帯状疱疹より怖いヘルペス後遺症は神経痛!帯状疱疹後神経痛の症状と原因

pain

帯状疱疹は痛みと皮膚症状(水ぶくれ)を伴う嫌な病気です。
さらに帯状疱疹には、帯状疱疹の治癒後に残る怖い後遺症があります。

それは、帯状疱疹後神経痛です。

帯状疱疹後神経痛は、強弱さまざまな痛み症状が継続的に起こるため、生活の質(QOL)を著しく低下させます。

次の方は、帯状疱疹の後遺症である、帯状疱疹後神経痛になりやすいことが分かっています。

  • 帯状疱疹の治療が遅れたとき、重症だったとき
  • 50歳以上の方
  • 糖尿病などの神経にかかわる病気がある方

帯状疱疹後神経痛は、万人に効く痛みの治療法が確立されておらず、厄介な後遺症です。
その症状と原因を確認していきましょう。

スポンサーリンク

帯状疱疹の原因

帯状疱疹後神経痛の原因の前に、帯状疱疹の原因をおさらいしておきます。

↓こちらの記事を先に読めば、理解が深まります

水疱瘡の感染原因 症状が出るまでの潜伏期間と治療後の恐怖
水疱瘡は子供の間に感染することが多い病気です。感染から潜伏期間を経て発症しますが、ほっておいても自然に治ります。しかし、治った後もウイルスは除去しきれず一生付きまとってきます。

水疱瘡、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛の関係

帯状疱疹の原因ウイルスは水疱瘡と同じ

子供のころに、水疱瘡になった記憶があるでしょうか?

その水疱瘡の原因となるウイルスは「水痘・帯状疱疹ウイルス」です。

水疱瘡自体は、時間の経過で自然に治る病気です。ただし、水疱瘡の重症化を抑えたり、早く水ぶくれの症状を取るために、薬を飲むこともあります。

※帯状疱疹は口唇ヘルペスと同類のヘルペスウイルスの感染症です。
そのため、口唇ヘルペスと帯状疱疹のヘルペスウイルスに対する薬は同じです。

人間に感染するヘルペスウイルスは主に3種類

  1. 単純ヘルペスウイルス1型
    口唇ヘルペス
    カポジ水痘様発疹症など
  2. 単純ヘルペスウイルス2型
    性器ヘルペスなど
  3. 水痘・帯状疱疹ウイルス
    水疱瘡、帯状疱疹など
水疱瘡の治療 飲み薬バルトレックス、塗り薬カチリ、抗生物質
ゾビラックス、バルトレックス等の治療薬を使うことで、水疱瘡の皮膚症状である水ぶくれの広がりを抑えたり、かゆみを抑えられます。カチリ、抗生物質、解熱鎮痛薬を使用することもあります。
帯状疱疹の薬【バルトレックス、ファムビル、ステロイド、ロキソニン+α】ヘルペスウイルスと痛みの治療
帯状疱疹は、初期症状を感じたら早期治療を開始すべき病気です。治療薬はバルトレックス・ファムビル・ステロイド・消炎鎮痛薬などがあります。

水疱瘡の治癒後に起こる帯状疱疹

水痘・帯状疱疹ウイルスは、水疱瘡が治った後も、知覚神経の奥に潜みます。
たいてい、その後は何の症状も出ることがありません。

しかし、ストレス、疲れ、加齢、その他の病気などが原因で、水痘・帯状疱疹ウイルスが再活動を始めるときがあり、帯状疱疹を発症します。

帯状疱疹の症状が出るときに、水痘・帯状疱疹ウイルスが、知覚神経付近で増殖し、神経に沿って神経を傷つけながら皮膚の表面に出てきます。

帯状疱疹後の後遺症(帯状疱疹後神経痛)の原因

大人の水疱瘡は子供より症状と跡がツライ!合併症で入院?
大人が水疱瘡に感染した場合は、重症化しやすく、合併症に注意が必要です。自分の子供が水疱瘡になっていて、親が感染してしまうケースが増えてきているそうです。

帯状疱疹後の後遺症の原因1:神経に深い傷

帯状疱疹後神経痛とは、帯状疱疹になってから(または治ってから)数ヵ月経っても神経痛が残る後遺症のことをいいます。

帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹が起こったときに、神経に大きな傷が残ったことが原因と考えられています。

