水疱瘡ワクチンと他の予防接種との同時接種 効果と副反応(副作用)

smile

水疱瘡(みずぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスというヘルペスウイルスの感染で起こる感染症です。

水疱瘡は10歳になるまでにほとんどの子供がかかります。

昔から水疱瘡の予防接種はありましたが、任意接種だったため予防接種の費用が自己負担でした。
さらに、水疱瘡はたいてい軽症で済むという理由で、予防接種率も30%以下と低かったです。

しかし、免疫力の弱い幼児が水疱瘡を発症し重症化するという事実があります。
重症化した中で、毎年10名くらいの子供が亡くなっていると考えられています。

また、大人の水疱瘡は重症化(高熱・肺炎・脳炎等)することがあり、注意が必要です。

このような背景もあり、
2014年(平成26年)10月から、ようやく水疱瘡ワクチンの予防接種が定期接種として無料で受けられるようになりました。

水疱瘡ワクチンの予防接種の効果と副作用と同時接種について確認していきましょう。

※水疱瘡は専門的には水痘(すいとう)と言います。

スポンサーリンク

水疱瘡ワクチンの予防接種は、1歳で2回接種する

水疱瘡ワクチンの予防接種は、1歳になったら受けることができます。
水疱瘡ワクチンの予防接種は2回接種が標準です。1回ワクチンを接種して3カ月以上あけてから2回目のワクチンを接種します。

水疱瘡のウイルスは、3つの経路で感染する強力なウイルスです。

  1. 咳やくしゃみ等による、飛沫感染
  2. つぶれた水ぶくれの汁が粘膜等に付くことによる、接触感染
  3. 空気中に漂うウイルスが喉や気管に入る、空気感染

幼稚園保育園などで、ひとり感染者がでるとたちまち感染してしまいます。1歳になったら他の定期接種と同様に早めの接種をおすすめします。

水疱瘡ワクチンと他の予防接種との同時接種

帯状疱疹を水疱瘡ワクチン(水痘ワクチン)で予防できるか?効果は?
水疱瘡ワクチン(水痘ワクチン)を接種するという方法で、帯状疱疹を予防するという試みが一部の医療機関で行われています。はたして効果はあるのでしょうか?

原則、生ワクチンは1週間、不活化ワクチンは4週間、他のワクチンと期間をあけますが、
水疱瘡ワクチンの予防接種を受けられる1歳は、予防接種三昧といえるほど、多くの予防接種があります。

そのため、同時接種することがほとんどです。

1歳前後の予防接種表

予防接種名 対応ウイルス細菌 ワクチンの種類 定期/任意 回数 水疱瘡ワクチンと重複しやすい回数
ヒブワクチン ※インフルエンザ菌b型 不活化ワクチン 定期 4回 4回目
小児用肺炎球菌 肺炎球菌 定期
四種混合
(DPT-IPV)
ジフテリア(D)
百日せき(P)
破傷風(T)
ポリオ(PV)
定期
MR 麻疹
風疹
生ワクチン 定期 2回 1回目
おたふくかぜ ムンプス 任意
水疱瘡 水痘・帯状疱疹ウイルス 定期

※インフルエンザ菌b型は、冬に流行するインフルエンザとは別のものです

インフルエンザワクチンの3価4価の違い フルミスト(鼻ワクチン)の効果
インフルエンザワクチンは世界的に3価から4価に移行しています。日本は2015年-2016年シーズンから変更になります。○価の意味と、鼻ワクチン(フルミスト)について解説します【接種後の備忘録あり】

予防接種の同時接種の考え方

原則、生ワクチンは1週間、不活化ワクチンは4週間、他のワクチンと期間をあけますが、医師が必要と認めた場合は、同時接種されることもあります。

実際、ワクチンの予防接種の場合、多くの病院・クリニックで同時接種されています。

日本小児科学会でも
「ワクチンの同時接種は、日本の子どもたちをワクチンで予防できる病気から守るために必要な医療行為であると考える」と発表しています。

同時接種について現在分かっていることとして以下のことがあげられる

  1. 複数のワクチン(生ワクチンを含む)を同時接種して、それぞれのワクチンに対する有効性について、お互いのワクチンによる干渉はない。
  2. 複数のワクチン(生ワクチンを含む)を同時接種して、それぞれのワクチンの有害事象、副反応の頻度が上がることはない。
  3. 同時接種において、接種できるワクチン(生ワクチンを含む)の本数に原則制限はない。

また、その利点として、以下の事項があげられる。

  1. 各ワクチンの接種率が向上する。
  2. 子どもたちがワクチンで予防される疾患から早期に守られる。
  3. 保護者の経済的、時間的負担が軽減する。

日本小児科学会HPより抜粋

要約すると、
ワクチンを同時接種しても、単独摂取の場合と比較してワクチンの効果、副反応(副作用)は変わらない。
だから、ワクチンで予防できる病気から早く子供を守るために同時接種は必要である。

