インクレミンシロップ(子供の鉄欠乏性貧血薬)の効果と副作用

スポンサーリンク
好き嫌いで貧血ぎみの子供

貧血と聞くと、大人の女性特有の病気に思えるかもしれません。

確かに多くの女性が貧血傾向であることは事実です。

しかしながら、子供(特に新生児~幼児)も同じくらい、もしくはそれ以上貧血体質です。

鉄欠乏性貧血薬は内服薬注射薬がありますが、ほとんどは内服薬の鉄剤を使います。

現在使用されている内服薬の鉄剤は6種類あり、インクレミンシロップは唯一シロップという子供でも飲みやすい剤形です。

鉄欠乏性貧血薬 成分名
フェロミア クエン酸第一鉄
フェログラデュメット 硫酸鉄
スローフィー
テツクールS
フェルム フマル酸第一鉄
インクレミン ピロリン酸第二鉄
スポンサーリンク

鉄欠乏性貧血

貧血とは、血液中の赤血球の数やヘモグロビン量が少ないが続き、酸素が不足した状態をいいます。

そして、鉄不足によって起こる貧血を、鉄欠乏性貧血といいます。

ヘモグロビンと鉄の関係

赤血球に含まれるヘモグロビンは、肺で酸素を取り込んで全身へ送っています。

ヘモグロビンの合成に必要な栄養素は、ビタミンB12葉酸などです。

フォリアミンは妊婦の葉酸サプリの代わりになる?いつからいつまで?
妊娠前から葉酸を接種することで、赤ちゃんの障害、流産、奇形を予防し、妊婦の貧血、つわりの予防効果を期待できます。効率的な葉酸サプリメントの飲み方とは?

これらが不足するとヘモグロビンの合成ができなくなり、貧血を起こします。

葉酸不足→葉酸欠乏性貧血
ビタミン12不足→悪性貧血

血清鉄と貯蔵鉄

鉄分の一時的な鉄不足を補うために、余った鉄分は肝臓などに貯蔵鉄として一定量ストックしています。

鉄分が不足してくると貯蔵鉄が減っていき、貧血ではない鉄欠乏状態となります。

貯蔵鉄を使い果たし、鉄分が不足して血中の鉄分(血清鉄)が減ると、少しずつ貧血症状が表れます。

血清鉄と貯蔵鉄

※全身をめぐる血清鉄は例えると現金
※貯蔵鉄は例えると貯金
※現金さえあれば、貯金がなくても破綻しない

スポンサーリンク

赤ちゃん~子供(幼児)の鉄欠乏性貧血症状

  • まぶたが薄い(白っぽい)
  • 唇の赤みが薄い
  • 顔色が青白い(悪い)
  • 爪がスプーンのように反っている
  • 疲れやすい

赤ちゃん~子供の貧血症状はいろいろありますが、この時期の貧血は親でも気づきません。

ほとんどが乳幼児健診で発見されます。

母子保健法では、1歳6カ月児健診、3歳児健診の乳幼児健診が必須です。
これにプラスしてほとんどの市町村では3~4カ月児健診が実施されています。
他に、9~10カ月児健診、6~7カ月児健診を行う市町村もあります。

赤ちゃん(新生児~乳児)の貧血

新生児から乳児までは、体が急成長(約3kg→10kg)するため、鉄分の需要が多く、鉄欠乏性貧血を起こしやすい時期です。

新生児:生後4週までの赤ちゃん
乳児:生後1年までの赤ちゃん

乳児の鉄欠乏製貧血

妊娠後期になると、(胎盤を介して)お母さんから赤ちゃんへ鉄分の移行が盛んになり、

赤ちゃんは約6カ月分の貯蔵鉄を蓄えて生まれてくるといわれています。

しかし、生後の環境の変化や急発達のため多くの貯蔵鉄を使い、1年以内に鉄欠乏性貧血を起こすことが多いです。

新生児の鉄欠乏性貧血

お母さんから赤ちゃんへの鉄分移行が十分でなかった場合、早産児低出生体重児はどうでしょう?

