妊娠中の腰痛 妊婦は湿布(ロキソニン、モーラステープetc)大丈夫?

海と妊婦

妻は妊娠中の腰痛に湿布を使っていました。

妻の弟嫁が妊娠したとき、病院に湿布をもらいにいったところ、妊婦に湿布はだせないと断られたそうです。

なぜでしょう?

妊婦と授乳中の薬の使い方については、医師や診療科によって意見がわかれることが多いです。

特に、妊娠前期(4週~7週)妊娠後期(28週~)は、慎重な薬の使用が必要な時期ですので、さらに意見がわけれます。

妊婦の腰痛に、湿布を使っても大丈夫なのでしょうか?

湿布と妊婦の腰痛に関して解説します。
(健康保険の関係で腰痛に使用できない湿布もありますが、今回は健康保険は考慮しません)

  • モーラステープ
  • ロコアテープ
  • ロキソニンテープ
  • ボルタレンテープ
  • イドメシンコーワパップ
  • ミルタックスパップ
  • アドフィードパップ

スポンサーリンク

妊娠中に腰痛が起こる理由

妊娠中の腰痛の原因は、子宮が大きくなるにつれ、腰(骨盤)、背中、腰部への負担が増えるためと考えられています。
(妊娠して赤ちゃんが大きくなりにつれ、おなかも大きくなり、体重も増える→体全体のバランスが悪くなる→腰痛)

腰痛や背中の痛み軽減のために妊婦帯を使う方も多いです。

スポンサーリンク

妊婦への湿布の使用 意見がわかれる理由

湿布に使用される成分は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)といわれる解熱鎮痛成分です。

非ステロイド性抗炎症薬の飲み薬は、妊娠後期に使用すると赤ちゃんの動脈管収縮や羊水減少などを起こすことがあります。

動脈管とは
妊婦の胎盤から流れる血液(酸素)を赤ちゃんの全身へ送るための心臓のくだのことです。
動脈管が収縮すると、血液(酸素が)全身にいきわたらなくなります。閉じてしまうと赤ちゃんの生命が危ぶまれます。
生まれてから動脈管は必要なくなりますので、生後3週程度で自然に閉じます。

ケトプロフェン以外の非ステロイド性抗炎症薬の湿布は、赤ちゃんに動脈管収縮が起きた症例は報告されていません。

しかし、妊娠後期の妊婦の腰痛に多くの湿布を使用することは、赤ちゃんに影響を与える可能性がないとは言い切れません。

それが、妊婦の腰痛への湿布使用の意見がわかれる理由です。

湿布貼りすぎ!?ボルタレンテープ市販と病院用は1日何枚まで?
湿布を肩、首、膝、肘、膝に貼っていますが、貼りすぎですか?湿布は何枚まで貼っていいですか?このような疑問にお答えします。

妊娠後期の妊婦の腰痛に使えない湿布(使用禁止)

モーラステープ(ケトプロフェン)

モーラステープ20mgとモーラスパップ60mg

妊娠後期の腰痛に使えない湿布は、モーラステープが有名です。
知っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、モーラステープのみが妊娠後期の妊婦に使えないのではなく、ケトプロフェンを含むすべての湿布が妊娠後期の妊婦に使用できません。

夏の湿布かぶれの副作用 モーラステープの光線過敏症に注意!対処は?
モーラステープの夏の湿布かぶれ(光線過敏症)は有名ですが、フルルビプロフェン、フェルビナク、インドメタシン、ケトプロフェンを含む湿布や塗り薬も、湿布かぶれを起こすことがあります。

ケトプロフェンを含む湿布

  • モーラスパップ
  • ミルタックス
  • ケトプロフェン
  • タッチロン
  • パッペンK
  • パテル
  • フレストル

モーラステープの添付文書情報

添付文書とは、医療者向けに薬の説明書のことです。
モーラステープの添付文書には、次のような記載があります。

  1. ケトプロフェンの外皮用剤を妊娠後期の女性に使用した場合、胎児動脈管収縮が起きることがあるので、妊娠後期の女性には本剤を使用しない。
  2. 妊婦(妊娠後期以外)、産婦、授乳婦等に対する安全性は確立していないので、これらの患者に対しては、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する。
  3. ケトプロフェンの外皮用剤を妊娠中期の女性に使用し、羊水過少症が起きたとの報告があるので、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に使用する。
授乳中に飲める薬・避ける薬(風邪、花粉症、インフルエンザ、喘息、うつ)
授乳中に使える薬は多くあります。母乳育児はメリットもたくさんありますので、安心して授乳が続けられるように病気別にまとめます。

