アルツハイマー型&レビー小体型認知症薬アリセプト(ドネペジル)の効果と副作用

スポンサーリンク

認知症薬は4種類あり、作用別に2種類に分類できます。

①脳内のアセチルコリンの濃度を増やす認知症薬

  1. アリセプト(ドネペジル)
  2. レミニール(ガランタミン)
  3. イクセロンパッチとリバスタッチパッチ(リバスチグミン)

イクセロンパッチとリバスタッチパッチは商品名が違うだけで、リバスチグミンを有効成分とする同じ認知症薬です

②過剰なグルタミン酸を抑えて、脳神経が傷つくのを抑える認知症薬

  1. メマリー

アリセプト、レミニール、イクセロンパッチ(リバスタッチパッチ)はどれも同じ作用機序のアルツハイマー型認知症ですが、

アリセプトは治療経験が豊富で、4種類の認知症薬で唯一レビー小体型認知症に効果が認められています。

スポンサーリンク

アリセプト(ドネペジル)の剤形

アリセプトはドネペジルを有効成分とするアルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の両方に効果がある(保険適応がある)唯一の認知症薬です。

アリセプトの多彩な剤形

認知症の症状が軽い間は、自分で認知症薬を管理したり服用したりできますが、

認知症の症状が進行するにつれ、家族や介護者が認知症薬を管理する場合が多く、他の剤形(ゼリー、液剤、貼り薬)にシフトしていくケースが多いです。

認知症貼り薬イクセロンパッチとリバスタッチの効果と副作用 かぶれない使い方
認知症内服薬は飲んだのかどうかわからなくなる場合がありますが、貼り薬は使っているかどうかを見て判断できます。ただし、パッチかぶれには注意が必要です。

認知症薬を拒否してしまう方も少なくありません。

アリセプト(ドネペジル)は、錠剤D錠(口腔内崩壊錠)、内服ゼリー細粒ドライシロップ剤の5剤形があり、あらゆるニーズに対応できます。

左から、アリセプト錠剤、アリセプトD剤、アリセプト内服ゼリー、アリセプト細粒、アリセプトドライシロップ

アリセプトの成分ドネペジルには苦味がありますが、次のような工夫で苦みを軽減しています。

  • アリセプト錠:フィルムコーティング
  • アリセプトD錠・アリセプト内服ゼリー:添加物を工夫

また、アリセプトドライシロップと液体を混合して服用するときは、ほとんどの液体との混合が可能です。

用時懸濁製剤であるドライシロップ剤との配合試験結果においてラコールNF、エンシュア、リキッド、水、服薬ゼリー、とろみ剤、スポーツドリンク、みそ汁、ヨーグルト、コーヒーでは外観の変化も認められず、含量にもほとんど変化は認められませんでした。緑茶、紅茶では沈殿や濁りが認められ、含量も低値でした。

アリセプトのインタビューフォームより

どの剤形を使っても、用量が同じであれば効果は同等です。

認知症は何科なの?精神科?高齢化率と増える物忘れ外来
脳神経外科(物忘れ外来)、神経内科(認知症外来)、精神科(物忘れ外来)。さまざまな表記がありますが、どのように違うのでしょうか。認知症を取り巻く環境変化の話から、科の特徴まで解説します。

 アリセプトD錠の特徴

  • 水がなくてもすぐに服用できます
  • 錠剤が飲み込みにくい方でも、口の中で速やかに溶けるため服用できます。

アリセプト細粒・ドライシロップの特徴

  • 微妙な用量のコントロールが可能です

保険では、アリセプトの1日用量は3mg、5mg、10mgのいずれかが使用されますが、
アリセプトを増量していくと、攻撃性が増強されるたり症状が悪化する場合があります。

そのようなときに、微妙な用量のコントロールが可能なアリセプト細粒ドライシロップは重宝されます。

2016年6月
厚生労働省は、認知症薬の用量について医師の裁量権を認めると発表しました。
認知症薬を増量すると、症状の悪化(攻撃・興奮の悪化など)が起こる場合や、副作用が起こる場合は、低用量での治療を続けられるようになりました。

アリセプト内服ゼリー

  • 薬を容器から出して皿の上に出してしまえば、薬のようには見えにくいです
  • 薬の服用を拒否している場合でも、抵抗を和らげられます
  • アリセプト内服ゼリーは、はちみつレモン味です。
    スプーンでおやつ感覚で服用できます
  • 水で薬を飲むと吐いてしまう方などでも、適当な粘り気を保っているため服用しやすいです
  • アリセプト内服ゼリーは、喉に詰まらせる危険性が低いです

