酸化マグネシウム(マグミット)の便秘改善効果と副作用 下痢したときは?

スポンサーリンク
便秘が治ってスッキリした女性

便秘治療は、食事療法運動療法が第一優先です。

食事を改善して水分を多めに摂取します。(食事療法)

  • ヨーグルト
  • 食物繊維
  • オリゴ糖など

腸の運動を活発にさせるために軽い運動をします。(運動療法)

  • ウォーキング
  • 体操など

それでも便秘が解消しないときは、便秘薬を使います。

便秘に使われる便秘薬は多くの種類がありますが、大腸にやさしく自然な排便を促す薬が酸化マグネシウムです。

酸化マグネシウムは大腸を刺激するタイプの便秘薬ではないため、おなかが痛くなりにくく、クセになりにくいです。

スポンサーリンク

便秘の3大原因

便秘が起こる原因はさまざまですが、3つの大きな原因を解説します。

1.便の水分の低下

便に水分量が足りないときは、うさぎの便のようなコロコロ便になります。

小さなコロコロ便は少しずつ排便できますが、癒着して大きなコロコロ便になると(宿便が増えると)、排便できず便秘になります。

ムリにがんばるとおしりから出血することもあります。

2.腸内環境の悪化

大腸内は、ビフィズス菌を代表とする善玉菌が多くを占めています。

腸内細菌はバランスを取っていて、最適なバランスは「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」といわれています。

腸内細菌のバランスが乱れたとき(善玉菌↓、悪玉菌↑)、便秘や下痢などのさまざまな症状を引き起こします。

腸内細菌のバランスはこちらの記事で解説しています。

整腸剤ビオフェルミン(R)の下痢・便秘改善効果と副作用 赤ちゃんと幼児は?
ビオフェルミンは腸内フローラのバランスを整え、自然治癒に近い形で下痢・便秘に効果を発揮します。赤ちゃんから大人まで幅広く使用されています。

3.大腸の運動機能の低下
(宿便の増加)

胃に食物が入ってくると、胃腸の運動が活発化します。

便が肛門付近にたまってくると、便意を催すように神経を通して大腸(肛門)に指令を出します。

しかし、ストレスなどで神経伝達がうまく伝わらないと、便がたまっているにもかかわらず、便が外へ排泄されなくなり便秘が起こります。

便秘で長くとどまった便を宿便といい、宿便は腹痛・残便感・吐き気などの原因になります。

スポンサーリンク

酸化マグネシウムは種類が多い

酸化マグネシウム錠330mg「ヨシダ」、マグミット錠330mg」
左:酸化マグネシウム錠330mg「ヨシダ」
右:マグミット錠330mg

酸化マグネシウムを有効成分とする便秘薬は、酸化マグネシウム「ヨシダ」(旧名マグラックス)、酸化マグネシウム「ケンエー」、マグミットなどがあります。

  • 1錠のmg数も200mg~500mgまで、多くの種類があります。
  • 飲みにくいですが、酸化マグネシウムは粉末薬もあります。
  • 市販薬もあります(後述)。

スポンサーリンク

酸化マグネシウム(マグミット)の3つの効果

酸化マグネシウム(マグミット)は飲む量(用量)で効果が違ってきます。

酸化マグネシウム少量
シュウ酸カルシウム結石の発生予防効果

腎臓(膀胱)の石とも言われる腎結石(膀胱結石)などは、まとめて尿路結石といいます。

尿路結石のほとんどはシュウ酸カルシウムのかたまりです。

酸化マグネシウムは結石の発生を予防する効果があり、1日200~600mgのを多量の水で飲みます。

酸化マグネシウム中用量
制酸剤として効果

酸化マグネシウムは、中用量(1日500mg~1000mg)で制酸剤として効果を発揮します。

胃のむかつきや胃酸過多による痛みなどに使います。

なぜドグマチール(スルピリド)は胃薬、うつに効果があるのか?
ドグマチール(スルピリド)には、2つの作用(交感神経を抑制する作用とドパミンD2受容体をブロックする作用)と3つの顔が(胃薬、抗うつ剤、統合失調症薬)があります。

