【睡眠薬の種類】睡眠薬は効果(強さ)と副作用のバランスが大事

パソコンに向かう男性

睡眠薬は大きく分けると3種類でしたが、2010年と2014年に新しい種類の睡眠薬(下記4と5)が発売され5種類に増えました。

  1. バルビツール酸系睡眠薬
  2. ベンゾジアゼピン系睡眠薬
  3. 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬
  4. メラトニン受容体作動系睡眠薬
  5. オレキシン受容体拮抗系睡眠薬

【睡眠薬の種類1】

バルビツール酸系睡眠薬は、1900年前半からある古典的な睡眠薬です。

睡眠に対する効果(強さ)は抜群ですが、有効成分が脳全体に作用するため、睡眠中に呼吸が弱くなるなどの副作用を起こす可能性があります。

ラボナが代表的なバルビツール酸系睡眠薬ですが、現在ではあまり使用されていません。

今回は、従来の睡眠薬であるベンゾジアゼピン系睡眠薬~オレキシン受容体拮抗系睡眠薬の効果(強さ)と副作用のバランスについて解説します。

スポンサーリンク

睡眠薬の種類2
ベンゾジアゼピン系睡眠薬

ハルシオン、レンドルミン、ロヒプノール…。

聞いたことのある睡眠薬は、たいていベンゾジアゼピン系と呼ばれる睡眠薬です。

バルビツール酸系睡眠薬とベンゾジアゼピン系睡眠薬の違い

バルビツール酸系睡眠薬は脳全体に作用するのに対して、
ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、脳の一部(GABA受容体)に作用するイメージです。

脳とGABA(ベンゾジアゼピン系睡眠薬の作用部位)

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果(強さ)は、バルビツール酸系睡眠薬と比較すると弱いですが、呼吸抑制などの重大な副作用が抑えられています。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は1960年に誕生して以来、現在でも最も使用頻度が高い睡眠薬です。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は比較的効果が強く、副作用とのバランスの取れた睡眠薬です。ただし、特有の副作用などがあり、高齢者には使いにくい睡眠薬でもあります。

睡眠薬は消失半減期(血中濃度が半分になる時間)によってさらに4種類に分類されています。

眠れない?夜中に目が覚める?睡眠薬の種類を見直そう【入眠障害と中途覚醒】
睡眠薬の効果には「強い、弱い」がありますが、効果の持続時間が「長い、短い」もあります。睡眠薬は持続時間の長さで4種類に分類され、おもに3種類の不眠症タイプに使い分けられています。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の主な副作用など

副作用など 説明
筋弛緩作用 ふらつき(骨折、転倒の原因になる)
一過性前向性健忘 薬を飲んだ直前のことを忘れる
(特に超短時間型睡眠薬)
反跳性不眠
(はんちょうせいふみん)
睡眠薬の長期服用後、睡眠薬の中止で一時的に眠れなくなる(依存性)
持ち越し効果 消失半減期の長い睡眠薬は、翌朝眠気が残りやすい
ふらつきが起こりやすい
耐性 睡眠薬の効果が弱まる(眠れない、夜中に目が覚める)

代表的なベンゾジアゼピン系睡眠薬のであるレンドルミン(ブロチゾラム)の副作用を確認してみましょう。

副作用の種類 副作用の頻度
残眠感、眠気 2.20%
ふらつき 1.01%
頭重感 0.76%
だるさ 0.73%
副作用合計 3.91%

(臨床試験、再審査終了時の調査症例数6548例中)

レンドルミンは短時間型睡眠薬ですが、意外と持ち越し効果(早朝のふらつき、眠気など)があるようです。

睡眠薬の種類3
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

睡眠薬ルネスタ(エスゾピクロン)も苦い!効果、副作用、依存性
従来の睡眠薬からルネスタに変更することで、依存・ふらつき等から解放される可能性があります。超短期型睡眠薬の中では持続時間も長いため、途中で起きるタイプの不眠症にも効果が期待できます。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬と非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の違い(強さの違い)

ベンゾジアゼピン系睡眠薬がGABA受容体全体に作用するのに対して、
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、GABA受容体のω1受容体(オメガ1受容体)への選択性を高めたイメージです。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬と非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の作用の違い

ω1受容体:睡眠に関係する
ω2受容体:筋弛緩、けいれん、不安、記憶などに関係する

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果(強さ)は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬と比較するとやや弱い~同等の感じがあり、筋弛緩作用の副作用がおさえられています。