スポンサーリンク

アリセプト(ドネペジル)が認知症に効果がある理由
作用機序】

効果1:
アセチルコリンエステラーゼ阻害作用

アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症薬では、アセチルコリンと呼ばれる脳内の神経と神経で連絡を取り合う物質(神経伝達物質)の濃度が低下しています。

アルツハイマー型認知症の中核症状と周辺症状(暴力・妄想)
アルツハイマー型認知症の原因と中核症状。家族や介護者を悩ませる周辺症状(行動症状と心理症状)について解説します。

アリセプト(ドネペジル)は、そのアセチルコリンを分解する酵素をブロックして、脳内のアセチルコリンを増やし、神経の連絡網が途切れないようにする作用があります。
(アセチルコリンエステラーゼ阻害作用)

アリセプト(ドネペジル)の作用機序

効果2:
グルタミン酸神経毒性に対する神経保護作用

アリセプト(ドネペジル)の有効成分ドネペジルは、脳内のアセチルコリンの濃度を高めて、神経の連絡網の低下を抑える作用以外に、

神経を保護する作用(グルタミン酸神経毒性に対する神経保護作用)が確認されています。

グルタミン酸神経毒性
甘みなどの調味料で知られるアミノ酸のひとつであるグルタミン酸は、脳内では記憶、学習に関わる重要なアミノ酸です。
しかし、過剰なグルタミン酸は神経を傷つけ、興奮や異常行動を引き起こすことがあります

アリセプト(ドネペジル)の飲み方使い方

アリセプト(ドネペジル)は少量から開始し、治療域と呼ばれる効果を現す用量まで、ステップアップしていくのが標準的な使い方です。

アリセプト(ドネペジル)は、アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症のどちらの認知症に使うかで少し使い方が違います。

アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症、1日1回アリセプト3mgからのスタートは共通です。

1~2週間後、認知症症状や副作用(消化器系副作用など)を確認しながら、アリセプト5mgに増量します。

高度アルツハイマー型認知症もしくはレビー小体型認知症は、アリセプト5mgで4週間以上経過後、アリセプト10mgに増量します。

アリセプト(ドネペジル)の使い方(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症)

アリセプト(ドネペジル)の治療域(効果が期待できる用量)

  • 軽度~中等度のアルツハイマー型認知症:5mg
  • 高度のアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症:10mg

アリセプト(ドネペジル)服用後の症状悪化(興奮・攻撃など)

アリセプト(ドネペジル)の服用開始時や増量時、興奮・攻撃などの精神症状が悪化する場合があります。

興奮・攻撃性増加は、脳内アセチルコリン量の変化による一時的な症状の悪化で、時間の経過で回復する場合が多いですが、変化がない場合は医師と相談した方がいいかもしれません。

そのときは、アリセプト5mg、10mg以下の用量で継続服用することもあります。

アルツハイマー型認知症の症状

アルツハイマー型認知症は40歳代の方でも発症している場合もあります。
(若年性認知症)

【認知症予防】運動、食事(EPA,DHA)、ゲーム(脳トレ) 効果があるのは?
認知症を予防する決定的な方法はいまだに見つかっていません。ゲーム(レクリエーション)、運動、食事が有力視されていますが、本当はどうなのでしょうか?

ゆっくりと症状の悪化は進行していくため、本人も家族も認知症に気付かない場合も多いです。

アルツハイマー型認知症は中核症状と呼ばれる症状から始まり、周辺症状(行動症状・心理症状)に発展していきます。

アルツハイマー型認知症の中核症状

  1. 記憶力の低下
    記憶力の低下は「物忘れ」として現れます。
    健康な方の物忘れは断片的ですが、アルツハイマー型認知症の方の物忘れは全体的で、記憶そのものがごっそり抜けています。
    記憶力の低下は、判断力の低下、見当識(けんとうしき)の低下につながります。

  2. 判断力の低下
    記憶力が低下するため、自分で答えを出す速度が遅くなります。

  3. 見当識の低下
    見当識とは、現在の年月や時刻、自分が居る場所など、今の状況を把握する能力です。

アルツハイマー型認知症の周辺症状(行動症状)

  1. 攻撃(暴力)
  2. 異常音(変な音を出す)
  3. 興奮
  4. あせり
  5. 収集
  6. 不平・不満
  7. 徘徊(部屋・家外)

アルツハイマー型認知症の周辺症状(心理症状)

