電力自由化比較サイトのおすすめプランで電気料金(電気代)1万円節約

electric-man

平成28年4月1日現在の登録小売電気事業者は、280社です。

その中で、関西エリアに対応する登録小売電気事業者は、46社。全国対応する登録小売電気事業者は18社あります。

関西エリアでは、約60社が関西電力から乗り換え可能な新電力会社になります。

電力自由化比較サイトで上位表示した新電力会社のおすすめプランを、我が家4人家族の電気の使い方で、年間約1万円節約できることがわかりました。

電力自由化比較サイトのおすすめ新電力会社一覧

  • ソフトバンクでんき
  • Looopでんき
  • 東京電力エナジーパートナー
  • 丸紅新電力株式会社
  • 洸陽電機
  • ケイ・オプティコム
スポンサーリンク

目次

我が家4人家族の電気料金(電気代)と全国平均

  我が家 2人以上家族の
の平均
年間電気料金(電気代) 128,228円 129,310円
月の平均電気料金(電気代) 10,686円 10,776円

我が家4人家族の電気料金(電気代)は、2人以上の家族の平均とほぼ同じですが、2月と8月の電気料金(電気代)が突出して高いという特徴があります。

電力自由化後も関西電力で契約するメリットと4人家族の電気料金
静かに電力の自由化が開始しました。これをきっかけに我が家の電気代を把握し、必要があれば、新規の小売電力会社への乗り換えを行います。その前に関西電力で電気契約を結ぶメリットをおさらいします。

電力自由化比較サイト「エネチェンジ」で電気料金(電気代)を比較

Googleで「電力自由化 比較」で検索すると、エネチェンジのサイトが1番でした。

この電力自由化比較サイトから試してみたいと思います。

「エネチェンジ電力比較」は電力自由化で選べる電力会社、電気料金(電気代)プランを比較して、あなたに最適な電気料金(電気代)プランを提示する比較サービスです。無料でご利用いただくことができ、34の電力会社から、合計230プランを比較できます。

エネチェンジHPより引用

電力自由化比較サイト「エネチェンジ」の質問に答える

Q1:現在の電気料金(電気代)を教えてください
A1:関西電力 従量電灯A 1月の電気料金(電気代)が14775円
Q2:ご家庭の特徴を教えてください
A2:同一世帯の小学生以上の人数は4人 電気と都市ガスを契約 
Q3:生活の時間帯について選んでください
A3:家族の半分は日中家にいる 22時移行まで夜更かし 土日の片方は外出

電力自由化比較サイト「エネチェンジ」のおすすめ新電力会社とおすすめプラン

エネチェンジの電気使用量の予測

電力比較サイトエネチェンジの電気使用量の予測

正確な、年間電気料金(電気代)と年間電気使用量をはじき出しましたね。

  実測 エネチェンジ予測
年間電気料金(電気代) 128,228円 126,545円

エネチェンジのおすすめ電力会社とおすすめプラン

おすすめ
順位
年間電気料金(電気代)
節約額
おすすめ電力会社 おすすめプラン
1位 12,378円 ソフトバンクでんき バリュープラン
2位 10,038円 Looopでんき おうちプラン
3位 8,640円 東京電力
エナジーパートナー
プレミアムプラン
(1年契約)
4位 8,490円 丸紅新電力株式会社 プランS
(従量電灯A)

電力自由化比較サイト「価格.com」で電気料金(電気代)を比較

「電力自由化 比較」のGoogle検索2位は、価格.comです。

価格.comは何かといつもお世話になっています。ついに電力まで比較してしまうんですね。

電力自由化比較サイト「エネチェンジ」では、ひと月の電気料金(電気代)しか入力しかできませんでしたが、電力自由化比較サイト「価格.com」では、毎月の電気料金(電気代)を入力することができます。

電気料金(電気代)の予測精度は「価格.com」に軍配が上がりそうです。

価格.comでは、36社、243の料金プランから電気料金(電気代)を比較できるそうです。

では、早速入力していきます。

※電力自由化比較サイト「エネチェンジ」も、毎月の電気料金(電気代)を入力できるように検討中。

電力自由化比較サイト「価格.com」の質問に答える

Q1:電力会社・サービスと契約プランは?
A1:関西電力 従量電灯A
Q2:家族構成
世帯人数は3人以上
Q3:平日(月曜日~金曜日)の昼間にどなたか家にいますか
A3:いる
Q4:土日の昼間にどなたか家にいますか
A4:ときどきいる

