ニキビ塗り薬エピデュオゲルが痛い!赤くなる? 効果、副作用、使い方

2015年からニキビの新塗り薬が次々と発売されています。

  1. ベピオゲル
  2. デュアック配合ゲル
  3. ゼビアックスローション

そして、2016年11月4日。期待の新薬エピデュオゲルが発売されました。

エピデュオゲルはすでに世界60カ国で承認され、ニキビ塗り薬と使用されています。

エピデュオゲルは、ディフェリンゲルとベピオゲルの単独使用より、ニキビに対して高い効果が証明されています。

※本記事は未発売の状態で第一報をお知らせしました。
発売後、少しずつエピデュオゲルという塗り薬の効果・副作用が明らかになってきました。
随時加筆編集をおこなっています。

出稿当時のタイトル
「エピデュオゲルはディフェリンゲルとベピオゲルの配合剤【ニキビ新薬発売日決定】」

スポンサーリンク

エピデュオゲルはディフェリンゲルとベピオゲルの配合剤

エピデュオゲルは、ディフェリンゲル0.3%(アダパレン)とベピオゲル2.5%(過酸化ベンゾイル)の濃度までもそっくりそのまま混合した配合剤です。

ディフェリンゲル+ベピオゲル=エピデュオゲル

※ディフェリンゲルは妊婦に禁忌のため、エピデュオゲルも妊婦に使えません。

妊婦、授乳中、赤ちゃん インフルエンザ予防接種(ワクチン)NGは誰?
妊婦、授乳中、赤ちゃん。インフルエンザ予防接種をためらってしまう3タイプです。この中でインフルエンザワクチンを使えない人がいています。誰でしょうか?

エピデュオゲルは処方日数制限なしの新薬

発売して1年を経過していない薬(薬価基準収載の翌月の初日から1年間)は、14日分までの処方日数(投与)制限があります。
(軟膏に関しては日数換算できないため、1回処方あたり1本~数本)

ただし、エピデュオゲルはディフェリンゲルとベピオゲルの配合剤ですので、それぞれの成分に実績があるため、エピデュオゲルは処方日数制限なしの新薬です。

妊婦必見!妊娠中の薬服用不安と心配を解くヒント その薬飲んで大丈夫?
妊娠中、薬に抵抗があるのはあなただけではありません。妊娠の時期によって気を付ける薬も違います。赤ちゃんに対する薬の危険度を示す評価基準(FDA妊婦カテゴリー)で、新しい薬との付き合い方を提案します。

エピデュオゲルの効果

エピデュオゲルは、ディフェリンゲル(アダパレン)とベピオゲル(過酸化ベンゾイル)のそれぞれの効果が期待できます。

ディフェリンゲルには、毛穴が弾力性を失ってつまるのを抑える効果(レチノイド様作用)があります。

ベピオゲルには3つの効果があります。

  1. アクネ菌や黄色ブドウ球菌などに対する抗菌効果
  2. 皮膚の汚れた表面を剥がして、きれいな皮膚を取り戻す効果(ピーリング効果
  3. 炎症を起こす物質が作られないようにして、ニキビの化膿をおさえる抗炎症効果
ベピオゲルは背中ニキビもOK!効果、副作用、使い方 ディフェリンとの違い
2016年4月に発売されたニキビ塗り薬ベピオゲルは、患者さんの評判も比較的上々です。ただし、副作用(赤み、皮膚のはがれなど)が出やすく、使い方(塗り方)にはちょっとコツがいります。

ディフェリンゲルが毛穴がつまる原因を取り除き、ベピオゲルがつまってしまった毛穴を改善するイメージです。

効果 ベピオゲル ディフェリン
ニキビができにくい肌にする
ニキビを直接治療する

海外の試験では、ディフェリンゲルとベピオゲルの併用の相乗効果が証明されています。

(日本皮膚科学会のガイドラインでは、赤ニキビ・黄ニキビの発生初期から維持期まで、ディフェリンゲルとベピオゲルの併用の推奨度はBです)

