インフルエンザワクチンの3価4価の違い フルミスト(鼻ワクチン)の効果

injection

世界的にインフルエンザワクチンは、3価から4価へ移行しています。

アメリカのインフルエンザワクチンは、2013年-2014年シーズンから3価から4価に変更されました。

そして、日本でも2015年-2016年からインフルエンザワクチンが3価から4価に変更になりました。

3価から4価へインフルエンザワクチンの変更で、3つの違いが生じます。

  1. ワクチンで免疫が付くウイルスの種類が3種類から4種類に増える
  2. ワクチンの値段が上がる
  3. ワクチンの副作用(副反応)が起こる確率が増えるかもしれない
スポンサーリンク

ワクチンとは

ワクチンとは、感染症の原因となるウイルスや細菌を精製、加工したもので、大きく2種類に分けられます。

ワクチン 病原性を弱めたワクチン MRワクチン
ムンプスワクチン
水疱瘡ワクチン
不活化ワクチン 病原性を無くしたワクチン インフルエンザワクチン
ヒブワクチン
四種混合ワクチン
小児用肺炎球菌ワクチン

ワクチンを接種すると、免疫を付けることができます。

免疫が付くと、同じ感染症にかかったときにすばやく免疫が働き、細菌やウイルスを体内から排除できます。

免疫の考え方
免疫が付くと、2度とその感染症に感染しないと考えている方が多いですが、感染は普通に起こります。
感染しても免疫が働き、症状が出る前(出るときもある)に細菌やウイルスを排除するのです。
ワクチンは万能ではありません。
インフルエンザワクチンは効果なし?効果VS予防接種料金
インフルエンザワクチンは効果なし&高いから摂取しない。という方もいますが、ワクチンは多くの方が摂取しなければ効果が現れません。

ワクチンで言う3価、4価とは

3価、4価…。
ワクチンを接種で細菌やウイルスに対して3種類、4種類…の免疫が付きます。

3価、4価…とは、免疫が付く種類の単位です。

2015年-2016年シーズンからは、4価インフルエンザワクチンの接種です。
4種類のインフルエンザウイルスの免疫が付きます。

(参考)他のワクチンの○価

商品名 一般名 接種回数
プレベナー13 肺炎球菌ワクチン(小児用) 13価※ 最大4回
ニューバモックスNP 肺炎球菌ワクチン(成人用) 23価 5年に1回
ロタリックス ロタウイルスワクチン 1価 2回
ロタテック 5価 3回

※2013年10月までは7価

インフルエンザワクチンの3価と4価の違い

インフルエンザワクチンの種類(防腐剤チメロサール、バイアル、シリンジ)
2016年-2017年のインフルエンザワクチンはチメロサールフリーワクチンは製造されません。どうやら、熊本地震の影響を受けているようです。バイアルとシリンジにわけて解説します。

インフルエンザワクチンの3価と4価の違い

3価インフルエンザワクチン

  • A型が2種類
    (H1N1型とH3N2型)
  • B型が1種類
    (山形系統かビクトリア系統のどちらか

2015年からの4価インフルエンザワクチン

  • A型が2種類
    (H1N1型とH3N2型)
  • B型も2種類
    (山形系統・ビクトリア系統の両方

2016年-2017年のインフルエンザワクチンの株の種類

A型株2種類

  1. カリフォルニア/7/2009
    (X-179A)(H1N1)pdm09
  2. 香港/4801/2014
    (X-263)(H3N2)←変更

B型株2種類

  1. プーケット/3073/2013
    (山形系統)
  2. テキサス/2/2013
    (ビクトリア系統)

2015年-2016年は、A型株にA/スイス/9715293/2013(NIB-88)(H3N2)が採用されていました。それ以外は同じ株の種類です。

4価インフルエンザワクチンは痛い、腫れる
【予防接種体験】

インフルエンザ予防接種の副作用(副反応)とワクチン接種後の注意
2015年-2016年シーズンからインフルエンザワクチンが3価から4価に変更されています。3価のときと比較して副作用(副反応)が多かったように感じます。接種後の注意と副作用について解説します。