あとは、毎月の電気料金(電気代)を入力します。

電力自由化比較サイト「価格.com」のおすすめ電力会社とおすすめプラン

「価格.com」の入力結果

価格.comの入力結果

価格.comのおすすめ電力会社とおすすめプラン

おすすめ順位 年間電気料金(電気代)
節約額
おすすめ電力会社 おすすめプラン
1位 13,075円 洸陽電機 生活フィットプラン
2位 12,847円 洸陽電機 きほんプラン
3位 10,772円 ソフトバンクでんき バリュープラン
4位 10,288円 ケイ・オプティコム eo電気シンプルプラン
5位 9,925円 Looopでんき おうちプラン

「電力自由化 比較」のGoogle検索1位2位の、電力自由化比較サイトから、我が家4人家族には、6社7プランがおすすめということがわかりました。

めでぃすたの「電力自由化 比較」のGoogle検索は35位(4/20)だそうです。もっとお役に立てるようにがんばります。

さっそく「電力自由化 比較」のGoogle検索1位2位の、おすすめ新電力会社のプランを比較していきたいと思います。

電力自由化比較サイト「エネチェンジ」おすすめ1位
ソフトバンクでんき バリュープラン

ソフトバンクでんき バリュープランの電気料金(電気代)比較

年間電気料金(電気代)節約額12,378円

ソフトバンクでんきは、携帯電話などで有名なあのソフトバンクの新事業です。

しかし、ホームページを見ていくと、東京電力の電力の販売代理とも受け取れそうな感じです。

ソフトバンクでんき「バリュープラン」の電気料金

ソフトバンクでんき「バリュープラン」の電気料金単価

出典:ソフトバンクでんき(一部改編)

ソフトバンクでんきのバリュープランは、月々の電気使用量が300kWhを超えるファミリー層をターゲットにしています

電気使用量300kWhまでは、定額7440円

ただし、電気使用量は季節によって異なるものです。300kWhを超えない場合は、ソフトバンクでんきのバリュープランの場合は、還元があります。

電気使用量200~300kWhまでの未使用分は、最大1000Tポイントか最大3GBのスマホの通信量で還元してくれます。

バリュープランの契約上の注意

  1. バリュープランは2年契約(自動更新)となります。契約満了日からさかのぼって2ヵ月の期間以外にプランを解約する場合は、東京電力が定める期中解約金(2,500円)がかかる場合があります。
  2. プランを解約する場合は、期中解約金とは別に解約事務手数料(540円)がかかります。

ソフトバンクでんきHPより

解約金の額は、たいしたことがありませんが、まるで携帯電話の2年縛りのようです。

新電力比較サイト「エネチェンジ」おすすめ2位
Looopでんき おうちプラン

年間電気料金(電気代)節約額10,038円

Looopは、2011年4月、東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻市・気仙沼市へ赴き、複数の施設へ独立型ソーラー発電セットの無償設置を実施したことがきっかけとなり、設立した会社です。

LooopでんきHPより

全然知りませんでした。

Looopでんきは、Looopの電気事業部のことです。Looopは、自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売を主に行っています。

Looopでんき おうちプランの電気料金(電気代)比較

Looop電気の電気料金

出典:LooopでんきHP

電気料金(電気代)が非常に分かりやすいです。つまり、こういうことです。

関西電力とLooopでんきの電気料金の比較

出典:関西電力HP、LooopでんきHP

関西電力は、電気を使えば使うだけ3ステップで電気単価が上昇しますが、Looopでんきは、電気の使用量にかかわらず、常に一定の電気単価です。

ただし、Looopでんきは、関西電力より電気単価が高い電力量料金帯があるため、損益分岐点が存在します。

Looopでんきの損益分岐点を計算すると、約230kWh/月です

LooopでんきのHPで電気料金(電気代)を再比較

LooopでんきのHPで、年間電気料金(電気代)を再比較してみます。

1年間の電気料金(電気代)は9,925円節約となりました。エネチェンジの比較結果とは、ほとんど差がありません。

我が家4人家族の場合、関西電力からLooopでんきに契約変更すると、約1万円電気料金(電気代)が安くなるのでしょう。

おうちプランの契約上の注意

特に見当たりませんでした。

契約期間は、供給開始日以降1年契約の自動更新となります。契約期間内に契約を解除されても、解約金は発生いたしません。

LooopでんきHPより

電力自由化比較サイト「エネチェンジ」のおすすめ3位
東京電力エナジーパートナー
プレミアムプラン(1年契約)

