健康保険(協会けんぽ)の傷病手当金の金額と計算方法

計算する男性の腕

うつ病、自律神経失調症、適応障害などの精神疾患が原因で働けなくなったり退職するケースが増えてきていると聞きます。

健康保険(協会けんぽ、健康保険組合)に加入するサラリーマンには、うつ病、自律神経失調症、適応障害などの病気で働けないときや、入院などで十分な収入を得られないときに受けられる手当があります。

それは、傷病手当金です。

傷病手当金は、一定条件で再発時、退職後も健康保険から支給されます。支給期間も最大で1年6カ月と長いです。

サラリーマンが加入する健康保険の中でも、加入者の多い協会けんぽの傷病手当金の金額と計算方法について解説します。

スポンサーリンク

健康保険(協会けんぽ)の傷病手当金の金額

うつ病、適応障害で働けない 傷病手当金の条件、支給日、支給期間 退職後は?
サラリーマンには、うつ病・自律神経失調症・適応障害等の精神疾患などが原因で仕事ができなくなったときや、入院等で十分な収入をえられないときに受けられる生活保障(傷病手当金)があります。

傷病手当金の金額の計算式
(2016年3月31日まで)

2016年3月31日までは、次の式が傷病手当金の金額の計算に使用されていました。

1日あたりの傷病手当金の金額の計算式
2016年3月31までの傷病手当金の受給額の計算式

標準報酬月額とは、社会保険料などの決定の際に使われる給与の平均額のことです。何段階かの区分があります。

標準報酬月額の決定方法

  1. 4月.5月.6月の月給(残業代・交通費などを含む)の平均額を計算する
  2. その額を各都道府県の保険料額表にあてはめる

標準報酬月額表(全国健康保険協会の保険額料表)

傷病手当金の金額の計算式
(2016年4月~)

2016年4月からは、次の式で傷病手当金が計算されます。

1日あたりの傷病手当金の金額の計算式
傷病手当金の受給金額の計算式

支給開始日以前の期間が12カ月間に満たない場合はどうなるなのでしょうか?
傷病手当金は受け取れないのでしょうか?

そんなことはありません。傷病手当金は受け取れます。

ただし、1日あたりの傷病手当金の金額に上限があります。

1日あたりの傷病手当金の金額の計算の例外

支給開始日以前の期間が12カ月間に満たない場合は

  1. 支給開始日の属する月より前の継続(連続)した各月の標準報酬月額の平均
  2. 標準報酬月額28万円(協会けんぽの場合)
1日あたりの傷病手当金の金額の計算式
2016年4月からの傷病手当金の受給額の計算式(例外)

健康保険(協会けんぽ)の傷病手当金の金額
計算例1

傷病手当金の支給開始日以前の期間12か月を満たす例

出典:厚生労働省HP

この例では、傷病手当金の支給開始日以前の期間が12カ月間を満たしています。

支給開始日以前の期間12カ月間(平成27年7月~平成28年6月)を合算して、12カ月で割り、標準報酬月額の平均を計算します。

支給開始日以前の期間の標準報酬月額の平均【A】
支給開始日以前の期間が12カ月の平均の傷病手当金の計算式

【A】/ 30 ≒ 9,780円
(1の位を四捨五入)

1日あたりの傷病手当金の金額
=9,780円 × 2/3
=6,520円

労災保険の休業補償と療養補償 怪我、病気、入院でもらえる金額を計算
サラリーマンには、仕事中・通勤中の怪我や病気が原因で、医療機関を受診したり、入院や療養で仕事を休むことになってしまった場合の補償があります。労災保険の療養補償給付と休業補償給付です。

健康保険(協会けんぽ)の傷病手当金の金額
計算例2

次は、支給開始日以前の期間が12カ月間を満たさない場合の傷病手当金の金額を計算します。

傷病手当金の支給開始日以前の期間12か月を満たさない例

出典:厚生労働省HP(一部改編)

標準報酬月額は30万円で、標準報酬月額28万円を超えています。

そのため、1日あたりの傷病手当金の金額は、標準報酬月額28万円として計算します。

1日あたりの傷病手当金の金額
=28万円 / 30日 × 2/3
=6,220円

健康保険(協会けんぽ)の傷病手当金
金額の調整

  1. 同一の病状が原因で、障害厚生年金・障害手当金を受け取った
  2. 給与の支払いがあった
  3. 資格喪失後(退職後)に老齢年金を受け取った
  4. 出産手当金を受ける期間に入った(出産手当金優先支給)
  5. 労災保険の休業給付を受け取った

以上の条件に当てはまるときは、傷病手当金の金額が調整もしくは無支給になることがあります。

まとめ

  1. 協会けんぽの傷病手当金の計算方法は簡単
  2. 協会けんぽの傷病手当金の計算式は、2016年4月に変更になった
  3. 傷病手当金の金額は、標準報酬月額の2/3(収入の60%~70%)
  4. ただし、支給開始日以前の期間が12カ月間に満たない場合は、1日あたりの傷病手当金の金額は6220円が上限