アルツハイマー型認知症の原因と特徴的な症状(暴力・物盗られ妄想)

study-dementia2

認知症のタイプは何種類か確認されており、主なものは以下の3種類です。

  • アルツハイマー型認知症
  • 脳血管性認知症
  • レビー小体型認知症

すべての認知症の中で、アルツハイマー型認知症が最も多く、半分の割合を占めています。そのため、一般的に「認知症」とは、アルツハイマー型認知症のことを指している場合が多いです。

主な認知症の割合

そこで今回は、アルツハイマー型認知症の原因と、家族や介護者を悩ませる周辺症状(行動症状と心理症状)について解説します。

  • 攻撃(暴力)
  • 異常音(変な音を出す)
  • 無気力(物事に興味がなくなる)
  • 妄想(物盗られ妄想) など
スポンサーリンク

アルツハイマー型認知症の原因

アルツハイマー型認知症を発症する機序

アミロイド仮説

アルツハイマー型認知症は、脳内でアミロイドβと呼ばれる特殊なタンパク質が増えることが原因で発症するといわれています(アミロイド仮説)。

アミロイドβの蓄積とアルツハイマー型認知の発病の関係

アミロイドβは、アルツハイマー型認知症が発病する20年くらい前から、少しずつたまっていっていると考えられています。アミロイドβは少量では問題となりませんが、増殖してくると脳が小さくなっていきます。

最初に脳の「海馬」と呼ばれる部分が小さくなります。

この海馬は、短期記憶を主に扱う場所です。

そのため、アルツハイマー型認知症では「ちょっと前のことが記憶できない」という症状が、最初に起こってきます。

また、アルツハイマー型認知症になると、神経と神経で連絡を取り合う物質(神経伝達物質)の濃度が低くなり、記憶力の低下を筆頭に、さまざまな症状を引き起こしていくことがわかっています。

そのため、神経伝達物質の濃度を高める薬が、アルツハイマー型認知症の治療薬として使われています。

アリセプト(ドネペジル)、レミニール、イクセロンパッチ、リバスタッチの効果、用法、副作用の違い
どの脳内のアセチルコリンの濃度を増やして、認知症の進行を抑制する薬です。効果は同等と言われていますが、保険の適応・付加作用・用法・用量・ジェネリック医薬品の有無に違いがあります。

アルツハイマー型認知症:症状の進行の特徴

アルツハイマー型認知症は、40歳代の方でもいつのまにか始まっていることがあり、ゆっくりと進行していくのが特徴です。

一番最初に「中核症状」と呼ばれる症状から始まり、「中核症状」が原因で「行動症状」「心理症状」が出てきます。

人によって認知症の進み方や症状はさまざまですが、放置すれば確実に症状は進行していき、自然に治ることはありません。

また、アルツハイマー型認知症の進行のスピードと症状は、発症した年齢や環境等の影響を受け個人差があります。一般的には、発症年齢が若いほど進行は速い傾向にあります。

アルツハイマー型認知症の進行をイメージすると以下のようなとおりです。

  軽度 中程度 高度
最近の記憶 たまに忘れる 記憶できない 全く記憶できない
昔の記憶 覚えている あいまい 不正確
時間の認識 ややあいまい あいまい 不正確
場所の認識 わかる あいまい 不正確
人の認識 わかる 少しあいまい あいまい~不正確
日常会話 できる 違和感がある やや困難
記憶が必要な会話 違和感がある やや困難 困難
認知症は何科なの?精神科?高齢化率と増える物忘れ外来
脳神経外科(物忘れ外来)、神経内科(認知症外来)、精神科(物忘れ外来)。さまざまな表記がありますが、どのように違うのでしょうか。認知症を取り巻く環境変化の話から、科の特徴まで解説します。

アルツハイマー型認知症の中核症状

中核症状とは、中心となる症状のことです。

記憶力の低下

記憶力の低下は、「物忘れ」として現れます。物忘れは健康な方(老化も含む)でも日常的に起こることですが、認知症の方と健康な方では、物の忘れ方・記憶のされ方に違いがあります。

健康な方の物忘れは、断片的なもので、記憶の漏れ・記憶違いとも取ることができます。しかし、認知症の方の物忘れは、全体的なもので、記憶そのものがごっそり抜けています。

「あれ」「それ」「これ」という言葉が増えてきて、相手が内容を理解できなくなり、自分が伝えようとしている内容がうまく伝わらなくなります。

記憶力の低下は、判断力の低下、見当識(けんとうしき)の低下につながります。

判断力の低下

自分で答えを出す速度が遅くなります。また、2つ以上の同時作業も苦手となり、どちらか一方の作業に集中し、もうひとつの作業は失敗するようになります。症状が進行してくると、両方の作業に失敗します。

見当識の低下

見当識とは、現在の年月や時刻、自分が居る場所など、今の状況を把握する能力のことです。

見当識が低下すると、以下のようなことがわからなくなります。

  • 今、どこにいるのか
  • 今日は、何年何月何日何曜日なのか
  • 今が朝・昼・夕のいつなのか
  • 今、話している人は誰なのか

時間や季節に対しても無頓着になるため、待ち合わせ時間に合わせて、準備ができなくなります。

その他の中核症状の例

  • 同じ話や質問をくり返す
  • 物をしまった場所が思い出せない
  • 用法通り、薬を飲めない
  • 家とは、反対方向へ帰る(道に迷う)
これってアルツハイマー型認知症の初期症状?物忘れチェック8項目
アルツハイマー型認知症は、「物忘れ」という形で現れ、治療を開始しない限り症状の進行を抑えることはできません。また、いつ発症したのか?どこからが病気なのか?判断しにくい病気です。