年間電気料金(電気代)節約額8,640円

何かカッコイイ名前ですが、東京電力エナジーパートナーとは、東京電力の小売電気事業のことです。

プレミアムプラン(1年契約)の電気料金(電気代)比較

東京電力エナジーパートナーのプレミアムプラン(1年契約)の料金体系は、ソフトバンクでんきのバリュープランと似ています。

東京電力エナジーパートナー「プレミアムプラン」の電気料金(グラフ)

東京電力エナジーパートナー「プレミアムプラン」の電気料金(表)

出典:エネチェンジ

東京電力エナジーパートナーのプレミアムプラン(1年契約)は、400kWhまでが定額ですが、ソフトバンクでんきのバリュープランは、300KWhまでが定額です。

さらに、ひとつ大きく異なることがあります。

東京電力エナジーパートナーのプレミアムプラン(1年契約)には、定額料金以外に基本料金がかかるということです。

プレミアムプラン(1年契約)の基本料金

基本料金とは、契約電力1kWあたりにかかる388.8円の定額料金のことです。

一般家庭では、4kW(60A相当)もあれば、十分だと思います。

388.8円 × 4 = 1555.2円

ただし、契約者が任意の基本料金を選ぶことはできません。

プレミアムプラン(1年契約)の基本料金は、前の1年間で使用した最大電力30分間を基準にして、東京電力エナジーパートナーが設定します。

プレミアムプラン(1年契約)は本当に節約できるのか?

プレミアムプラン(1年契約)の最低電気料金(電気代)は月9,955円~となる可能性が高いです。

我が家4人家族では、月間電気使用量400kWh以下の月が7回あります。その月も9,955円の電気量を支払わなくてはなりません。

我が家4人家族の1年の電気料金(電気代)が12.8万円であることを考えると、とてもお得なプランとは考えられません。

なぜ、電力自由化比較サイトのおすすめに入ってきたのでしょうか?

電力自由化比較サイト「エネチェンジ」おすすめ4位
丸紅新電力株式会社 プランS(従量電灯A)

年間電気料金(電気代)節約額8,490円

丸紅新電力は、風力発電、天然ガス発電など、環境に配慮した自前の発電所を持っています。現在、発電容量は10,669MWで、2015年12月現在、日本最大で総合商社1位です。

日本を含めた世界23カ国で、安定的な電力供給体制を構築しています。

丸紅新電力株式会社 プランS(従量電灯A)の電気料金(電気代)比較

丸紅新電力のプランS(従量電灯A)の料金体系は、ソフトバンクでんきのバリュープランなどと似ています。

丸紅新電力「プランS:(従量電灯A)」の電気料金

出典:丸紅新電力HP

月間電気使用量が250KWhまでは、定額の6510円で、超える分が従量加算されていきます。

丸紅新電力のHPで電気料金(電気代)を再比較

丸紅新電力のHPでも、電気料金(電気代)を比較することができました。

ただし、ひと月に入力した電気使用量と電気料金(電気代)を12倍して、年間の電気使用量と電気料金(電気代)を算出するため、精度は低そうです。

入力条件

ひと月の電気使用量 378kWh
ひと月電気料金(電気代) 10,686円

比較結果

年間8,796円電気料金(電気代)が節約できます。エネチェンジの比較結果とほとんど変わりありません。

電力自由化比較サイト「価格.com」おすすめ1位
洸陽電機 生活フィットプラン

年間電気料金(電気代)節約額13,075円

洸陽電機は、太陽光発電、地熱発電、小水力発電、バイオマス発電などの発電所を持っており、神戸市に本社があります。

洸陽電機 生活フィットプランの電気料金(電気代)比較

洸陽電機の生活フィットプランは、現代の生活スタイルに合わせたプランです。よく電気を使う時間帯の料金が、お得な電気料金(電気代)単価になっています。

洸陽電機「生活フィットプラン」電気料金

出典:洸陽電機HP(一部改編)

