ニキビ抗生物質塗り薬 アクアチムクリームVSダラシンTゲル 効果、副作用、使い方

with mirror

アクアチムクリームとダラシンTゲルは、一昔前まではニキビに単独使用されてきましたが、最近では減ってきました。

抗生物質(抗菌剤)の耐性菌が問題になってきたからです。

現在、

ニキビにはディフェリン、ベピオを積極的に使い、赤ニキビ、黄ニキビのみにアクアチムクリームとダラシンTゲルをプラスして使用するような治療法に変わってきています。

ベピオ、ディフェリンとダラシン、アクアチムの併用(使い方)

それでもアクアチムクリームとダラシンTゲルが、ニキビの抗生物質塗り薬として現役であることには変わりありません。

※アクアチムクリームは、抗生物質ではなく抗菌剤です。

スポンサーリンク

ニキビ抗生物質塗り薬ダラシンTゲルとは

ニキビは白黒赤黄の4種類 ニキビ跡を残さないで治す薬のハウツー
すべてのニキビが赤いわけではなく、目にみえないニキビや、白色や黒色のニキビだってあります。ニキビの進行具合によって治療法も異なります。各ステージの薬を使った治し方を解説します。

ダラシンTゲル

ダラシンTゲルの有効成分は、抗生物質クリンダマイシンです。

ディフェリンが発売されるまで、ニキビの抗生物質塗り薬といえばダラシンTゲル(ダラシンTローション)と言われるくらい多く使用されてきました。

今でも、ダラシンTゲルは炎症を起こした赤ニキビと、化膿を起こした黄ニキビに使われ、顔ニキビだけではなく背中ニキビにも使用できます。

ダラシンTゲルは、赤ニキビによく効くので愛用している方も多い反面、抗生物質の耐性菌が問題になりつつあります。

ダラシンTゲルの有効成分クリンダマイシンに、過酸化ベンゾイルを加えた薬デュアック配合ゲルが2016年に発売されています。

デュアック配合ゲルはベピオよりニキビに効果あり?使い方と副作用
2015年4月ベピオゲル、7月デュアック配合ゲルが立て続けに販売され、ニキビの世界標準治療に一歩近づきました。日本でのニキビ標準薬はディフェリンですが、その牙城を崩すことができるのでしょうか?

ダラシンTゲルの使い方

1日2回、入浴後と朝の洗顔後、ダラシンTゲルをニキビに塗ります。

ダラシンTゲルの正しい使い方は、デュアック、ベピオ、ディフェリンのように広範囲(写真の赤)に塗るのではなく、ニキビの炎症や化膿の症状が出ている部分(赤ニキビ・黄ニキビ:写真の青)にピンポイントに塗ります。

ディフェリン、ベピオ、アクアチム、ダラシンT、ゼビアックスの塗り方

出典:ポーラHP(一部変更)

4週間で効果がない場合には、耐性菌が増えないようにダラシンTゲルは一時中止します。

ダラシンTゲルの効果

赤ニキビに、1日2回朝夕洗顔後4週間、ダラシンTゲルを塗布した臨床試験の結果

ダラシンTゲルとプラセボの効果

プラセボとダラシンTゲルの効果の差は明らかです。

しかし、有効率とはダラシンTゲルが赤ニキビに対して「有効」以上の率のことらしいですが、何をもって「有効」と判断したのかは不明です。

ダラシンTゲルの副作用

副作用の頻度 8.10%
主な副作用 かゆみ 5.80%
赤み 1.60%

ダラシンTゲルは、つっぱり感、パリパリ感などの副作用がでやすいです。

ニキビ抗生物質塗り薬アクアチムクリームとは

ニキビ塗り薬・保湿剤の併用と順番のルール!ディフェリン、ベピオ、ヒルドイド、化粧水、乳液etc
化粧(メイク)の順番にルールがあるように、ニキビ塗り薬(ディフェリン、ベピオ、アクアチム、ダラシンT、ゼビアックス)と保湿剤(ヒルドイド)の順番にもルールがあります。

