抗生物質クラリス・クラリシッド(クラリスロマイシン)は風邪に効果がある?副作用は?

スポンサーリンク
風邪診察中の女性

風邪の症状(発熱、咳、鼻水、喉の痛み、だるさ、頭痛など)が起こる直接原因はウイルス感染です。

クラリス・クラリシッドは抗生物質(抗生剤)ですので細菌には効果がありますが、ウイルスには全く効果がありません。

では、なぜクラリス・クラリシッドは風邪に使われるのでしょうか?

※クラリス・クラリシッドはクラリスロマイシンを有効成分とする抗生物質です。

スポンサーリンク

風邪とは

風邪は通称名で、正しくは風邪症候群です。

症候群とは、ある特定の病気を元に現れる一連の症状です。

風邪症候群は、風邪という病気の周りに現れる症状一式ということになります。

風邪の症状

人にはそれぞれウィークポイントがあり、風邪になると鼻症状が出やすい方もいれば、咳・喉症状が出やすい方もいます。

また、風邪をひいても全く風邪と気づかず、そういえばアレは風邪だったのかなという方までさまざまです。

一般的には、風邪は鼻水・鼻づまり、喉の痛み・不快感、咳・痰など、上気道系症状から始まります。

症状が進行すると、発熱、頭痛、関節痛、だるさなどの全身症状が出てきます。

風邪症状はウイルス感染が原因

風邪症状はウイルス感染が原因であることがほとんどです。

風邪ウイルスは200種類程度発見されています。

そのため、特定の風邪ウイルスに免疫を得ることは難しく、免疫が弱い方は何度でも風邪をひきます。

ウイルスの種類 主な症状
ライノウイルス 鼻水・鼻づまり
コロナウイルス
RSウイルス 咳・痰
ロタウイルス
ノロウイルス
下痢・嘔吐

スポンサーリンク

風邪にクラリス・クラリシッドは効かない

インフルエンザウイルスに効果のある薬はありますが、風邪ウイルスに効果のある薬は開発されていません。

インフルエンザ薬タミフル、イナビル、リレンザの違いと耐性ウイルス
タミフル、イナビル、リレンザの作用の仕方は同じですが、対象となる年齢や用法などが違います。まとめて解説します。

クラリス・クラリシッドは細菌を殺すための抗生物質です。

クラリス錠200、クラリシッド錠200

ウイルス感染による風邪には全く効果がありません。

それでも、風邪でクラリス・クラリシッドが処方された経験はあると思います。

風邪にクラリス・クラリシッドを使う理由は一体何なのでしょうか?

風邪にクラリス・クラリシッドを使う理由1

ウイルス感染で風邪をひいてしまうと、続けて細菌感染も受けてしまうことがあります。
二次感染といいます)

風邪は、鼻・咳・喉の症状から始まり、全身症状へ発展していく場合が多いですが、

4.5日経っても風邪症状がよくならない場合は二次感染が疑われます。

<二次感染(細菌感染)の例>

・溶連菌感染症

溶連菌薬(抗生物質)の種類と 大人も子供も飲まないといけない理由
溶連菌で使う薬は、ペニシリン系抗生物質(パセトシン、サワシリン、ワイドシリン)、セフェム系抗生物質(メイアクト、フロモックス、セフゾン)の使用が多いです。

・肺炎(マイコプラズマ肺炎など)

子供のマイコプラズマ肺炎の症状 咳が止まらない・熱も下がらない
子供のマイコプラズマ肺炎の3大症状は、乾いた咳、発熱、全身倦怠感(だるさ)です。自然治癒している場合も意外と多い病気ですが、重症化すると入院が必要になってきます。

・中耳炎、副鼻腔炎

ナゾネックス点鼻薬の効果的な使い方と副作用(花粉症、副鼻腔炎、風邪?)
ナゾネックス点鼻薬は効かないわけではありません。効果がでてくるのが遅いだけです。使い続ければ、花粉症薬(抗アレルギー薬)に匹敵するくらい花粉症に効果があります。

