頭痛薬を飲みすぎると効かない治らない!薬物乱用頭痛の恐怖と治療

スポンサーリンク

頭痛が起こった場合は、頭痛薬を飲みます。ごく自然なことです。

しかし、次のような症状を訴える方が増えてきています。

  • 頭痛薬を飲んでも、頭痛が治らない(飲んでも効かない)
  • 頭痛薬を飲みすぎる
  • 毎日頭痛がする
  • 頭痛薬を飲むと、頭痛は治まるがまた痛くなる

このタイプの頭痛は薬物乱用頭痛と呼ばれ、頭痛薬の飲みすぎで徐々に薬が効かなくなり、頭痛が起こっています。

頭痛薬はドラッグストアなどで簡単に手に入れられます。
薬物乱用頭痛に気づかず、頭痛薬を飲みすぎてしまう場合があり注意が必要です。

薬物乱用頭痛のはっきりとした有病率は出ていませんが、緊張型頭痛、偏頭痛の次ではないかといわれています。

スポンサーリンク

薬物乱用頭痛の発生メカニズム

薬物乱用頭痛の発現メカニズム

頭痛は生活の質を低下させます。

軽度の頭痛であれば、市販の頭痛薬もよく効きます。

頭痛薬はドラッグストアなどで簡単に入手できるので、ついつい飲みすぎてしまうことがあり、頭痛薬が癖になっていくのです。

薬物乱用頭痛は、頭痛薬を飲みすぎて、痛みに対する感覚が敏感になることが原因と考えられてますが、まだはっきりとは解明されていません。

ついつい飲みすぎる頭痛薬

偏頭痛薬レルパックス(エレトリプタン)、アマージは効かない?副作用と再発予防効果
偏頭痛薬はサッと効いてサッと体から薬が抜けていくため、再発予防効果はないと考えられてきました。しかし、レルパックス(エレトリプタン)とアマージは、他の偏頭痛薬とは違う特徴を持っています。

頭痛薬の中にも、ついつい飲みすぎてしまう頭痛薬と、そうではない頭痛薬があります。

ついつい飲みすぎてしまう頭痛薬は、薬物乱用頭痛になりやすい頭痛薬です。

飲みすぎてしまう頭痛薬の順番

トリプタン > エルゴタミン > 非ステロイド性消炎鎮痛薬 >アセトアミノフェン

頭痛に対して効果が強く、効果の持続時間が短い頭痛薬ほど、飲みすぎる傾向にあります。

薬物乱用頭痛
頭痛薬が効かない、頭痛が治らない

どの頭痛薬を、どのくらいの期間、どれくらいの量を飲み続けたら、薬物乱用頭痛になる可能性があるのでしょうか?

薬物乱用頭痛と診断されるには一定の基準があります。それは、服用している頭痛薬のタイプごとに分けられています。

薬物乱用頭痛の診断基準をベースに、薬物乱用頭痛になる頭痛薬の量と服用期間を考えると次のようになります。

  1. 3カ月以上、頭痛薬を飲み続けている
  2. トリプタン、エルゴタミンを1カ月に10日以上飲み続けている
  3. 非ステロイド性消炎鎮痛薬、アセトアミノフェンを1カ月に15日以上飲み続けている

相当な頭痛薬の量ではありますが、頭痛薬が癖になってしまうと、ついつい飲みすぎてしまうのです。

頭痛薬を飲み続けることによって、薬が効かない、頭痛が治らないという悪循環に陥ります。

薬物乱用頭痛の治し方(治療法)

頭痛持ち? 治らない? 頻度が高い? それは偏頭痛かも 主な症状と原因
偏頭痛は厄介な頭痛のひとつです。痛み症状は強く、寝込むこともあります。また、吐き気と前触れ症状(前兆・予兆)も起こることがあり、悩みを増幅させます。

