かかとひび割れ薬 サリチル酸ワセリンの効果と副作用 市販は?

スポンサーリンク
バレリーナの足

冬になると、かかとはガサガサしてきてひび割れを起こします。

多くの女性を悩ませている冬の足トラブルのひとつが、かかとのガサガサとひび割れです。

しかし、考えようによっては冬より夏のほうが素足(かかと)を露出する機会が多いため、深刻かもしれません。

かかとの角質ケアに使う塗り薬はケラチナミンが有名ですが、皮膚科ではサリチル酸ワセリンを使用することも多いです。

サリチル酸ワセリンを使った、かかとガサガサ対策は健康保険が使えます。

※本記事の「かかとひび割れ」とは、かかとが乾燥して白くなり割れたように見える状態を指します。

スポンサーリンク

かかとひび割れの原因

かかとひび割れの原因はいくつかありますが、原因の多くは乾燥圧迫です。

歩いている間や立っている間は、かかとは絶えず圧迫されています。

圧迫を受けたかかとの弾力性は下がり、乾燥が加わりガサガサしてひび割れてきます。

スポンサーリンク

かかとひび割れは水虫かも

足水虫は爪水虫(爪白癬)や指間水虫(指の間の水虫)が多いですが、かかと水虫もあります。

水虫塗り薬ルリコン(軟膏、クリーム、液)の効果的な塗り方使い方
ルリコンの効果、副作用、塗り方使い方を中心に解説します。2016年に発売された爪水虫専用塗り薬ルコナックとルリコンの関係にも触れます。

かかと水虫は見た目がかかとひび割れに似ていてガサガサしています。

皮膚科医もかかとを見ただけでは、水虫orかかとひび割れを断定できず、かかとひび割れ部分の角質を採取して、顕微鏡で水虫菌(白癬菌)の有無を確かめてから確定診断します。

かかと水虫はかゆみがほとんどなく、知らない間に進行してしまう厄介な水虫でもあります。

爪水虫(爪白癬)の症状と治らない3つの理由 正しい治療法とは?
爪水虫や足水虫は完治させるのが難しい病気です。その理由を3つあげます。そして正しい治し方へ導きます。

もし、そのかかとひび割れが水虫だった場合、サリチル酸ワセリンケラチナミンを塗り続けても、ひび割れはいつまでたっても改善しません。

ケラチナミン(尿素クリーム)の保湿効果と副作用 ウレパールとの違いは?
ケラチナミンはヒルドイドにはない角質軟化作用があり、手や足のガサガサ(かかとひびわれ)を緩和する効果が高いです。

かかと水虫であるならば、ルリコンラミシール、イトリゾールなどの抗真菌薬を使用して水虫の治療を行います。
(サリチル酸ワセリンを併用する場合もある)

爪水虫(爪白癬)飲み薬 ラミシール VS イトリゾール 効果、副作用、飲み方
ラミシールは肝臓に負担をかけ、イトリゾールは併用薬に気を使い、爪水虫の治療が思うように進まないこともあります。優劣を付けにくいのが爪水虫の飲み薬です。

サリチル酸ワセリンとは

サリチル酸ワセリンとは、その名のとおりサリチル酸と(白色)ワセリンを混合して作った黄色~白色の塗り薬です。

サリチル酸ワセリン

サリチル酸ワセリンを上から見た画

サリチル酸ワセリン(10%)1g中

  • サリチル酸  0.1g
  • 白色ワセリン 0.9g

プロペト(白色ワセリン)で美容美肌対策! 保湿効果、副作用は?
プロペトは直接の保湿効果がありませんが、間接的に保湿効果を発揮します。プロペトは白色ワセリンより軟らかく、粘り気が少なく、塗りのばしやすいのが特徴です。

サリチル酸ワセリンは、2種類のワセリン(10%5%)があります。

※本記事のサリチル酸ワセリンとは10%のサリチル酸を含む塗り薬を指します。

サリチル酸ワセリンの効能効果

サリチル酸には角質軟化溶解作用(皮膚を溶かす作用)と弱い抗菌作用があります。

サリチル酸ワセリンは、水虫、にきび、アトピー、かかとひび割れ・・・。
多くの皮膚病に効果があり使用できます。

乾癬、白癬(水虫)、癜風(でんぷう)、角化症(かかとひび割れなど)、湿疹(角化を伴う)、口囲皮膚炎、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、アトピー性皮膚炎ざ瘡(ニキビ)、多汗症、その他角化性の皮膚疾患。

