プロペト(白色ワセリン)で美容美肌対策!?保湿効果、副作用 顔は?

スポンサーリンク
白色ワセリンの効果を発表するアナウンサー

ネットではヒルドイドを美容美肌対策に使っている方が多いようです。

さらにプロペト(白色ワセリン)とヒルドイドを併用して美容美肌対策をしている方も多いようです。

プロペトは白色ワセリンから不純物を精製し、純度を高めた白色ワセリンです。

白色ワセリンとプロペト

プロペトは直接の保湿効果はありませんが、間接的に保湿効果を発揮します。

プロペトは白色ワセリンより軟らかく、粘り気が少なく、塗りのばしやすいのが特徴です。

スポンサーリンク

プロペト(白色ワセリン)で美容美肌対策

プロペト(白色ワセリン)は厳密には保湿剤ではなく皮膚保護剤で、薬理作用はありません。

便宜上本記事ではプロペト(白色ワセリン)の間接的な保湿効果を保湿効果と記載します。

水分蒸発防止効果(保湿効果)

プロペト(白色ワセリン)は石油成分から精製される油脂性の基剤です。

塗り薬の軟膏とクリームの違いは基剤!吸収率、使用感で使い分ける
使用感、効果、吸収率、吸収速度を決める要素のひとつが基剤です。塗り薬の治療は、有効成分と同じくらい基剤の選択が重要です。軟膏とクリームの効果の優越はあるのでしょうか。

水と油は混ざり合いません。

プロペト(白色ワセリン)はその性質を利用して、肌から水分が逃げないようにする水分蒸発防止効果(保湿効果)があります。

肌の水分の蒸発を抑えて乾燥肌を改善する効果をエモリエント効果といいます。

乾燥肌やアトピー肌の方は、肌からの水分蒸発が深刻です。

アトピー塗り薬 プロトピック軟膏(タクロリムス)の効果と使い方
アトピー治療で欠かせない塗り薬となったプロトピック軟膏。ステロイドとの違いと効果、使い方、プロアクティブ療法を解説します。

肌にプロペト(白色ワセリン)を塗ると、肌の表面にプロペト(白色ワセリン)が広がりフタをした状態になります。

肌の外に蒸発しようとする水分は、油脂性のプロペト(白色ワセリン)によって肌の中に戻ります。

白色ワセリン(プロペト)の美容美肌への使い方(保湿効果)

プロペト(白色ワセリン)の水分蒸発防止効果は、美容美肌対策に応用できます。

肌の保護効果(バリア効果)

肌にプロペト(白色ワセリン)を塗ると、肌の表面にプロペト(白色ワセリン)が広がりフタをされた状態になるのは先述のとおりです。

プロペト(白色ワセリン)は、肌の下からの水分を閉じ込めると同時に、異物(花粉、ほこりなど)から肌を保護する効果(バリア効果)があります。

白色ワセリン(プロペト)が異物から皮膚を保護(バリア効果)

プロペト(白色ワセリン)のバリア効果も、美容美肌対策に使えます。

スポンサーリンク

プロペト(白色ワセリン)の副作用

プロペト(白色ワセリン)の副作用と頻度

プロペト(白色ワセリン)は、副作用発現頻度の調査が行われていないため、副作用と副作用の頻度は不明です。

プロペト(白色ワセリン)で副作用を起こす頻度は極めて低いですが、ゼロではありません。

起こる可能性のある副作用は、肌の赤みかぶれかゆみなどです。

プロペト(白色ワセリン)は肌に浸透しない

プロペトは肌に浸透しないと考えられていますので、白色ワセリン以外に副作用を起こす物質があると考えられています。

プロペト(白色ワセリン)の不純物と副作用

プロペト(白色ワセリン)は石油の成分(パラフィン)から精製されています。

不純物のほとんどは除去されていますが、わずかな金属化合物や硫黄化合物などの不純物を含みます。

不純物は美容美肌の天敵です。

不純物が光や空気、熱などで化学変化を起こして、かぶれなどの副作用を起こす可能性があります。

スポンサーリンク

プロペト(白色ワセリン)の日焼け

プロペト(白色ワセリン)は日焼けする。プロペト(白色ワセリン)の油分は焼ける!と思っている方も多いようです。

しかし、プロペト(白色ワセリン)は日焼けの心配はありません。

気になる方は、プロペト(白色ワセリン)を塗ってから日焼け止めを重ね塗りします。

精製技術の低かった時代の白色ワセリンは、精製が不十分のため日焼けするような話も聞いたことがありますが、今の白色ワセリンは大丈夫です。

さらに、プロペトは白色ワセリンから不純物を精製し、純度を高めているためなおさらです。
(プロペトの夾雑有機酸類は白色ワセリンの約1/10)

