口腔カンジダ薬 ファンギゾンシロップ 希釈うがい液の使い方

スポンサーリンク
うがい液

口腔カンジダは字のごとく、口の中のカンジダです。

カンジダ菌が口の中のみで増殖しているだけであれば、ただの口腔カンジダで済まされますが、

増えたカンジダが胃腸、血液中、肺へ入った場合は全身的な真菌感染症になるため、口腔カンジダ薬でしっかりとカンジダを叩いておく必要があります。

現在、口腔カンジダに使用されている主な口腔カンジダ薬は3種類です。

  1. フロリードゲル経口用(ミコナゾール)
  2. イトリゾール内用液(イトラコナゾール)
  3. ファンギゾンシロップ(アムホテリシンB)

1.2はアゾール系抗真菌薬で、3はポリエンマクロライド系抗真菌性抗生物質です。

口腔カンジダは高齢者が比較的発症しやすいため、塗って飲んで効くフロリードゲルが多く使用されていますが、フロリードゲルやイトリゾールは併用禁忌が多いです。

そのようなときにはファンギゾンシロップが使われます。

ただ、ファンギゾンシロップは使い方と取り扱いが大変な薬でもあります。

スポンサーリンク

口腔カンジダの原因

カンジダ菌はカビ(真菌)の一種です。

カンジダ菌はある一定量を保って口腔内で他の菌と共生しています。

しかし、次のような条件がそろうと菌のバランスが崩れ、カンジダ菌が異常増殖して口腔カンジダが発症します。

  • 喘息吸入薬(副腎皮質ステロイド薬)の使用
    使用後のうがいで口腔カンジダの発症を予防できます。

  • 免疫力の低下(加齢など)

  • 口腔乾燥(唾液量の減少)
    唾液量が減少するにつれ、カンジダ菌の量は増えます。
    うがいで口腔乾燥を抑えることで口腔カンジダは予防できます。

  • 義歯(入れ歯)装着

  • 長期の抗生物質の服用

スポンサーリンク

口腔カンジダの症状

口腔カンジダの自覚症状は口腔内の痛みです。

  • 舌のピリピリ感
  • 口の中の違和感

口内炎のように何かに触れたりしたときに痛みが走ります。

また、口腔カンジダで味覚障害を起こすこともあります。

見た感じでは、舌や頬などの口腔粘膜に白い苔(こけ)のようなものが付着します。

この白い苔は白苔(はくたい)と呼ばれ、ティッシュやガーゼなどで取り除けますが、無理にはがすと痛みが増したり出血したりします。

口腔カンジダは口内炎薬で悪化

口腔カンジダは口内炎のように何かに触れると痛みがでます。

誤って口内炎薬(ケナログ、アフタゾロン、デキサメタゾンなど)を塗ると、口腔カンジダは悪化する場合があります。

ケナログ、アフタゾロン、デキサメタゾンなど口内炎薬の有効成分はステロイドで、カンジダ菌はステロイド原則禁忌(使ってはいけない)だからです。

口内炎薬は市販も多く発売され、簡単に手に入るため使用には注意が必要です。

舌を噛んだ! 痛い! 口内炎薬 おすすめ市販3選(塗り薬、貼り薬)
医療用で使われているケナログ(塗り薬)、アフタッチ・アフタシール(貼り薬)は市販されています。同じ成分・添加物を使っているため、安心感が違います。おすすめです。

口内炎薬を使っても炎症が治まらないとき、悪化するときは、口内炎ではなく口腔カンジダなのかもしれません。

とびひにステロイドはOK? リンデロンVG軟膏 VS テラコートリル軟膏
とびひにステロイドを含む軟膏(リンデロンVG、テラコートリルなど)を使う医師もいます。絶対に使わない医師もいます。とびひにステロイドを軟膏を使ったら悪化しました。なぜでしょう?

