赤ちゃんの便秘薬マルツエキス(麦芽糖)の効果と飲ませ方 大人にも効く?

スポンサーリンク

大人の便秘薬は多くの種類がありますが、赤ちゃんの便秘薬はマルツエキス浣腸が使われている印象があります。

マルツエキスの主成分は麦芽糖(ばくがとう)です。

麦芽糖はオリゴ糖と同じ糖類の仲間です。

オリゴ糖は腸内ビフィズス菌のえさとなり、ビフィズス菌を増やして腸の調子を整える効果が期待できます。

一方、麦芽糖はゆるやかな発酵作用があり、発生したガスが腸の運動を助け、排便を促す効果が期待できます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの便秘薬マルツエキス

マルツエキスは通常品(マルツエキス)と分包品(マルツエキス分包)2種類があります。私が見たことがあるのは分包品のみです。

マルツエキス分包

1包中 マルツエキス100%(9g)

マルツエキスは幼児鉄剤インクレミンシロップのような不気味な赤褐色(上図右)です。

インクレミンシロップ(子供の鉄欠乏性貧血薬)の効果と副作用
子供の鉄欠乏性貧血は、1歳までに乳幼児健診で発見される場合が多いです。3カ月以上鉄欠乏性貧血が続くと、精神的発達、運動発達、自律神経の発達が遅れることが分かっています。

マルツエキスの成分は麦芽糖

マルツエキスの主成分は麦芽糖です。

麦芽糖はマルトースとも呼ばれ、ブトウ糖(グルコース)が2分子結合した二糖類です。

麦芽糖(マルトース)

麦芽糖は水あめに使われる糖のひとつです。
マルツエキスは赤ちゃんが欲しがるくらい甘くて飲みやすいです。

ビオフェルミン錠/散/Rの違い、下痢・便秘改善効果と副作用【赤ちゃん、幼児対応】
ビオフェルミンは、腸内フローラのバランスを整え、自然治癒に近い形で下痢・便秘に効果を発揮します。赤ちゃんから大人まで幅広く使用されています。

マルツエキスの作用機序と効果

赤ちゃんの便秘薬といえば浣腸です。

浣腸は即効性がありますが、マルツエキスは即効性がなく自然な排便を促す便秘薬です。

マルツエキスの麦芽糖にはゆるやかな発酵作用があります。

発酵作用で発生したガスは腸の運動を助け、排便を促す効果が期待できます。

便秘をしている赤ちゃんは食欲が下がる場合があります。栄養の補給にも役立つのがマルツエキスです。

マルツエキスの薬効/効果

  1. 乳幼児の便秘
  2. 乳幼児の発育不良時の栄養補給
整腸剤ラックビー(R)の下痢・便秘改善効果 ビオフェルミンとの違いは?
下剤を言われる便秘薬は大腸を直接刺激して排便を促すため即効性がありますが、整腸剤ラックビーは腸内フローラの環境を整える作用のため、便秘に即効性はありません。

マルツエキスの飲み方
(赤ちゃん~幼児)

マルツエキスは赤ちゃんの腸の調子(便秘)にあわせて1日2~3回服用します。

1回量の目安

  • 6カ月未満:3~6g
  • 6カ月以上1歳未満:6~9g
  • 1歳以上3歳未満:9~15g

味が甘すぎて飲みにくい場合は、お湯やジュースに溶かして飲んでもOKです。

マルツエキス分包(9g)で3gを取り出す場合は、3gの目盛り線のところを片方の手で押さえてしぼりだします。

マルツエキス分包の飲み方
出典:マルツエキス添付文書

マルツエキスが残ったときは、開封口を折り返してクリップや輪ゴムなどで止めて冷蔵庫保管します。

2日以内であれば服用できます。

ミヤBMは抗生物質と併用OK!下痢・便秘改善効果と副作用
ビオフェルミンやラックビーは抗生物質と一緒に飲むと、抗生物質に負けて効果がなくなりますが、ミヤBMは抗生物質に耐久性があるため、併用も可能です。

マルツエキスは大人に効果がある?

大人もマルツエキスを必要量だけ(1回3包?4包?)飲めば、便秘に効果があるかもしれません。

しかし、マルツエキスは6カ月の赤ちゃんから3歳までの幼児を対象とした便秘薬であるため、大人が服用するのは(効果、服用量の観点から)おすすめしません。

大人が使える便秘薬は多くの種類があります。そちらをおすすめします。

  1. 大腸刺激性便秘薬
    センノシド、プルゼニド、アローゼン、ヨーデルS、ラキソベロンなど

  2. 便の水分量を増やす便秘薬(大腸作用型)
    酸化マグネシウム、マグミット

  3. 便の水分量を増やす便秘薬(小腸作用型)
    アミティーザ

  4. その他の便秘薬(便秘型過敏性腸症候群)
    リンゼス

センノシド(プルゼニド)の作用・効果・時間と副作用 市販は?
大腸刺激下剤タイプの便秘薬の中ではセンノシド(プルゼニド)は強い便秘薬です。ただし、使い続けると効果が減弱して、増量を重ねる便秘薬スパイラルにおちいる場合があります。

マルツエキスは市販もある

マルツエキスは市販もあります。

医療用と同じで、市販も通常品と分包品(マルツエキススティック)の2種類です。

マルツエキススティックは医療用のマルツエキス分包と同じものですので、使い方・飲ませ方も同様です。

まとめ

  1. マルツエキスの主成分は麦芽糖
  2. マルツエキスの麦芽糖にはゆるやかな発酵作用がある。ガスが腸を刺激して排便を促す
  3. マルツエキスは赤ちゃんが欲しがるくらい甘くて飲みやすい
  4. 味が甘すぎて飲みにくい場合は、お湯やジュースに溶かして飲んでもOK
  5. マルツエキスは6カ月の赤ちゃんから3歳までの幼児を対象とした便秘薬であるため、大人が服用するのは(効果、服用量の観点から)おすすめしない