ベピオゲルは背中ニキビもOK!ディフェリンとの効果、副作用、使い方の違い

美しいメイク

2015年4月に新しいニキビの塗り薬、ベピオゲルが販売されました。

ニキビの塗り薬といえば、日本皮膚科学会の推奨度Aランクのディフェリン(2008年発売)が有名です。

日本皮膚科学会では、症状別に推奨度をA~Dの5段階に分けています。

推奨度 推奨文
A 行うよう強く推奨する
B 行うよう推奨する
C1 良質な根拠は少ないが、選択肢の一つとして推奨する
C2 十分な根拠がないので(現時点では)推奨できない
D 行わないよう推奨する

2016年に推奨度の更新があり、ベピオゲルも推奨度Aにランクインしてきました。

ベピオゲルは、ニキビ治療に新風を吹き込むのでしょうか。

スポンサーリンク

ベピオゲルとは

ベピオゲルの有効成分は酸化剤:過酸化ベンゾイル

ベピオゲル

ベピオゲルを指にとる

出典:マルホHP

ベピオゲルの有効成分は、過酸化ベンゾイル(BPO)です。

「過酸化ベンゾイル」

化学に詳しい方であれば、酸化剤BPOとして聞いたことがあるかもしれませんね。

ベピオゲルはその名の通りゲル製剤ですが、白色のクリームのような手触りです。
ベピオゲルをニキビに塗ると透明になるので目立ちません。

ニキビの塗り薬がゲルを採用する理由

ダラシンTゲル、ディフェリンゲル、ベピオゲル、デュアック配合ゲル…。
ニキビの塗り薬は、次のような理由でゲル製剤が多いです。

ゲル製剤の特徴

  • 水性ベースで油分が少ない
  • 低刺激
  • 塗ったときの使用感が良い
  • 塗り広げやすい

ニキビは、油分が原因で皮膚がつまりの原因になる場合があります。油分の少なさは大切です。

ディフェリンゲルとは

ディフェリンゲル

ディフェリンの有効成分はアダパレンです。

ディフェリンは2008年に発売されたニキビ薬で、ニキビ治療に革命を与えた薬です。

白ニキビ(閉鎖面皰)と黒ニキビ(開放面皰)に効果があると位置づけられているニキビの塗り薬です。

ニキビは白黒赤黄の4種類 ニキビ跡を残さないで治す薬のハウツー
すべてのニキビが赤いわけではなく、目にみえないニキビや、白色や黒色のニキビだってあります。ニキビの進行具合によって治療法も異なります。各ステージの薬を使った治し方を解説します。

面皰(めんぽう)
コメドとも言われ、皮脂が毛穴の中につまってできたかたまりのようなもので、ニキビの初期に起こります。ニキビは白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビがあり、区別して治療されます。

ディフェリンは、妊婦は残念ながら使用できません
(ベピオゲルは妊婦への使用経験が少ないため不明)

妊婦必見!妊娠中の薬服用不安と心配を解くヒント その薬飲んで大丈夫?
妊娠中の薬の使用に抵抗があるのはあなただけではありません。妊娠の時期によって気を付ける薬も違います。赤ちゃんに対する薬の危険度を示す評価基準(FDA妊婦カテゴリー)で、新しい薬との付き合い方を提案します。

ベピオゲルとディフェリンの効果(作用機序)の違い

ベピオゲルとディフェリンの効果を簡単に説明すると次のようなイメージです。

効果 ベピオゲル ディフェリン
ニキビができにくい肌にする
できてしまったニキビを直接治療する

ディフェリンとベピオゲルの使い方は似ていますが(後述)、ニキビへのアプローチの仕方(作用機序)はかなり違います。

ベピオゲルの効果(作用機序)

ベピオゲルには3種類の効果でニキビを治療します。

効果(作用) 効果(作用)の詳細
ピーリング効果 目に見えないニキビ(微小面皰)が作られないようにする
古い角質をはがして、毛穴のつまりを防ぐ
抗菌効果 ニキビの原因菌の一つであるアクネ菌の増殖をおさえる
抗炎症効果 炎症を起こす物質が作られないようにして、ニキビの化膿をおさえる

ディフェリンの効果(作用機序)

ディフェリンの効果は、レチノイド様作用(レチノイドと同じ様な作用がある)です。

レチノイド様作用とは
角質が分厚くなるのを抑えて毛穴のつまりを取り除き、ニキビができるのを抑える作用

ディフェリンには、ベピオゲルのような抗菌作用、抗炎症作用はありません。

そのため、アクネ菌が増殖してニキビが赤ニキビとなった場合、ディフェリンのみの効果には限界があり、ニキビ全体への治療効果に差が出てきます。
抗菌剤(抗生物質)の飲み薬や塗り薬の併用が基本です。

ニキビ抗生物質塗り薬 アクアチムクリームVSダラシンTゲル 効果、副作用、使い方
ニキビ新薬(ディフェリン、ベピオ、デュアック)発売後も、ダラシン、アクアチムは、化膿したニキビに使われています。ディフェリン、ベピオとの併用で、相乗効果が期待できます。