風邪にクラリス・クラリシッドを使う理由2

先述の理由から、ウイルス感染による風邪にはクラリス・クラリシッドを使わないのが基本です。

しかし、クラリス・クラリシッドを筆頭に抗生物質は風邪症状に頻繁に使われているため、「抗生物質=風邪薬」と思っている方は多くいます。(←大きなまちがい)

世間は風邪でもクラリス・クラリシッド(抗生物質)の処方を期待しているのです。

風邪にクラリス・クラリシッドを使う理由3

クラリス・クラリシッドがウイルス感染による風邪には効かないことは、当然医師は知っています。

しかし、風邪を診たとき、初期症状だけではそれがウイルス感染なのか、細菌感染なのか、判断は困難です。

細菌?ウイルス?確証が持てないのであれば、

クラリス・クラリシッドは使わず、風邪の症状を抑える薬のみを処方して、よくならなかったらまた来てください。

とするべきです。

しかし、現代の就業・子育てなどの背景を考えると、次回の受診が難しいケースは多々あります。

現代のニーズに応えるべく、医師は仕方なくクラリス・クラリシッドを処方するのです。

スポンサーリンク

クラリス・クラリシッドの効果

クラリス・クラリシッドの風邪症状を起こす病気への効果と、胃潰瘍・胃がんのリスクを高めるヘリコバクターピロリ(以下、ピロリ菌)の除菌効果を解説します。

風邪らしき症状を起こす病気への効果

クラリス・クラリシッドは、風邪らしき症状を起こす次の病気に効果を発揮します。

  • 咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染
  • 中耳炎、副鼻腔炎

クラリス・クラリシッド添付文書より抜粋

クラリス・クラリシッド、ジスロマックなどのマクロライド系抗生物質は、マイコプラズマ肺炎の特効薬としても知られています。

マイコプラズマ肺炎薬(子供) 抗生物質クラリス、ジスロマック、オゼックス
2000年くらいからマクロライド耐性マイコプラズマが増え、マイコプラズマ肺炎の治療が思うように進まない例が見られるようになっています。

クラリス・クラリシッドは、大人よりも子供に対して効果を発揮しやすいです。

成人有効率
(効果)
小児有効率
(効果)
咽頭・喉頭炎 75.8 93.1
扁桃炎 88.4 95.8
急性気管支炎 83.1 89.6
肺炎・肺膿瘍 88.4 94.9
中耳炎 66.0 88.7
副鼻腔炎 72.4 85.7

ただし、この結果はクラリス・クラリシッドの耐性菌が関係しているのではないかと私は疑っています。
(詳細は後述「クラリス・クラリシッドと耐性菌」)

ピロリ菌の除菌効果

ピロリ菌は3種類の薬の組み合わせで除菌します。

  1. PPIと呼ばれる胃薬
    (タケプロンなど)

  2. アモキシシリンを有効成分とする抗生物質
    (アモリンなど)

  3. クラリスロマイシンを有効成分とする抗生物質
    (クラリス・クラリシッドなど)

これらの3種類(タケプロン、アモリン、クラリス)がワンパックになった除菌専用薬ランサップもあります。

左:ランサップ400、右:ランサップ800

ランサップの除菌成功率(臨床試験の結果)

ピロリ菌除菌成功率 ランサップ400
胃潰瘍 87.5%
十二指腸潰瘍 91.1%
ランサップで下痢(副作用)発生! ピロリ菌除菌に失敗する原因は?
ピロリ菌が感染すると、自然に除菌されることはほとんどありません。ピロリ菌除菌薬を使って除菌する必要があります。除菌薬の費用は安く、除菌成功率も70%以上あります。

