トラムセット、リリカの副作用を抑える飲み方、効果と併用【帯状疱疹後神経痛の薬】

pain-old-man

帯状疱疹の後に残る怖い後遺症は、帯状疱疹後神経痛です。

  • 帯状疱疹の治療が遅れたとき
  • 帯状疱疹が重症だったとき
  • 50歳以上の方
  • 糖尿病などの神経にかかわる病気がある方等

これらにあてはまる方は、帯状疱疹後神経痛になりやすいことが分かっています。

帯状疱疹後神経痛は万人向けの治療法がまだ確立していません。
帯状疱疹後神経痛の薬も、効果と副作用に個人差が大きいため、ひとつひとつ手探りで用量用法を確定していきます。

そのため、今回紹介するトラムセットとリリカが効かないということも普通に起こりえます。

その際は、トラムセットとリリカの併用や、鎮痛補助薬(トリプタノールなど)の併用なども考慮されることもあります。

スポンサーリンク

帯状疱疹後神経痛の治療の全体像

帯状疱疹後神経痛の原因と症状の理解が、これから先の帯状疱疹後神経痛の薬の理解を深めます

帯状疱疹より怖いヘルペス後遺症は神経痛!帯状疱疹後神経痛の症状と原因
帯状疱疹後神経痛は帯状疱疹の後遺症のひとつで、一度なると、痛みの症状が継続することがある怖い病気です。万人に効く、痛みの治療法も確立していないことも怖い要因のひとつです。

帯状疱疹後神経痛の治療には、万人に効く治療法というものが確立されていません。

これが、帯状疱疹後神経痛が帯状疱疹の怖い後遺症である理由のひとつです。

帯状疱疹後神経痛の治療で、最初に試されるのが薬物治療です。皮膚科でも、ある程度は対応してくれます。

それでも痛みのコントロールができないようであれば、麻酔科、ペインクリニック等を紹介され、神経ブロックやリハビリ(理学療法)などを併用することが多いようです。

リリカ(帯状疱疹後神経痛の薬1)

左:リリカ25mg、右:リリカ75mg

左:リリカ25mg
右:リリカ75mg

リリカは神経性の痛み止め

リリカは、神経障害性疼痛治療薬(しんけいしょうがいせいとうつうちりょうやく)といわれ、その名の通り、神経性の痛みの治療に使われるプレガバリンを有効成分とする薬です。

販売当事、リリカは帯状疱疹後神経痛の薬として販売されていましたが、現在では保険適応が拡大され、さまざまな神経性の痛みを取り除く薬として使われています。

痛み止めとしてはロキソニンが有名ですが、リリカは神経性の痛み専用のロキソニンのようなイメージでしょうか?

リリカの効果

神経性の痛みは、痛みを伝える物質が必要以上に作られることが原因と考えられています。

リリカは、痛みを伝える物質の過剰生成を抑えることで、神経性の痛みを和らげます。

臨床試験の結果において、リリカはプラセボより効果があったことは言うまでもありませんが、効果の質については個人差が大きいようです。

リリカの副作用を抑える飲み方

販売当時、リリカ75mgを1日2回から服用開始し、少しずつ増量する方法が取られていました。

リリカ75mgから開始すると、副作用のために結構な確率でリリカの継続ができなくなります。
リリカには特有の副作用があるからです。

現在では1日1回寝る前リリカ25mgからスタートして、痛みと副作用の様子をみながら増量する方法が取られることがほとんどです。
ただし、リリカ25mgでは全然効かない、増量しても効かないと言う方が一定頻度で現れます。

リリカの主な副作用

国内での臨床試験の副作用結果によると

副作用 頻度
めまい 23.4%
傾眠(うとうと) 19.5%
浮腫(むくみ) 10.7%
意識消失 0.3%未満

リリカの副作用は、運転の危険性、歩行の危険性(特に高齢者)があります。

本剤の投与によりめまい、傾眠、意識消失等があらわれ、自動車事故に至った例もあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること。
特に高齢者ではこれらの症状により転倒し骨折等を起こした例があるため、十分に注意すること。

リリカの添付文書(重要な基本的注意より)

リリカは痛み止めの一種です。なぜ、痛み止めでこのような変わった副作用がでるのでしょうか?