ベピオゲルとディフェリンの効果の違い

ニキビの種類

炎症性皮疹
ニキビの重傷段階に起こる丘疹・膿疱等の皮膚症状
面皰(めんぽう)
皮脂が毛穴の中につまってできた塊。コメドともいう
丘疹(きゅうしん)
盛り上がった赤い湿疹のような炎症
膿疱(のうほう)
盛り上がった皮膚から膿が出ているような赤い炎症

ニキビは放置すると

  1. 微小面皰
  2. 面皰(白ニキビ・黒ニキビ)
  3. 紅色丘疹(赤ニキビ)
  4. 膿疱(黄ニキビ)の順に悪化する

白黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの写真

画像出典:大塚製薬HP(一部改変)

ニキビは白黒赤黄の4種類 ニキビ跡を残さないで治す薬のハウツー
すべてのニキビが赤いわけではなく、目にみえないニキビや、白色や黒色のニキビだってあります。ニキビの進行具合によって治療法も異なります。各ステージの薬を使った治し方を解説します。

ベピオゲルの効果(臨床試験より)

1日1回(夜)適量を顔面全体にベピオゲル、プラセボ(偽薬)を塗布したときのニキビの減少率

ニキビの種類 ベピオゲル プラセボ 効果の差
赤ニキビ、黄ニキビ 73% 42% 31%
白ニキビ、黒ニキビ 57% 22% 35%
ニキビ全体 62% 29% 33%

効果の差:ベピオゲルとプラセボのニキビ減少率の差

ベピオゲルとプラセボを使いだしてから、12週間のニキビの減少率

ベピオとプラセボのニキビの減少率(12週間)

ディフェリンの効果(臨床試験より)

ディフェリンとプラセボを1日1回就寝前洗顔後に適量を顔面全体に12週間塗布したときのニキビの減少率

ニキビの種類 ディフェリン プラセボ 効果の差
赤ニキビ、黄ニキビ 63% 37% 26%
白ニキビ、黒ニキビ 65% 38% 27%
ニキビ全体 64% 46% 18%

効果の差:ディフェリンとプラセボのニキビ減少率の差

ディフェリンとプラセボを使いだしてから、12週間のニキビの減少率

ディフェリンとプラセボのニキビの減少率(12週間)

ベピオゲルとディフェリンの使い方(塗り方)の違い

顔ニキビへの使い方(塗り方)

ベピオゲルとディフェリンの顔ニキビへの使い方は同じです。

1日1回洗顔後に、ベピオゲル(ディフェリン)をニキビより広めに塗ります。

ただし、ベピオゲル(ディフェリン)の塗りはじめは、ヒリヒリ感の副作用が比較的強く出ますので、赤ニキビの上のみに塗って、様子を見ながらニキビ全体に塗り広げていくのが賢明な使い方です。

ベピオゲル(ディフェリン)を頬全体に塗る例

ディフェリンを頬全体に塗る例

出典:ポーラHP

背中ニキビ(顔以外)への使い方(塗り方)

顔面以外の部位(胸部、背部等)における有効性・安全性は確立していない。

ディフェリンゲルインタビューフォームより

ディフェリンは、顔以外の背中ニキビに使用できません。
顔、頬、あごなどの顔ニキビへの使用に限定されます。

しかし、ベピオゲルは使用部位の制限(傷、粘膜部などは除く)はありませんので、顔ニキビ以外の背中ニキビに使用できます。

1日1回入浴後に、ベピオゲルを背中ニキビより広めに塗ります。

ただし、ベピオゲルの成分(過酸化ベンゾイル)には漂白作用があります。

服にベピオゲルが付くと、服の色が脱色する場合があります。
ベピオゲルを背中ニキビに使用するときは、色の白い肌着を着て寝てください。

ベピオゲルとディフェリンの副作用の違い

ヒリヒリ感、赤くなるのがツライ

ベピオゲルの副作用はディフェリンとよく似ています。

ベピオゲル(ディフェリン)を塗ると、独特の乾燥感(ヒリヒリ感)の副作用が朝まで残ることがあり、特にベピオゲル(ディフェリン)の塗り始め1~2週間の期間はツライ夜を過ごすかもしれません。

  ベピオゲル ディフェリン
副作用頻度 44% 79%
主な副作用 乾燥感 7% 56%
皮膚のめくれ 19% 34%
刺激感、不快感 14% 48%
赤くなる 14% 22%

添付文書:「臨床試験結果(副作用)」を編集

使い方にもよりますが、皮膚のはがれは、ピーリング効果(主作用)による可能性もあります。程度にもよりますが、副作用とも言い切れないです。
(ディフェリンの効果の項目には、ピーリング作用は記載しませんでしたが、一種のピーリング作用があるように感じます)

度を超えた皮膚のめくれや赤みの副作用は、ベピオゲル(ディフェリン)との相性が良くない可能性がありますので、使用を中止して診察を受けてください。

副作用の対処(軽減方法)