酸化マグネシウム高用量
便秘薬として効果

酸化マグネシウムは、高用量(1日2000mg)で便秘薬として効果を発揮します。

ただし、通常の便秘であれば、酸化マグネシウム2000mg使うのはまれで、750mg~2000mgが標準量です。

詳細は後述「酸化マグネシウム(マグミット)の副作用」

ラキソベロン(ピコスルファート)の効果時間と副作用(下痢・腹痛)
ラキソベロン内用液は同じ大腸刺激タイプのセンノシド(プルゼニド)と比べると副作用がマイルドです。そのため、妊婦の便秘にはよく使用されます。

酸化マグネシウム(マグミット)の便秘改善効果

酸化マグネシウムは、腸内の水分を集めて便をやわらかくします。

水分の集まった便は適度に膨らみ、腸を刺激してスムーズな排便を促します。

酸化マグネシウム(マグミット)は腸を直接刺激するのではなく、膨らんだ便が腸を刺激するため自然な排便ができる便秘薬です。

また、癖になりにくい便秘薬でもあります。

アローゼン顆粒の効果と副作用 センノシド(プルゼニド)との違いは?
アローゼン顆粒は大腸への刺激性が強く即効性があります。そのため、1回量が多いと大腸を刺激しすぎて腹痛・下痢などの副作用を起こすときがあり、自己調整が必要です。

酸化マグネシウム(マグミット)の飲み方

酸化マグネシウム(マグミット)は、飲む量で効果が違いましたね。

酸化マグネシウム量 効果
少量 尿路結石予防
中用量 胃痛・むかつき
高用量 便秘

酸化マグネシウム(マグミット)は、便をやわらかくして自然に排便したいときは1日2~3回に分けて飲み、ドバっと排便したいときは寝る前1回まとめて飲みます。

酸化マグネシウムの便に水分を与える作用促進ため、多めの水での服用がおすすめです。

個人的な話ですが、筋トレを始めてから高タンパク食に切り替えました。

すると、便が硬くなりおしりが出血することが増えました。

便秘は痔の大敵です。

強力ポステリザン軟膏(痔塗り薬)の効果、副作用、使い方
強力ポステリザン軟膏の2つの成分は3つの効果が期待できます。1.感染を抑える。2.傷の治癒を促進する。3.痔の惚れを抑える。

そのときに使った薬が酸化マグネシウム(マグミット)です。

330mgを寝る前に飲むだけで十分な効果があり、出血は治まりました。

整腸剤の服用も欠かせません。

整腸剤ビオスリーの便秘・下痢改善効果 ビオフェルミンとの違いは?
ビオスリーの特徴の違う3種類の細菌が互いの増殖を助け合い、小腸から大腸にかけて腸全体に善玉菌が広がり整腸作用を発揮します。ビオフェルミンと比較しながら解説します。

酸化マグネシウム(マグミット)の副作用

酸化マグネシウム(マグミット)は副作用発現頻度が明確となる調査が行われていませんが、2つの副作用が知られています。

酸化マグネシウム(マグミット)の重大な副作用
高マグネシウム血症

高マグネシウム血症とは、血中のマグネシウム濃度が上昇する電解質代謝異常で、

不整脈、ショック、呼吸停止を起こす場合がある危険な状態です。

腎機能が弱っている方は、マグネシウムの排泄不足により高マグネシウム血症を起こすリスクがあります。

高マグネシウム血症の初期症状は、悪心・嘔吐、起立性低血圧、徐脈、皮膚潮紅、筋力低下、傾眠、全身倦怠感などです。

酸化マグネシウムを飲んでこのような症状があるならば、中止して血液検査をする必要があります。

酸化マグネシウム(マグミット)の副作用
下痢

酸化マグネシウム(マグミット)の便秘に使う処方量は750mg~2000mg/日が多いですが、便秘への効果は飲んでみないことにはわかりません

酸化マグネシウムが効きすぎた場合、下痢をします。

下痢したときは、酸化マグネシウムを減量して下痢も便秘もしないちょうどいい量を探らなくてはなりません。

酸化マグネシウム(マグミット)は自己調整が必要な便秘薬です。

ミヤBMは抗生物質と併用OK!下痢・便秘改善効果と副作用
ビオフェルミンやラックビーは抗生物質と一緒に飲むと、抗生物質に負けて効果がなくなりますが、ミヤBMは抗生物質に耐久性があるため、併用も可能です。

酸化マグネシウム(マグミット)の併用注意
(飲み合わせ)