エピデュオゲルの使い方(塗り方)

ベピオゲルは顔以外の背中ニキビにも塗布できましたが、ディフェリンゲルは、顔限定のニキビ塗り薬でした。

エピデュオゲルはディフェリンゲルと同じ成分を含むため、顔以外のニキビには使用できません。

1日1回洗顔後(夕方から寝る前までの間)、エピデュオゲルをニキビに適量を塗布します。

臨床試験では約0.5g/日を使用しているため、顔全体1回分量の目安は0.5gと考えられます。

エピデュオゲルを指にとる

出典:マルホHP

エピデュオゲルを塗布して3カ月以内に症状の改善がないときは中止します。

エピデュオゲルは使い方は、ディフェリンゲルに近いです。

エピデュオゲルの効果比較

エピデュオゲルの日本の臨床試験と海外の比較試験の結果は違います。

効果比較1(日本):
ニキビの数の減少率

エピデュオゲルなどを1日1回洗顔後に顔面全体に12週間塗布したときの、ニキビの数の減少率を比較した日本国内の臨床試験データがこちらです。

エピデュオゲル、ディフェリンゲル、ベピオゲルの効果比較-日本国内-

出典:マルホHP(一部改変)(国内第3相比較試験より)

エピデュオゲルは、ディフェリンゲルと比較すると効果がありますが、ベピオゲルと比較では、効果の差はほとんどありません。

効果比較2(海外):
ニキビの数の減少率

エピデュオゲルなどを1日1回、洗顔後に顔面全体に12週間塗布したときのニキビの数の減少率(変化率)を比較した海外の臨床試験データがこちらです。

エピデュオゲル、ディフェリンゲル、ベピオゲルの効果比較-海外-

出典:マルホHP(一部改変)(海外比較試験より)

エピデュオゲルの効果が一番で、ディフェリンゲル≒ベピオゲル、プラセボの順番に効果があります。

ニキビのガイドライン

2016年5月に発表された日本皮膚科学会のニキビ(尋常性ざそう)のガイドラインには、次のような記載があります。

アダパレン0.1%ゲルと過酸化ベンゾイル2.5%ゲルの単剤同士を併用した場合の炎症性皮疹に対する有効性を評価した臨床試験では、併用の効果を認めてない。

しかし、配合剤での有効性が示されていること、2剤の併用は海外のガイドラインでも推奨されていることから、委員会の意見として有効性は確立していると考えた。

アダパレン0.1%ゲル:ディフェリンゲル
過酸化ベンゾイル2.5%ゲル:ベピオゲル
配合剤:エピデュオゲル

エピデュオゲルは、日本人向けのニキビ塗り薬ではないのでしょうか?

ニキビ薬デュアック配合ゲル(過酸化ベンゾイル+α)は使い方注意! 効果と副作用は?
デュアック配合ゲルはディフェリン、ベピオとは違う性質をもつニキビの塗り薬です。効果、副作用、気を付けるべき使い方(塗り方)について解説します。

エピデュオゲルの副作用比較

ディフェリンゲル・ベピオゲルの両方に、赤くなる、腫れる、痛いなどの皮膚の刺激の副作用があります。

エピデュオゲルはその配合剤のため、皮膚の刺激(赤くなる、痛いなど)の副作用が強く出るおそれがあります。

そのため、エピデュオゲルを使用する前に、ディフェリンゲルかベピオゲルを先に使ってみるのが原則です。

その他の副作用は、皮膚のかゆみ、はがれ、乾燥などがあります。

ただし、皮膚のはがれはエピデュオゲルのピーリング効果による場合もあります。

副作用の比較

ニキビ薬 副作用頻度 皮膚刺激頻度
エピデュオゲル 12.7% 10.4%
ディフェリンゲル 3.0% 3.0%
ベピオゲル 6.7% 2.9%

(国内第3相比較試験結果より)