アクアチムクリーム

アクアチムクリームの有効成分は抗生物質(抗菌剤)ナジフロキサシンです。

アクアチムには軟膏、クリーム、ローションの3種類がありますが、軟膏はニキビの保険適応はなく使用されません。

アクアチムの保険適応の例

ニキビ とびひ
アクアチムクリーム
アクアチムローション ×
アクアチム軟膏 ×

アクアチムクリームは、ダラシンTゲルと比べて耐性菌の発生数が少ないという特徴があります。

アクアチムクリームは、顔ニキビ、背中ニキビだけではなく、とびひなどにも使うことができ、ダラシンTゲルより使い勝手はいいです。

とびひの塗り薬 抗生物質ゲンタシン軟膏VS抗菌剤アクアチム軟膏
子供のとびひには、ゲンタシン軟膏、アクアチム軟膏、フシジンレオ軟膏、テラマイシン軟膏などの抗生物質(抗菌剤)の塗り薬を使うことが多いです。

アクアチムクリームの使い方

1日2回、入浴後と朝の洗顔後、アクアチムクリームを炎症や化膿を起こした赤ニキビ、黄ニキビの上だけに塗ります(ダラシンTゲルと同じ)

アクアチムクリームも、ダラシンTゲルのように4週間で効果が現れなければ一端中止します。

アクアチムクリームの効果

アクアチムクリームを赤ニキビに1日2回朝夕洗顔後4週間塗布した臨床試験の結果は、有効率81.3%とあります。

しかし、有効率とはアクアチムクリームが赤ニキビに対して「有効」以上の率のことらしいです、何をもって「有効」と判断したのかは不明です。

アクアチムクリームの副作用

アクアチムクリームの副作用の頻度は、ダラシンTゲルより少ないですが、つっぱり感、パリパリ感などの副作用がでる場合があります。

副作用の頻度 1.44%
主な副作用 かゆみ 不明
赤み
乾燥感

ニキビ抗生物質の耐性菌問題

新薬ゼビアックスローションはニキビに1日1回でOK!効果と副作用
ゼビアックスローションは2016年1月7日発売のニキビ薬です。アクアチムクリーム、ダラシンTゲルと同じ抗菌薬で、赤ニキビの薬として期待されています。比較してみていきましょう。

ダラシンTゲル(抗生物質)やアクアチムクリーム(抗菌剤)は、長い間使用されると耐性菌が問題になってきます。

実際、ダラシンTゲルのニキビの原因菌であるアクネ菌やブドウ球菌に対する耐性化率は高くなっています。

日本での抗生物質(抗菌剤)の耐性化率の例

商品名 有効成分 アクネ菌 ブドウ球菌
ダラシンTゲル クリンダマイシン 23.2% 51.7%
アクアチムクリーム ナジフロキサシン 10.3%
クラビット レボフロキサシン 4.3% 36.2%
クラリス クラリスロマイシン 18.8% 58.6%

ディフェリンが発売されていなかった時代は、抗生物質の単独使用が主なニキビの治療法でした。

当時、ダラシンTゲルはニキビに対して特に効きました。本当にニキビの赤みが魔法のように消えたんです。

そのため、赤ニキビの方はダラシンTゲルが欲しくてしかたなかったわけです。
医師も希望されるものですから、しかたなしにダラシンTゲルを使用します。

その結果が耐性菌のまん延です。

ダラシンTゲル、アクアチムクリームの違い(まとめ)

赤ニキビ薬の市販(硫黄)とイオウカンフルローション 効果、使い方、副作用
ニキビの市販は硫黄(イオウ)を含む薬がメインです。ニキビの硫黄を含む市販に医療用のイオウカンフルローションを交えて解説します。

商品名 ダラシンTゲル アクアチムクリーム
有効成分 クリンダマイシン1% ナジフロキサシン1%
抗菌効果 ブドウ球菌群、アクネ菌
使用方法 洗顔後、1日2回塗布
中止のめやす 4週間後、効果がない
主な副作用 かゆみ5.84% かゆみ・刺激感1%未満
赤み1.62% 赤み1%未満
保存 1℃~25℃
妊婦 不明
授乳 不明
  1. ニキビの治療はアクアチムクリーム、ダラシンTゲルの抗生物質系単独使用から、ディフェリンやベピオのピーリング系の塗り薬にシフトしてきている
  2. ディフェリンやベピオを使い、赤ニキビの化膿がひどいときのみアクアチムクリームダラシンTTゲルをプラスするイメージで使用される
  3. 抗生物質ダラシンに耐性化したアクネ菌やブドウ球菌が増えているため、最近ではアクアチムクリームやゼビアックスローションを使用する医師が増えてきた