ボルタレンで決まり!肩こり首の痛みの湿布、ゲル、ローションの市販

nurse-pain

病院で診察を受ける時間がないに限って急な肩こり首の痛み、関節痛、筋肉痛などが起こることがあります。

病院用の薬と市販薬では、似た薬の名前でも、成分量、使用法が異なることがあります。

しかし、ボルタレンテープ、ゲル、ローションは違います。

病院で使用しているボルタレンテープ、ゲル、ローションと全く同じ薬が、ドラッグストア等で市販されています。

スポンサーリンク

ボルタレンテープ15mg(病院用)とボルタレンEXテープ(市販)

一番メジャーな湿布(テープ)から病院用と市販のボルタレンの違いについて見ていきましょう。

有効成分 1枚中にジクロフェナクナトリウム15mg
用途 肩の痛み、関節痛、筋肉痛、手、手首の痛み(腱鞘炎)、打撲、捻挫、
肘の痛み(テニス肘)
用法、用量 1日1回患部に貼付する(ボルタレンEXテープのみ:1回2枚まで)
1枚の大きさ 7cm×10cm
添加物 脂環族飽和炭化水素樹脂、スチレン、イソプレン、流動パラフィン、
スチレンブロック共重合体、ポリイソブチレン、N‐メチル‐2‐ピロリドン、
ジブチルヒドロキシトルエン、l‐メントール その他2成分
製造販売 同仁医薬化工株式会社
販売 ノバルティスファーマ株式会社

ボルタレンテープ15mgとボルタレンEXテープの違いは、デザインと1回あたりの使用枚数の上限の有無です。

病院用と市販のボルタレンゲル、ボルタレンローションも、おもな違いはデザインです。

ボルタレンシリーズ 病院用と市販の比較表

夏の湿布かぶれの副作用 モーラステープの光線過敏症に注意!対処は?
モーラステープの紫外線によるかぶれ(光線過敏症)は有名ですが、フルルビプロフェン、フェルビナク、インドメタシン、ケトプロフェンを含む湿布や塗り薬も、モーラスと同様に湿布かぶれを起こすことがあります

ボルラレンテープ15mg

ボルタレンテープ15mg

 

ボルタレンローション1%

ボルタレンローション1%

 

ボルタレンゲル

ボルタレンゲル1%

 

病院用名称 市販名称 大きさ
用量
用法、用量 特記事項
ボルタレンテープ15mg  ボルタレンEXテープ 7cm×10cm 1日1回貼付 市販のみ
1回2枚まで
ボルタレンテープ30mg  ボルタレンEXテープL 10cm×14cm 1日1回貼付 市販のみ
1回1枚まで
ボルタレンローション1%   ボルタレンACローション 50g 1日3~4回塗布
(2.3回重ね塗り)
市販のみ
メントール配合のEX販売
ボルタレンゲル1%   ボルタレンACゲル 50g 1日3~4回塗布
(肩肘膝:2~3cm)(腰:3~5cm)
市販のみ
メントール配合のEX販売
なし  ボルタレンEXスプレー 90g 1日3~4回
噴射塗布
市販のみ販売

※妊婦、小児、授乳中、喘息の方は、医師、薬剤師にご相談ください

ボルタレンテープ、ボルタレンローション、ボルタレンゲルの効果は同等

モーラス・ロキソニン・ボルタレン・ミルタックス一番効く湿布はどれ?
モーラステープが効くという人もいれば、ロキソニンテープと言う人もいます。いやいやミルタックスです。ボルタレンテープでしょう…。人それぞれお気に入りの湿布があるようですが、一番効く湿布はどれでしょうか。

ボルタレンテープ、ボルタレンローション、ボルタレンゲルは、生物学的同等性試験で、生物学的同等性が証明されています。そのため、一定条件で効果は同じになります。

使用感(好み)と塗る場所で、好きなボルタレン製剤を選択できます。

ボルタレンゲルとボルタレンローションの生物学的同等性試験の結果

生物学的同等性試験とは
主にジェネリックと先発品の効果の同等性の証明に行われる試験です。
有効成分が同じ場合、「血中に入る薬の速度(吸収速度)と量(薬物濃度)が同等である」ことを示せば、効果は同等であるとうたえます。

