マイコプラズマ肺炎薬(子供) 抗生物質クラリス、ジスロマック、オゼックス

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎は怖い名前ですが、身近に起こる風邪のような感染症のひとつです。

子供のマイコプラズマ肺炎の症状の経過は、たいてい発熱した後に咳が出て、熱が下がっても咳だけだらだら続く場合が多いです。

現在、子供のマイコプラズマ肺炎に使われる主な抗生物質(通称、マイコプラズマ肺炎薬)は、3種類+ミノマイシンです。

  1. クラリス(クラリスロマシン)
    マクロライド系抗生物質

  2. ジスロマック(アジスロマシン)
    マクロライド系抗生物質

  3. オゼックス(トスフロキサシン)
    ニューキノロン系抗菌薬

ただし、ミノマイシンは副作用の面から子供には使いにくい抗生物質でもあり、使用には注意が必要です。

適切な時期にマイコプラズマ肺炎薬を飲めば、マイコプラズマ肺炎の熱は2.3日で下がります。

しかし、最近は子供ですら特定の抗生物質の耐性菌が増え、マイコプラズマ肺炎の熱が下がらず抗生物質が変更になるケースも増えてきました。

スポンサーリンク

子供のマイコプラズマ肺炎原因菌

マイコプラズマ肺炎の原因菌は肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニア)です。

肺炎マイコプラズマは細菌に分類されていますが、細胞壁(植物・細菌などの細胞保護する働きを持つ外側の壁)を持たないウイルスに近い細菌です。

そのため、肺炎マイコプラズマに効果のある薬(抗生物質)は限られています。

最近では、その限られた抗生物質に効かない耐性菌が問題になっています。

スポンサーリンク

子供の肺炎マイコプラズマ耐性菌

マイコプラズマ肺炎で1番に選択されるのが薬は、クラリスジスロマックなどのマクロライド系抗生物質です。

しかし、2000年くらいからマクロライド系抗生物質(特にクラリス)が効かない肺炎マイコプラズマ(マクロライド耐性マイコプラズマ)が増え、

マイコプラズマ肺炎の治療が思うように進まなくなってきています。

なぜ、肺炎マイコプラズマ耐性菌が増えてしまったのでしょうか?

本来、抗生物質が効かないはずの子供の風邪にクラリスを使いすぎたからです。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎薬 子供用1:
クラリスドライシロップ小児用
クラリス錠50小児用

クラリスドライシロップ10%小児用クラリス錠50mg小児用

マクロライド系抗生物質には、エリスロシン(エリスロマイシン)という薬もあります。

しかし、エリスロシンを子供のマイコプラズマ肺炎薬として使用する場合、1日4回以上・14日間程度飲む必要があります。

エリスロシンの服用回数の負担を改良した抗生物質がクラリスドライシロップ10%小児用・クラリス錠50小児用(以下クラリス)です。

1日2回の服用で子供のマイコプラズマ肺炎薬として使用できます。

クラリスの有効成分

クラリスはクラリスロマイシンを有効成分とするマクロライド系抗生物質です。

クラリスは幅広く子供の病気に使用されています。

  • 咽頭・喉頭炎
  • 急性気管支炎
  • 肺炎・肺膿瘍
  • 中耳炎・副鼻腔炎など

クラリスの飲み方

クラリスを子供のマイコプラズマ肺炎薬として使用する場合、1日2回・10日間服用するのが標準です。

クラリスの効果

子供を対象としたクラリスのマイコプラズマ肺炎への有効率(効果)は83.8%です。
(クラリス使用成績調査より)

耐性菌が問題とならなければ、クラリスを飲んで2.3日もすればマイコプラズマ肺炎の熱は下がってきます。

子供のマイコプラズマ肺炎の症状 咳が止まらない・熱も下がらない
子供のマイコプラズマ肺炎の3大症状は、乾いた咳、発熱、全身倦怠感(だるさ)です。自然治癒している場合も意外と多い病気ですが、重症化すると入院が必要になってきます。

クラリスの副作用

クラリスの主な副作用は、腹痛・下痢などの消化器症状で、承認時の副作用発現率は2.67%です。(副作用全体3%)

抗生物質クラリス・クラリシッド(クラリスロマイシン)は風邪に効果がある?副作用は?
クラリス・クラリシッドは抗生物質(抗生剤)ですので細菌には効果がありますが、ウイルスには全く効果がありません。 では、なぜクラリス・クラリシッドは風邪に使われるのでしょうか?

