インフルエンザワクチンは効果なし?効果VS予防接種料金

スマホにウイルス画面

インフルエンザワクチンの効果というのは分かりにくいものです。

実際、インフルエンザワクチンを接種をしたとしても、かなりの方がインフルエンザを発症します。

その度に「ああ、やっぱり予防接種は効果なし。お金の無駄だった」と落胆します。

本当にインフルエンザワクチンは効果なし。なのでしょうか?

スポンサーリンク

インフルエンザワクチンは効果なし?

インフルエンザの感染と発症

インフルエンザワクチンは、インフルエンザの感染を抑える効果はなし

えっ?インフルエンザワクチンは効果なし?やっぱり!?

それでは、インフルエンザワクチンの効果とは一体何でしょうか?

インフルエンザワクチンの効果とは

インフルエンザ発症後は、多くの方は1週間程度で自然に治ります。

しかし、中には肺炎などの重い合併症が現れ、入院治療を必要とする方や死亡する方が一定数出てきます。
これをインフルエンザの「重症化」といいます。

インフルエンザワクチンはインフルエンザの発症を抑え、合併症や死亡などの重症化を防ぐ効果が認められています

これがインフルエンザワクチンの効果です。

「インフルエンザワクチンの効果」○%の意味とは

インフルエンザワクチンの効果が80%であるならば

  • インフルエンザワクチンを接種した100人のうち80人はインフルエンザにかからない(80%効果あり)
  • 20人は効果なし(20%効果なし)

と考えると思います。(下図)

ワクチンの予防効果(間違い)

ワクチンの場合、この考え方は間違いです。

インフルエンザワクチンも含め、ワクチンの効果の○%は少し変わった考え方をします。

「インフルエンザの効果80%」の意味は、

「インフルエンザワクチンの予防接種を受けずに発症したが100人いたならば、そのうち80人は予防接種を受けていれば発症しなかった」
(下図)

ワクチンの予防効果(正しい)

数字で見るインフルエンザワクチンの効果

妊婦、授乳中、赤ちゃん インフルエンザ予防接種(ワクチン)NGは誰?
妊婦、授乳中、赤ちゃん。インフルエンザ予防接種をためらってしまう3タイプです。この中でインフルエンザワクチンを使えない人がいています。誰でしょうか?

日本で考えられているインフルエンザワクチンの効果

対象者 インフルエンザワクチンの効果
1歳以上6歳未満 約30%の発病を阻止する効果
高齢者
(65歳以上)
約45%の発病を阻止
約80%の死亡を阻止する効果
全体 約70%の発病を阻止する効果

アメリカで考えられているインフルエンザワクチンの効果

  • インフルエンザによる入院や死亡に関して70~90%の効果

インフルエンザワクチンを接種をすると、インフルエンザを発症する確率は下がりますが、他の予防接種と比べると相当高いです。

インフルエンザは季節性の病気で、毎年流行するウイルスの型が変わります。
流行を予測してワクチンは製造されるためであることが原因でしょう。

予防率ほぼ100%

水疱瘡ワクチンと他の予防接種との同時接種 効果と副反応(副作用)
水疱瘡は予防接種でほぼ完全に予防できる感染症です。水疱瘡ワクチンは日本が開発された、WHOで有効性と安全性が評価された効果の高いものです。同時接種の考え方にも言及します。

それでもインフルエンザワクチンは効果なし?

インフルエンザ予防接種の副作用(副反応)とワクチン接種後の注意
2015年-2016年シーズンからインフルエンザワクチンが3価から4価に変更されています。3価のときと比較して副作用(副反応)が多かったように感じます。接種後の注意と副作用について解説します。

それでも「インフルエンザワクチンは効果なし」という方もいますが、おそらくその理由は、
「ワクチンで免疫が付くと、2度とその感染症に感染しない」という大きな期待のためとも考えられます。

残念ながら、ワクチンで免疫が付いても感染は普通に起こります。
感染しても免疫が働き、症状が出る前(出るときもある)に細菌やウイルスを排除するのです。
ワクチンは万能ではありません。

WHOは、インフルエンザ予防に関してはインフルエンザワクチンが最も有効で、妊婦・高齢者には強く推奨しています。

「インフルエンザワクチンは効果なし」と思う方が多ければ多いほど、インフルエンザワクチンは接種されません。

インフルエンザワクチンを接種しない方が多ければ、社会的にワクチンの効果が出てきません。

ますます「インフルエンザワクチンは効果なし」と思う方が増え、インフルエンザワクチンが接種されなくなります。
(インフルエンザワクチン効果なしスパイラル?)