洸陽電機の生活フィットプランは、関西電力の「時間帯別電灯プラン」を細分化したようなイメージです。

関西電力の「時間帯別電灯プラン」

関西電力「時間帯別電灯」の電気料金単価

出典:関西電力HP

共働きや、昼間に在宅していない世帯には、いいプランかもしれませんね。

しかし、我が家4人家族のライフスタイルには合致しなさそうです。

電力自由化比較サイト「価格.com」おすすめ1位
洸陽電機 きほんプラン

年間電気料金(電気代)節約額12,847円

洸陽電機 きほんプランの電気料金(電気代)比較

洸陽電機のきほんプランは、非常にわかりやすいです。

関西電力の従量電力Aを、そっくりそのまま安くしたものです。これだけで説明がついてしまします。

15kWhまで基本料金
関西電力 373.7円
洸陽電機 370.0円

関西電力と洸陽電機の電気料金単価を比較(グラフ)

洸陽電機のきほんプランだと、電気使用量が多かろうと少なかろうと「電気料金(電気代)は安くなる」の1択しかありません。

月の電気使用量に関してリスクフリーです。

洸陽電機 きほんプランの年間電気料金(電気代)比較

洸陽電機のHPでも、年間電気料金(電気代)比較をすることができました。

年間電気使用量4536kWhに対しての年間電気料金(電気代)

年間電気料金(電気代)
関西電力 ¥127,013
洸陽電機 ¥115,480
¥-11,533

11,533円の節約ができます。

価格.comの比較と、1000円程度の誤差があります。

しかし、洸陽電機のきほんプランだと、電気料金(電気代)は安くなるの1択なので、心が揺れてしまいます。

約款を読んで、契約しちゃおうかと思いますが、まだ残っているので淡々と進めます。

電気代節約=洸陽電機のきほんプランor生活フィットプラン!手続きも簡単
電力自由化後の我が家の電力会社のプランは、洸陽電機「きほんプラン」にしました。12.5万くらいの年間電気代が1.1万円程度節約できる予定です。

電力自由化比較サイト「価格.com」おすすめ4位
ケイ・オプティコム eo電気シンプルプラン

年間電気料金(電気代)節約額10,288円

料金体系の説明から入るところですが、HPを見てみるとeo電気スタート割というキャンペーンをしています。このキャンペーンは、我が家4人家族にとってはトラップでしかありませんでした。

eo電気スタート割が我が家4人家族にとってトラップな理由

ケイ・オプティコムのHPでも、年間電気料金(電気代)の比較をすることができます。

電気使用量=4,539kWh/年で関西電力の電気料金(電気代)と比較すると、年間約1万円節約できると試算されました。

しかし、この節約額はeo電気スタート割キャンペーンを含んだ節約額なのです。

eo電気スタート割

eo電気スタート割とは、供給開始月から最大12カ月は毎月1296円を割り引くというものです。

つまり、eo電気スタート割終了後は、我が家4人家族の電気料金(電気代)は、節約どころか、約5000円値上がりします。

これ以上のことは調べないでおきます。

エネチェンジと価格.comのおすすめ
年間電気料金(電気代)の比較

電力会社 プラン エネチェンジ 価格.com HP
関西電力 従量電灯A ¥128,228(比較対象)
ソフトバンクでんき バリュープラン ¥115,850 ¥117,456
Looopでんき おうちプラン ¥118,190 ¥118,303 ¥118,303
東京電力
エナジーパートナー
プレミアムプラン ¥119,588
丸紅新電力 プランS
(従量電灯A)
¥119,738 ¥119,432
洸陽電機 生活フィットプラン ¥115,153
洸陽電機 きほんプラン ¥115,381 ¥116,695
ケイ・オプティコム シンプルプラン ¥117,935 ¥118,228

今のところ、私の中では、洸陽電機「きほんプラン」が有力です。

色々調べていくうちに電力自由化のデメリットが見当たる可能性があります。もう少し勉強してみようと思います。

関東、中部、関西など、エリア別で電力会社の電気料金(電気代)体系は異なります。

また、電気の使用の仕方によっても、年間の総電気料金(電気代)は異なります。

本記事は関西エリアの我が家4人家族での検討結果です。考え方自体は全国どこでも同じですので、参考にして下さい。