リリカで、めまい、傾眠の副作用が出やすい理由

リリカで、めまいなどの特有の副作用がでやすい理由は、
リリカが、抗けいれん薬として使用されている「ガバペン」と薬の構造と作用の仕方が似ているからです。

ガバペンは抗けいれん薬ですので、傾眠(33.5%)、浮動性めまい(15.9%)の副作用が出現しやすい薬です。

また、ガバペンは、アメリカでは帯状疱疹後神経痛の治療薬として使用されていますので、日本でも使用されることがあります(保険未承認)

トラムセット(帯状疱疹後神経痛の薬2)

トラムセット

トラムセットはトラマドールとアセトアミノフェンの配合剤

トラムセットはトラマドールとアセトアミノフェンの配合剤で、ガン以外のあらゆる慢性的(持続的)な痛みに対して使用されています。

アセトアミノフェンは頭痛などの炎症性の痛みを和らげることができますが、帯状疱疹後神経痛はその名の通り神経性の痛みが主ですので、効果があまり期待できません。

したがって、トラムセットはトラマドールの効果を期待して飲むことになります。

つらい偏頭痛の薬

偏頭痛薬レルパックス(エレトリプタン)、アマージは効かない?副作用と再発予防効果
偏頭痛薬はサッと効いてサッと体から薬が抜けていくため、予防効果はないと考えられてきました。しかし、レルパックス(エレトリプタン)とアマージは、他の偏頭痛薬とは違う特徴を持っています。

トラムセットの効果と作用

トラムセットの有効成分トラマドールは、脳を痛みに対して鈍感にさせたり、痛みの情報が脳に伝わりにくくする効果があると考えられています。

トラマドールの「脳を痛みに対して鈍感にする効果」は、脳の中枢に働きかける作用のため、痛みを取り除く効果は非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)と比較にならないほど強力です。

国内長期投与試験では、トラムセットの鎮痛効果は、52週まで持続することが確認されています。

トラムセットは、帯状疱疹後神経痛以外では、整形外科で使用されるケースが多いです。

  • 変形性関節症の痛み
  • 関節リウマチの痛み
  • 腰痛
  • 肩、首の慢性的な痛み

まるで内服薬!新薬ロコアテープはニュータイプの最強湿布か?
2016年1月に発売されたロコアテープは、アドフィード・ゼポラスなどの成分フルルビプロフェンから、さらに鎮痛効果の高い成分を抽出して作らています。今までの湿布の概念をくつがえすかもしれません。

トラムセットの副作用を抑える飲み方

トラムセットの飲み方

通常、トラムセットを1回1錠~2錠を1日4回に分けて飲みますが、この飲み方では副作用が強く出るため、ほとんど脱落します。(リリカもそうでしたね)

トラムセットを1日1回1錠寝る前からスタートして、痛みと副作用の様子をみながらステップアップする方法が取られることが多いです。

トラムセットを寝る前からスタートする理由は、
朝食後にスタートする場合と比べて、胃腸系副作用(吐き気、便秘など)と意識系副作用(めまい、傾眠、眠気など)が起こる頻度が低いからです。

トラムセットの副作用(吐き気、眠気など)