残念ながら、薬物乱用頭痛の治し方(治療法)は、まだ確立されていません。

薬物乱用頭痛の治し方(治療法)で大事なことは、次の3点であると考えられています。

  1. 頭痛薬の中止
  2. 頭痛薬の中止後に起こる頭痛(反跳頭痛)への対応
  3. 頭痛予防薬の服用

1.頭痛薬の中止

頭痛薬の飲みすぎが、薬物乱用頭痛の原因です。

最終的に今服用している頭痛薬を止めなくてはなりません。

一般的に頭痛薬の止め方は2種類あります。

  • 頭痛薬を一気に中止する
  • 頭痛薬を少しずつ減量して中止する

頭痛薬を一気に中止したほうがよいケースが多いようですが、逆効果になる場合もあり、中止には決心が必要です。

2.中止後に起こる頭痛(反跳頭痛)への対応

頭痛薬を中止すると、反跳頭痛というさらにひどい頭痛に襲われる場合もあります。

反跳頭痛には個人差があり、2~10日間程度と言われています。その間は、頭痛や吐き気をひたすら我慢して、じっとしていなければなりません。

我慢できない場合は、頭痛薬を少しずつ減量して中止する方法を取らざるを得なくなります。

3.頭痛予防薬の服用

【偏頭痛予防薬の効果と副作用】デパケン、トリプタノール、インデラル、ミグシス、テラナス、セレニカ
偏頭痛の頻度が高い場合や、痛みが強く日常生活に支障をきたす場合などは、偏頭痛予防薬が有効かもしれません。偏頭痛の予防効果が高いと推奨されている5種類の薬+αを解説します。

薬物乱用頭痛の予防として、どの頭痛予防薬を使うかです。

頭痛の予防で、保険の適応のある薬は主に3種類で、ほとんどが保険適応外使用です。

頭痛予防薬のリスト

頭痛予防薬の名前 頭痛予防薬の元の使用法 有効成分 推奨グレード 保険の適応
デパケン 抗けいれん薬 バルプロ酸 A
トピナ トピラマート A ×
ガバペン ガバペンチン ×
トリプタノール 三環系抗うつ薬 アミトリプチリン A ×
トフラニール イミプラミン ×
ノリトレン ノルトリプチン ×
パキシル SSRI パロキセチン ×
サインバルタ SNRI デュロキセチン ×
トレドミン ミルナシプラン ×
インデラル β遮断薬 プロプラノロール A
セロケン メトプロロール A ×
ロプレソール メトプロロール A ×
テノーミン アテノロール ×
ナディック ナドロール ×
ミグシス Ca拮抗薬 ロメリジン B
テラナス B
ワソラン ベラパミル B ×
ゼストリル
ロンゲス
ACE阻害薬 リシノプリル B ×
レニベース エナラプリル ×
ブロプレス ARB カンデサルタン B ×
ハイボン ビタミンB2 リボフラビン酪酸
エステル
B ×

推奨グレードは、日本慢性頭痛学会の推奨度です。A~Cの3段階あります。

A 強く勧められる
B 勧められる
C 勧めるだけの根拠が明確でない
なぜドグマチール(スルピリド)は胃薬、うつ・統合失調症薬として効果を示すのか?
ドグマチール(スルピリド)には、2つの作用(交感神経を抑制する作用とドパミンD2受容体をブロックする作用)と3つの顔が(胃薬、抗うつ薬、統合失調症薬)があります。

薬物乱用頭痛の治療はうまくいくのか?

頭痛薬の中止により、70%程度は改善が見られるようです。
ただ、長い目で見ると、また頭痛薬の服用を再開するケースも多いようです。

薬物乱用頭痛にならないように、頭痛薬の飲みすぎに注意して、頭痛をコントロールすることが大切です。

まとめ

  1. 有病率は不明であるが、薬物乱用頭痛は増えつつある
  2. 薬物乱用頭痛の原因は、頭痛薬の飲みすぎ
  3. 頭痛薬が癖になり、飲みすぎるため、痛みに対する感覚が敏感になることがある
  4. 薬物乱用頭痛の治し方(治療)は、原因となっている頭痛薬を絶つこと
  5. 頭痛薬の中止により、頭痛は改善できるが、頭痛薬の服用を再開するケースも多い
  6. 頭痛薬の飲みすぎに注意して、頭痛をコントロールすることが重要