眠れない?夜中に目が覚める?睡眠薬の種類を見直そう【入眠障害と中途覚醒】

夜中に目が覚める男性

睡眠薬を飲んでいても、次のような悩みを抱えている方は意外と多いです。

  1. 眠れない、寝付きが悪い(入眠障害)
  2. 夜中に目が覚める(中途覚醒)
  3. 朝に早く目が覚める(早朝覚醒)
  4. 朝にぼんやりする(睡眠薬の持ち越し)

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

睡眠薬は効果の持続時間によって4種類に分類されています。
今、飲んでいる睡眠薬は、あなたの不眠症の症状に合っていない種類の睡眠薬かもしれません。

この記事を読めば、あなたに合う種類の睡眠薬を見つける手がかりが見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

睡眠薬の効果の持続時間

睡眠薬の効果の持続時間に関係しているのは、有効成分の消失半減期です。

消失半減期とは、有効成分の血中濃度が半分になる時間のことです。

消失半減期が短い睡眠薬は速く体から排泄され、長い睡眠薬は体内に蓄積します。

つまり、消失半減期の短い睡眠薬は効果持続時間が短く、消失半減期の長い睡眠薬は効果持続時間が長いということです。

消失半減期と効果持続時間の関係グラフ

最高血中濃度到達時間とは、薬を服用して有効成分が血中で最大になる時間のことです。薬の効果の立ちあがりのスピードとも理解できます。

消失半減期の5倍の時間が経過すると、血中にはほとんどの有効成分が残っていません。

言いかえると、睡眠薬を飲んでから消失半減期の5倍の時間が経過すると、薬の効果はほとんどありません。

睡眠薬マイスリーの効果発現時間と持続時間(作用時間)はどれくらい?
睡眠薬が効いた、効かなくなったと感じる時間は個人差があります。しかし、メーカーが発表しているデータから「効果持続時間」や「効果発現時間」をある程度推測することが可能です。

効果の持続時間(消失半減期)でわける4種類の睡眠薬

睡眠薬は、効果の持続時間(消失半減期)で4種類に分けられています。

  1. 超短時間型睡眠薬
  2. 短時間型睡眠薬
  3. 中時間型睡眠薬
  4. 長時間型睡眠薬

4種類の睡眠薬は、一般的には次のように使い分けます。

睡眠薬の種類 睡眠障害の種類
超短時間型睡眠薬
 ~短時間型睡眠薬
眠れない、寝付きが悪い
(入眠障害)
短時間型睡眠薬
 ~中時間睡眠薬
夜中に目が覚める
(中途覚醒)
中時間睡眠薬
~長時間型睡眠薬
朝に早く目が覚める
(早朝覚醒)

4種類の睡眠薬の使い分け
【間違い例】

眠れない、寝付きが悪い
(入眠障害)

眠れない(寝付きが悪い)方が中・長時間型睡眠薬を服用すると、入眠障害は改善するかもしれません。

しかし、睡眠薬の効果の持続時間が必要以上に長いため、朝にぼんやりする症状(睡眠薬の持ち越し)や日中に眠気が出てしまいます。

夜中に目が覚める(中途覚醒)
朝に早く目が覚める(早朝覚醒)

夜中に目が覚める方が超短時間型睡眠薬を服用しても、睡眠薬の効果の持続時間が短いため中途覚醒は改善されません。

睡眠薬の効果がなくなったくらいの時間(夜中)に目が覚めるのです。

4種類の睡眠薬のリスト

睡眠薬の種類 睡眠薬 有効成分 一般的な服用量
超短時間型 アモバン ゾピクロン 7.5~10mg
ハルシオン トリアゾラム 0.125~0.5mg
マイスリー ゾルピデム 5~10mg
ルネスタ エスゾピクロン 1~3mg
ロゼレム ラメルテオン 8mg
短時間型 エバミール ロルメタゼパム 1~2mg
ロラメット
デパス エチゾラム 1~3mg
リスミー リルマザホン 1~2mg
レンドルミン ブロチゾラム 0.25mg
中時間型 ※エリミン ニメタゼパム 3~5mg
ロヒプノール フルニトラゼパム 0.5~2mg
サイレース
ユーロジン エスタゾラム 1~4mg
ベンザリン ニトラゼパム 5~10mg
ネルボン
長時間型 ダルメート フルラゼパム 15~30mg
ソメリン ハロキサゾラム 5~10mg
ドラール クアゼパム 20~30mg