副作用 頻度
悪心(吐き気) 40%以上
嘔吐 20%以上
傾眠
便秘
めまい
意識消失 0.2%未満
眠気 頻度不明

トラムセットは胃腸系副作用(吐き気、便秘など)副作用がほとんどです。これらの副作用は、トラムセットの中枢に働きかける作用が原因です。

胃腸系副作用(吐き気、便秘など)は、服用したその日から発生し、1~2週間程度で落ち着いていく傾向にあります。

吐き気の副作用を抑えるためには、トラムセットを服用開始からプリンペラン(メトクロプラミド)、ナウゼリン(ドンペリドン)を併用する方法が取られることが多いです。

便秘の副作用を抑えるためには、マグラックス、マグミット(酸化マグネシウム)が有効です。

※マグラックスは、酸化マグネシウム「ヨシダ」に名称変更されています。

トラムセットの禁忌薬と併用注意薬

トラムセットを服用できない方もいます。

  • パーキンソン病の治療薬であるエフピー(セレギリン塩酸塩)を服用中の方
  • エフピーの服用を中止してから14日以内の方

トラムセットの成分のひとつであるアセトアミノフェンは、頭痛や発熱の症状でなどで処方される頻度が高い薬です。

さらに、アセトアミノフェンは、市販薬としても販売されているため、1日に服用するアセトアミノフェン量に注意が必要です。

アセトアミノフェンを含む処方箋薬の例

  • PL配合顆粒
  • SG配合顆粒
  • カロナール
  • コカール

アセトアミノフェンを含む市販薬の例

  • タイレノール
  • ノーシン
  • バファリンルナ

頭痛の原因は頭痛薬!飲みすぎは薬物乱用頭痛を起こすから危険
頭痛薬を飲んでいるのに、頭が痛い。飲んだら一時的に痛みはおさまるが、また痛くなる。このような症状がある方が増えてきています。薬剤乱用頭痛と呼ばれ、頭痛薬が原因で頭痛が起こっています。

鎮痛補助薬の全体像

帯状疱疹後神経痛の治療において、鎮痛薬の効果を高めるために、鎮痛補助薬が併用されることがあります。

鎮痛補助薬とは、主作用が痛み止め以外の目的で使用されている薬ではあるが、特定の痛みに効果があると考えられている薬のことです。

ただし、この薬も万人の痛みに有効というわけではありません。

鎮痛補助薬は、非常に多い上に誤解を生む可能性があるため、主な薬の紹介にとどめておきます。

鎮痛補助薬:トリプタノール

トリプタノールの効果

トリプタノールは三環系抗うつ薬です。

三環系抗うつ薬は、神経障害性疼痛を含む慢性の痛みに効果があることがわかっています。その中でも、トリプタノールが比較的多く使われています。

トリプタノールには、神経障害性疼痛の保険適応がないため、飲む方の痛みの状態に合わせて用量を調整していきます。

使用頻度が高いその他の三環系抗うつ薬

ノリトレン(ノルトリプチリン)

トリプタノールの鎮痛補助薬としての飲み方

少量(トリプタノール10mg~25mg)を1日1回寝る前 からスタートして、痛みと副作用の様子をみて増量していきます。

トリプタノールの痛みに効く量や副作用は決まっていないため、飲む方の痛みに合わせて、用量を調整します。

トリプタノールの副作用

トリプタノールは、抗うつ薬ですので、次のような副作用が出ることがあります。

  • 眠気、喉の渇き(5%以上)
  • 悪心、便秘、排尿困難(5%未満)

トリプタノールの副作用を逆手にとって主作用とすることで、帯状疱疹後神経痛による不眠症状に有効かもしれません。

睡眠薬ルネスタ(エスゾピクロン)も苦い!効果、副作用、依存性
従来の睡眠薬からルネスタに変更することで、依存・ふらつき等から解放される可能性があります。超短期型睡眠薬の中では持続時間も長いため、途中で起きるタイプの不眠症にも効果が期待できます。

トラムセット、リリカ、トリプタノールの併用

トラムセット、リリカ、トリプタノールは薬の作用が異なります。眠気・吐き気等の副作用が増強される可能性はありますが、併用は問題ありません。

しかし、私の知る限り併用効果を立証したエビデンス(証拠)がありません。

そもそも論になりますが、帯状疱疹後神経痛は個人個人の痛みのレベルが異なるため、効果も飲んでみるまでは、はっきりわかりません。

つまり、リリカが効かないが、トリプタノールが効く方もいるのです。

そのため、トラムセット、リリカ、トリプタノールを併用しても、効果があるかどうかは併用してみないとわからないのです。

リリカとトラムセットの用法用量は、簡単にまとめましたが、
リリカとトラムセットは、用量用法のコントロールが難しい鎮痛薬です。

単独服用、併用療法については、帯状疱疹後神経痛の痛みの治療に精通した医師に相談されることをおすすめします。

まとめ

  1. 帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹の後に残る、怖い後遺症
  2. その理由は
    ①神経を一度損傷すると回復に時間がかかり、また回復しないこともある
    ②万人に効く痛みの治療法が確立されていない
  3. 帯状疱疹後神経痛の治療で使用頻度が高い薬は、トラムセット、リリカ
  4. リリカは意識系の副作用が多い
  5. トラムセットは、胃腸系の副作用が多い
  6. トラムセット、リリカは、副作用を起こさないように、少しずつ増量していく飲み方がよい
  7. トリプタノールは、鎮痛補助薬として帯状疱疹後神経痛に使用されることがある
  8. トラムセット、リリカ、トリプタノールを併用しても、効果があるかどうかは併用してみないとわからない