  1. 無気力(物事に興味がなくなる)
  2. 妄想(物盗られ妄想)
  3. 不安
  4. 自発性の低下(やる気の減退)
  5. 付きまとい
  6. うつ症状
  7. 幻覚(幻視)
  8. 不眠
  9. 繰り返し行動(ドアの開け閉めなど)
なぜドグマチール(スルピリド)は胃薬、うつ・統合失調症薬として効果を示すのか?
ドグマチール(スルピリド)には、2つの作用(交感神経を抑制する作用とドパミンD2受容体をブロックする作用)と3つの顔が(胃薬、抗うつ薬、統合失調症薬)があります。

人によって認知症の進み方や症状はさまざまですが、放置すれば確実に症状は悪化します。

アルツハイマー型認知症は、自然に治ることはありません。

アルツハイマー型認知症の進行をイメージ

 認知症の進行 軽度 中等度 高度
最近の記憶 たまに忘れる 記憶できない 全く記憶できない
昔の記憶 覚えている あいまい 不正確
時間の認識 ややあいまい あいまい 不正確
場所の認識 わかる あいまい 不正確
人の認識 わかる 少しあいまい あいまい~不正確
日常会話 できる 違和感がある やや困難
記憶が必要な会話 違和感がある やや困難 困難

アルツハイマー型認知症の初期症状 物忘れが激しい人との違い
アルツハイマー型認知症は「物忘れ」という形で現れ、治療を開始しない限り症状の進行を抑えることはできません。また、いつ発症したのか?どこからが病気なのか?判断しにくい病気でもあります。

アリセプト(ドネペジル)の効果
【アルツハイマー型認知症】

アリセプト(ドネペジル)は、アルツハイマー型認知症の中核症状の進行を抑制する効果は認められていますが、

周辺症状(行動症状・心理症状)に対する直接的な有効性は不明な点があります。

軽度・中等度のアルツハイマー型認知症の方への効果

軽度・中等度のアルツハイマー型認知症の方を対象にした二重盲検比較法(アリセプト3mgを1週間服用後アリセプト5mgに変更)では、アリセプト(ドネペジル)が認知機能低下の進行を抑える効果が確認できます。
アリセプト(ドネペジル)の効果(軽度、中等度のアルツハイマー型認知症)

ADAS-Jcogのスコア(認知機能を評価)

(点数が低い:認知機能が保たれている)

高度アルツハイマー型認知症の方への効果

高度アルツハイマー型認知症の方を対象にした二重盲検比較法では、アリセプト(ドネペジル)が認知機能低下の進行を抑える効果が確認できます。

アリセプト(ドネペジル)の効果(高度アルツハイマー型認知症)

SIBのスコア(認知機能を評価)

  • アリセプト10mg:
    アリセプト3mg2週間→アリセプト5mg4週間→アリセプト10mg18週間
  • アリセプト5mg:
    アリセプト3mgを2週間→アリセプト5mg22週間

レビー小体型認知症の症状

レビー小体型認知症の症状は、アルツハイマー型認知症の中核症状と同じような中核的症状が現れます。

しかし、レビー小体型認知症の中核的症状は、初期には目立たないことが多いようです。

レビー小体型認知症の中核的症状

  1. 認知機能の変動
    レビー小体型認知症は、時間帯や日によって認知機能の低下症状が出ているときと出ていないときがあります。

  2. 幻覚(主に幻視)症状
    レビー小体型認知症の幻覚はかなりリアルな3D映像のようで、レビー小体型認知症の方の家族や介護者を驚かせる要因のひとつです。

  3. パーキンソン病のような症状
    パーキンソン病とレビー小体型認知症の関連性は強いです。
    レビー小体型認知症のパーキンソン病のような症状が強く出ていて認知機能が保たれているときは、パーキンソン病を疑われることもあります。

レビー小体型認知症のその他の症状

  1. うつ症状
  2. 自律神経失調症
  3. レム睡眠行動障害
レビー小体型認知症の3大症状 幻視、パーキンソン病、認知機能の動揺
認知症といえば次の3種類です。 アルツハイマー型認知症 血管性認知症 レビー小体型認知症 一般的にいう認知症とはアルツハイマー型認知症を指す場合が多く、すべての認知症の半分を...

アリセプト(ドネペジル)の効果
【レビー小体型認知症】

レビー小体型認知症の方を対象にした二重盲検比較法では、アリセプト(ドネペジル)が認知機能低下の進行を抑える効果が確認できます。

アリセプト(ドネペジル)の効果(レビー小体型認知症)

MMSEのスコア(認知機能を評価)

  • アリセプト10mg:
    アリセプト3mg2週間→アリセプト5mg4週間→アリセプト10mg6週間
  • アリセプト5mg:
    アリセプト3mgを2週間→アリセプト5mg10週間