ロコアテープ(エスフルルビプロフェン)

ロコアテープ

ロコアテープ(2016年発売)は、エスフルルビプロフェンを有効成分とする最強の湿布と噂される評判の湿布です。

ロコアテープは、妊娠後期の妊婦に使用できません。

ただし、ロコアテープは変形性関節症のみの使用ですので、(妊婦の)腰痛にも使用できません。

ロコアテープの添付文書情報

  1. 妊娠後期の女性には投与しない。
  2. 妊婦(妊娠後期以外)又は妊娠している可能性のある女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する。
    [妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]

湿布薬ロコアテープ(エスフルルビプロフェン)は副作用、併用禁忌に注意
2016年1月に発売されたロコアテープは、アドフィード・ゼポラスなどの成分フルルビプロフェンから、さらに鎮痛効果の高い成分を抽出して作らています。今までの湿布の概念をくつがえすかもしれません。

妊婦の腰痛への使用が禁止されていない湿布

次にあげる湿布は、妊婦の腰痛への使用が医師の裁量に任される湿布です。

  • ロキソニン(ロキソプロフェン)
  • ボルタレン(ジクロフェナク)
  • セルタッチ(フェルビナク)
  • イドメシン(インドメタシン)
  • アドフィード(フルルビプロフェン)

これらの成分を含む湿布の添付文書には、いつもの決め台詞が記載されています。

妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する。
[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない。]

妊婦も使える便秘薬 ビオフェルミン、酸化マグネシウム、ラキソベロン液
妊婦の便秘に使われる便秘薬は、ビオフェルミンなどの整腸剤や酸化マグネシウムなどの便軟化作用を持つ便秘薬が第一優先です。それでも効果がない場合は、大腸刺激系の便秘薬ラキソベロンなどです。

ロキソニンテープ(ロキソプロフェン)

ロキソニンテープ50mgとロキソニンテープ100mg

ロキソニンテープの有効成分はロキソプロフェンです。

ロキソニンテープは、妊婦の腰痛への使用が禁止されていませんが、
ロキソプロフェンの飲み薬(ロキソニン錠)は、妊娠末期の妊婦に使用できません。

ロキソプロフェンを含む湿布の例

  • ロキソプロフェンNa
  • ロキソプロフェンナトリウム

ボルタレンテープ(ジクロフェナク)

ボルタレンテープ15mgとボルタレンテープ30mg

ボルタレンテープの有効成分はジクロフェナクです。

ボルタレンテープは、妊婦の腰痛への使用が禁止されていませんが、
ジクロフェナクの飲み薬(ボルタレン錠)は、妊婦、妊娠している可能性のある女性に使用できません。

妊娠末期の妊婦の腰痛に湿布を検討するならば、ボルタレンテープ以外の湿布が無難です。

ジクロフェナクを含む湿布の例

  • ジクロフェナクNa
  • ジクロフェナクナトリウム
  • ナボール

ボルタレンで決まり!肩こり首の痛みの湿布、ゲル、ローションの市販
市販されているボルタレンシリーズ(テープ、ゲル、ローション)は、病院で使われているあのボルタレンと全く同じものです。病院で診察を受ける時間がないときに有効活用できます。

セルタッチテープ(フェルビナク)

セルタッチテープ

セルタッチテープは、妊婦の腰痛への使用が禁止されていません。

フェルビナクを有効成分とする飲み薬は発売されていません。

医療用のフェルビナクは、妊婦に使用禁止との記載はありませんが、市販のフェルビナクは妊婦に使用禁止です。

同じフェルビナクでも、医療用と市販では腰痛妊婦への使用の意見が違います。

フェルビナクを含む湿布の例

  • スミル
  • パルスポット
  • ファルジー
  • フェルナビオン
  • フェルビナク
  • フレックス
  • マルチネス

イドメシンコーワパップ(インドメタシン)

イドメシンコーワパップ

イドメシンコーワパップの有効成分はインドメタシンです。

イドメシンコーワパップは、妊婦の腰痛への使用が禁止されていませんが、
インドメタシンの飲み薬(インダシン、インテバン)は、妊婦、妊娠している可能性のある女性に使用できません。