日焼け止めは美容美肌の必須アイテムです。

日焼け止めの選び方 毎日用はSPF、PA最強× 肌に優しい成分がおすすめ
SPF50+、PA++++が最強であることは間違いないですが、用途に合わせた日焼け止めの選び方が大切です。成分基準とSPF/PA基準の選び方を解説します。

プロペト(白色ワセリン)の使い方

効能・効果/用法

用量眼科用軟膏基剤、一般軟膏基剤として調剤に用いる
また、肌保護剤として用いる。

プロペト添付文書より

プロペト(白色ワセリン)は基剤ですので、使い方(1日の使用量や回数)は、はっきりと決まっていません。

顔から足まで全身どこでも使えます。

プロペト(白色ワセリン)を美容美肌対策で使う場合、肌を保護している感覚がなくなるたびにプロペト(白色ワセリン)を塗るのが望ましいです。

プロペト(白色ワセリン)の顔への使用

先述の通り、プロペト(白色ワセリン)は顔から足まで全身どこでも使えます。

しかし、顔にプロペト(白色ワセリン)塗ると少しやっかいなことが起こります。

それは、顔がテカリです。

プロペト(白色ワセリン)は油分そのものですので、顔にプロペト(白色ワセリン)を塗るとけっこうテカテカになります。

朝にプロペト(白色ワセリン)を顔に使うときはうすめがいいかもしれません。

ヒルドイドローションは顔保湿に効果抜群!化粧水、乳液代わりには?
少しテカリがあるため好き嫌いが分かれますが、ヒルドイドローションを顔に塗ると保湿効果で顔がうるおいます。

プロペト(白色ワセリン)とヒルドイドの併用

ヒルドイドは1日1回と2回では効果の違いがあるため、1日2回(入浴後、朝)塗る場合が多いと思います。

ヒルドイドの塗る量と回数と効果
出典:マルホHP(改変)

プロペト(白色ワセリン)とヒルドイドの併用している場合は、

ヒルドイド(保湿剤)をたっぷり塗った後にプロペト(白色ワセリン)を塗ります。

そうすることで、肌の水分、ヒルドイドの蒸発を防ぐ効果が期待できます。

乾燥肌にヒルドイド、白色ワセリン(プロペト)、混合薬 どれを選ぶ?併用と順番は?
皮膚科で使用される乾燥肌対策の薬、ヒルドイドと白色ワセリン(プロペト)。同じように使っている方が多いと思いますが、違う性質を持つ保湿剤です。混合と塗る順番についても触れます。

プロペト(白色ワセリン)の保存方法

プロペト(白色ワセリン)は温度の影響を受けやすく、夏はやわらかく冬は硬い特徴があります。

夏の保存

プロペト(白色ワセリン)は30度以下の室内に保存します。

夏場は室内温度が30度以上になる日もあると思います。

そのときは、液状の油分が白色ワセリンから溶ける場合があります。
(白色ワセリンの融点:38~60℃)

そのまま使用できますが、30度以下の環境に再保存して、しばらくすると元に戻ります。

冬の保存(使い方)

逆に冬場のプロペト(白色ワセリン)は、固く塗りのばしにくいです。
(保存温度が低いとガッチガチに固まる)

そのときは使用前に40℃のお湯で5~10分温めるとやわらかくなります。
(あたためすぎると、夏場みたいに溶けて液状化する)

ケラチナミン(尿素クリーム)の保湿効果と副作用 ウレパールとの違いは?
ケラチナミンはヒルドイドにはない角質軟化作用があり、手や足のガサガサ(かかとひびわれ)を緩和する効果が高いです。