アリセプト(ドネペジル)の効果の判定

認知症薬は効果なし?むしろ悪化? 薬の種類と副作用一覧
「認知症薬は効かない、効果なし、むしろ悪化する」という方もいますが、そんなことはありません。薬の効果が目に見えないため効果が分かりにくいだけです。

こちらの記事で説明した通り、認知症薬は効果の判定が難しいです。

アルツハイマー型認知症は、放置すればゆっくりと症状は悪化していきます。

アリセプト(ドネペジル)を服用していて、認知機能・表情などを主観的に見て症状の悪化がなく、今までどおりの生活が維持できているならば、効果があるといえるのかもしれません。

軽度・中等度のアルツハイマー型認知症の方を対象としたアリセプト(ドネペジル)の臨床試験では、12週後から認知機能の改善が認められています。

ただし、アリセプト(ドネペジル)を含めて、認知症薬の効果発現にかかる時間や効果には個人差があります。

アリセプト(ドネペジル)と食事と飲み忘れ

アリセプト(ドネペジル)は、食事による吸収の影響はありません。

1日1回どのタイミングで飲んでもいいのですが、消化器系の副作用である吐き気を軽減させるため、食後服用がほとんどです。

アリセプト(ドネペジル)を飲み忘れたときは、思い出したときに服用してください。

ただし、次回との服用時間が近いときは、1回分はスキップします。

吐き気止め薬ナウゼリン錠・OD錠(ドンペリドン)の効能効果、副作用、市販
ナウゼリン(ドンペリドン)は、ドパミンD2受容体を介してアセチルコリンの量を調整する吐き気止め薬で、吐き気、食欲不振、腹部膨満感、腹部不快感、胸焼けの症状に効果があります。

アリセプト(ドネペジル)の副作用

アリセプト(ドネペジル)のアルツハイマー型認知症に効果が期待できる用量は、5mg~10mgです。

レビー小体型認知症に効果が期待できる用量は、アリセプト10mgです。

アリセプト(ドネペジル)の用量を3mgからステップアップしていく理由は、消化器系副作用(吐き気、下痢・便秘)を抑えるためです。

消化器系副作用は、薬を飲み始めた初期や薬を増量したときに起こりやすいです。

そのため、ナウゼリン、プリンペランなどの吐き気止めや、ビオフェルミン、ラックビーなどの整腸剤を併用する例もあります。

  悪心 嘔吐 下痢 便秘
軽中AD 1.76% 0.65% 0.78% 0.19%
高AD 8.03% 6.99% 4.92% 1.04%
DLB 2.35% 1.25% 1.18% 0.27%

軽中AD:軽度~中等度アルツハイマー型認知症
高AD:高度アルツハイマー型認知症
DLB:レビー小体型認知症

(軽度~中等度アルツハイマー型認知症の副作用頻度は承認時と再審査時の集計)
(高度アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の副作用頻度は承認時)

妊婦も使える便秘薬 ビオフェルミン、酸化マグネシウム、ラキソベロン液
妊婦の便秘に使われる便秘薬は、ビオフェルミンなどの整腸剤や酸化マグネシウムなどの便軟化作用を持つ便秘薬が第一優先です。それでも効果がない場合は、大腸刺激系の便秘薬ラキソベロンなどです。

アリセプト(ドネペジル)の併用

アリセプト(ドネペジル)は、他のアセチルコリンエステラーゼ阻害作用がある薬(レミニール、イクセロンパッチ・リバスタッチパッチ)とは併用できません。

メマリーは併用が可能です。

実際、アリセプト(ドネペジル)を単独服用するよりは、メマリーと併用した方が相乗効果があるというデータもあります。

中等度以上のアルツハイマー型認知症では、アリセプト(ドネペジル)とメマリーの併用が標準的な治療法になりつつあります。

認知症薬メマリー(メマンチン)とアリセプトの違い【効果、副作用、併用】
メマリー(メマンチン)は、アリセプト(ドネペジル)などの神経伝達を保つ作用とは違う作用を持っています。そのため、一般的な認知症薬とは違う副作用があります。

まとめ

  1. アリセプト(ドネペジル)は、アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の両方に効果が認められた唯一の認知症薬
  2. アリセプト(ドネペジル)は5剤形があり、あらゆるニーズに対応できる
  3. アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症薬は、アセチルコリン(神経伝達物質)の濃度が低下している
  4. アリセプト(ドネペジル)は、脳内のアセチルコリンを増やし神経の連絡網が途切れないようにする作用がある
  5. アリセプト(ドネペジル)は少量から開始し、治療域までステップアップしていくのが標準的な使い方
  6. その理由は、消化器系副作用を軽減するため
  7. アリセプト(ドネペジル)は、アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の症状の進行を抑え、介護者の負担を軽減する効果がある