保湿剤ヒルドイドの効果を最大にする使い方(塗り方、順番、量)と副作用
ヒルドイドは、ネットではアンチエイジングクリームとして紹介されています。ヒルドイドは保湿効果に優れますが、塗り方、量、回数を守ることで最大の効果を発揮します。

ベピオゲル(ディフェリン)でヒリヒリする場合は、ヒルドイド、ビーソフテン(ヘパリン類似物質)などの保湿剤や、化粧水、乳液などをたっぷり使うと軽減されるかもしれません。

それでも、副作用がつらいようであれば、ベピオゲルは塗って30分たったらお湯で流してしまいます。

効果は多少落ちるかもしれませんが、副作用で継続して使えなくなるよりはマシです。

ベピオゲルの評判(評価)

海外の評判

欧米のニキビのガイドラインでは、過酸化ベンゾイルを含む製剤の使用が推奨され、ベピオゲルはニキビの標準治療薬です。

日本はニキビ治療に関して発展途上でした。
ようやく2015年4月にベピオゲルが保険適応で販売開始されたところです。

日本でも、ニキビ標準薬がディフェリンからベピオゲルに変わると噂されています。
2016年、日本皮膚科学会のガイドラインが更新され、ベピオゲルはディフェリンと同じ、推奨度Aになりました。

一部の抗生物質では、アクネ菌などに対しての耐性菌が問題となっています。
ベピオゲルは耐性菌問題を解決するかもしれません。
今のところ、ベピオゲルで耐性菌が出たという報告はありません。

耐性菌とは
特定の抗生物質などに対して抵抗力を持った菌のことです。
この菌が増殖すると、その抗生物質の効果は限りなく弱くなります。
例えば、ペニシリンに対して抵抗力を持った肺炎球菌を「ペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)」と言います

個人

私の薬局では、ベピオゲルを処方された患者さまが謎の失踪(再来しない)をしており、使用感の確認ができていません。一回でニキビの治療が終了するとは、考えにくいのですが…。

2015.10.31追記
先日1例再診があり確認したところ、痛くて続けられない。ダラシンTに変更になりました。残念。

2016.1.15追記
ディフェリンの乾燥感がひどくて、ベピオゲルに変更になった患者さま
 →ディフェリンほど乾燥しないので、ベピオゲルだと続けられそう。

2016.5.8追記
ぺビオを継続して使用する方が増えてきました。ベピオゲルの副作用は、保湿剤や化粧水を使用して何とかしている。

ニキビは継続受診が原則

薬を塗った後の皮膚の状態を見ながらニキビを治療していきます。処方されたニキビ薬を塗って治療終了ではありません。

塗布1~2週間後に、医師にニキビの状態の診察を受けてください。薬の効果と副作用を見極めながら、薬を継続するか変更するか判断する必要があります。

エピデュオゲル(ベピオゲルとディフェリンの配合剤)発売予定

エピデュオゲルはディフェリンゲルとベピオゲルの配合剤【ニキビ新薬発売日決定】
ディフェリンとベピオの配合剤エピデュオゲルは、すでに世界60カ国で発売されています。日本でも2016年11月4日に発売されます。効果、副作用等を比較します。

すでに海外ではアダパレン(ディフェリン)と過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)の配合剤は発売されています。

日本では2016年11月4日に発売です。

まとめ

各社インタビューフォームを参考に作成

商品名 ベピオゲル ディフェリンゲル
有効成分 過酸化ベンゾイル2.5% アダパレン0.1%
使用場所 顔、背中など 主に顔
使用方法 1日1回、洗顔後
中止の目安 記載なし 12週間で効果がないとき
抗菌効果 アクネ菌 ×
プラセボとの比較 約28%優位 約26%優位
主な副作用 乾燥7.4% 乾燥56.1%
刺激感14.0% 不快感47.6%
はがれ18.6% はがれ33.5%
赤くなる13.8% 赤くなる21.9%
保存 25℃以下(夏は冷蔵庫) 1~30℃
使用上の注意 服につかないように なし
妊婦 不明 ×
授乳 不明
処方制限 なし※ なし

※ベピオゲルは、2016年3月から処方量の制限がなくなりました

  1. 2016年からは、ベピオゲルもディフェリンゲルも日本皮膚科学会推奨度Aランク
  2. ベピオゲルの有効成分は過酸化ベンゾイル、ディフェリンはアダパレン
  3. ベピオゲルは、ピーリング効果、抗菌効果、抗炎症効果のトリプル効果
  4. ディフェリンは、レチノンド様作用による毛穴のつまり防止効果
  5. ニキビへの効果:ベピオゲル≧ディフェリン(個人差あり)
  6. 副作用:ディフェリン≧ベピオゲル(個人差あり)
  7. ベピオゲルとディフェリンの使い方は同じ
  8. ベピオゲルは背中ニキビに使えるが、ディフェリンは背中ニキビには使えない