認知症貼り薬イクセロンパッチとリバスタッチの効果と副作用 かぶれない使い方

認知症薬は4種類あり、その中の3種類は脳内のアセチルコリンの濃度を増やして認知症の進行を抑えます。

  1. アリセプト(ドネペジル)
  2. レミニール(ガランタミン)
  3. イクセロンパッチとリバスタッチ
    (リバスチグミン)

アリセプトとレミニールは飲み薬ですが、イクセロンパッチとリバスタッチは貼り薬です。

イクセロンパッチとリバスタッチは、湿布のようにペタっと貼って使います。

アリセプトやレミニールは消化器系副作用が現れやすいため、副作用の軽減を目的としてイクセロンパッチとリバスタッチが開発されました。

しかし、貼り薬には独特の「かぶれ」の副作用があり、それをいかに軽減するかがイクセロンパッチとリバスタッチを使う上のポイントでもあります。

イクセロンパッチとリバスタッチの効果と副作用、かぶれないための使い方を解説します。

(最後にレミニールも少し解説)

スポンサーリンク

認知症貼り薬
イクセロンパッチとリバスタッチ

イクセロンパッチ、リバスタッチ

イクセロンパッチとリバスタッチは商品名と製造メーカーが違うだけで、リバスチグミンを有効成分とする同じ認知症貼り薬です。

飲み薬は飲んだのかどうかわからなくなる場合がありますが、貼り薬は使っているかどうかを見て確認できます。

認知症貼り薬は、家族や介護者が薬の管理をしやすい剤形です。

スポンサーリンク

イクセロンパッチとリバスタッチの作用機序

認知症では、アセチルコリンと呼ばれる脳内の神経と神経で連絡を取り合う物質(神経伝達物質)の濃度が低下しています。

イクセロンパッチとリバスタッチは、そのアセチルコリンを分解する酵素をブロックします。
(アセチルコリンエステラーゼ阻害作用)

そうすることで、脳内のアセチルコリンを増やし、神経の連絡網が途切れないようにして認知機能の低下を抑制します。

イクセロンパッチとリバスタッチの作用機序

イクセロンパッチとリバスタッチの使い方

イクセロンパッチとリバスタッチは認知症貼り薬

イクセロンパッチとリバスタッチは、唯一「貼り薬」という剤形を採用している認知症薬です。

認知症薬は効果なし?むしろ悪化? 薬の種類と副作用一覧
「認知症薬は効かない、効果なし、むしろ悪化する」という方もいますが、そんなことはありません。薬の効果が目に見えないため効果が分かりにくいだけです。

イクセロンパッチとリバスタッチは、傷などのない上半身(主に背、腕、胸)に貼り、24時間毎に貼り替えます。

かぶれの副作用軽減のため、少し貼る場所をずらして貼りかえるのがポイントです。

背中でローテーションする例

イクセロンパッチとリバスタッチの貼り方

出典:イクセロンパッチの使い方(改変)

イクセロンパッチとリバスタッチは、咳止めシール ホクナリンテープと使い方が似ています。

咳止めシールで有名なホクナリンテープ(ツロブテロール)の効果、副作用、使い方
最近では、ホクナリンテープは気管支喘息ではなく、気管支炎の咳に使われるケースが多いです。しかし、効かない印象を持っている方がいるのも事実です。

イクセロンパッチとリバスタッチは、認知症薬を拒否している場合でも家族や介護者が目立たないところにペタッと貼っておくことができます。

また、イクセロンパッチとリバスタッチには、貼った日などを書きこむスペースもあります。
貼った日と時間を書くと貼り薬の管理がしやすいです。

イクセロンパッチとリバスタッチの漸増

イクセロンパッチとリバスタッチは、1日1回4.5mgからスタートして、

4週毎に4.5mgずつ増量し、治療に効果を現す用量18mgまで増量します。
【3ステップ漸増法】

ただ、この方法では18mgまでに12週間もかかってしまうため、

状態に応じて1日1回9mgからスタートして、4週後に18mgに増量するという漸増法(1ステップ漸増法)もあります。

リバスタッチ・イクセロンの用量ステップアップ

貼り薬の用量をステップアップするのは、消化器系副作用を軽減するためです。

ただし、認知症貼り薬の効果を早く期待したい場合は、1ステップ漸増法の方がいいかもしれません。

日本人のアルツハイマー型認知症の方を対象にした、イクセロンパッチとリバスタッチの1ステップ漸増法と3ステップ漸増法の比較試験では、

副作用などの理由で薬が中止になった割合の差はわずかだったからです。

増量方法 中止率
1ステップ漸増法 15.0%
3ステップ漸増法 18.5%

アルツハイマー型認知症の中核症状と周辺症状(暴力・妄想)
アルツハイマー型認知症の原因と中核症状。家族や介護者を悩ませる周辺症状(行動症状と心理症状)について解説します。

イクセロンパッチとリバスタッチの副作用 

消化器系副作用

他の認知症薬と比較すると、イクセロンパッチとリバスタッチは吐き気や食欲低下などの消化器系副作用は少ないです。

消化器系副作用の頻度

  イクセロンパッチ
リバスタッチ
レミニール
嘔吐 7.8% 12.6%
悪心 7.6% 14.9%
食欲減退 5.2% 8.3%

(臨床試験結果より)

貼り薬のかぶれの副作用

イクセロンパッチやリバスタッチを使う方は、高齢者がほとんどです。

高齢者の皮膚は、健常者に比べるとバリア機能が落ちているため、イクセロンパッチとリバスタッチは貼り薬特有の副作用(皮膚の赤み、かゆみ、かぶれ)が起こる頻度がやや高いです。