マイコプラズマ肺炎薬 子供用2:
ジスロマック細粒小児用

ジスロマック細粒小児用10%

エリスロシンをクラリス以上に改良した抗生物質がジスロマック細粒小児用10%(以下、ジスロマック)です。

ジスロマックは1日1回の服用で子供のマイコプラズマ肺炎薬として使用できます。

ジスロマックの有効成分

ジスロマックはアジスロマイシンを有効成分とするマクロライド系抗生物質です。

ジスロマックの飲み方

ジスロマックを子供のマイコプラズマ肺炎薬として使用する場合、1日1回・3日間服用するのが標準的です。

ジスロマックの効果

子供を対象としたマイコプラズマ肺炎へのジスロマックの有効率(効果)は100%です。

耐性菌が問題とならない場合、ジスロマックを飲んで2.3日もすればマイコプラズマ肺炎の熱は下がってきます。

ジスロマックはクラリスほど有名ではありませんが、最近では歯科でも使われるようになってきた印象があります。

  • 咽頭・喉頭炎
  • 扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)
  • 急性気管支炎
  • 肺炎・肺膿瘍
  • 中耳炎

ジスロマックの副作用

ジスロマックの主な副作用も、クラリスと同様に下痢などの消化器症状で、承認時の副作用発現率は3.28%です。(副作用全体13.12%)

2歳未満の子供は、2歳以上の子供と比較して下痢、軟便などの消化器症状の副作用の発現頻度が高いです。

とびひ薬 抗生物質ゲンタシン軟膏VS抗菌剤アクアチム軟膏【塗り薬】
子供のとびひには、ゲンタシン軟膏、アクアチム軟膏、フシジンレオ軟膏、テラマイシン軟膏などの抗生物質(抗菌剤)の塗り薬を使うことが多いです。

クラリスとジスロマックは味が苦い(まずい)

クラリス、ジスロマックなどのマクロライド系抗生物質は、味が苦いため子供には不評です。

苦味はコーティングはされていますが、薬の成分自体が苦い味が隠しきれていません。

  • クラリス:イチゴ味
  • ジスロマック:オレンジ・パイナップル味

クラリス、ジスロマックは、子供に飲ませるには何かに混ぜて苦みを隠す努力が必要です。

しかし、クラリス、ジスロマックのコーティングは酸性に弱いため、酸性のモノと混ぜるとコーティングが剥がれて苦味がまともに出ます。

味が良好 濃厚アイスクリーム
ココア
味がまずまず良好 プリン、ミルク
味が最悪 ヨーグルト
うすいリンゴジュース
うすいオレンジジュース
スポーツドリンク

インフルエンザ薬タミフルの味もツライです。

タミフルドライシロップとイナビルは子供(幼児)に効かない?苦い味VS吸入
子供のインフルエンザにタミフルドライシロップ、イナビルなどのインフルエンザ薬使用されることがあります。タミフルは苦く、イナビルは一発勝負です。どちらも服用には苦労する薬です。

マイコプラズマ肺炎薬 子供用3:
オゼックス細粒小児用

オゼックス細粒小児用15%

マクロライド耐性マイコプラズマが増え、マイコプラズマ肺炎の治療が年々難しくなってきているのは先述のとおりです。

そこで、ニューキノロン系抗菌薬オゼックス細粒小児用15%(以下、オゼックス)が2010年に発売されました。

有名なクラビット(レボフロキサシン)、ジェニナック(ガレノキサシン)は大人専用のニューキノロン系抗菌薬です。

オゼックスは15歳未満の子供でも使える唯一のニューキノロン系抗菌薬です。

オゼックスは経験的に肺炎マイコプラズマに使われてきましたが、2017年3月、適応菌種に肺炎マイコプラズマが追加承認されました。

オゼックスの有効成分

オゼックスはトスフロキサイシンを有効成分とするニューキノロン系抗菌薬です。

オゼックスは子供の肺炎中耳炎に主に使われ、ペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)やβ-ラクタマーゼ非産生アンピシリン耐性インフルエンザ菌(BLNAR)などの耐性菌にも効果が期待できます。

オゼックスは、クラリスやジスロマックに耐性菌を持った、クラリス・ジスロマックが効かない子供のマイコプラズマ肺炎薬としても知られています。

オゼックスの飲み方

オゼックスをマイコプラズマ肺炎薬として使用する場合、1日2回・7~14日間服用するのが標準的です。

クラリス、ジスロマックは悲惨な味ですが、オゼックスはどちらかというと飲みやすい味(イチゴ味)の薬になるかと思います。

「飲みやすい」以上と判定された患者は全体の99.4%であった

オゼックス細粒添付文書より

オゼックスの効果

子供を対象としたマイコプラズマ肺炎への有効率(効果)は97%です。
(投与期間:9.8±2.9日)

オゼックスを飲んで2.3日もすれば熱は下がってきます。

また、オゼックスを飲む前に他の抗生物質を飲んでいた子供にも十分な効果が期待できます。

他の抗生物質を7日間服してからオゼックスに変更後の有効率(効果)