プロペト(白色ワセリン)の使い方の例

唇の乾燥防止

冬は特に唇が乾燥します。

唇が荒れている時は、リップクリームを使う方がいいかもしれませんが、それなりにコストがかかります。

プロペト(白色ワセリン)を使う方がコストパフォーマンスはいいかもしれません。

黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトの違い 市販のおすすめは?
白色ワセリン、プロペト、サンホワイトは、どれも日本薬局方の黄色ワセリンをベースに作られています。主な違いは、色、純度、塗り心地、満足感、、保険使用の有無などです。

手指のひび割れ防止
(ハンドクリーム)

手指のささくれやひび割れの保護にも、プロペト(白色ワセリン)は一役買います。

皿洗いの前にプロペト(白色ワセリン)を塗れば、プロペト(白色ワセリン)が水をはじいて手指を守ってくれます。

手指が少し光ってきれいな手に見えます。

ただし、プロペト(白色ワセリン)を塗ってからパソコンをすると、キーボードがたいへんなことになるため注意が必要です。

ウレパールクリーム・ローション(尿素)は顔もOK?効果と副作用 市販は?
ウレパール・ケラチナミンはヒルドイドにはない角質軟化作用があり、手や足のガサガサ、かかとひびわれを緩和します。そのため、ウレパールはハンドクリーム、かかとクリームとも呼ばれています。

かかと ひび割れ対策

サリチル酸ワセリンをかかとに塗るとツルツルになる話は有名ですが、プロペト(白色ワセリン)もかかとを保護してツルツルになります。
(ただし、期間を要する)

サリチル酸ワセリンは かかとひび割れに効果大!副作用と市販は?
多くの女性を悩ませている冬の足トラブルのひとつが、かかとひび割れです。かかとの角質ケアの塗り薬はケラチナミン・ウレパールが有名ですが、皮膚科ではサリチル酸ワセリンを使用することも多いです。

ヘアカラー(異物)から肌を守る

自宅でヘアカラーをする方は多いと思います。

ヘアカラーの付きやすい、うなじ、耳、おでこなどにプロペト(白色ワセリン)を塗っておけばヘアカラー負けを防げます。

赤ちゃんのおむつかぶれ対策

おむつの交換のたびにプロペト(白色ワセリン)をおしりに塗れば、おむつかぶれを予防できます。

【赤ちゃんのおむつかぶれ対策】ワセリン(プロペト)のおしりへ使い方
おむつかぶれ対策はいろいろありますが、ワセリンを使った対策がコストパフォーマンスが高く手軽です。効果的なワセリンの使い方を解説します。

座薬挿肛補助

座薬を使う前に、座薬の先1/2くらいににプロペト(白色ワセリン)を塗ると、信じられないくらい挿肛しやすくなります。

ナウゼリン座薬(ドンペリドン)の効能効果 子供の嘔吐に使う間隔は?
子供が嘔吐しているときは、何かを口にいれることが胃を刺激して嘔吐する原因になります。こんなときに重宝するのがナウゼリン座薬です。

花粉症予防

めん棒でプロペト(白色ワセリン)を鼻の中に塗ると、花粉が鼻の粘膜につくのを予防できます。
(ただし、塗った後の後味が悪いです)

花粉症予防薬と治療薬 薬(目薬、点鼻薬)は花粉飛散前のいつから?
毎年花粉症の目のかゆみ、鼻水、鼻づまりの症状が出るならば、予防などの対策をとるべきです。通常、症状が出てから薬を開始しますが、症状が出る前からの薬の服用が重要です。

まとめ

  1. プロペト(白色ワセリン)には薬理作用はないが、肌を保護して水分蒸発防止効果(保湿効果)、バリア効果が期待できる
  2. プロペト(白色ワセリン)は肌に浸透しないため、うすく塗っても厚く塗っても美容美肌への効果は同じ。保護されている感覚がなくなるたびに塗るのがベスト
  3. プロペト(白色ワセリン)は日焼けしない
  4. プロペト(白色ワセリン)は顔から足まで全身どこでも使えるが、顔に塗るとテカリがめだつのが難点
  5. 夏場のプロペト(白色ワセリン)は液状化しやすいが、そのまま使用できる
  6. 逆に冬のプロペト(白色ワセリン)は固く、塗りのばしにくい