ヒルドイド市販(ヘパリン類似物質)はHPローション、ネクストクリームがおすすめ

クリームの容器

ヒルドイドの市販は、ドラッグストアなどで普通に販売されています。

ただし、ヒルドイドという名前では販売されていません。違う名前で販売されています。

ヒルドイドとビーソフテン(ヘパリン類似物質)が塗り心地が違うのと同じように、ヒルドイド市販も塗り心地がヒルドイドとは違います。

ヒルドイドの有効成分はヘパリン類似物質です。

濃度は0.3%ですので、同じ濃度のヘパリン類似物質を含み、添加物成分がヒルドイドに近い市販をおすすめとして紹介します。

※添加物成分が似ている→塗り心地が似ていると推測できる

スポンサーリンク

ヒルドイド市販は、ヒルドイドと同じ効果?

ヒルドイドとジェネリックのビーソフテン(ヘパリン類似物質)の違いは成分と塗り心地
ヒルドイドとジェネリックであるビーソフテンは、ヘパリン類似物質を有効成分とする有名な保湿剤です。効果は同等ですが、添加物成分が違うため、塗り心地に違いがあります。

ヒルドイドとビーソフテン(ヘパリン類似物質)の効果は同等ですが、
ヒルドイドとヒルドイド市販の効果は、比較試験を行っていないため、同等性は保証されていません

ヒルドイド ビーソフテン
(ヘパリン類似物質)
ヒルドイド市販
効果 同等 同等 不明
副作用 異なる
添加物成分 異なる

今回紹介するヒルドイド市販は、ヒルドイドと同じ有効成分ヘパリン類似物質が0.3%入っているということのみが保証されています。

ヒルドイドの効果

保湿剤ヒルドイドの効果を最大にする使い方(塗り方、順番、量)と副作用
ヒルドイドは、ネットではアンチエイジングクリームとして紹介されています。ヒルドイドは保湿効果に優れますが、塗り方、量、回数を守ることで最大の効果を発揮します。

ヒルドイド市販のおすすめの紹介をする前に、保湿剤としてのヒルドイドの効果を簡単に解説します。

保湿効果(保湿剤としての効果)

ヒルドイドは、ネットでアンチエイジングクリームとして紹介されている場合がありますが、保湿効果があるためでしょう。

保湿効果とは、肌の角質層の水分が逃げるのを抑える作用のことで、肌のバリア機能を改善します。

肌のバリア機能

ヒルドイドの保湿効果と皮膚のバリア機能

出典:マルホHP

表面血管の血流改善効果(血行促進効果)

血をサラサラにしそうな効果の名前ですが、あくまで表面(表皮あたり)の血流を改善する効果が該当します。

この効果を利用して、しもやけにヒルドイドが使用される場合があります。

ヒルドイドローション市販のおすすめ

ヒルドイドローションのように乳液タイプの市販薬は、へパソフトローションがあります。

しかし、ヘパソフトローションは医薬品ではなく、医薬部外品です。

そのため、ヒルドイドと同じ0.3%のヘパリン類似物質が含まれているかわからず、おすすめして良いかもわかりません。

ヒルドイドローション市販のおすすめはありません。

HPローション:
ヘパリン類似物質ローション市販(ビーソフテン)のおすすめ

ヘパリン類似物質ローション(ビーソフテン)と、ほぼ同じ添加物成分を使用した市販があります

添加物成分とは
塗り薬の有効成分を溶かしこむベースのこと。広い意味で基剤と呼ばれる。

詳しくはこちらの記事

塗り薬の軟膏とクリームの違いは基剤!吸収率、使用感で使い分ける
使用感、効果、吸収率、吸収速度を決める要素のひとつが基剤です。塗り薬の治療においては、有効成分と同じくらい基剤の選択がキーポイントになります。軟膏とクリームのどちらがよく効くのでしょうか?

