありましたが、それ以下の価格で推移しています。ザガーロの費用対効果は優れているのでしょうか?

フィナステリド「サワイ」0.2mgと1mg

左:フィナステリド0.2mg「サワイ」錠
右:フィナステリド1mg「サワイ」錠

プロペシアとフィナステリド「サワイ」の血中濃度推移

フィナステリド「サワイ」とプロペシアの血中濃度推移(グラフ)

出典:フィナステリド「サワイ」添付文書

プロペシアとフィナステリド「サワイ」のフィナステリド濃度は、美しいくらい一致しています。

プロペシアのジェネリックであるフィナステリド「サワイ」は、効果は同等と言えます。

プロペシアとフィナステリド「クラシエ」の効果の違い

フィナステリド「クラシエ」の0.2mgと1mg

左:フィナステリド0.2mg「クラシエ」錠
右:フィナステリド1mg「クラシエ」錠

プロペシアとフィナステリド「クラシエ」の血中濃度推移

フィナステリド「クラシエ」とプロペシアの血中濃度推移(グラフ)

出典:フィナステリド「クラシエ」添付文書

プロペシアのジェネリック、フィナステリド「クラシエ」の場合も、フィナステリド「サワイ」と同様に、血中フィナステリド濃度がプロペシアとほとんど同じです。

フィナステリド「クラシエ」とプロペシアの効果は同等と言えます。

以上で、プロペシアとジェネリックのフィナステリドの効果の同等性の証明は終了です。

次は、プロペシアとそのジェネリック「フィナステリド」のAGAに対する効果を見ていきましょう。

プロペシアとジェネリック「フィナステリド」のAGAに対する効果

AGA薬ザガーロ、プロペシアとリアップの効果は比較できない!?併用は?
プロペシアよりザガーロの方が効果はあります。しかし、ザガーロとリアップ、プロペシアとリアップ、これらの効果の比較は大人の事情で行いません。その理由と、併用効果について解説します。

プロペシア(フィナステリド)の効果【24週間後(半年後)】

  • 24週間経過後の頭頂部写真評価
  • 前頭部写真評価
  • 医師の判定

3つの視点からの評価(判定)では、
プロペシア(フィナステリド)を飲む前と比べ「不変」以上(不変、軽度改善、中等度改善、著明改善)と評価された症例は97.7~100%でした。

AGA薬の効果のイメージ(出典:ザガーロを服用されるAGAの男性の方へ)

ザガーロの効果-著明増加

著明増加

 

ザガーロの効果-中等度増加

中等度増加

 

ザガーロの効果-軽度増加

軽度増加

プロペシア(フィナステリド)の効果【48週後】

AGA薬 改善 効果
プラセボ 5.9%
プロペシア0.2mg
(フィナステリド)
54% 9.1倍
プロペシア1mg
(フィナステリド)
58% 9.8倍

48週後のプロペシア(フィナステリド)の1mgと0.2mgの効果の差はほとんどありません

プロペシア(フィナステリド)の毛髪数【1年後と5年後】

1インチ(5.1cm2)円内の毛髪数を評価

AGA薬 1年後の毛髪数 5年後の毛髪数 1年度と5年後の効果の比較
プロペシア
(フィナステリド)
107本 277本 2.6倍

プラセボを服用していた方の毛髪数は減少し、1年後、5年後の毛髪数の差は、107本、277本になりました。

プロペシア(フィナステリド)は、長期服用で毛髪数を維持する効果があることがわかります。

頭頂部毛髪の変化を写真により7段階で評価(5年後)

AGA薬 抜け毛が改善 抜け毛が進行しなかった
プラセボ 6% 25%
プロペシア
(フィナステリド)
48% 90%
効果の差 8倍 3.6倍

プロペシア(フィナステリド)は、毛髪数を維持する効果があることがわかります。

プロペシアとジェネリック「フィナステリド」の価格の違い

フィナステリド「サワイ」「クラシエ」はAGA薬の価格破壊の起爆剤!?
プロペシアのジェネリックであるフィナステリド「サワイ」「クラシエ」が2016年に発売されました。この2つのAGA薬が発売後、フィナステリドを有効成分とするAGA薬の価格が下降傾向にあるようです。

プロペシアはブランド品のです。
価格はジェネリックのフィナステリドと比較すると高いです。

フィナステリド「ファイザー」も、あのファイザーが製造しているジェネリックだけあって、それなりの価格を維持してきました。

しかし、フィナステリド「サワイ」とフィナステリド「クラシエ」の格安価格に引きずられる形で、フィナステリド「ファイザー」の価格も徐々に下がってきています。

AGA薬 価格 価格
(半年累計)
プロペシア 250~300円 約5万円
フィナステリド
「ファイザー」
200~220円 約3.5万円
フィナステリド
「サワイ」
190~210円 約3.5万円
フィナステリド
「クラシエ」
180~210円 約3.5万円

※AGAの治療は、健康保険の使えない自費治療です。AGA薬の価格は、地域によって異なります。
※プロペシア、フィナステリド「サワイ」「クラシエ」「ファイザー」1mgの価格。

まとめ

  1. プロペシアのジェネリックであるフィナステリド「ファイザー」「サワイ」「クラシエ」のAGAの効果は、プロペシアと同等
  2. AGAの治療には時間とお金が必要
  3. そうであれば、ジェネリックの選択が財布にもやさしく有効