これってアルツハイマー型認知症の初期症状?物忘れチェック8項目

forgetful

日本人の平均寿命は、男性が80.50歳、女性が86.83歳(2014年)です。

多くの薬が開発され、長生きできる時代がやってきました。しかし、長生きできるありがたさとは裏腹に、長生きするリスクも問題になってきています。

例えば、認知症です。

認知症の最大の原因は加齢(歳をとること)です。60歳代の認知症の方の割合は1~2%程度ですが、80歳を超えると20%以上になります。

認知症は、いつ発症したのかわかりにくい病気で、治療を行わないとお迎えが来る日まで、確実にゆっくりと悪化していきます。軽い物忘れから始まり、社会生活や日常生活に支障が出るという具合にです。

認知症を早期に発見することで、認知症の進行を遅らせることは可能です。

しかし、歳を取ると一般的に記憶力や判断力がに鈍くなるため、加齢によるただの「ど忘れ」なのか、認知症の初期症状の「物忘れ」なのかを判断するのが難しいのも事実です。

今回は、アルツハイマー型認知症の初期症状について解説します。

スポンサーリンク

アルツハイマー型認知症の初期症状1
記憶力の低下(物忘れ)

初期症状チェック1:ご飯の物忘れ

物忘れは、健康な方でも日常的に起こり、加齢とともにその頻度も増えてくるのが普通です。

しかし、アルツハイマー型認知症の方と健康な方では、物の忘れ方・記憶の仕方に違いがあります。

認知症チェック「昨日の夕ご飯は、何を食べましたか?」このような質問はいかがでしょうか。

健康な方であれば、物忘れがあっても、このような感じに答えられるでしょう。

「肉・野菜・ご飯と味噌汁です」

その中から1つくらい忘れることもあるでしょう。いわゆる度忘れです。

しかし、アルツハイマー型認知症の方や初期症状が出ている方は、極端な例ですが、このような感じに答えることがあります。

「ご飯と、おかずです」

食事内容が具体的に思い出せないので、取り合えずごまそうとします。さらに、具体的に食事の内容を質問すると

「・・・」

反応に時間がかかったり、反応しなかったり。思い出せる様子がありません。

健康な方の物忘れは、断片的に記憶から物事が消えていきますが、アルツハイマー型認知症の初期症状がある方は、記憶の内容そのものが、すっかり抜けおちています。

イメージすると、このような感じです。

加齢による物忘れと認知症の物忘れの違い

健康な方であれば、記憶に関するヒントをだせば、思い出せることも、アルツハイマー型認知症の初期症状の場合は、記憶の内容そのものが保存されていないため、当然記憶から必要な情報を取り出すことができず、思い出せません。

パソコンで例えるならば、ファイル(情報)を保存(記憶)しようしても、ディスプレイに「保存できません」と表示されるような状態です。

何回クリックしても「保存できません」と表示されます。検索をかけても、保存されていないファイルは検索にひっかかることもありません。

初期症状チェック2:薬の物忘れ

薬の服用に関して言えば、健康な方でも、昼食後などに薬を飲み忘れるかもしれません。何の薬を何種類飲んでいるかは、理解に差はありますが、答えることができます。

アルツハイマー型認知症の初期症状の場合は、薬を飲む行為そのものを忘れていたり、飲んだどうか思い出せず、何度も飲んでしまう。飲んだと思いこむ。といった具合です。

薬の種類に関する質問では、「白い薬」や「薬」といったあいまいな回答をしてしまいます。

初期症状チェック3:会話内容の物忘れ
(同じことを1日何度も言う)

高齢の方と話していると、何度も同じ話を繰り返し聞かされることは珍しくありません。

しかし、1日の間に何度も同じことを繰り返し話すようであれば、ただの物忘れではないかもしれません。本人は、話していることすら忘れている可能性があるからです。

やわらかく、同じことを話していることを教えてみてください。やんわりですよ。このとき怒ってはいけません。

「ああ、そうそう」「ごめんごめん」

前に話したことがあることがわかっている(思い出せている)のであれば、大丈夫でしょう。

「そうだった?」「そんなことない!」

などの反応であれば、黄色信号です。その物忘れは、アルツハイマー型認知症の初期症状かもしれません。

初期症状チェック4:後片づけの物忘れ
(しまった場所が思い出せない)

昨日しまった場所などを、ついつい度忘れしてしまうことは、日常でよくあることですね。

しかし、しまった場所がわからない。しまったことすら忘れている場合は、記憶に残っていない可能性があります。アルツハイマー型認知症の初期症状かもしれません。

また、思い出せず「隠した」等、人を疑うときも注意が必要です。この症状は物取られ妄想といわれる症状です。

アルツハイマー型認知症の原因と特徴的な症状(暴力・物盗られ妄想)
すべての認知症の半分がアルツハイマー型認知症と言われています。記憶力の低下から始まり、中核症状が原因で、行動・心理症状を引き起こすことがあります。行動・心理症状こそが、家族と介護者を悩ます原因です。

