黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトの違い 市販のおすすめは?

スポンサーリンク
どのワセリンかいいか悩む女性

黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイト。

赤ちゃんから大人まで、乾燥肌で悩んでいる方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

市販薬もある白色ワセリン・プロペト・サンホワイトは、どれも日本薬局方の黄色ワセリンをベースに作られています。

主な違いは、色、純度、塗り心地(使用感)、満足感などです。

スポンサーリンク

黄色ワセリン

黄色ワセリンの軟膏色

黄色ワセリンを上から見た画

黄色ワセリン石油の成分(パラフィン基原油)から精製され作られています。

石油の成分?

肌に悪そうですが、精製の過程で不純物はほとんど除去されています。

しかし、わずかな不純物を含み、不純物がかぶれなどの副作用を起こす場合があります。

不純物の種類

  • 硫黄化合物
  • 窒素化合物
  • 金属化合物
  • 芳香族炭化水素
  • 不飽和炭化水素など

白色ワセリン、プロペト、サンホワイトは黄色ワセリン由来です。

スポンサーリンク

白色ワセリン

白色ワセリンの軟膏色

白色ワセリンを上から見た画

白色ワセリンは、黄色ワセリンを脱色したワセリンです。
(違いは色)

白色ワセリンとは、通常日本薬局方の白色ワセリンを指します。
(例外もあり)

日本薬局方の白色ワセリン
1g中 日局白色ワセリン 1g含有

日本薬局方の白色ワセリンの基準について知りたい方は、日局白色ワセリンの「ワ行」をどうぞ

白色ワセリンは黄色ワセリンから不純物を除いたワセリンと思っている方も多いと思いますが、不純物は黄色ワセリンと同程度です。

白色ワセリンは黄色ワセリンの違いはです。
(ワセリンの色がより白色(透明)に近づく)

そのため、塗り心地の面では黄色ワセリンと違いはなく、べとべと(べたべた?)しています。

(白色ワセリンの市販は後述)

プロペト

プロペトの軟膏色

プロペトを上から見た画

プロペトは白色ワセリンから不純物をさらに精製し、純度を高めた白色ワセリンです。
(夾雑有機酸類が白色ワセリンの約1/10)

プロペトと白色ワセリンとの大きな違いは、プロペトは目に使う軟膏基剤として使用できることです。

プロペト(白色ワセリン)で美容美肌対策! 保湿効果、副作用は?
プロペトは直接の保湿効果がありませんが、間接的に保湿効果を発揮します。プロペトは白色ワセリンより軟らかく、粘り気が少なく、塗りのばしやすいのが特徴です。

そして、プロペトは白色ワセリンより純度が高いため、独特のべとべと感が軽減されています。

プロペトと白色ワセリンの粘度(べとべと感)の比較

出典:丸石HP

色もやや黄色かかっていますが、より白色に近いです。

プロペトは、ジャータイプ以外に持ち運びに便利なチューブタイプもあります。

プロペトチューブタイプ

(プロペトの市販は後述)

サンホワイト

サンホワイト

サンホワイト(サンホワイトP-1)は白色ワセリンから不純物をさらに精製し、純度を高めた香料、着色料、保存料無添加の究極の白色ワセリンです。

色は限りなく白で、塗り心地もよく、べとつき感はかなり軽減されています。

黄色ワセリン・白色ワセリン・プロペトとサンホワイトとの大きな違いは、

黄色ワセリン・白色ワセリン・プロペトは健康保険が使えますが、サンホワイトは健康保険が使えないことです。
(サンホワイトは市販薬のみ)

なぜならば、白色ワセリン、プロペトは他のステロイドやヒルドイドなどとの混合を目的に使用することがありますが、健康保険でサンホワイトは軟膏基剤として使用することはないからです。

○ 処方例1
  アンテベート軟膏 15g
  プロペト 15g
  混合
○ 処方例2
  ヒルドイドソフト軟膏 15g
  プロペト 15g
  混合
× 処方例3
  マイザー軟膏 10g
  サンホワイト 10g
  混合