サリチル酸ワセリン添付文書より抜粋、加筆

アトピー塗り薬 プロトピック軟膏(タクロリムス)の効果と使い方
アトピー治療で欠かせない塗り薬となったプロトピック軟膏。ステロイドとの違いと効果、使い方、プロアクティブ療法を解説します。

サリチル酸ワセリンの使い方
(かかとひび割れ)

1日1回入浴後、かかとがガサガサしてひび割れているところ、白くなっている角質に限定してサリチル酸ワセリンを塗ります。

さらに、朝も塗ると効果大です。

サリチル酸ワセリンをかかとに塗った後は、忘れずに靴下などを履きます。

さもないと、サリチル酸ワセリンがフローリングにべたべたついて掃除が必要になります。

水虫薬ラミシールクリーム、ジェネリック テルビナフィン、市販薬の使い方
使い方が間違っていると効果がでないばかりか、皮膚症状も悪化することがあります。ラミシールの効果と副作用。ジェネリックと市販薬の効果的な使い方について解説します。

サリチル酸ワセリンはいつまで使う?

かかとひび割れが改善してきたら、サリチル酸ワセリンは減量または中止します。

サリチル酸ワセリンは角質軟化溶解作用があるため、正常な状態の皮膚に塗り続けると、皮膚がうすくなり痛みが出てくる場合があるからです。

中止後は、かかとひび割れ予防にヒルドイドなどの保湿剤や、プロペトなど皮膚保護剤を塗り続けるのが望ましいです。

乾燥肌の保湿にヒルドイド、白色ワセリン(プロペト)、混合薬 どれを選ぶ?
皮膚科で使用される乾燥肌対策の薬、ヒルドイドと白色ワセリン(プロペト)。同じように使っている方が多いと思いますが、違う性質を持つ保湿剤です。混合と塗る順番についても触れます。

サリチル酸ワセリンの副作用

サリチル酸ワセリンは、使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査は行われていません。

角質に(かかとに?)合わない場合、赤み、かゆみなどの副作用が出る可能性があります。

サリチル酸ピーリング

にきびの原因の毛穴のつまりを改善したり、古い角質をはがす目的で、ケミカルピーリング剤の成分のひとつとしてサリチル酸は使用されています。
(サリチル酸マクロゴールピーリング)

ケミカルピーリング剤にも使われるサリチル酸をかかとに塗ることで、かかとの角質がやわらかくなり、かかとひび割れの改善が期待できます。

サリチル酸ワセリンの市販

サリチル酸ワセリンは市販されていません。

スピール軟膏

代わりに、タコ(ベンチ)、魚の目(鶏眼:けいがん)の治療薬として有名なスピール膏(サリチル酸含有)であれば、ドラッグストアでも市販されています。

スピール膏

スピール膏には高濃度サリチル酸(50%)が使われており、サリチル酸の角質軟化溶解作用でたこ、魚の目を柔らかくします。

たこ、魚の目に似た症状にイボ(ウイルス性疣贅:ゆうぜい)がありますが、サリチル酸はイボに無効です。
イボコロリもサリチル酸を使用していますので、イボには無効です)

イボは液体窒素でジュッとする痛い治療(冷凍凝固療法)やヨクイニンが有効です。

スピールジェル

スピールシリーズの市販には、貼り薬タイプ以外にサリチル酸15%を配合した塗り薬(ジェル、液)タイプもあります。

スピールジェル

スピールジェルはサリチル酸を含む塗り薬ですので、理論上はかかとに塗ればひび割れは改善する可能性がありますが、薬効の適応外ですのでおすすめできません。
(スピールシリーズは魚の目・たこ治療薬)

スピール膏(サリチル酸)を使った魚の目の芯・タコの取り方
魚の目・イボは市販されているスピール膏を使って自宅で治療が可能です。ただし、魚の目は芯が深い場合、なかなか治りません。

まとめ

  1. かかとの角質ケアに使う塗り薬はケラチナミンが有名ですが、皮膚科ではサリチル酸ワセリンを使うことも多い
  2. かかとひび割れの原因が水虫の可能性もあるため、皮膚科の受診がおすすめ
  3. サリチル酸ワセリンには角質軟化溶解作用、弱い抗菌作用、皮膚保護作用がある
  4. サリチル酸ワセリンは、1日1回~2回かかとひび割れに塗布して、改善してきたら減量または中止する
  5. サリチル酸を含む市販にスピールシリーズがあるが、これらは魚の目・たこの治療薬