クラリス・クラリシッドの副作用

クラリス・クラリシッドの副作用頻度は3%程度です。

そして、その副作用の多くは、腹痛・下痢などの消化器症状(2.67%)です。

抗生物質は消化器症状の副作用が起こる頻度が高いですが、クラリス・クラリシッドは比較的副作用頻度が低く使いやすいです。

だから、風邪には無難なクラリス・クラリシッドが使われるのかもしれません。

また、咳が続くときは、肺が炎症を起こしている場合があります。

クラリス・クラリシッドには、肺の炎症を抑える特殊な効果があります。

クラリス・クラリシッドはホクナリンテープ(咳止めシール)との併用が多い印象です。

ホクナリンテープ(ツロブテロール) 咳止めシールの効果、副作用、使い方
最近では、ホクナリンテープは気管支喘息ではなく、気管支炎の咳に使われるケースが多いです。しかし、効かない印象を持っている方がいるのも事実です。

クラリス・クラリシッドの併用禁忌(飲み合わせ×)

ほとんどの薬は肝臓腎臓で代謝(分解)され尿中・便中へ排泄されます。

クラリス・クラリシッドは、肝臓の特定の代謝酵素の効き目を弱くする薬として有名です。
 (CYP3A4阻害作用)

そのため、CYP3A4で代謝される薬と併用したとき、併用薬の代謝が阻害され血中濃度が上昇して効果が強く出る場合があります。

クラリスが併用薬の効果を強くする仕組み

CYP3A4で代謝される薬は多くありますが、その中でも次の数種類は併用が禁止されています。

併用禁忌(飲み合わせ×)
薬剤名 成分名など
オーラップ ピモジド
クリアミン
ジヒデルゴット
エルゴタミン製剤
アドシルカ
ザルティア
シアリス
タダラフィル
ジメンシー
スンベプラ
アスナプレビル
バニヘップ バニプレビル
ベルソムラ スボレキサント
【睡眠薬ベルソムラの効果、副作用、禁忌、悪夢】効かないってホント?
ベルソムラは新しい作用を持つ睡眠薬です。発売後のデータの蓄積がまだまだ不十分で、わからないことが多いですが、、メーカーが公表しているデータに基づいて効果、副作用、依存性を中心に解説します。

クラリス・クラリシッドと耐性菌

抗生物質は、使っている間にある一定の割合で耐性菌ができ、抗生物質を使えば使うほど耐性菌は増えます。

そして、あるときその抗生物質は効かなくなります。

耐性菌とは、特定の抗生物質に効かなくなった(抵抗力を持った)細菌のことです。

本来、抗生物質が効かないはずの風邪にクラリス・クラリシッドを使い続けたらどうなるでしょうか?

想像はつきますよね?

抗生物質と耐性菌の問題は、2000年くらいから表面化してきました。

  • クラリス・クラリシッドが効かない肺炎マイコプラズマが増え、マイコプラズマ肺炎の治療が思うように進まなくなりつつあります。

  • クラリスロマイシン耐性のピロリ菌が多く存在したとき、ピロリ菌の除菌に失敗する場合があります。

ピロリ菌二次除菌薬ランピオンパックの費用と副作用 また失敗したら? 
初めてのピロリ菌の除菌に失敗した場合でも、2回目(二次除菌)も健康保険が使用できます。でも3回目、4回目は…。

まとめ

  1. 風邪の原因のほとんどはウイルス感染
  2. 抗生物質はウイルスには効かない。
    だから、クラリス・クラリシッドも風邪には効かない
  3. しかし、クラリス・クラリシッドは風邪に使われているケースがある。その理由は
    1. 二次感染の治療のため
    2. 世間は風邪でもクラリス・クラリシッドの処方を期待しているから
    3. 初期症状だけでは、その風邪が細菌感染でないと確証が持てないから
  4. クラリス・クラリシッドは抗生物質の中では副作用が少ないが、飲み合わせ(併用)には気を付ける必要がある
  5. 本来、抗生物質が効かないはずの風邪にクラリス・クラリシッドを使い続けると耐性菌が増える