夜に目が覚めてトイレに行くときなどにふらついて転倒するリスクが軽減されています。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は安全性を重視した睡眠薬で、特に高齢者におすすめできる睡眠薬です。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果

睡眠薬マイスリー(ゾルピデム)VSルネスタVSアモバン(ゾピクロン) 効果(強さ)と副作用
マイスリー(ゾルピデム)、アモバン(ゾピクロン)、ルネスタ(エスゾピクロン)は、ふらつきなどの副作用が起こりにくく、効き目もそこそこ良いため、睡眠薬の標準薬となりつつあります。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は現在3種類発売されており、すべて超短時間型の睡眠薬です。

発売年 睡眠薬名 有効成分名
1989年 アモバン ゾピクロン
2000年 マイスリー ゾルピデム
2012年 ルネスタ エスゾピクロン

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は睡眠効果が短く、一度眠ったら夜中に目が覚めることはないけれど眠れない。寝付きが悪い方に効果的な睡眠薬です。

アモバン、マイスリー、ルネスタの血中濃度を消失半減期を使ってグラフ化するとこのような感じです。

超短時間型睡眠薬の消失半減期と効果持続時間(作用時間)

マイスリーとルネスタでは、かなり効果の持続時間に差があります。

そのため、眠れないからマイスリーを飲んでいるが夜中に目が覚めると言う方は、マイスリーからルネスタへの変更で、夜中に目が覚めなくなるかもしれません。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用

アモバン マイスリー ルネスタ
副作用1 苦み(4.18%) ふらつき(4.0%) 味覚異常(21.0%)
副作用2 ふらつき(0.89%) 眠気(3.4%) 頭痛(10.7%)
副作用3 眠気(0.51%) 頭痛(2.8%) 傾眠(7.8%)
副作用4 口渇(0.48%) 倦怠感(2.8%) 浮動性めまい(5.1%)
副作用合計 831例(7.12%) 190 例(17.2%) 819 例(50.0%)

アモバン:再審査終了時(総症例11677例中)
マイスリー:承認時(総症例1102例中)
ルネスタ:外国並行群間比較試験(総症例1637例中)

レンドルミンよりふらつきの副作用頻度が高くなっている睡眠薬もありますが、試験を行った時期や対象者が違うため、単純にデータを比較できません。

マイスリー以外の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、口の苦みで眠れないという方もいるくらいとにかく苦いです。

そのため、非ベンゾジアゼピン系睡眠はマイスリーが一番使われています。

睡眠薬の種類4
メラトニン受容体作動系睡眠薬
ロゼレム

睡眠薬ロゼレム(ラメルテオン)の標的はメラトニン受容体!効果、副作用、禁忌
ロゼレムは従来の睡眠薬と違う作用を持つ、向精神薬・習慣性医薬品に分類されていない唯一の睡眠薬です。メーカーが公表しているデータからも最も安全な睡眠薬に分類されると考えられます。

2010年、向精神薬、習慣性医薬品に指定されていない全く新しい種類の睡眠薬、メラトニン受容体作動系睡眠薬ロゼレムが発売されました。

2016年現在、メラトニン受容体作動系睡眠薬は、ロゼレム1種類のみです。

メラトニン受容体作動系睡眠薬ロゼレムの作用

ロゼレムのメラトニン受容体刺激作用

従来の睡眠薬はベンゾジアゼピン受容体(GABA受容体)をターゲットにしていましたが、ロゼレム(ラメルテオン)は全く異なる受容体をターゲットとしています。

ロゼレム(ラメルテオン)の標的はメラトニン受容体です。

ロゼレム(ラメルテオン)は、メラトニン受容体を刺激してメラトニンの分泌を促し、自然な睡眠を誘います。

メラトニンとは
メラトニンは、脳から分泌される体内時計の調整機能があるホルモンの一種で、メラトニンが多く分泌されると眠くなります。

メラトニン受容体刺激系睡眠薬ロゼレムの効果(強さ)

今までの睡眠薬と比較すると、メラトニン受容体作動系睡眠薬ロゼレムはなかなか効果が現れません。

ロゼレムは効かない!と言い切る人すらいます。

ロゼレム(ラメルテオン)は、2週間くらい連続して服⽤することで効果が実感できるようになります。

すぐに「睡眠時間を確保したい、改善したい」と考えている方には、ロゼレム(ラメルテオン)はあまり人気がないようです。

ロゼレムを6カ月服用した時の睡眠潜時のグラフ

睡眠潜時:眠れるまでの時間

メラトニン受容体刺激系睡眠薬ロゼレムの副作用

メラトニン受容体刺激系睡眠薬ロゼレムは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用の一種である、筋弛緩作用一過性前向性健忘反跳性不眠がほとんど起こらないことが、臨床試験で確認されています。

