ニキビ塗り薬・保湿剤の併用と順番のルール!ディフェリン、ベピオ、ヒルドイド、化粧水、乳液、日焼け止めetc

順番にならぶ家族

併用されることが多いニキビ塗り薬と保湿剤は、次の6種類です。

  1. ディフェリンゲル
  2. ベピオゲル
  3. エピデュオゲル
  4. ダラシンTゲル
  5. アクアチムクリーム(ローション)
  6. ゼビアックスローション
  7. ヒルドイドソフト軟膏(ローション)
    (ビーソフテン、ヘパリン類似物質)

日本皮膚科学会では、ニキビの症状別に推奨度を5段階に分けています。

5種類のニキビ塗り薬は推奨度Aランクで、炎症性皮疹と呼ばれる赤ニキビ・黄ニキビへの使用が推奨されています。
(エピデュオゲルは新薬のため未評価)

ニキビ塗り薬と保湿剤の併用を考える場合、塗る順番も大切です。

化粧水、乳液、日焼け止め、化粧(メイク)との併用も多いと思います。

ニキビ塗り薬、保湿剤と化粧水、乳液、日焼け止め、化粧(メイク)の順番も解説します。

スポンサーリンク

ニキビ塗り薬と保湿剤の併用:
ディフェリン、ベピオ、エピデュオ、アクアチム、ダラシンT、ゼビアックス、ヒルドイド

ニキビ塗り薬と保湿剤の併用

ニキビ塗り薬(ディフェリン、ベピオ、エピデュオ、アクアチム、ダラシンT、ゼビアックス)と保湿剤(ヒルドイド)の併用は、副作用を抑えるためにも有用です(後述)。

ニキビ塗り薬の併用

ニキビ塗り薬は、大きく2種類にわけられます。

  ニキビ塗り薬
ピーリング系 ディフェリン ベピオ エピデュオ
抗生物質系 アクアチム ダラシンT ゼビアックス

【抗生物質系:アクアチム、ダラシンT、ゼビアックス】同士は併用する理由はありませんが、
【ピーリング系:ディフェリン、ベピオ、エピデュオ】とアクアチム、ダラシンT、ゼビアックスを併用することはよくあります。

なぜならば、ニキビ治療はアクアチム、ダラシンT、ゼビアックスの抗生物質系のニキビ塗り薬の単独使用から、ディフェリン、ベピオ、エピデュオのピーリング系のニキビ塗り薬にシフトしてきているからです。

ベピオ、ディフェリンとダラシン、アクアチム、ゼビアックスの併用

抗菌薬:抗生物質系の塗り薬

このように、ディフェリン、ベピオ、エピデュオを主に使い、赤ニキビの化膿がひどいときのみアクアチム、ダラシンT、ゼビアックスをプラスする(併用する)イメージです。

アクアチムクリーム、ダラシンTゲルは古いニキビ薬? 効果と副作用 市販は?
ニキビ新薬(ディフェリン、ベピオ)発売後も、ダラシン、アクアチムは化膿したニキビに使われています。ディフェリン、ベピオとの併用で、相乗効果が期待できます。

ディフェリンとベピオの併用

ディフェリンとベピオの作用機序(効果を表す方法)は違うため、ディフェリンとベピオの併用は可能です。

ベピオゲルは背中ニキビもOK!効果、副作用、使い方 ディフェリンとの違い
2016年4月に発売されたニキビ薬ベピオゲルは、患者さんの評判も比較的上々です。ただし、副作用(赤み、皮膚のはがれなど)が出やすく、使い方(塗り方)にはちょっとコツがいります。

効果(作用) 効果(作用)の詳細
ディフェリン レチノイド様効果 角質が分厚くなるのを抑えて毛穴のつまりを取り除く
ベピオ ピーリング効果 微小面皰が作られないようにする
古い角質をはがし、毛穴のつまりを防ぐ
抗菌効果 アクネ菌(ニキビの原因菌)の増殖をおさえる
抗炎症効果 炎症物質の生成を抑制して、ニキビの化膿をおさえる

微小面皰(めんぽう):目に見えない小さなニキビ

海外では、ディフェリンとベピオの配合剤もニキビ治療に使われています。

日本でも、ようやく2016年11月に発売されました。

ニキビ塗り薬エピデュオゲルが痛い!赤くなる? 効果、副作用、使い方
エピデュオゲルはディフェリンとベピオの配合ニキビ塗り薬です。日本でも2016年11月4日に発売されました。痛い、赤くなるとの意見が多いですが、その解決方法も解説します。

ニキビ塗り薬と保湿剤の併用のまとめ

ディフェリン ベピオ アクアチム ダラシンT ゼビアックス ヒルドイド
ディフェリン
ベピオ
アクアチム × ×
ダラシンT × ×
ゼビアックス × ×
ヒルドイド

○:併用できる
×:併用しない

スポンサーリンク

ニキビ塗り薬(ディフェリン、ベピオ、エピデュオ)と保湿剤(ヒルドイド)の順番

ベピオ、ディフェリン、エピデュオには一種のピーリング効果があります。

そのため、乾燥感、肌のはがれ感による独特のヒリヒリ感が朝まで残ることがあります。

特に塗り始め1~2週間はヒリヒリ感によるツライ夜を過ごすかもしれません。

【保湿剤(ヒルドイド)もしくは化粧水、乳液】→【ベピオ、ディフェリン、エピデュオ】の順番で塗ることでヒリヒリ感を抑えることができます。

保湿剤ヒルドイドの効果をひきだそう! 使い方と副作用(塗り方、順番、量)
ネットではアンチエイジングクリームや化粧水として話題のヒルドイド。ヒルドイドは保湿効果にすぐれ、顔、首、全身に使えます。塗り方、量、回数を守ればもっと効果を引き出せます。