エピデュオゲルの副作用のほとんどが皮膚の刺激です。

副作用率

エピデュオゲル、ディフェリンゲル、ベピオゲルの副作用頻度(グラフ)

皮膚刺激率

エピデュオゲル、ディフェリンゲル、ベピオゲルの皮膚刺激頻度(グラフ)

ニキビ塗り薬 アクアチムクリーム、ダラシンTゲルは古い? 効果と副作用 抗生物質の市販は?
ニキビ新薬(ディフェリン、ベピオ)発売後も、ダラシン、アクアチムは化膿したニキビに使われています。ディフェリン、ベピオとの併用で、相乗効果が期待できます。

エピデュオゲルの痛い、赤くなる副作用は塗布初期に起こる

エピデュオゲルの1年間の副作用の推移

出典:マルホHP(一部改変)

エピデュオゲルは皮膚の刺激感が多く、皮膚の赤み(紅斑:こうはん)、かゆみ(そう痒感)、はがれ(落屑:らくせつ)、乾燥、痛みなどの副作用が起こるのでしたね。

エピデュオゲルの使いはじめはツライかもしれませんが、皮膚の刺激感(赤み、痛み)は、エピデュオゲルを使い始めて、1週間後をピークに1~2週間続く場合が多く、少しずつなくなってきます。

皮膚の乾燥感(ヒリヒリ感)は、エピデュオゲルを使い始めて3カ月後くらいから気になりだすときもあります。

エピデュオゲルの赤み、痛み、ヒリヒリ感対策

エピデュオゲルは刺激感(赤み、痛み)や乾燥感(ヒリヒリ感)の副作用が比較的起こりやすい塗り薬です。

ヒルドイドなどの保湿剤を先に塗ってから、エピデュオゲルを塗ると、皮膚の刺激感は軽減します。

ニキビ塗り薬・保湿剤の併用と順番のルール!ディフェリン、ベピオ、ヒルドイド、化粧水、乳液、日焼け止めetc
洗顔から化粧(メイク)の順番にルールがあるように、ニキビ塗り薬(ディフェリン、ベピオ、エピデュオ、アクアチム、ダラシンT、ゼビアックス)と保湿剤(ヒルドイド)の順番にもルールがあります。

エピデュオゲルの薬価(薬の値段)

薬価 1本の容量 1本の値段
エピデュオゲル 159.6 15g ¥2,394
ディフェリンゲル 120.9 ¥1,814
ベピオゲル 120.9 ¥1,814

ディフェリンゲルとベピオゲルを併用して使用すると、1本あたり約3600円かかりますが、エピデュオゲルであれば、約2400円です。

エピデュオゲルは、併用より1本あたり1200円安く使用できます。

ニキビ治療中は紫外線にも注意

日焼け止めの選び方 毎日用はSPF、PA最強× 肌に優しい成分がおすすめ
SPF50+、PA++++が最強であることは間違いないですが、用途に合わせた日焼け止めの選び方が大切です。成分基準とSPF/PA基準の選び方を解説します。

まとめ

  1. エピデュオゲルは、ディフェリンゲル(アダパレン)とベピオゲル(過酸化ベンゾイル)の配合剤
  2. エピデュオゲルの発売日は、2016年11月4日
  3. エピデュオゲルは、1日1回塗布するニキビ薬
  4. エピデュオゲルの効果は、毛穴のつまりを抑え、抗菌し、炎症を抑えるトリプル効果
  5. エピデュオゲルの評価は、日本の臨床試験と海外の比較試験では違う
  6. エピデュオゲルの副作用は、刺激感が多く、皮膚の赤み、痛み、かゆみ、はがれ、乾燥などで、その多くは塗布初期(1~2週間の間)に起こる
  7. エピデュオゲルは、ディフェリンゲルとベピオゲル併用より、1本あたり1200円安い