酸化マグネシウム(マグミット)はマグネシウム(Mg)を含んでいます。

次にあげる薬はマグネシウムと相性が悪く、併用すると効果が減弱します。

併用する場合は、少なくとも2時間あけて服用します。

テトラサイクリン系抗生物質

  • ミノマイシン(ミノサイクリン)
  • ビブラマイシン(ドキシサイクリン)など
【皮膚科ニキビ飲み薬】抗生物質ミノマイシン、ビブラマイシン、ルリッドの効果と副作用
皮膚科でよく使われるニキビの抗生物質飲み薬は、ミノマイシン、ビブラマイシン、ルリッドです。学会の推奨度もBランク以上で、効果もお墨付きです。

ニューキノロン系抗菌剤

  • クラビット(レボフロキサシン)
  • オゼックス(トスフロキサシン)
  • ジェニナック(ガレノキサシン)など

原因は不明ですが、セフェム系抗生物質セフゾン(セフジニル)も効果が減弱します。

溶連菌薬(抗生物質)の種類と 大人も子供も飲まないといけない理由
溶連菌で使う薬は、ペニシリン系抗生物質(パセトシン、サワシリン、ワイドシリン)、セフェム系抗生物質(メイアクト、フロモックス、セフゾン)の使用が多いです。

ビスホスホネート系骨粗しょう症薬

  • ボナロン・フォサマック(アレンドロン酸)
  • ボノテオ・リカルボン(ミノドロン酸)など
【薬の飲み方の理由】ロトリガ、エパデールが食直後 ボナロン(ビスホスホネート)が空腹時(起床時)の訳
薬は食後が基本ですが、それ以外の飲み方で飲む薬があります。なぜでしょう?骨粗鬆症治療薬の起床時、高脂血症エパデール・ロトリガの食直後を例に挙げて解説します。

次に上げる薬は副作用を引き起こす可能性があります。

活性型ビタミンD製剤→高マグネシウム血症

  • アルファロール(アルファカルシドール)
  • ロカルトロール(カルシトリオール)

サイトテック(ミソプロストール)→下痢

マグネシウムはカルシウムの吸収をよくするため、高カルシウム血症を起こす可能性があります。

カルシウム製剤

  • アスパラCA
  • 大量の牛乳

直接大腸刺激タイプの便秘薬

センノシド(プルゼニド)の作用・効果・時間と副作用 市販は?
下剤タイプの便秘薬の中では、センノシド(プルゼニド)は強い便秘薬です。ただし、使い続けると効果が減弱して、増量を重ねる便秘薬スパイラルにはまる場合があります。

酸化マグネシウム(マグミット)の市販

酸化マグネシウム(マグミット)は市販もあります。

酸化マグネシウムE便秘薬を市販の代表として解説します。

1錠あたりのマグネシウム量は333mgですので、医療用の酸化マグネシウム330mgと同等の効果が期待できます。

市販の使い方は酸化マグネシウム(マグミット)と同じです。

ただし、市販薬であるがため安全性を考慮して年齢別に用量が設定されています。

  • 大人(15歳以上)1回:3〜6錠
  • 11歳以上15歳未満1回:2〜4錠
  • 7歳以上11歳未満1回:2〜3錠
  • 5歳以上7歳未満1回:1〜2錠
  • 5歳未満:服用不可
妊婦の便秘薬 ビオフェルミン、酸化マグネシウム、ラキソベロンの違い
妊婦の便秘に使われる便秘薬は、ビオフェルミンなどの整腸剤や酸化マグネシウムなどの便軟化作用を持つ便秘薬が第一優先です。それでも効果がない場合は、大腸刺激系の便秘薬ラキソベロンなどです。

まとめ

  1. 便秘の3大原因は、1.便の水分低下 2.腸内環境の悪化 3.大腸の運動機能低下
  2. 酸化マグネシウム(マグミット)は大腸を直接刺激しないため、自然な排便ができる
  3. 癖になりにくい便秘薬でもある
  4. 酸化マグネシウム(マグミット)を便秘に使う場合、750mg~2000mg/日の使用が多い
  5. 酸化マグネシウム(マグミット)は、便をやわらかくして自然に排便したいときは1日2~3回に分けて飲み、ドバっと排便したいときは寝る前1回まとめて飲む
  6. 酸化マグネシウム(マグミット)を飲んで下痢したときは減量する
  7. 反対に、効かないときは増量していく(下痢に注意)
  8. 酸化マグネシウム(マグミット)は特定の抗生物質、骨粗しょう症の薬などと併用するときは、時間をあけて服用する
  9. 酸化マグネシウム(マグミット)は市販もある