度を超えた皮膚のめくれや赤みは、ベピオゲル、ディフェリンン、エピデュオとの相性が良くない可能性があります。

中止して診察を受けてください。

ディフェリン、ベピオ、エピデュオとアクアチム、ダラシンT、ゼビアックスの塗る順番

ニキビ塗り薬の塗り方(使い方)

ディフェリン、ベピオ、エピデュオ、アクアチム、ダラシンT、ゼビアックスの塗り方

出典:ポーラHP(一部変更)

抗生物質系ニキビ塗り薬のアクアチム、ダラシンT、ゼビアックスは、赤ニキビの上にピンポイントに塗ります(写真の青)。

ピーリング系ニキビ塗り薬のディフェリン、ベピオ、エピデュオは、赤ニキビの上だけではなく、ニキビができやすいところ(おでこ、ほお、あごなど)全体に塗ります(写真の赤)。

ピーリング系と抗生物質系 ニキビ塗り薬の順番

ピーリング系ニキビ塗り薬のディフェリン、ベピオ、エピデュオを先に塗ってから、抗生物質系ニキビ塗り薬のアクアチム、ダラシンT、ゼビアックスを後に塗ります。

なぜならば、

【抗生物質系ニキビ塗り薬】を先に塗ると、【ピーリング系ニキビ塗り薬】を後に塗ったときに、【抗生物質系ニキビ塗り薬】が必要のない肌に塗り広げられるからです。

ゼビアックスローションはニキビに1日1回でOK! 効果、副作用、使い方(塗り方)
ゼビアックスローションはアクアチムクリーム、ダラシンTゲルと同じ抗菌系の赤ニキビ薬です。3種類の塗り薬の効果、副作用を比較しながら解説します。

ニキビ治療と予防に有用な化粧水と乳液

ニキビを治療している間、もしくはニキビ肌の方は、化粧水や乳液の品質にも気を使いたいです。

具体的には、次の表示がある化粧水や乳液をスキンケアに使います。
これらの化粧水や乳液は、ニキビ予防にも一役買います。

  • ノンコメドジェニック
  • ノンコメドジェニックテスト済
今年は絶対焼けない! 日焼け止めの効果的な使い方(量、頻度)
日焼け止めの使い方(量と頻度)が間違っていると、肌への負担が増えるばかりで、期待した日焼け止め効果が得られません。

洗顔から化粧(メイク)までの順番のルール

ニキビ塗り薬と保湿剤(ヒルドイド)の順番

ニキビ塗り薬と保湿剤(ヒルドイド)の順番を総括すると、次の順番です。

  1. ヒルドイド(保湿剤)
  2. ディフェリン、ベピオ、エピデュオ
    (ピーリング系ニキビ塗り薬)
  3. アクアチム、ダラシン、ゼビアックス
    (抗生物質系ニキビ塗り薬)

洗顔(クレンジング)から化粧(メイク)までの順番

洗顔(クレンジング)から化粧(メイク)までの順番は次の通りです。

  1. 洗顔(クレンジング)
  2. 化粧水
  3. 乳液
  4. クリーム
  5. (←塗り薬)
  6. 日焼け止め
  7. 化粧下地
  8. 化粧(メイク)

この順番の中では、日焼け止めの直前に塗り薬を使用します。

アネッサ&アリー ウォータープルーフ日焼け止め 海で焼けないは?
日焼け止めの2大勢力資生堂とカネボウ。海でも焼けないといわれる、アネッサとアリーのウォータープルーフ日焼け止めを比較します。

ニキビ塗り薬、保湿剤、化粧水、乳液の順番のルール

  1. 洗顔(クレンジング)
  2. 化粧水
  3. 乳液
  4. クリーム
  5. ヒルドイド
    (保湿剤)
  6. ディフェリン、ベピオ
    (ピーリング系ニキビ塗り薬)
  7. アクアチム、ダラシン、ゼビアックス
    (抗生物質系ニキビ塗り薬)
  8. 日焼け止め
  9. 化粧下地
  10. 化粧(メイク)

紫外線は角質を硬くして、ニキビを悪化させる原因です。

日焼け止めの選び方 毎日用はSPF、PA最強× 肌に優しい成分がおすすめ
SPF50+、PA++++が最強であることは間違いないですが、用途に合わせた日焼け止めの選び方が大切です。成分基準とSPF/PA基準の選び方を解説します。

まとめ

  1. 保湿剤ヒルドイドは、ディフェリン、ベピオ、エピデュオのヒリヒリ感の副作用の抑制に有用
  2. 抗生物質系同士の併用は行わないが、ピーリング系と抗生物質系の併用はある
  3. ニキビ塗り薬と保湿剤は、広く塗る必要がある薬から順番に塗る
  4. その順番は、ヒルドイド→ピーリング系ニキビ塗り薬→抗生物質系ニキビ塗り薬
  5. 塗り薬は、日焼け止めを塗る直前に塗る
  6. ニキビ治療は、保湿(化粧水、ヒルドイドなど)、ニキビ塗り薬、日焼け止めが欠かせない