  • 肺炎:100%
  • 中耳炎:96.6%

オゼックスの抗菌効果は強く、肺炎・中耳炎・マイコプラズマ肺炎に著効します。

そのため、本来ならば他の抗生物質から使用すべき症状(病気)にオゼックスを使っている印象もあり、今度問題になってくる可能性が高いです。

オゼックスの飲み合わせ

オゼックスなどのニューキノロン系抗菌薬は、次のような成分を含むミネラルウォーター・食品(牛乳・ヨーグルトなど)・サプリ・薬と一緒に飲むと、吸収率が低下し効果が減弱します。

  • カルシウム(Ca)
  • マグネシウム(Mg)
  • アルミニウム(Al)
  • 鉄(Fe)
妊婦も使える便秘薬 ビオフェルミン、酸化マグネシウム、ラキソベロン液
妊婦の便秘に使われる便秘薬は、ビオフェルミンなどの整腸剤や酸化マグネシウムなどの便軟化作用を持つ便秘薬が第一優先です。それでも効果がない場合は、大腸刺激系の便秘薬ラキソベロンなどです。

もし、上記の成分を含む薬などを飲んだ場合は、2時間程度空けてからオゼックスを飲みます。

Ca、Mg、Al、Feを含む薬の例
(飲み合わせ×)

薬の名前 主な治療目的 含む
酸化マグネシウム 便秘 Mg
SM配合酸 胃の不快感 Ca
Mg
インクレミンシロップ 鉄欠乏性貧血 Fe
インクレミンシロップ(子供の鉄欠乏性貧血薬)の効果と副作用
子供の鉄欠乏性貧血は、1歳までに乳幼児健診で発見される場合が多いです。3カ月以上鉄欠乏性貧血が続くと、精神的発達、運動発達、自律神経の発達が遅れることが分かっています。

オゼックスの副作用

肺炎もしくは中耳炎の子供(1~15歳)を対象とした臨床試験の結果によると、副作用発現率は26.38%です。

クラリス・ジスロマックと同様に主な副作用は消化器症状です。

副作用 副作用頻度
下痢 5.53%
嘔吐 4.26%
食欲不振 2.13%
腹痛 2.13%

夜尿症薬ミニリンメルト(デスモプレシン)でおねしょ治療!副作用に気を付けて
おねしょ(夜尿症)の治療法は確立されつつあり、夜尿アラームと夜尿症薬のミニリンメルトが治療の2大柱です。そのうちのひとつミニリンメルトについて解説します。

ジスロマック VS クラリス 
効果の比較

次の条件で有効性(効果)を比較した二重盲検比較試験によると、ジスロマックとクラリスの有効性(効果)に少しの優越が見られています。

対象:大人の肺炎患者
ジスロマック錠250mg 1日1回2錠を3日間服用
クラリス錠200mg 1日2回14日間服用

臨床効果の有効率

  • ジスロマック:98.3%
  • クラリス:90.5%
溶連菌薬(抗生物質)の種類と 大人も子供も飲まないといけない理由
溶連菌で使う薬は、ペニシリン系抗生物質(パセトシン、サワシリン、ワイドシリン)、セフェム系抗生物質(メイアクト、フロモックス、セフゾン)の使用が多いです。

オゼックス VS クラリス 
効果の比較

次の条件で有効性(効果)を比較した臨床第三相試験によると、オゼックスとクラリスの有効性(効果)にも少しの優越が見られています。

対象:1歳以上15歳以下のマイコプラズマ肺炎の子供
オゼックス 1回6mg/kg・1日2回最長14日間服用
クラリス 1回5mg/kg・1日2回最長14日間服用

臨床効果の有効率

  • オゼックス:97%(残り3%は判定不能)
  • クラリス:90%(残り10%は無効

クラリスが全く効かなかった10%の子供は、すでに耐性菌ができていたのかもしれません。

まとめ

  1. 子供のマイコプラズマ肺炎に使われる主な抗生物質は、クラリス・ジスロマック・オゼックス・ミノマイシンであるが、ミノマイシンは副作用の面から子供には使いにくい
  2. 2000年くらいからマクロライド耐性マイコプラズマが増え、マイコプラズマ肺炎の治療に支障をきたし出している
  3. クラリス・ジスロマックは苦いため子供には不評
  4. クラリス・ジスロマックは酸性のモノと混ぜると、コーティングが剥がれて苦味がまともに出る(まずい!)
  5. オゼックスはカルシウム・マグネシウム・鉄を含む食品と薬の飲み合わせに注意

マイコプラズマ肺炎薬(抗生物質)のまとめ

  クラリス ジスロマック オゼックス
系統 マクロライド系 ニューキノロン系
成分 クラリスロマイシン アジスロマイシン トスフロキサシン
飲み方 1日2回・10日間 1日1回・3日間 1日2回・7~14日間
効果 マイコプラズマ肺炎
83.8%
マイコプラズマ肺炎
100%
マイコプラズマ肺炎
97%
その他 耐性菌に注意
苦い
苦い 耐性菌にも効果あり
Ca・Mg飲み合わせ注意