インフルエンザワクチンを接種する理由は、自分を守るためだけではなく、家族、職場の方、周囲の方に感染させないためです。

インフルエンザワクチンの効果が期待できる期間

インフルエンザワクチンは接種してすぐに効果が出てくるわけではありません。
接種後の少しの期間は効果なしです。

2回接種した成績によりますと、接種1~2週間後に抗体上昇し始め、2回目の接種1カ月後までにはピークに達し、3~4カ月後には徐々に低下傾向を示します。したがって、ワクチンの効果が期待できるのは接種後2週から3~6カ月までと考えられています

「北里第一三共株式会社」ウェブページより引用

毎年、年末から正月頃からインフルエンザの流行が始まります。

インフルエンザワクチンの効果が期待できる期間を考えると、11月中にインフルエンザワクチンの接種を完了していることが望ましいです

そうすれば、12月から3月まではインフルエンザワクチンの効果が期待できます。

(あまり早くインフルエンザワクチンを接種すると、流行期間中に効果がなくなる)

インフルエンザ予防接種の料金

インフルエンザ予防接種は、健康保険が使えず自費の料金です。

インフルエンザワクチンは、2015年から3価から4価に対応ウイルス数が増えていますので、全国的に500円~1000円程度、予防接種料金が上がっています。

インフルエンザワクチンの3価4価の違い フルミスト(鼻ワクチン)の効果
インフルエンザワクチンは世界的に3価から4価に移行しています。日本は2015年-2016年シーズンから変更になります。○価の意味と、鼻ワクチン(フルミスト)について解説します【接種後の備忘録あり】

地域差がありますが、予防接種料金はだいたい次のとおりです。

  • 大人1回 3,000円~4,000円
  • 子供1回 2,000円~3,000円

高齢者、乳幼児の助成制度のある自治体では、予防接種料金が軽減される場合もあります。

13歳未満の子供は、インフルエンザワクチンは2回接種しないといけません。1回目と2回目の予防接種料金が違う場合も多いです。
(たいてい2回目の料金が安い)

接種対象 1回の摂取用量
(mL)
摂取回数
6カ月以上3歳未満 0.25 2
3歳以上13歳未満 0.5 2
13歳以上 0.5 1

新規のクリニックは、接種料金を格安にして、次の診察につなげようとするところなどもあります。料金を自由に設定できる自費診療ならではの考えです。

インフルエンザの診察代と薬代

もし、インフルエンザになってしまった場合の診察代と薬代はいくらになるのでしょうか。

3割負担でその料金を計算すると

医療機関 診察代・薬代等 料金
病院 診察代等※1 2,000円
薬局 リレンザ5日分※2 1,300円
タミフル5日分※2 1,200円
イナビル2本※2 1,600円

※1:診察代には初診料・検査料・診察料・処方料などを含みます
※2:処方の多い薬のパターン3種類です。このうちの一つが処方されます

インフルエンザ薬タミフル、吸入薬イナビルの効果と副作用
タミフル、イナビルなどのインフルエンザ薬は、インフルエンザの罹病期間の短縮効果と、重症化抑制効果があります。インフルエンザに対する効果には違いがあるのでしょうか?

解熱鎮痛薬も必要であれば、さらに料金が上がります。
休日・時間外受診の場合は別途料金がかかります。

薬局は受付時間で薬代が違う!夜間、休日、時間外加算 向精神薬、麻薬加算とは?
薬局は処方箋受付時間によって「夜間・休日等加算」「時間外・休日・深夜加算」が算定できます。同じくすりなのに薬代がいつもと違うのは、たいていこの加算が原因です。

インフルエンザを発症したときの損失

インフルエンザワクチンの種類(防腐剤チメロサール、バイアル、シリンジ)
2016年-2017年のインフルエンザワクチンはチメロサールフリーワクチンは製造されません。どうやら、熊本地震の影響を受けているようです。バイアルとシリンジにわけて解説します。

インフルエンザワクチンの料金と、インフルエンザの診察代、薬代は先述の通りです。

入院でもしてしまえば、損失は数万単位に膨れ上がります。

インフルエンザを発症してしまった場合は

  • サラリーマンであれば、会社を休まなくてはなりません
  • 主婦であれば、インフルエンザを子供にうつすかもしれません

さらにインフルエンザを発症した場合、第三者に感染させ、インフルエンザの流行を作る歯車になる可能性すらあります。

まとめ

  1. インフルエンザワクチンには、インフルエンザの感染を抑える効果なし
  2. インフルエンザの発症を抑え、合併症や死亡などの重症化を防ぐ効果がある
  3. ワクチンの効果の考え方は、少し特殊でわかりにくい
    (そのため効果なしと判断される場合がある)
  4. インフルエンザワクチンの予防接種料金は、2000円~4000円程度で地域差がある
  5. インフルエンザの診察代と薬代の合計料金は、3000円~4000円程度
  6. WHOは、インフルエンザワクチンが予防効果が高く、妊婦・高齢者には強く推奨している