認知症薬が効かない原因と認知症薬の種類、効果、副作用

for-your-pills

現在、認知症薬として4種類が販売されていますが、認知症の根本的な治療ができる薬ではありません。

どの薬も認知症の進行を遅らせる作用のみ認められています。

そのため「認知症薬は効かない」という方もいますが、そんなことはありません。
薬の効果が目に見えないため、分かりにくいだけです。

認知症薬は、作用別に分類すると2種類あります。

①脳内のアセチルコリンの濃度を増やす薬

  1. アリセプト
  2. レミニール
  3. イクセロンとリバスタッチ

イクセロンとリバスタッチは商品名が異なるだけで、同じ成分の薬です。

②過剰なグルタミン酸を抑えて、脳神経が傷つくのを抑える薬

  1. メマリー

まず、認知症薬が効かないという誤解から解いていきましょう。

スポンサーリンク

「認知症薬が効かない」と言われる原因

原因1:認知症薬の添付文書の記載

効能又は効果/用法及び用量

アルツハイマー型認知症及びレビー小体型認知症における認知症の症状の進行抑制

アリセプト添付文書より

これは、アリセプトの添付文書に書かれていることです。

効能効果に「進行抑制」としっかり記載されているため、認知症薬が根本的治療薬ではないことが読み取れます。

それを拡大解釈して「認知症薬は効かない」といってしまう方がいるのです。

原因2:認知症薬は効果の判定が難しい

認知症薬は、効果がでているのかどうかわかりにくいため、効果の判断が難しいです。

次のような薬は、効果が目に見えるので、私たちでも判断しやすいです。

  • 鎮痛薬を飲んで頭痛が止まれば、鎮痛薬は効いたのでしょう。
  • 血圧を下げる薬を飲んで、血圧が下がれば効いているのでしょう。

しかし、認知症薬は、認知症の進行を抑制する薬のため、症状が変わらない。もしくは、症状が悪化していくことすらあります。

認知症の薬を服用するときと、服用しないときの症状の変化

  • 認知症の症状が変動しないのは、薬の作用(効果)によるものなのでしょうか?
  • 薬を服用していなかったら、もっと認知症の症状は悪化したのでしょうか?単に効かなかったのでしょうか?

認知症薬は、効果が目に見えにくいため、主観的に効果を判断しにくいのです。
そのため「認知症薬は効かない」と言ってしまう方がいるのです。

認知症薬の種類【効果別】

認知症薬は効果別に2種類に分けられます。

1.脳内のアセチルコリンの濃度を増やす効果

アリセプト(ドネペジル)、レミニール、イクセロンパッチ、リバスタッチの効果、用法、副作用の違い
どの脳内のアセチルコリンの濃度を増やして、認知症の進行を抑制する薬です。効果は同等と言われていますが、保険の適応・付加作用・用法・用量・ジェネリック医薬品の有無に違いがあります。

認知症では、アセチルコリンと呼ばれる、脳内の神経と神経で連絡を取り合う物質(神経伝達物質)の濃度が低下しています。

このことを「コリン仮説」と言います。

コリン仮説に基づいて開発された認知症薬がアリセプト、レミニール、イクセロンとリバスタッチです。

これらはアセチルコリンを分解する酵素をブロックします(アセチルコリンエステラーゼ阻害作用)。そうすることで、脳内のアセチルコリンを増やし、神経の連絡網が途切れないようにするのです。

2.グルタミン酸の過剰な刺激から守る効果

認知症薬メマリーとアリセプトの効果、副作用、作用機序の違い 併用は?
メマリー(メマンチン)は、アリセプト(ドネペジル)等の神経の連絡網を保つ作用とは異なる作用を持っています。そのため、一般的な認知症薬とは異なる副作用を持っています。

アルツハイマー型認知症では、グルタミン酸が神経を過剰に刺激するため、継続的にノイズが発生しています。そのノイズが記憶を妨害し、記憶力が低下すると考えられています。

このことを「グルタミン酸仮説」と言います。

グルタミン酸仮説に基づいて開発された薬がメマリーです。

メマリーはグルタミン酸の過剰な刺激を抑えて、認知症の進行を抑制します。

認知症薬の種類【剤形別(飲み薬、貼り薬)】

認知症薬は、家族や介護者が管理することが少なくないため、様々なニーズに応えられるように多くの種類の剤形が用意されています。

まだ認知症の症状が軽く、自分で服用できる方は、錠剤、D錠(口腔内崩壊錠)が飲みやすいですが、認知症の症状が進行するにつれ、他の剤形にシフトしていくことが多いです。

