新フラット35団信の代わりになる収入保障保険はある?【2017年10月】

スポンサーリンク
パソコンを見て考え込む女性

フラット35は毎月のように最低金利が下がり、2017年9月は1.08%でした。

フラット35の低金利は魅力的でしたが、団体信用保険の保険料が高額であるため残念な思いをした方も多いと思います。

団信は強制加入ではないため、以前のフラット35(以下、旧フラット35)のときは、あえて団信未加入としておいて、

その代わりに収入保障保険で団信分をカバーする裏ワザが有効でした。

フラット35団信の代わりは収入保障保険がおすすめ!保険料はいくらか計算
フラット35は、団信未加入でもローンを借りることができますが、将来困る可能性があります。保険料が高額な団信の代わりに、収入保障保険をおすすめします。

2017年10月、フラット35はリニューアルされました。

フラット35の最低金利は1.08%から1.36%まで上がりましたが、団体信用保険(以下、団信)が金利に含まれる形となり、団信保険料は実質上値下げに転じました。

新旧フラット35の金利比較

フラット35リニューアルの2017年10月以降も、収入保障保険は団信の代わりを果たすのでしょうか?

実在する生命保険会社3社(アクサダイレクト生命、チューリッヒ生命、ネオファースト生命)の収入保障保険の保険料をシミュレーションして検証します。

スポンサーリンク

フラット35団信は強制加入?

健康上の理由などで団信に入れず住宅ローンをあきらめざるを得なかった方にとっては、旧フラット35は頼みの綱でした。

フラット35は団信込みのローンにリニューアルされましたが、

健康上の理由などで団信に入れない方はフラット35が使えなくなったのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。

健康上の理由、その他の理由で団信に入らない場合でもフラット35は使えます。

団信未加入で引き下げられる金利は0.2%です。

スポンサーリンク

フラット35団信保険料はいくら値下がりした?

今回シミュレーションするフラット35の条件は次の通りです。

  • 金額:3000万円
  • 期間:35年
  • 元利均等払い

旧フラット35の最終日、2017年9月30日の最低金利は1.08%でした。

ローン返済額=36,039,499
団信保険料=  1,982,600
支払い合計 =38,022,099

フラット35の初日、2017年10月2日の最低金利は1.36%です。

ローン返済額=37,720,791(団信込み)

団信未加入のフラット35では0.2%金利が引き下げられます。
金利は1.16%です。

ローン返済額=36,515,048(団信なし)

新団信保険料37,720,791-36,515,048
      =1,205,743

団信値下がり=1,982,600-1,205,743
      =776,857(約40%割引)

フラット35の新団信保険料は約78万円値下がりしました。

スポンサーリンク

収入保障保険とは

従来の生命保険(定期死亡保険)は、下図のような長方形です。

従来の生命保険

現実では生命保険契約時は必要とする保険金が多いですが、子供の成長とともに必要な保険金は減っていきます

このような感じです。

生命保険の必要な部分と無駄な部分

収入保障保険は年数とともに受け取る総保険金が減っていき、生命保険の無駄を見直した合理的な生命保険です。

その代わり定期保険と比べると保険料が格安です。

収入保障保険

生命保険は死亡時に一括で保険金の支払いを受けることが多いですが、収入保障保険は年金のように毎月一定額を受け取ります

生命保険(死亡保険、定期保険)より収入保障保険をおすすめする3つの理由
定期死亡保険(定期保険)、終身死亡保険(死亡保険)は、必要な生命保険かもしれませんが、不必要な部分も併せ持っています。その代わりに収入保障保険をおすすめします。

フラット35団信の代わりを収入保障保険でする方法

団信は、被保険者が死亡もしくは高度障害になったときに残債(ローンの残金)分の保険金が降りる生命保険です。
(フラット35団信は、死亡もしくは身体障害になったときに保険金が降りるようになりました)