先ほどの6種類のワクチン(ヒブワクチン、小児用肺炎球菌、四種混合、MR、おたふくかぜ、水疱瘡)は同時接種されることがありますが、心配はいらないということです。

水疱瘡ワクチンの予防接種の効果

水疱瘡の感染原因 症状が出るまでの潜伏期間と治療後の恐怖
水疱瘡は子供の間に感染することが多い病気です。感染から潜伏期間を経て発症しますが、ほっておいても自然に治ります。しかし、治った後もウイルスは除去しきれず一生付きまとってきます。

水疱瘡の予防接種で使われるワクチンの正式名は「乾燥弱毒生水痘ワクチン」といいます。
当サイトでは、水疱瘡ワクチンで統一します。

水疱瘡ワクチンの予防接種は、1974年に日本で開発された、純国産品です。水疱瘡ワクチンは、WHOで有効性と安全性が評価され、水疱瘡の予防接種に世界中で使用されています。

水疱瘡ワクチンの予防接種の予防効果は、かなり高いことがわかっています。

水疱瘡ワクチン(予防接種)1回の効果
 →重症の水疱瘡をほぼ100%予防
水疱瘡ワクチン(予防接種)2回の効果
 →軽症の水疱瘡も含め、発症を予防

なぜ、このような予防効果の高いワクチンを開発していおきながら、国内で定期接種にしなかったのでしょうか?

無料にすると、国の負担が増えるからでしょうか?

水疱瘡ワクチンの予防接種の副反応(副作用)

水疱瘡の治療 飲み薬バルトレックス、塗り薬カチリ、抗生物質
ゾビラックス、バルトレックス等の治療薬を使うことで、水疱瘡の皮膚症状である水ぶくれの広がりを抑えたり、かゆみを抑えられます。カチリ、抗生物質、解熱鎮痛薬を使用することもあります。

薬で起こった作用以外の不都合な作用のことを「副作用」といいますが、ワクチンで起こった不都合な反応を「副反応」いいます。

水疱瘡ワクチンの予防接種でも、副反応(副作用)はないわけではありません。ごく少数起こる可能性はあります。

水疱瘡ワクチンの副反応(副作用)1

副反応(副作用)で一番気を付けたいのは、ワクチン接種後すぐの30分以内です。
ワクチンとの相性が悪いと、アレルギー反応(発熱・皮膚の腫れ・かゆみ等)を起こす時があります。

水疱瘡ワクチンを接種したらすぐに帰宅しないで、病院・クリニックで少し待機し、副反応(副作用)が出ないかを確認してから帰って下さい。

水疱瘡ワクチンの副反応(副作用)2

水疱瘡ワクチン接種後、14~30日後くらいに発熱や水疱瘡のような症状が出ることがあります。この症状は一時的なもので、数日で自然に消失します。

水疱瘡ワクチンの副反応(副作用)3

水疱瘡が流行しているときに水疱瘡ワクチンの予防接種を接種すると、水疱瘡に感染したのか、ワクチンの副反応(副作用)なのか判断しにくいときがあります。

水疱瘡に限らず、ワクチンが摂取できる年齢(月齢)になったら、すぐにワクチンを接種することが重要です。

お風呂は、ワクチン接種当日からできます。ただし、接種したところをゴシゴシ洗わないように注意して下さい。

また、水疱瘡ワクチンは皮下注射のため、予防接種後は揉む必要はありません。

大人の水疱瘡の感染の確認方法

大人の水疱瘡は子供より症状と跡がツライ!合併症で入院?
大人が水疱瘡に感染した場合は、重症化しやすく、合併症に注意が必要です。自分の子供が水疱瘡になっていて、親が感染してしまうケースが増えてきているそうです。

母子手帳には、水疱瘡の予防接種の有無を記録するページがあります。

しかし、母子手帳を無くしてしまったとか、水疱瘡に感染したことがあるかどうか記憶があやふやなこともあると思います。

そのようなときは、
病院・クリニックの血液検査で、水疱瘡に感染したかどうかを確認することができます。
ただし、自費で3000円~5000円程度必要です。

同様に、B型肝炎・C型肝炎・HIV(エイズ)・麻疹(はしか)・風疹(三日ばしか)・ムンプス(おたふくかぜ)等も調べることができます。

値段は病院・クリニックにお問い合わせください。

まとめ

  1. 2014年(平成26年)10月から、水疱瘡ワクチンの予防接種が定期接種として無料で受けられる
  2. 水疱瘡ワクチンの予防接種は、日本で開発され、WHOで有効性と安全性が評価された、効果の高い予防接種
  3. 副反応(副作用)が起こる確率は低い
  4. 水疱瘡ワクチンの予防接種は、1歳になったら受けることができる
  5. しかし、1歳前後の予防接種は6種あり多い
  6. 他のワクチンを接種するとき、原則期間をあけることになっているが、実際は、同時接種している病院・クリニックは多い
  7. 日本小児科学会も「ワクチンの同時接種は予防できる病気から守るために必要な医療行為」と考えている