※エリミンは販売中止

睡眠薬の種類による違い

例えば、超短時間型睡眠薬の中では、どれも同じくらいの効き目(効果発現時間、効果持続時間)なのでしょうか。

同じ種類の睡眠薬でも、効き目はかなり違いがあります。

5種類の超短時間型睡眠薬は、どのように効き目が違うのかを考えてみましょう。

超短時間型睡眠薬の違い

効果が出るまでの時間が違う

睡眠薬を服用すると、薬が血中に入り眠たくなります。

たいていの睡眠薬は放物線上に血中濃度(薬が血液中にある濃度)が推移します。

睡眠薬の効果が出るまでの時間

超短時間型睡眠薬の眠たくなる時間

睡眠薬は最高血中濃度到達時間がおとずれる前(30分~60分くらい)に眠たくなりますが、最高血中濃度到達時間に0.75時間~1.2時間の違いがあります。

効果の持続時間も結構違う

消失半減期を使って、それぞれの超短時間型睡眠薬の血中濃度をグラフ化するとこのような感じです。

超短時間型睡眠薬の消失半減期と効果持続時間(作用時間)

※ロゼレムの代謝物(体内に入って変化したもの)にも睡眠効果があるため、実際の睡眠効果の持続時間はもっと長いと考えられる

マイスリーとルネスタでは、かなり効果の持続時間に差があります。

そのため、眠れない(寝付きが悪い)からマイスリーを飲んでいるが、夜中に目が覚めると言う方は、マイスリーからルネスタへの変更で、夜中に目が覚めなくなるかもしれません。

睡眠薬ルネスタ(エスゾピクロン)も苦い!効果、副作用、依存性
従来の睡眠薬からルネスタに変更することで、依存・ふらつき等から解放される可能性があります。超短期型睡眠薬の中では持続時間も長いため、途中で起きるタイプの不眠症にも効果が期待できます。

4種類の睡眠薬:
消失半減期の短い順

睡眠薬の種類 商品名 一般名 Tmax t1/2 効果持続時間の目安
超短時間型 ロゼレム ラメルテオン 0.75 0.94 3~6時間
マイスリー ゾルピデム 0.8 2.3
ハルシオン トリアゾラム 1.2 2.9
アモバン ゾピクロン 0.75 3.94
ルネスタ エスゾピクロン 1 5.08
短時間型 デパス エチゾラム 3.3 6.3 6~12時間
レンドルミン ブロチゾラム 1.5 7
エバミール ロルメタゼパム 2.2 9.9
ロラメット
リスミー リルマザホン 3 10.5
中時間型 ロヒプノール フルニトラゼパム 0.75 19.2 12時間以上
サイレース
ユーロジン エスタゾラム 5 24
ベンザリン ニトラゼパム 1.6 27.1
ネルボン
長時間型 ドラール クアゼパム 3.4 36.6
ダルメート フルラゼパム 1 未記載
ソメリン ハロキサゾラム 未記載 未記載

Tmax:最高血中濃度到達時間
t1/2:消失半減期

短時間型睡眠薬の特徴

短時間型睡眠薬の半減期は、超短時間型睡眠薬と比較すると倍ほどあり、効果は6時間~12時間程度持続すると考えられます。

短時間型睡眠薬の有効成分は、朝まで体内に残ります。
そのため、中途覚醒にもある程度は有効と考えられます。

短時間型睡眠薬は、夜中に何回も目が覚める方にもある程度使える睡眠薬です。

中時間型睡眠薬と長時間型睡眠薬の特徴

中時間型睡眠薬と長時間型睡眠薬は消失半減期が相当長いため、なかなか体から有効成分が消失しません。

中時間型睡眠薬と長時間型睡眠薬は中途覚醒、早朝覚醒に適した睡眠薬ですが、日中も抗不安作用が持続するため、不安感が強い不眠症状に使われる場合もあります。

ただし、筋弛緩作用(筋肉がゆるむ作用)も持続するため、夜中に目が覚めた時や日中のふらつき・転倒に注意が必要です。

中時間型睡眠薬と長時間型睡眠薬は、副作用を考えるとやや使いにくいです。
精神科専門医や睡眠剤に詳しい医師が使用することが多いです。

【睡眠薬の種類】睡眠薬は効果(強さ)と副作用のバランスが大事
よく受ける質問のひとつが「一番強い睡眠薬は何ですか?効果が長い睡眠薬は強いですか?」です。難しい質問ですが、私なりに答えてみます。

まとめ

不眠のタイプは主に3種類

  1. 眠れない、寝付きが悪い(入眠障害)
  2. 夜中に目が覚める(中途覚醒)
  3. 朝に早く目が覚める(早朝覚醒)

まとめ

  1. 消失半減期とは、有効成分の血中濃度が半分になる時間のこと
  2. 睡眠薬を飲んでから消失半減期の5倍の時間が経過すると、薬の効果はほとんどない
  3. 睡眠薬は、効果の持続時間(消失半減期)で4種類に分けられている
  4. 超短時間型睡眠薬は、眠れない(寝付きが悪い)方向け
  5. 短時間型睡眠薬は、眠れない方や夜中に目が覚める方向け
  6. 中時間型睡眠薬は、夜中に目が覚める方向け
  7. 長時間型睡眠薬は、専門医が使用することが多く、あまり使用されない