4価インフルエンザワクチン接種

2015年11月17日

「今年のインフルエンザワクチンは腫れるらしいよ」と医師に言われながら、インフルエンザHAワクチン「北里第一三共」を左腕に接種しました。
(接種料金3,500円)

確かに4価ワクチンは3価ワクチンより痛いです。かなりしみました。

予防接種7時間後 腫れる

予防接種部の腫れを確認。
毎年腫れるので、あまり気にしない。

予防接種40時間後 まだ腫れている

インフルエンザワクチン接種40時間後くらいの腕の様子

まだ、予防接種部の腫れはひかない。

4価インフルエンザワクチン接種後の腕の腫れがひどくなってきました。ジリジリする上に、肩のだるさがあります。

予防接種1週間後 腫れはおさまる

途中で風邪のような症状(微熱、喉の痛み、だるさ)が出ましたが、ようやく予防接種前の体調に戻りました。

4価インフルエンザワクチンは痛い、腫れるという事前情報がありましたが、私も例外なくその「痛い、腫れる」グループに入ってしまいました。

フルミスト
鼻噴霧型インフルエンザワクチン

フルミストは、まだ日本では認可されていないインフルエンザワクチンですが、一部のクリニックで使用されています。

鼻噴霧型インフルエンザワクチン開発中

鼻噴霧型のインフルエンザワクチンは、アメリカではフルミスト(Flumist Quadrivalent Vaccine)という名前で承認され、4価インフルエンザワクチンとして予防接種に使用されています。

日本では、フルミストは2014年から治験が行われ、北里第一三共ワクチンが承認申請しました。

ただ、CDC(疾病予防センター)がフルミストの効果について否定的な声明を発表したため、鼻噴霧型のインフルエンザワクチンは、微妙な立ち位置になりました。

鼻噴霧型インフルエンザワクチン(フルミスト)の効果

日本で治験中のフルミストもA型2種類、B型2種類の4価インフルエンザワクチンです。

フルミストのメリットは、鼻に噴霧するため注射の痛みがなく、子供に使いやすいことです。

さらに、注射型インフルエンザワクチンの効果は、子供(特に乳幼児)に対して弱いですが、
フルミストは、子供(乳幼児)のインフルエンザ抗体の生成に有効と考えられてきました。

2015年-2016年

  • フルミストと従来の注射型4価インフルエンザワクチンは、どちらを選択してもよい
  • 幼少児はフルミストの接種を積極的に推奨

しかし、CDC(疾病予防センター)は、

2015年-2016年の2歳から17歳に、フルミストと従来の注射型4価インフルエンザワクチンを接種した場合

注射型4価ワクチンのインフルエンザに対する効果は63%あるのに対して、フルミストの効果は3%だった

という衝撃的な結果を発表しました。

2016年-2017年においては、フルミストは接種すべきではないという姿勢です。

まとめ

  1. ○価とは、ワクチンの接種で、何種類の細菌やウイルスに対して免疫を得られるかを示す単位のこと
  2. 2015年-2016年シーズンからは、4価インフルエンザワクチンの接種で、4種類のウイルスの免疫を獲得できる。
  3. 4価インフルエンザワクチンは、腫れる人がやや多い印象
  4. 鼻噴霧型インフルエンザワクチン(フルミスト)が開発中ではあるが、効果は否定的

インフルエンザは、毎年流行する時期が分かっています。

妊婦、授乳中、赤ちゃん インフルエンザ予防接種(ワクチン)NGは誰?
妊婦、授乳中、赤ちゃん。インフルエンザ予防接種をためらってしまう3タイプです。この中でインフルエンザワクチンを使えない人がいています。誰でしょうか?

WHOは、インフルエンザ予防に関してインフルエンザワクチンが最も有効で、妊婦・高齢者には強く推奨しています。