さらに、サンホワイトはドラッグストアでは市販されていません。
ほとんどが病院、調剤薬局(サンホワイト取扱店)の取り扱いです。

(なぜかアマゾン、楽天では市販されている)

白色ワセリンの市販

  • 日局白色ワセリン
  • 日本薬局方 白色ワセリン

商品に下線の記載がある白色ワセリンの市販は、どのメーカーも同じ基準を満たしたワセリンです。

しかし、

  • 白色ワセリン
  • ワセリン
  • ヴァセリン

と記載されている白色ワセリンの市販は、塗り心地や色などがメーカーによって違います。

プロペトの市販

プロペトの市販にはプロペトホームがあります。

市販用のプロペトホームと医療用のプロペトは、同じ白色ワセリンを使用しています。

そのため、塗り心地などに違いはありません。

乾燥肌の保湿にヒルドイド、白色ワセリン(プロペト)、混合薬 どれを選ぶ?
皮膚科で使用される乾燥肌対策の薬、ヒルドイドと白色ワセリン(プロペト)。同じように使っている方が多いと思いますが、違う性質を持つ保湿剤です。混合と塗る順番についても触れます。

白色ワセリン、プロペト、サンホワイトの違い

色の違い

より白に近く透明度が高い順番

サンホワイト>プロペト>白色ワセリン
 >>黄色ワセリン

塗り心地(べとつき感)の違い

塗り心地が良く、より伸ばしやすい順番

サンホワイト>プロペト
 >白色ワセリン=黄色ワセリン

値段の違い

出稿時のアマゾンの市販価格を調べると

市販薬 白色ワセリン プロペト
ホーム
サンホワイト
写真 白色ワセリン(大洋製薬) プロペトホーム サンホワイト(400g)
メーカー 大洋製薬 丸石製薬 日興リカ
用量(g) 500 100 400
価格(円) 727 920 3100
1gあたりの価格 1.5 9.2 7.8

1g価格は白色ワセリンのが抜群に安いです。

プロペトホームはチューブタイプのみ市販されています。
プロペトホームは携帯性に優れていますが、割高感は否めません。

赤ちゃんのおむつかぶれ対策! おしりにワセリン塗布がおすすめ
おむつかぶれ対策はいろいろありますが、ワセリンを使った対策がコストパフォーマンスが高く、しかも手軽です。効果的なワセリンの使い方を解説します。

ワセリン市販のおすすめ(ニーズ別)

  1. コスト重視の方におすすめ市販
    →白色ワセリン

  2. 携帯性重視の方におすすめ市販
    →プロペトホーム

  3. 純度にこだわる方におすすめ市販
    →サンホワイト

かかとひびわれはサリチル酸ワセリンが有効です

かかとひび割れ薬 サリチル酸ワセリンの効果と副作用 市販は?
多くの女性を悩ませている冬の足トラブルのひとつが、かかとひび割れです。かかとの角質ケアの塗り薬はケラチナミンが有名ですが、皮膚科ではサリチル酸ワセリンを使用することも多いです。

まとめ

  1. 白色ワセリン、プロペト、サンホワイトはどれも日本薬局方の黄色ワセリンをベースに作られている
  2. 白色ワセリンは、黄色ワセリンを脱色したワセリン
  3. プロペトは、白色ワセリンから不純物をさらに精製し、純度を高めた白色ワセリン
  4. サンホワイトは、白色ワセリンから不純物をさらに精製し、純度を高めた香料、着色料、保存料無添加の究極の白色ワセリン
  5. 黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペトは健康保険が使えるが、サンホワイトは健康保険が使えない
  6. 白色ワセリンのおすすめの市販は、ニーズによって違う
  7. 白色ワセリン、プロペト、サンホワイトの違いは、色、塗り心地、値段