神経に大きな傷跡が残ると、長期間にわたって痛みや麻痺(違和感)が消えないことがあります。

湿布を貼って、神経痛を緩和しようとする方もいますが、帯状疱疹後神経痛には湿布はほとんど効きません。

帯状疱疹後の後遺症の発生率は、そんなに高くありませんが、一部の方は発生率が高いと言われています。

  1. 帯状疱疹の症状が重症だったとき
  2. 50歳以上の方
  3. 糖尿病などの神経に関わる病気がある方

帯状疱疹後の後遺症の原因2:痛みの記憶

帯状疱疹の痛みの症状が強い場合は、「痛みの記憶」を忘れてしまいたいものです。
しかし、痛みの記憶は、深く脳に記憶されることがあります。

その痛みの記憶を無意識の間に思い出してしまうことがあり、帯状疱疹後神経痛は、痛みの記憶が原因の後遺症とも考えられています。

つまり、実際は痛くはないのに痛みを感じてしまうことがあるのです。心理的な痛みが原因ともいうべきでしょうか。

帯状疱疹後の後遺症(帯状疱疹後神経痛) 神経痛の症状

トラムセット、リリカの副作用を抑える飲み方、効果と併用【帯状疱疹後神経痛の薬】
皮膚科でも、帯状疱疹後神経痛の痛みはある程度診てくれます。トラムセット、リリカには特有の副作用があり、飲み方にも工夫がいります。

炎症性の痛みと帯状疱疹後神経痛の痛みの関係

帯状疱疹の症状

帯状疱疹の皮膚の症状が起こる前からな無くなるまで、痛みが継続することはあります。この痛みは「炎症性の痛み」といわれています。

帯状疱疹の初期の痛みは、じわ~とした鈍い痛みであることが多いので、湿布を貼ってしまう方もいます。

その後、湿布を貼ったところに、帯状疱疹のブツブツ症状が出ます。それを湿布かぶれと勘違いして、今度はステロイドの塗り薬をぬることになります。

これは帯状疱疹初期に起こるパターンのひとつで、帯状疱疹の治療が遅れ、後遺症を残す原因となります。

帯状疱疹後神経痛の症状

帯状疱疹の「炎症性の痛み」に対して、
帯状疱疹後神経痛の痛みは文字の通り、「神経性の痛み」です。

神経性の痛みも、皮膚症状の消失とともになくなっていきますが、帯状疱疹後神経痛の場合は、痛みが後遺症となります。

  • チクチク・ズキズキするような痛み
  • 刺すような痛み
  • 焼けるような痛み
  • 電気が走るような痛み

帯状疱疹後神経痛の症状は、このように強弱さまざまな言葉で表現されます。

帯状疱疹後神経痛の症状の期間

一度、帯状疱疹後神経痛になってしまうと、完全に痛みを取り除くのは難しく、治療も長期になることがあります。

帯状疱疹の神経損傷に限らず、神経を一度損傷すると回復に時間がかかり、また回復しないこともあるからです。

これが帯状疱疹後神経痛は、怖い後遺症だという理由です。

帯状疱疹を水疱瘡ワクチン(水痘ワクチン)で予防できるか?効果は?
水疱瘡ワクチン(水痘ワクチン)を接種するという方法で、帯状疱疹を予防するという試みが一部の医療機関で行われています。はたして効果はあるのでしょうか?

まとめ

  1. 帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹の後に残る、怖い後遺症のこと
  2. 怖い後遺症である理由は
    ①神経を一度損傷すると回復に時間がかかり、また回復しないこともある
    ②痛みの記憶が繰り返されることがある
    ③万人に効く、痛みの治療法が確立されていない
  3. 帯状疱疹の発症時に神経が傷つき、神経に強い損傷が残ることがある。それが原因で帯状疱疹後の後遺症である神経痛が起こると考えられている
  4. 帯状疱疹後神経痛の主な症状は、字のごとく神経性の痛みで、チクチク、ズキズキするような痛みから焼けるような痛みまで、人それぞれ痛みの症状が異なる