アトピー治療で使うステロイドの副作用の真実とウソ

gossip-nurse

ステロイドは、アトピーなどで起こるの皮膚のかゆみと炎症を抑える目的で使用することが多いです。

ステロイドは正しく使えば、皮膚の炎症をすばやく押さえ込み、QOL(Quality of Life:生活の質)を向上させるすばらしい薬です。

しかし、残念なことにステロイドについての誤った知識(誤解)が一人歩きし、ステロイドは怖いものと思っている方が多いように思います。

脱ステロイドなどの一部の根拠のない理屈に惑わされないで、正しくステロイドを使用して、アトピーなどで起こるかゆみと炎症をコントロールしていただけたらと思います。

ステロイドについて、実際患者さまから聞いた副作用などをよく聞かれる順番にQ&A形式で解説します。

スポンサーリンク

ステロイドを塗ると皮膚が黒くなる

「ウソ:副作用ではない」
ステロイドにそのような副作用はありません。

皮膚は炎症を起こした後、一時的に黒ずみが起こることがあります(炎症後色素沈着といいます)。

特にアトピーは、炎症と緩解(一時的に症状が治まっている状態)を繰り返します。炎症が悪化して少し時間が経った後、皮膚の色が黒く見えることがあります。

皮膚の炎症後、ステロイドを塗り、赤みが治まってきたところで、炎症後色素沈着が起こったため、ステロイドの副作用と誤解されていると思います。

シナールやトランサミン(保険未承認)は、色素沈着を抑制する効果があります。「黒ずみ」が気になる方は、医師に相談してください。

トランサミン(トラネキサム酸)とシナール(ビタミンC)の美白効果(シミ、肝斑)
加齢とともに気になるシミ。肝斑薬トランサミンや美白ビタミンのシナールなどの飲み薬や塗り薬を使って、ある程度のシミは消すことができると言われています。

ドラッグストア等でビタミンC(アスコルビン酸)、トラネキサム酸、L-システイン配合の市販薬もあります。事前の値段チェック↓

ステロイド成分が皮膚に残る

「ウソ:副作用ではない」
ステロイドにそのような副作用はありません。

ステロイドを塗布すると、有効成分は皮膚でほとんどが吸収されて、効果を示した後に少しずつ血中に入り、内服薬と同じように尿として体から出ていきます。

一般的なステロイドの使用量で体内に残る(蓄積)ことはありません。

ステロイドの塗り方と塗る量について

軟膏(塗り薬)の塗り方 いつ、何回、塗る量は?ステロイド軟膏を中心に解説
化粧品と同じで、使用法、量、回数を守らないと効果を発揮できません。ステロイド軟膏を中心に、ニキビ、水虫、保湿剤の塗り方まで解説します。

ステロイドの混合について

皮膚科の混合軟膏メリット・デメリット 使用期限と保存のルールはある?
【混合動画有】皮膚科に行くと、プラスチック容器に入った薬を渡されることがあると思います。たいていそこには混合軟膏が入っています。軟膏の混合にはメリットとデメリットがあります。

ステロイドを塗ると皮膚が赤くなる

「真実:副作用」
ステロイドの副作用のひとつです。

「ステロイド紅班」のことだと思います。

ステロイドには、アトピーなどの炎症で皮膚の赤みの原因となっている毛細血管の拡張を抑制する作用があります。

顔の皮膚は、ステロイドの吸収が良く、ステロイドを続けることで血管拡張抑制作用が弱くなることがあります。そして、毛細血管の拡張が持続し、皮膚の赤みとして残ることがあります。

通常であれば、ステロイドの塗布を中止すると赤みの副作用は少しずつ取れます

以上のような理由で、首から上はミディアム以下のステロイドや、プロトピック軟膏を選ぶことが多いです。

アトピーなどの新しい治療法

アトピー薬プロトピック軟膏の効果、副作用と使い方をステロイドと比較 プロアクティブ療法とは?
プロトピック軟膏(タクロリムス)とステロイド軟膏を用いた新しいタイプの治療法「プロアクティブ療法」が広まってきています。プロアクティブ療法は、再発を防ぎ、良好な状態を保つ治療法の一種です。

ステロイドの強さと皮膚の吸収について

塗り薬の軟膏とクリームの違いは基剤!吸収率、使用感で使い分ける
使用感、効果、吸収率、吸収速度を決める要素のひとつが基剤です。塗り薬の治療においては、有効成分と同じくらい基剤の選択がキーポイントになります。軟膏とクリームのどちらがよく効くのでしょうか?

ステロイドを塗布した場所の体毛が濃くなる

「真実:副作用」
ステロイドの副作用のひとつです

ただし「濃くなることがあるが正しい」

ステロイドには、男性ホルモンの様な作用もあります。それが副作用として現れることがあります。

長期間ステロイドを塗布すると、体毛が濃くなることがあります。女性のアトピーの治療においては、気を付けなければならない副作用のひとつです。

副作用を利用して、トプシムやメサデルム等の一部のステロイドは、円形脱毛症に使われます。

ザガーロ発売!価格と効果はプロペシア、フィナステリド、アボルブとどう違う?
ザガーロは、プロペシアの1.5倍以上の価格が付くなどの憶測がありましたが、それ以下の価格で推移しています。ザガーロの費用対効果は優れているのでしょうか?