生まれてまもなく鉄分が不足して、生後4週~8週で鉄欠乏性貧血を起こす頻度が高まります。

早産児:妊娠37週未満で生まれた赤ちゃん
低出生体重児:2500g以下で生まれた赤ちゃん

子供(幼児)の貧血

幼児期(1歳~小学校入学まで)になると、食事から十分な鉄分を摂れるようになります。

しかし、次のような条件が重なると鉄欠乏性貧血になる場合があります。

  • 離乳が進まない
  • 食べ物の量が少ない
  • 好き嫌いがある(偏食)
  • 食材の鉄分量が少ない
  • 激しい運動を行っている(鉄需要が高まる)

赤ちゃん・子供の鉄欠乏性貧血の何が怖いか

ヘモグロビンが全身に酸素を送り、ヘモグロビンの合成に鉄分が必要である。

鉄欠乏性貧血は鉄分の不足が原因で、全身に酸素が十分にいきわたらない状態であることは先述の通りです。

子供の鉄欠乏性貧血が3カ月以上続くと、

精神的発達、運動発達、自律神経の発達が遅れることが分かっています。

鉄欠乏性貧血によるこれらの発達が遅れに気付き、鉄剤を飲んで貧血症状を改善しても、乳幼児期に必要だった発達は取り戻せないといわれています。(←不明点も多い)

スポンサーリンク

鉄欠乏性貧血薬インクレミンシロップ

インクレミンシロップはピロリン酸第一鉄を有効成分とする鉄欠乏性貧血薬です。

インクレミンシロップ

インクレミンシロップの混合

小児シロップの混合はよく行われますが、インクレミンシロップと他の小児シロップを混合すると、黒く変色することが多いです。

インクレミンシロップと他の小児用シロップとの混合は避けます。

インクレミンシロップの味と臭い

インクレミンシロップを飲むと、少し鉄臭い味と粘っこさが口の中に残りますが、甘く飲みやすいと思います。
(アルコールの抜けた梅酒ロックのような臭いがしますが、メーカーいわくサクランボ風味)

鉄味が濃くて飲めない場合は、直前に水で薄めると飲みやすくなります。

インクレミンシロップの吸収

鉄イオンは2価と3価があります。

  • 第一鉄:2価の鉄イオン(Fe2+)
    フェロミア、フェログラデュメット

  • 第二鉄:3価の鉄イオン(Fe3+)
    インクレミンシロップ

3価鉄イオンは、胃液で2価鉄イオンに変換されてから吸収されます。

インクレミンシロップは鉄剤の中で唯一の第二鉄ですので、胃酸による変換が必須です。

鉄欠乏性貧血薬 フェロミアの効果、副作用(便秘、下痢、吐き気)、飲み合わせ
フェロミアを飲むと鉄欠乏性貧血の症状は意外と早く回復しますが、服用は6カ月程度継続する必要があります。なぜならば、鉄欠乏性貧血の症状の消失は血清鉄を正常化したにすぎないからです。

インクレミンシロップの飲み方(用法用量)

インクレミンシロップは小児の鉄欠乏性貧血治療薬として開発されましたが、大人(成人)も飲めます。

インクレミンシロップの小児量

インクレミンシロップは、1mL中に溶性ピロリン酸第二鉄50mg(鉄として6mg)が含まれています。

小児の標準的なインクレミンシロップの飲み方は次の表の通りです。

年齢 用量(mL) 鉄量(mg)
1歳未満 2~4 12~24
1歳~5歳 3~10 18~60
6歳~15歳 10~15 60~90

上記量を1日3~4回に分けて服用

インクレミンシロップの成人量

インクレミンシロップは小児用シロップですが、

フェロミアやフェログラデュメットで吐き気などの副作用が出る場合、大人も使用できます。
(鉄剤でオエッとなる妊婦さんが飲んでいる印象が強い)

鉄剤フェログラデュメットの効果と副作用 フェロミアとの違いは?
フェログラデュメットはゆっくり溶けるため、胃の副作用がフェロミアと比較すると少ない特徴があります。フェログラデュメットとフェロミアの違いを比較しながら解説します。

インクレミンシロップの成人量の決まりはありませんが、おおむね15mL~20mLです。

例)インクレミンシロップ 15mL
         毎食後 30日分

インクレミンシロップの効果

インクレミンシロップは、ヘモグロビン量と貯蔵鉄量を増やして鉄欠乏性貧血状態を改善します。

臨床試験において鉄欠乏性貧血に対する有効率(効果)は77.9%です。

年齢別の効果は次の通りです。

  • 1歳未満:74.4%
  • 1~5歳:82.4%
  • 6~15歳:81.3%

インクレミンシロップはいつまで飲む?(治療期間)