副作用 副作用頻度
紅斑(赤み) 37.7%
そう痒感(かゆみ) 36.6%
接触性皮膚炎(かぶれ) 25.4%

夏の湿布かぶれの副作用 モーラステープの光線過敏症に注意!対処は?
モーラステープの夏の湿布かぶれ(光線過敏症)は有名ですが、フルルビプロフェン、フェルビナク、インドメタシン、ケトプロフェンを含む湿布や塗り薬も、湿布かぶれを起こすことがあります。

イクセロンパッチとリバスタッチのかぶれ対策
(副作用対策)

貼り薬の位置のローテーション

貼り薬の貼る場所を毎回変更することで、パッチかぶれは軽減します。

参照
「イクセロンパッチとリバスタッチの使い方」

入浴後にはがす

イクセロンパッチとリバスタッチをはがすときは、パッチの粘着力を弱くしてからはがします。(入浴後)

はがすときの皮膚の刺激が軽減し、パッチかぶれを防止できます。

保湿剤の使用

イクセロンパッチとリバスタッチを貼ってから、貼った場所以外のところに保湿剤ヒルドイド(ヘパリン類似物質)や皮膚保護剤プロペト(白色ワセリン)でスキンケアしておくことで、パッチかぶれは軽減します。

乾燥肌の保湿にヒルドイド、白色ワセリン(プロペト)、混合薬 どれを選ぶ?
皮膚科で使用される乾燥肌対策の薬、ヒルドイドと白色ワセリン(プロペト)。同じように使っている方が多いと思いますが、違う性質を持つ保湿剤です。混合と塗る順番についても触れます。

次に貼る予定のところは、特に念入りにスキンケアします。

ただし、貼る直前に軟膏・クリームを塗ると、イクセロンパッチとリバスタッチの粘着力が下がり、はがれる原因になるため避けます。

ステロイド軟膏の使用

かぶれがひどいときは、貼り薬にこだわらず他の認知症薬に変更されるケースが多いですが、

それでも貼り薬で対応する必要があるならば、ステロイド軟膏を使用します。

軟膏(塗り薬)の塗り方 いつ、何回、塗る量は?ステロイド軟膏を中心に解説
化粧品と同じで、使用法、量、回数を守らないと塗り薬は効果を発揮できません。ステロイド軟膏を中心に、ニキビ、水虫、保湿剤の塗り方まで解説します。

認知症内服液レミニール

レミニールはガランタミンを有効成分する認知症薬です。

レミニールには、錠剤内服液があります。

レミニール錠とレミニール内服液

レミニール内服液は水やジュースなどにも簡単に混ざり、固形物が飲み込みにくい方に重宝されます。

レミニールの作用機序

レミニールも、イクセロンパッチとリバスタッチと同様にアセチルコリンを分解する酵素をブロックして、認知症の進行を抑制します。

さらに、アセチルコリン受容体の働きを高める作用もあります。

イクセロンパッチ、リバスタッチとレミニールの作用の違い

レミニールは脳内のアセチルコリンの濃度を高めて、神経の連絡網の低下を抑えるとともに、連絡をキャッチする機能も高めます。

レビー小体型認知症の3大症状 幻視、パーキンソン病、認知機能の動揺
認知症といえば次の3種類です。 アルツハイマー型認知症 血管性認知症 レビー小体型認知症 一般的にいう認知症とはアルツハイマー型認知症を指す場合が多く、すべての認知症の半分を...

レミニールの飲み方使い方

イクセロンパッチとリバスタッチは1日1回ですが、レミニールは効果の持続時間が短いため1日2回服用する必要があります。

レミニールは1日8mg(1回4mgを1日2回)からスタートして、4週間後に1日16mg(1回8mgを1日2回)に増量します。

また、レミニールは症状に応じて1日24mg(1回12mgを1日2回)まで増量できますが、1日16mgを4週間以上服用した後に増量します。

レミニールの飲み方使い方

レミニールも、アリセプト(ドネペジル)と同様に食事の影響を受けませんが、消化器症状の副作用を軽減するため、食後に飲むことが多いです。

アルツハイマー型&レビー小体型認知症薬アリセプト(ドネペジル)の効果と副作用
アリセプト(ドネペジル)は、アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の両方に効果が認められた唯一の認知症薬です。症状の進行を抑え、介護者の負担を軽減する効果が期待できます。

まとめ

  1. 認知症飲み薬:アリセプト、レミニール、メマリー
  2. 認知症貼り薬:イクセロンパッチとリバスタッチ
  3. アリセプトやレミニールは消化器系副作用が現れやすいため、副作用の軽減を目的としてイクセロンパッチとリバスタッチが開発された
  4. 貼り薬には独特の「かぶれ」の副作用がある
  5. 飲み薬は飲んだのかどうかわからなくなる場合があるが、貼り薬は貼っているかどうかを見て確認できるメリットがある
  6. イクセロンパッチとリバスタッチは上半身貼り、24時間毎に新旧貼り替える
  7. 高齢者は湿布かぶれやパッチかぶれの副作用の頻度が高い
  8. そのためかぶれ対策は必須
  9. レミニール内服液は、水やジュースなどにも簡単に混ざる

本記事の元タイトルは
「アリセプト(ドネペジル)・レミニール・イクセロンとリバスタッチの効果、用法、副作用の違い」です。

加筆して分割しました。