ステロイドの内服はドーピング違反ですが、ステロイドの塗り薬はドーピング違反ではありません。

東京オリンピックまでに確認したいアンチドーピングと薬の基礎知識
2020年の東京オリンピックに向けて、多くの選手が日々の練習に励んでいます。うっかりドーピングにひっかからないためにも、アンチ・ドーピングの正しい知識が必要になってきています。

ステロイド依存症になる

【不眠症改善】睡眠薬をやめたい!離脱症状、反跳性不眠に注意
睡眠薬は理由なく長期服⽤する薬ではありません。不眠症が改善したら、減量もしくは中止するべきです。睡眠薬をやめたい方向けの内容です。

「ウソ:副作用ではない」
ステロイドにそのような副作用はありません。

インターネットで「アトピーなどと脱ステロイド」等の記事を見られたのだと思います。

依存症とは

精神に作用する化学物質の摂取や、ある種の快感や高揚感を伴う特定の行為を繰り返し行った結果、それらの刺激を求める抑えがたい欲求である渇望が生じ、その刺激を追い求める行動が優位となり、その刺激がないと不快な精神的、身体的症状を生じる精神的、身体的、行動的な状態のこと

wikipediaより

高血圧の治療薬が、高血圧体質そのものを治すわけではなく、血圧の安定を目的として使用されるのと同様に、ステロイドも、アトピーなど等のアレルギー体質を直接的に治すわけではありません。

ステロイドは、あくまでアトピーなどの炎症やかゆみを抑える目的で使用します

つまり、高血圧の薬を服用している方が、高血圧薬依存症ではないのと同じです。

ステロイドを塗るとやめられなくなる

「ウソ:副作用ではない」
ステロイドにそのような副作用はありません。

【ステロイドの依存症】と重複しますが、ステロイドはあくまで、「炎症を抑えるための対症療法」です。

最初は炎症をすみやかに抑えるために、ベリーストロング以上の強さのステロイドを使うことも珍しくありません。

むしろ、炎症を抑えるのに不十分な弱いクラスのステロイドを、長期間使用し続けることのほうが、皮膚のバリア機能によくない影響を与えると考えられています。

医師は、皮膚のアトピーの炎症を、火事に例えて表現することがあります。

まさに今、あたなの家(皮膚)で火事(アトピーの炎症)が起こっています。
多量の水(強いクラスのステロイド)をかけなかったら、家が燃え尽きてしまう(アトピーの悪化)でしょ

ステロイドが使用されなければ、アトピーもよくなることはありません。

ステロイドを塗布すると骨がもろくなる

「ウソ:副作用ではない」
ステロイドにそのような副作用はありません。

通常量のステロイドの使用で、骨がもろくなることはありません。ステロイドの内服薬の副作用のひとつ「骨量の減少」と誤解されていると思います。

ステロイド性骨粗鬆症

プレドニン、リンデロン等のステロイド内服薬を3ヶ月以上、プレドニンで5mgを超える用量を服用することで、骨量の減少と骨折リスクが高まることが知られてます。

そのため、ステロイド内服中は、成人男性でも骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の薬が処方されることがあります

骨粗鬆症の薬の用法について

【薬と食事と効果】ビスホスホネートが起床時、ロトリガ、エパデールが食直後の理由
薬は食後に服用することが基本ですが、それ以外の用法で服用する薬があります。糖尿病治療薬の食直前、骨粗鬆症治療薬の起床時、高脂血症エパデールの食直後の用法は遵守しないと薬は効きません

ステロイドを塗布した皮膚にブツブツがでる

「真実:副作用」
ステロイドの副作用のひとつです。特に女性はこの副作用に敏感です。

ただし「皮膚にブツブツがでることがあるが正しい」

ステロイドは免疫を抑制する作用があり、この作用は主作用・副作用のどちらにもなりえます。今回のぶつぶつは副作用としてです。

ステロイドを塗布した部分は、一時的に皮膚感染を起こしやすくなります。

そのため、細菌、真菌、ウィルス等が感染した部分にステロイドを塗布すると感染を悪化させる恐れがあります。

  • 主にアクネ菌の増殖で起こるニキビ
  • 主に黄色ブドウ球菌の増殖で起こるとびひ

ブツブツとは、このことを言っているのだと思います。

一時的に免疫力が低下したところへ、細菌等が感染したのだと考えられます。ステロイドを塗布したところは、いつも以上に清潔に保って下さい。

新薬ゼビアックスローションはニキビに1日1回でOK!効果と副作用
ゼビアックスローションは2016年1月7日発売のニキビ薬です。アクアチムクリーム、ダラシンTゲルと同じ抗菌薬で、赤ニキビの薬として期待されています。比較してみていきましょう。
とびひの塗り薬 抗生物質ゲンタシン軟膏VS抗菌剤アクアチム軟膏
子供のとびひには、ゲンタシン軟膏、アクアチム軟膏、フシジンレオ軟膏、テラマイシン軟膏などの抗生物質(抗菌剤)の塗り薬を使うことが多いです。

まとめ

噂のウソ(副作用ではない)

ステロイドを塗ると

  1. 皮膚が黒くなる
  2. 皮膚に残る
  3. ステロイド依存症になる
  4. 骨がもろくなる

思いだせるだけ書きました。

質問が多い項目に関しては加筆していこうと思います。

ステロイドに関しての噂は、一部が正解(副作用)ですが、一部は誤解です。

ステロイドの副作用を抑えて、最大の効果を発揮するためには、ステロイドについて正しい知識が必須です。