中核症状が原因で行動・心理症状へ発展する

中核症状の主な症状である、記憶力の低下は、すべてのアルツハイマー型認知症の方に起こる症状です。記憶力が低下してると、他人とのコミュニケーションがうまく行きません。

しかし、認知症の方も健康な方と同じで、他人とうまくコミュニケーションを取りたいと考えています。そのギャップが原因で、行動・心理症状が現れることがあります。

つまり、中核症状と行動・心理症状が起こる原因は別々に考える必要があります。

行動症状と心理症状こそが、家族と介護者を困らせる原因のなのです。

行動・心理症状は、適切な介護や、快適な住環境を提供する事で、進行を遅らせるたり無くならせたりすることができます。

しかし、それでも改善しない場合は、認知症の薬以外の薬を使うことがあります。

  • 抗不安薬(興奮・落ち着かない・幻覚・幻覚等)
  • 抗うつ薬(気分の落ち込み・不眠)
  • 睡眠薬(不眠・睡眠のリズムが不調)
睡眠薬ルネスタ(エスゾピクロン)も苦い!効果、副作用、依存性
従来の睡眠薬からルネスタに変更することで、依存・ふらつき等から解放される可能性があります。超短期型睡眠薬の中では持続時間も長いため、途中で起きるタイプの不眠症にも効果が期待できます。

アルツハイマー型認知症の行動症状

行動症状とは、中核症状に伴って表れる行動上の症状のことを言います。

アルツハイマー型認知症の行動症状は、家族や介護者を悩ませる原因のひとつです。

行動症状は、個別にさまざまな症状があります。

アルツハイマー型認知症の行動症状の例

  • 攻撃(暴力)
  • 異常音(変な音を出す)
  • 興奮
  • あせり
  • 収集
  • 不平・不満
  • 徘徊(部屋・家外)
  • 露出・セクハラ

攻撃(暴力)

攻撃(暴力)と異常音が比較的多いです。

特に攻撃(暴力)は、認知症の方が自分を守る手段のひとつで、理由があり攻撃をしてしまうと考えられています。

攻撃(暴力)が起こりやすいパターン

  • 失敗を指摘されたとき
  • 自尊心が傷つけられたとき
  • 行動を制止されたとき
  • 命令をされたとき
  • 自分の気持ちを伝えられないとき
脳トレ、運動、食事(DHA、EPA)で認知症を予防する方法
認知症の予防効果が期待できると考えられていることは3つです。1.認知症で落ちる能力を鍛える 「脳トレ」2.認知症になりにくい生活習慣を行う「食事と運動」。

アルツハイマー型認知症の心理症状

心理症状とは、中核症状に伴って表れる心理上の症状のことを言います。アルツハイマー型認知症の心理症状も、行動症状と同様に、家族や介護者を悩ませる原因のひとつです。

アルツハイマー型認知症の心理症状の例

  • 無気力(物事に興味がなくなる)
  • 妄想(物盗られ妄想)
  • 不安
  • 自発性の低下(やる気の減退)
  • 付きまとい
  • うつ症状
  • 幻覚(幻視)
  • 不眠
  • 繰り返し行動(ドアの開け閉め等)

自発性の低下、無気力、うつ症状は、軽度のアルツハイマー型認知症から起こりやすく、特に無気力はアルツハイマー型認知症の70%以上の方で起こり、最も頻度の高い心理症状と考えられています。

次に頻度が高いのは、妄想、うつ症状です。

妄想は、アルツハイマー型認知症の30%程度の方に見られます。

妄想のタイプも、被害妄想、嫉妬妄想、関係妄想、追跡妄想・・・など色々ありますが、アルツハイマー型認知症で多い妄想は、物盗られ妄想です。

また、幻覚も20%程度の方にみられますが、幻覚の中では幻視が幻聴よりも発症頻度が高いです。幻視は、アルツハイマー型認知症より、レビー小体型認知症の方が頻度が高く、半数以上の方にみられる特徴的な症状です。

アルツハイマー型認知症で、物盗られ妄想が起こる仕組み

アルツハイマー型認知症では、記憶力が低下しているため、物をどこにしまったのか覚えてなかったり、物をしまったことすら忘れていたりします。

そのため、「物をしまったはず →そこにしまった物がない →だれかが盗っていった」といった感じで、物盗られ妄想等の被害妄想が高頻度に出現します。

まとめ

  1. すべての認知症の中で、アルツハイマー型認知症が最も多く、半分の割合を占めている
  2. アルツハイマー型認知症になると、神経の働きを促す物質(神経伝達物質)の濃度が低くなり、記憶力の低下を筆頭に、さまざまな症状を引き起こす
  3. アルツハイマー型認知症の主な中核症状は、記憶力の低下、見当識の低下、判断力の低下。
  4. 中核症状が原因で、行動・心理症状が発症する
  5. アルツハイマー型認知症の主な行動症状は、攻撃・暴力
  6. アルツハイマー型認知症の主な心理症状は、無気力、うつ、物盗られ妄想