【不眠症改善】睡眠薬をやめたい!離脱症状、反跳性不眠に注意
睡眠薬は理由なく長期服⽤する薬ではありません。不眠症が改善したら、減量もしくは中止するべきです。睡眠薬をやめたい方向けの内容です。

ロゼレムの副作用(臨床試験より)

副作用の種類 副作用の頻度
傾眠 3.4%
頭痛 1.0%
倦怠感 0.5%
めまい 0.5%
副作用合計 10.4%

ただし、これらの副作用は1日1回ロゼレム4mg、8mg、16mg、32mgを服用した1864例中のことです。

そのため、1日1回ロゼレム8mgの服用で、このような副作用が現れるかどうかは不明です。

睡眠薬の種類5
オレキシン受容体拮抗系睡眠薬
ベルソムラ

【睡眠薬ベルソムラの効果、副作用、禁忌、悪夢】効かないってホント?
ベルソムラは新しい作用を持つ睡眠薬です。発売後のデータの蓄積がまだまだ不十分で、わからないことが多いですが、、メーカーが公表しているデータに基づいて効果、副作用、依存性を中心に解説します。

2014年、ロゼレムとは異なる新しい種類の睡眠薬、オレキシン受容体拮抗系睡眠薬ベルソムラが発売されました。

2016年現在、オレキシン受容体拮抗系睡眠薬は、ベルソムラ1種類のみです。

オレキシン受容体拮抗系睡眠薬ベルソムラの作用

オレキシン(覚醒維持に関わるホルモンの一種)がオレキシン受容体に結合する前に、ベルソムラの有効成分スボレキサントが、オレキシン受容体に結合します。

そのため、オレキシンが作用が弱まり、覚醒力が下がり、眠気を誘います。

オレキシン受容体拮抗系睡眠薬ベルソムラの効果(強さ)

ベルソムラもロゼレムと同様に、あまり即効性は期待できず、2週間くらい服用したくらいから効果が出てくるようです。

その後、3カ月服用したころから安定した効果が期待できます。

1年間ベルソムラを服用した時の総睡眠時間の推移

メーカー公表資料より作成(一部画像引用)

オレキシン受容体拮抗系睡眠薬ベルソムラの副作用

睡眠薬を服用すると、悪夢(変な夢)をみたりする場合がありますが、オレキシン受容体拮抗系睡眠薬ベルソムラは、特に悪夢(変な夢)を見る頻度が高いです。

ベルソムラの副作用報告抜粋(市販後調査)

副作用 件数 副作用発現率
傾眠 201 14.1%
悪夢 148 10.4%
異常な夢 45 3.2%
頭痛 79 5.5%
めまい 50 3.5%

ベルソムラの市販直後調査(2015年7月発表)によると、ベルソムラの処方があった推定7.5万人に対して1427件の副作用が報告されています。

睡眠薬の強さ

睡眠薬の強さは、一般的には次の様な順番です。

バルビツール酸系
 >ベンゾジアゼピン系
  >非ベンゾジアゼピン系
   >オレキシン受容体拮抗系
    >メラトニン受容体刺激系

ただし、睡眠薬の強さは個人差が大きく、強さの比較自体が難しいです。

「持続時間が長い睡眠薬」を強いという方がいますが、睡眠薬の持続時間と強さは無関係です。

睡眠薬の強さを決める要素は、睡眠薬の種類、有効成分、服用用量などです。

睡眠薬の安全性

睡眠薬で大事なことは、次の4つに集約されます。

  1. 眠れる
  2. 夜中に目が覚めない
  3. 朝、普通に目が覚める
    (眠気が持ち越さない)
  4. 安全に使用できる
睡眠薬の安全性
メラトニン受容体刺激系
 >非ベンゾジアゼピン系
  >オレキシン受容体拮抗系
   ≧ベンゾジアゼピン系
    >>バルビツール酸系

今のところ、睡眠薬の安全性は上記のように私は考えています。

ただし、オレキシン受容体拮抗系は発売後のデータの蓄積がまだまだ不十分で、わからないことが多いです。

オレキシン受容体拮抗系は、一部のベンゾジアゼピン系に安全性で劣るかもしれません。