例えば、被保険者が死亡時に残債が2000万円であるならば、2000万円の保険金が支払われ残債と相殺されるというわけです。

フラット35団信の代わりを収入保障保険で行うためには、

フラット35の期間全体に、毎月の返済額と同じ分の保険金額をかけます。

金利1.16%、期間35年、元利均等払いのフラット35の毎月の返済額は約8.7万円です。

フラット35年の返済が続く35年間、月額8.7万円以上受け取れるように、収入保障保険を掛けます。

フラット35審査基準は甘い? 厳しい? 年収、年齢、審査期間がポイント
銀行の住宅ローンが断られたときはフラット35を使えば大丈夫。審査が甘いから。といううわさもありますが、本当でしょうか?フラット35の審査基準について解説します。

フラット35団信の代わりになる収入保障保険

ネットの簡単見積もり(シミュレーション)は月額5万円単位が多いため、

月額10万円保険期間35年間の条件で、収入保障保険がいくらなのかを調べていきます。

その他の条件

  • 年齢:30歳(1987年1月1日生)
  • 男性
  • 年金支払保証期間は最短
  • 特約はなし

アクサダイレクト生命
「収入保障2」

ネット割引最大1万円の自動車保険CMでも有名な、アクサダイレクトの収入保障保険から見ていきましょう。

ネットで月々の保険料をシミュレーションすると、3,640円です。
青文字はアクサダイレクトのシミュレーションサイトにリンクしています)

35年間の保険料総額は、1,528,800円です。

旧団信保険料= 1,982,600ですので、一昔前は約45万円お得でしたが、
新団信保険料=約121万円です。

「アクサダイレクト収入保険2」は、フラット35団信の代わりにはなりません。

普通に団信付きのフラット35に入っていた方が約30万円お得です。

チューリッヒ生命
「収入保障保険プレミアム」

自動車事故対応満足度95.6%のCMでも有名な、チューリッヒの収入保障保険を見てみましょう。

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアム」で特筆すべきは、禁煙で健康に自信のある方が得をする非喫煙優良体というプランがあることです。

ネットで非喫煙優良体の月々の保険料をシミュレーションすると、3,070円です。

35年間の保険料総額は、1,289,400円です。

「チューリッヒ収入保障保険プレミアム」も、僅差でフラット35団信の代わりにはなりません。

ネオファースト生命
「ネオdeしゅうほ」

インパクトの強い収入保障保険のネーミング(しゅうほ→収保?)のネオファースト生命は、あの第一生命グループの生命保険会社です。

ネオファースト生命の収入保障保険にも非喫煙優良体プランがあります。

ネットで非喫煙優良体プランの月々の保険料をシミュレーションすると、2847円です。

35年間の保険料総額は、1195740円です。

新団信保険料約121万円以下です。
ついにフラット35団信の代わりになる収入保証保険を見つけました!

フラット35の毎月の返済額に近い9万円で申し込みできれば、保険契約する年齢が若ければ、もっと保険料はお得になるでしょう。

根気よく探せば、お得な「新フラット35団信の代わりになる収入保障保険」はあるかもしれません。

新フラット35(団信付)と旧フラット35(団信なし)の比較【2017年10月】
新フラット35は画期的な進化をとげました。団信の保証対象が拡大。総支払額(ローン返済額+団信保険料)の軽減。旧フラット35と比較しながら、新フラット35の魅力にせまります。

まとめ

  1. 新旧フラット35は団信なしでも申し込みができる
  2. 団信なしフラット35は、金利が0.2%引き下げられる
  3. フラット35リニューアル後、団信保険料は値下げ
    (実際は団信保険料は金利に含まれている)
  4. 収入保障保険は年数とともに受け取る総保険金が減る生命保険の無駄を見直した合理的な生命保険。その代わり定期保険と比べると保険料が格安
  5. フラット35団信の代わりを収入保障保険で行う方法は、フラット35の期間全体に、毎月の返済額と同じ分の保険金額をかける
  6. 根気よく探せば、新フラット35団信の代わりになる収入保障保険はあるだろう