ボルタレンテープがおすすめの方

まるで内服薬!新薬ロコアテープはニュータイプの最強湿布か?
2016年1月に発売されたロコアテープは、アドフィード・ゼポラスなどの成分フルルビプロフェンから、さらに鎮痛効果の高い成分を抽出して作らています。今までの湿布の概念をくつがえすかもしれません。

ボルタレンテープは、パップ(分厚い従来の湿布)と比べると、関節部分に貼ってもはがれにくくできています。

かぶれないならば、1日1回貼り替えるだけで効果が持続する湿布タイプ(テープ)をおすすめします。

ボルタレンテープは、肩にもしっかり貼れます。肩こりには湿布タイプ(テープ)が使いやすいです。

ボルタレンローションがおすすめの方

ボルタレンローションは、手を汚さずに使えるのが特徴です。
首など、湿布タイプを貼ると目だって恥ずかしいですね。ボルタレンローションは首の痛み等におすすめです。

ボルタレンローションとボルタレンゲルは、湿布タイプと効果は同等でした。

しかし、湿布タイプ(テープ)は肌へ密着しているため、絶えず有効成分ジクロフェナクを肌へ吸収させることができますが、ローションタイプやゲルタイプは、1回塗っただけでは成分がはがれおちてきます。

1日4回程度ボルタレンローション、ボルタレンゲルを塗って、初めてボルタレンテープと効果です。

夏は薄着のため、肩こり首の痛みで湿布を貼ると目立ちます。夏の肩こり首の痛みは、ローション、ゲルがいいかもしれません。

ただし、肩こり首の痛みにボルタレンテープではなく、ボルタレンローションを塗るのであれば、朝、昼、夕、寝る前と塗らなくてはいけませんね。少し面倒です。

ボルタレンゲルがおすすめの方

ボルタレンゲルは伸びがよく、べたつきが少ないのが特徴です。

湿布タイプを膝、肘の関節部分に貼るとはがれる方は、ボルタレンゲルを膝、肘にサッと塗ります。

あまり擦りすぎると白いアカの様なものが出てきますが指、手などにも目立たず塗ることができます。

ロキソニンの市販外用薬もついに発売!

ロキソニンSテープ

出典:第一三共HP

ロキソプロフェンナトリウムを有効成分とした市販外用薬が、2015年5月に要指導医薬品として販売承認が得られました。

ロキソニンSブランドとして3種類の製剤が発売予定です。 →いつの間にか発売(2016年9月16日第一三共のHPで確認)。

「ボルタレンで決まり!肩こり首の痛みの湿布、ゲル、ローションの市販」というタイトルをつけたものの強力なライバルが発売されてしまいました。

ロキソニンS市販外用薬は、主成分のロキソプロフェンはもちろん、添加物まで病院用と同じになっています。

ボルタレンシリーズと同じように、ロキソニンパップ、ロキソニンテープ、ロキソニンゲルも、一定条件で効果は同等です。

  • ロキソニンSパップ
  • ロキソニンSテープ
  • ロキソニンSゲル

 

肩こり首の痛みに、湿布を選ばないという選択もあります

肩こり首こりにピップエレキバンの磁気は効果あり?磁石も再利用!
私は、朝の肩こり首こりがひどいほうです。知人から「効くから貼ってみぃ」とヒップエレキバンをすすめられました。使うまではうさん臭いものだと決めつけていましたが、それを貼ってみると・・・。

まとめ

  1. 病院用と市販のボルタレンシリーズの違いはデザイン
  2. 市販のボルタレンテープのみ、1回2枚までの使用枚数上限がある
  3. ボルタレンシリーズは、テープ、ゲル、ローションのどれを選んでも効果は同等
  4. ただし、ゲルとローションは、テープと同じ効果を期待するならば、1日4回程度塗る必要がある
  5. 肩こりにはテープが使いやすい
  6. 首の痛みや、膝、肘の関節部分は、ローションかゲルが使いやすい