インクレミンシロップは1度飲み始めると長期服用となる場合が多い薬です。

なぜならば、血清鉄の正常化はもちろん、鉄分のストックである貯蔵鉄も正常化する必要があるからです。

インクレミンシロップ服用後の血清鉄と貯蔵鉄

さもないと、また鉄欠乏性貧血が再発する可能性があります。

  • 血清鉄正常化の目安:1~2カ月
  • 貯蔵鉄正常化の目安:約6カ月

インクレミンシロップと抗生物質の飲み合わせ

  • セフゾン(セフジニル)
  • オゼックス(トスフロキサシン)
  • ミノマイシン(ミノサイクリン)

これらの抗生物質は、鉄、カルシウム、マグネシウムなどの金属イオンを含む薬と併用すると、吸収が悪くなり(抗生物質の)効果が減弱します。

マイコプラズマ肺炎薬(子供) 抗生物質クラリス、ジスロマック、オゼックス
2000年くらいからマクロライド耐性マイコプラズマが増え、マイコプラズマ肺炎の治療が思うように進まない例が見られるようになっています。
【皮膚科ニキビ飲み薬】抗生物質ミノマイシン、ビブラマイシン、ルリッドの効果と副作用
皮膚科でよく使われるニキビの抗生物質飲み薬は、ミノマイシン、ビブラマイシン、ルリッドです。学会の推奨度もBランク以上で、効果もお墨付きです。

そのため、これらの薬は2時間以上間隔をあけて飲むのが原則です。

ミノマイシンは副作用の面から子供には使いにくい抗生物質ですが、

セフゾンは子供の溶連菌、肺炎、中耳炎、副鼻腔炎など、インクレミンシロップと併用する機会もあるでしょう。

セフゾンとインクレミンシロップを併用(同時服用)すると、セフゾンの吸収が90%低下します。

3時間以上間隔を空けて服用するのがよいです。

溶連菌薬(抗生物質)の種類と 大人も子供も飲まないといけない理由
溶連菌で使う薬は、ペニシリン系抗生物質(パセトシン、サワシリン、ワイドシリン)、セフェム系抗生物質(メイアクト、フロモックス、セフゾン)の使用が多いです。

インクレミンシロップとお茶の飲み合わせ

インクレミンシロップなど、鉄剤とお茶(緑茶)は一緒にのんではいけないことは有名かもしれません。

お茶に含まれるタンニン酸が鉄剤の吸収を悪くするからです。

しかし、タンニン酸が鉄剤の吸収を悪くするのは事実ですが、

インクレミンシロップの鉄含有量から考えると、多少吸収が悪くなっても鉄欠乏性貧血改善効果には影響を与えません。

インクレミンシロップの副作用
(便秘、下痢、吐き気)

鉄剤は便秘、下痢、吐き気などの消化器系副作用の頻度が高いです。

インクレミンシロップも例外ではありませんが、鉄剤の中ではインクレミンシロップが最も少ないです。
(インクレミンシロップは子供用ですからね)

インクレミンシロップで便も歯も真っ黒に?

インクレミンシロップを飲むと、びっくりするくらい便の色が黒くなります。

インクレミンシロップの吸収されなかった鉄分が、排泄の過程で酸化鉄や硫化鉄になるからです。
(鉄がサビて真っ黒になったのをイメージしてください)

さらに、

インクレミンシロップが歯に付着したままにすると、歯が黒く着色する場合があります。

インクレミンシロップを飲んだ後は、歯にシロップが残らないように口うがいをおすすめします。

もしくは、しっかり歯磨きです。

まとめ

  1. 貧血はヘモグロビン量が減り、酸素が不足した状態をいう
  2. 鉄不足によって起こる貧血を、鉄欠乏性貧血という
  3. 子供(特に新生児~幼児)は貧血体質である
  4. 子供の鉄欠乏性貧血は、1歳までに乳幼児健診で発見される場合が多い
  5. 子供の鉄欠乏性貧血が3カ月以上続くと精神的発達、運動発達、自律神経の発達が遅れる
  6. インクレミンシロップは子供用の鉄欠乏性貧血薬であるが、大人が服用しても問題ない
  7. インクレミンシロップと他の小児用シロップとの混合は避ける
  8. インクレミンシロップは鉄臭いが、意外と甘く飲みやすい
  9. インクレミンシロップは貯蔵鉄が回復するまで(約6カ月間)服用を続ける
  10. インクレミンシロップと飲み合わせのよくない抗生物質は2~3時間あけて服用する
  11. インクレミンシロップとお茶は飲み合わせがよくないが、鉄血欠乏性貧血への効果には影響はない
  12. インクレミンシロップは便秘、下痢、吐き気などの消化器系副作用が起こる場合がある
  13. インクレミンシロップを飲むと便が真っ黒になる
  14. インクレミンシロップが歯に付着すると黒くなる