アルツハイマー型認知症の初期症状2
失語

初期症状チェック5:「あれ」「それ」「これ」の言葉の使用が多い

この言葉も日常的に使われる言葉で、健康な方の会話の中でも頻発する言葉かもしれません。

通常、「あれ」「それ」「これ」の言葉は、たまに意味不明なこともありますが、たいていは会話内容や会話者の間では、理解できるように使用されます。

しかし、アルツハイマー型認知症の初期症状の場合は、突然、会話内容や会話者の間でも、理解できない言葉が、「あれ」「それ」「これ」に置き換わったりするため、会話が成立しなくなります。

例えば

「つまり、アルツハイマー型認知症の初期症状の場合は、これが起こってきているのです」

わかりましたか?文脈からこれの意味。

わからないですよね。このような感じ使用されます。

アルツハイマー型認知症の初期症状の場合は「失語」が起こってきます。

失語とは、言葉を忘れたり、間違えて使ったり、言えなくなることです。

失語が起こりだすと、自分の言いたいことを他人にうまく伝えることができず、他人の言っていることも理解しにくくなります。

アルツハイマー型認知症は長期入院する病気のひとつです

長期入院が必要な病気はこれだ!平均在院日数(平均入院日数)も発表
平均在院日数(32.8日)の10倍以上の入院期間を必要とする病気があります。長期入院する病気で入院する確率は低いですが、入院することになった場合、1年以上入院することも考えられます。

アルツハイマー型認知症の初期症状3
見当識の低下

見当識とは、現在の年月や時刻、自分が居る場所(空間)など、今の状況を把握する能力のことです。

初期症状チェック6:時間に対する見当識が低下

待ち合わせに少し遅刻する。早めに到着する。このときは、遅刻した・早く到着したという認識があると思います。

しかし、認知症の初期症状の場合は、時間が流れる感覚が鈍っているため、予定に合わせて準備する・到着することができなくなります。

例えば、明日(4/1)の15:00に待ち合わせをしています。

認知症の初期症状の場合は

  • 今日の15:00に来てしまう
  • 時間になっても来ない
    明日(4/1)の15:00に来ないので連絡してみたら、明日(4/1)とは明日(4/2)のことだと思っていた

このようなことが起こってきます。

初期症状チェック7:場所(空間)に対する見当識が低下

健康な方であれば、場所の感覚を間違えることは、ほぼないと思います。

アルツハイマー型認知症の初期症状の場合は、場所(空間)に対する感覚が鈍くなっていますので、間違える(思い込む)ことがあります。

例えば、いつも通いなれている病院で、診察を受けて処方箋を受け取り、近くの薬局で薬をもらって帰るというパターンがあります。

アルツハイマー型認知症の初期症状の場合は、先に薬局に行き、(本人は病院に到着したと思っているため)診察を待っている。ウソのようですが、実際このようなこともあります。

アルツハイマー型認知症の初期症状4
判断力の低下(失敗)

アルツハイマー型認知症で、記憶力が低下してきたり、言葉の理解が不十分になると判断力が衰えて、ささいなことでも失敗するようになります。

初期症状チェック8:2つ以上のことが重なると、失敗する

判断力が衰えるてくると、同時に対応できることでも、どちらか一方、もしくは両方失敗することがあります。

お茶を沸かしながら、料理を作る。難なくこなせる同時作業です。

認知症の初期症状の場合は、料理作りに没頭してしまいます(またはその逆)。お茶を沸かしていることは忘れているので、吹き出した熱湯に驚いたり、不思議に思ったりして見ています。

「物忘れ外来」に受診

  • 物忘れによる失敗
  • 言葉がなかなか出てこない
  • 今まで意識せず出来ていいたことができない

このようなことが積み重なると、日常生活がうまくいかなくなってきます。

本人も何かおかしいと思い出し、気づき始めます。気づきはしますが、なぜそんなことになっているのかわかりません。そのため「うつ」っぽくなったり、周囲に怒り散らすようになったりすることがあります。

家族がおかしいと気づき、病院に連れて行こうとすると、忘れてなんかいないし、おかしくもないと言い張り、受診拒否されることもあります。

認知症は何科なの?精神科?高齢化率と増える物忘れ外来
脳神経外科(物忘れ外来)、神経内科(認知症外来)、精神科(物忘れ外来)。さまざまな表記がありますが、どのように違うのでしょうか。認知症を取り巻く環境変化の話から、科の特徴まで解説します。

まとめ

  1. 認知症の最大の原因は加齢(歳をとること)
  2. 認知症の原因の半分は、アルツハイマー型認知症
  3. アルツハイマー型認知症の初期症状1:記憶力の低下
  4. アルツハイマー型認知症の初期症状2:失語
  5. アルツハイマー型認知症の初期症状3:見当識の低下
  6. アルツハイマー型認知症の初期症状4:判断力の低下