インドメタシンを含む湿布の例

  1. アコニップ
  2. インサイド
  3. インテナース
  4. インドメタシン
  5. カトレップ
  6. パップスターID
  7. ラクティオン

アドフィード(フルルビプロフェン)

アドフィードパップ

フルルビプロフェンを有効成分とする飲み薬、市販の湿布は発売されていません。

アドフィード(フルルビプロフェン)は、妊婦の腰痛への使用が禁止されていません。

フルルビプロフェンを含む湿布の例

  • ステイバン
  • ゼポラス
  • フルルバン
  • フルルビフロフェン
  • ヤクバン

モーラス・ロキソニン・ボルタレン・ミルタックス一番効く湿布はどれ?
モーラステープが効くという人もいれば、ロキソニンテープと言う人もいます。いやいやミルタックスです。ボルタレンテープでしょう…。人それぞれお気に入りの湿布があるようですが、一番効く湿布はどれでしょうか。

FDA妊婦カテゴリーで湿布の有効成分を評価

妊婦必見!妊娠中の薬服用不安と心配を解くヒント その薬飲んで大丈夫?
妊娠中、薬に抵抗があるのはあなただけではありません。妊娠の時期によって気を付ける薬も違います。赤ちゃんに対する薬の危険度を示す評価基準(FDA妊婦カテゴリー)で、新しい薬との付き合い方を提案します。

添付文書には
「妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する」というお決まりのフレーズが多すぎます。

そのため、医療現場では「FDA妊婦カテゴリー(FDA Pregnancy Category)」を妊婦に対する薬物治療の指標のひとつとして使われることも多いです。

FDA妊婦カテゴリーとは、アメリカFDAによる赤ちゃんに対する薬の危険度を示す評価基準のことです。
5段階のカテゴリーからなり、危険度に順じた分類になっています。

FDA妊婦カテゴリー抜粋

カテゴリー 概要
A ヒト対照試験で、危険性がみいだされない
B ヒトでの危険性の証拠はない
C 危険性を否定することができない
D 危険性を示す確かな証拠がある
X 妊娠中は禁忌

このカテゴリーに準じて、湿布の有効成分を評価すると次のようになります。

湿布 有効成分 FDA妊婦カテゴリー
モーラス ケトプロフェン
ロコア エスフルルビプロフェン
ロキソニン ロキソプロフェン
ボルタレン ジクロフェナク C
セルタッチ フェルビナク
イドメシン インドメタシン B
アドフィード フルルビプロフェン

インドメタシンの飲み薬は添付文書上妊婦に禁忌のため、日本では妊婦にほとんど使用されていません。

ただ、FDA妊婦カテゴリーの基準によると、インドメタシンはBに評価されており、妊婦には比較的安全に使用できると考えられているようです。

インフルエンザに解熱剤ロキソニンNG?カロナール(アセトアミノフェン)OK?バファリンは?
実際の医療現場では、ロキソニンをインフルエンザに使う医師もいれば、使わない医師もいます。しかし、子供に関しては、カロナール(アセトアミノフェン)がほとんどです。

妊婦の腰痛に使用して大丈夫?な湿布(まとめ)

湿布 有効成分 湿布の添付文書 錠剤の添付文書 市販の添付文書 FDA妊婦カテゴリー 独自格付け
モーラス ケトプロフェン 妊娠後期禁忌 妊婦禁忌 C
ロコア エスフルルビプロフェン 妊娠後期禁忌 C
ロキソニン ロキソプロフェン 有益性 妊娠末期禁忌 相談 A
ボルタレン ジクロフェナク 有益性 妊婦禁忌 妊婦禁忌 C B
セルタッチ フェルビナク 有益性 妊婦禁忌 A
イドメシン インドメタシン 有益性 妊婦禁忌 相談 B A
アドフィード フルルビプロフェン 有益性

-:未発売もしくは未評価

独自評価:

  1. 妊婦の腰痛に使う場合がある
  2. 妊婦の腰痛には、別の湿布も考慮する
  3. 妊婦の腰痛には、使わない方がいい

  1. 妊婦と授乳中の薬の使い方については、医師や診療科によって意見がわかれる
  2. 非ステロイド性抗炎症薬の飲み薬は、妊娠後期の妊婦の使用で、赤ちゃんの動脈管収縮や羊水減少などを起こすことがある
  3. ただし、ケトプロフェン以外の非ステロイド性抗炎症薬の湿布では、赤ちゃんに動脈管収縮が起きた症例の報告はない