用量が同じであれば、どの種類の剤形を選んでも効果は同等です。

認知症薬の剤形別種類表

  錠剤 D錠 細粒 ゼリー ドライ
シロップ
貼り薬 液剤
アリセプト × ×
リバスタッチ × × × × × ×
リクセロン × × × × × ×
レミニール × × × ×
メマリー × × × × ×

認知症薬のD錠(口腔内崩壊錠)の特徴

  • 水がなくてもすぐに服用できます
  • 錠剤が飲み込みにくい方でも、口の中で速やかに溶けるため服用できます。

認知症薬の細粒の特徴

アリセプト細粒5mg

例)アリセプト細粒5mg

  • 微妙な用量のコントロールが可能です

保険では、アリセプトの1日用量は3mg、5mg、10mgのいずれかが使用されますが、
アリセプトを増量していくと、攻撃性が増強されることがあります。

そのようなときに、微妙な用量のコントロールが可能なアリセプト細粒が使用されることがあります。

認知症薬の用量に医師の裁量権

2016年6月1日付で、厚生労働省が認知症薬の用量について医師の裁量権を認めると発表しました。

これによって、認知症薬を増量すると、攻撃が悪化したり、興奮が起こることがある場合、またはその他の副作用が起こる場合は、低用量での治療を続けられるようになりました。

認 知症の進行を遅らせる「アリセプト」(一般名ドネペジル)などの抗認知症薬には、少量から始めて有効量まで増量する使用規定がある。規定通りに投与する と、患者によっては興奮や歩行障害、飲み込み障害などの副作用が出て介護が困難になると医師らのグループが指摘していた。

東京新聞HPよ

認知症薬の内服ゼリーの特徴

アリセプト内服ゼリー5mg

例)アリセプト内服ゼリー5mg

  • 薬を容器から出して、皿の上に出してしまえば、薬のようには見えにくいです
  • 薬を飲むことを拒否している場合でも、抵抗を和らげ服用することができます
  • アリセプト内服ゼリーは、はちみつレモン味です。スプーンでおやつ感覚で服用できます
  • 水で薬を飲むと、吐いてしまう方などでも、適当な粘り気を保っているため、服用しやすいです
  • アリセプト内服ゼリーは、喉に詰まらせる危険性が低いです

認知症薬のドライシロップの特徴

アリセプトドライシロップ5mg

例)アリセプトドライシロップ5mg

  • 水やジュースなどで速やかに溶けるため、服用しやすいです
  • 薬を飲むことを拒否している場合でも、抵抗を和らげ服用することができます
  • 長く口の中に含むと、苦味が出てきます
  • アリセプト細粒と同様に、微妙な用量コントロールができます

認知症薬の貼り薬の特徴

イクセロンとリバスタッチ

左:イクセロンパッチ9mg
右:リバスタッチパッチ9mg

  • 薬を飲むことを拒否している場合でも、目立たないところに貼っておくことで、内服薬と同等の効果があります
  • 湿布と同様に、かぶれの副作用が起こることがあります

認知症薬の内服液の特徴

レミニール内服液8mg(2ml)

レミニール内服液8mg(2ml)
(レミニール内服液4mg/ml)

  • 水なしでも服用できます
  • 水やジュースなどにも簡単に混ざるため、服用しやすいです
  • 固形物が飲み込みにくい方でも、服用しやすいです

認知症薬の副作用

認知症薬は、少量から初めて増量していきます。

その理由は、認知症薬の主な副作用である消化器症状(吐き気、食欲低下、下痢)や、めまいの症状を抑えるためです。

認知症薬の種類 副作用
アリセプト 消化器症状
レミニール
イクセロン
リバスタッチ
メマリー めまい

消化器症状の副作用は、薬を飲み始めた1カ月以内や、薬を増量したときに起こりやすいです。

ナウゼリン、プリンペラン等の吐き気止めや、ビオフェルミン、ラックビー等の整腸剤を、副作用予防のため認知症薬と併用することがあります。

まとめ

  1. 認知症薬は作用別に2種類
    ・脳内のアセチルコリンを増量して、認知症の進行を抑える
    ・過剰なグルタミン酸の生成を抑制する、認知症の進行を抑える
  2. 認知症薬は、効果がないのではなく、効果が目に見えないため、効果を実感しにくい
  3. 副作用(消化器症状、めまい)の発生を抑えるため、認知症薬は少量から治療域量までステップアップする
  4. 認知症薬は、現在剤形別に7種類(錠剤、D錠、細粒、ゼリー、貼り薬、液剤、ドライシロップ)ある