HPローションの添加物成分

HPローションの添加物成分

カルボキシビニルポリマー、ヒプロメロース、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、グリセリン、トリエタノールアミン、パラベン

HPローション説明書

ヘパリン類似物質ローション(ビーソフテン)の添加物成分

カルボキシビニルポリマー、ヒプロメロース、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、グリセリン、トリエタノールアミン、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル

ヘパリン類似物質ローション(ビーソフテン)添付文書

パラオキシ安息香酸エステル(パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピルなど)を総称してパラベンといいます。

HPローションの添加物成分のパラベンの詳細は不明ですが、HPローションは、ヘパリン類似物質ローション(ビーソフテン)とほぼ同じ添加物成分を使っているため、近い塗り心地であろうと推測できます。

ビーソフテンローション市販(ヘパリン類似物質)のおすすめは、HPローションです。

HPローションの効果

HPローションは、1日1~数回患部にすりこみます。

HPローションの効果は、ヒルドイドと同じで、主な効果は次の3種類です。

  1. 保湿効果
  2. 表面血管の血流改善効果
    (血行促進効果)
  3. 傷跡をきれいにする効果

効能・効果

手指の荒れ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、きず・やけどあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛

HPローションの説明書

HPローションの添付文書「相談すること」

HPローションに限ったことではないのですが、ヒルドイド市販の説明書には次のような一文が入っています。

5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ヒルドイド市販の説明書

5~6日間では、ヒルドイドも含めてヘパリン類似物質の効果を実感できません。
せめて1ヶ月として欲しいところです。

ヒルドイド市販特有の注意書きなのでしょう。

HPクリームもヒルドイド市販のおすすめ?

HPシリーズには、HPローションの他にHPクリームもあります。

HPクリームは、ヒルドイドソフト軟膏もしくはヒルドイドクリームの市販として販売されているのだと思います。

しかし、ヒルドイドソフト軟膏、ヒルドイドクリームとHPクリームの添加物成分は、かなり違うため、塗り心地は違うと推測できます。

そのため、別のヘパリン類似物質の市販をおすすめしたいと思います。

HPクリームの添加物成分

トリイソオクタン酸グリセリン、オレフィンオリゴマー、ジメチルポリシロキサン、セトステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリン、ステアリン酸ポリオキシル、パラベン、グリセリン、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、マクロゴール、D-ソルビトール、エデト酸ナトリウム、エタノール

HPクリームの説明書

ヒルドイドクリームの添加物成分

グリセリン、ステアリン酸、水酸化カリウム、白色ワセリン、ラノリンアルコール、セトステアリルアルコール、セトステアリルアルコール・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物、ミリスチルアルコール、チモール、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、イソプロパノール

ヒルドイドクリームの添付文書

ヒルドイドソフト軟膏の添加物成分

グリセリン、スクワラン、軽質流動パラフィン、セレシン、白色ワセリン、サラシミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、ジブチルヒドロキシトルエン、エデト酸ナトリウム水和物、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル

ヒルドイドソフト軟膏の添付文書

ネクストクリーム:
ヒルドイドソフト軟膏市販のおすすめ

ネクストクリームの添加物成分はヒルドイドクリームと似ている部分もありますが、どちらかといえばヒルドイドソフト軟膏のほうにより近いです。

そのため、ネクストクリームの塗り心地は、ヒルドイドソフト軟膏よりで、ヒルドイドソフト軟膏の市販と推測できます。

ネクストクリームの添加物成分

添加物として、白色ワセリン、流動パラフィン、ジメチルポリシロキサン、ミリスチン酸オクチルドデシル、ジブチルヒドロキシトルエン、ポリオキシエチレンアラキルエーテル・ステアリルアルコール混合物、ポリソルベート60、パラベン、1,3-ブチレングリコール、カルボキシビニルポリマー、水酸化ナトリウム、香料を含有します。

ネクストクリームの説明書

ヒルドイドソフト軟膏の添加物成分

グリセリン、スクワラン、軽質流動パラフィン、セレシン、白色ワセリン、サラシミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、ジブチルヒドロキシトルエン、エデト酸ナトリウム水和物、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル

ヒルドイドソフト軟膏の添付文書

アットノンについては、加筆してこちらの記事に分割しました。

アットノン(ヒルドイド市販)のケロイド除去効果でニキビ跡は消える?
ネットではアットノンはあらゆる傷跡に効く万能薬のように語られていますが、本当でしょうか?

まとめ

  1. ヒルドイドとビーソフテン(ヘパリン類似物質)の効果は同等だが、ヒルドイドとヒルドイド市販の効果は、比較試験を行っていないため不明
  2. 医薬品ではないヒルドイド市販も販売されている(例:へパソフトローション)
  3. ヘパリン類似物質ローション(ビーソフテン)と、ほぼ同じ添加物成分を使用した市販は、HPローション
  4. ヒルドイドソフト軟膏と、ほぼ同じ添加物成分を使用した市販は、ネクストクリーム