ファンギゾンシロップの特徴
(色と味)

ファンギゾンシロップはアムホテリシンBを有効成分とするポリエンマクロライド系抗真菌性抗生物質です。

ファンギゾンシロップはその名の通り飲み薬ですが、とんでもない味がするため嫌われています。(臭いも悪い)

色は絵具を溶かしたかのような真オレンジで、何に混ぜても味と色が隠せません。

通常、ファンギゾンシロップは希釈して飲み薬として使いますが、希釈しても飲む量が増えるだけでたいへん苦痛をともなう薬です。

そのため、現在ではファンギゾンシロップは希釈してうがい薬として使用されるケースがほとんどです。

併用薬が問題なければ、口腔カンジダはフロリードゲルの使用が多い

口腔カンジダ薬フロリードゲル経口用の使い方、効果、副作用、禁忌
口腔カンジダは赤ちゃんと高齢者が比較的発症しやすいため、塗って飲んで効くフロリードゲルが多く使用されています。

ファンギゾンシロップ希釈うがい液の作り方

通常小児に対し1回0.5~1mL〔アムホテリシンBとして50~100mg(力価)〕を1日2~4回食後経口投与する。

ファンギゾンシロップ添付文書より

健康保険ではファンギゾンシロップは、なぜか小児用シロップ扱いの飲み薬です。
(実際は大人の使用がメインです)

先述のとおり、ファンギゾンシロップは味がひどくて飲めません。

ファンギゾンシロップは、50倍~100倍に希釈してうがい薬を作ります。
(室温遮光保存で50倍希釈液で2週間安定。100倍希釈液で1週間安定

約50倍希釈であれば、ファンギゾンシロップ10mLを蒸留水約500mL(1本)に加えます。

処方例

ファンギゾンシロップ 10mL
蒸留水 500mL

混合

1回20mL、1日3回うがい

(ただし、ファンギゾンシロップは保険請求では「うがい」ではなく内服処方しないと返戻される)

爪水虫(爪白癬)飲み薬 ラミシール VS イトリゾール 効果、副作用、飲み方
ラミシールは肝臓に負担をかけ、イトリゾールは併用薬に気を使い、爪水虫の治療が思うように進まないこともあります。優劣を付けにくいのが爪水虫の飲み薬です。

ファンギゾンシロップ希釈うがい液の使い方

  1. 作ったファンギゾンシロップ希釈うがい液を振る
  2. 約20mLカップで測り、喉うがいではなく口うがいを30秒程度行う

「約20mLカップで測り、喉うがいではなく口うがいを30秒程度行う」

ファンギゾンシロップのうがい量とうがい時間の根拠はありません。

ただ、ファンギゾンシロップをうがいに使う場合、ファンギゾンシロップ希釈うがい液が菌に接触しているときのみ効果を示します。

できる限りファンギゾンシロップ希釈うがい液のうがい時間を長くする必要があります。

ファンギゾンシロップの効果

ファンギゾンシロップの効果(有効率):85.3%
(ただし最後に内服した場合)

ファンギゾンシロップを使ってから数日で見た目はよくなりますが、ここで治療をやめると口腔カンジダが再発する場合があります。

処方された分量を使いきるようにします。

水虫塗り薬ルリコン(軟膏、クリーム、液)の効果的な塗り方使い方
ルリコンの効果、副作用、塗り方使い方を中心に解説します。2016年に発売された爪水虫専用塗り薬ルコナックとルリコンの関係にも触れます。

ファンギゾンシロップの副作用

ファンギゾンシロップの副作用は、消化器系副作用がほとんどです。

副作用発現症例率:6.2%

主な副作用 副作用頻度
食欲不振 2.3%
悪心 0.8%
下痢 0.6%
嘔吐 0.4%

副作用は味が原因でしょうね。

うがい薬としてファンギゾンシロップを使うならば、このような副作用はでないでしょう。

まとめ

  1. 口腔カンジダの原因はカンジダ菌の異常増殖
  2. 口腔カンジダの自覚症状は口の中の痛みや味覚障害
  3. 口腔カンジダは口腔粘膜に白苔ができる
  4. 口腔カンジダに口内炎薬(ケナログ、アフタゾロン、デキサメタゾン)を塗ると悪化する場合がある
  5. ファンギゾンシロップは本来飲み薬であるが、希釈してうがい薬として使う場合がほとんど
  6. その理由は、ファンギゾンシロップの味が悪すぎるから
  7. ファンギゾンシロップ希釈液のうがいはできるだけ長い時間行う