タミフル、リレンザ、イナビルはインフルエンザ異常行動の原因?

新聞をくしゃくしゃにする子供

タミフルを飲んだとみられる10代の方が、マンションから転落死するという痛ましい事故がありました。

事故がきっかけで、厚生労働省は2007年3月に「タミフル服用後の異常行動について」という緊急安全性情報を発行しました。

その情報はマスコミ等の報道により拡散し、タミフルと異常行動について強く関連付けられるようになりました。

その後のタミフル(リレンザ、イナビル)と異常行動の関連性について解説します。

スポンサーリンク

インフルエンザ薬と異常行動

よく使用されるインフルエンザ薬は、タミフルリレンザイナビルです。

タミフルのみに異常行動の警告があるのではなく、リレンザ、イナビルの添付文書(医療者向けの薬の説明書)にも異常行動に気を付ける旨が記載されています。

因果関係は不明であるものの、本剤を含む抗インフルエンザウイルス薬投薬後に、異常行動等の精神神経症状を発現した例が報告されている。

リレンザ、イナビル添付文書
(重要な基本的注意)

さらに、タミフルの添付文書にはもう一足踏み込んだ形で、異常行動についての注意の記載があります。

10歳以上の未成年の患者においては、因果関係は不明であるものの、本剤の服用後に異常行動を発現し、転落等の事故に至った例が報告されている。

このため、この年代の患者には、合併症、既往歴等からハイリスク患者と判断される場合を除いては、原則として本剤の使用を差し控える。

また、小児・未成年者については、万が一の事故を防止するための予防的な対応として、本剤による治療が開始された後は、

  1. 異常行動の発現のおそれがある
  2. 自宅において療養を行う場合、少なくとも2日間、保護者等は小児・未成年者が一人にならないよう配慮する

タミフルの添付文書(警告)

タミフルの異常行動の例

タミフルドライシロップとイナビルは子供(幼児)に効かない?苦い味VS吸入
子供にタミフルドライシロップ、イナビルなどが使用されることがありますが、苦み味と吸入という使い方のため、どちらも色々な意味で苦労する薬でもあります。

タミフルの異常行動は、次のような例があげられます。

  • 2階のベランダから飛び降りる(足骨折)
  • 2階に走って行き、窓を開けて飛び降りた(足骨折)
  • 突然、部屋の中を走り出す(動き回る)
  • 興奮状態となり、意味のわからない言葉を言う
  • 無いもの(見えないもの)が見えて、おびえ泣く
  • 睡眠時、激しくうわ言をいったり、寝言を言う
  • 無意味な行動を繰り返す
  • 突然立ち上がって部屋から出ようとする
  • 人に襲われる感覚を覚え、興奮する

しかし、これらの例は、タミフルを飲んだときだけに起こるのではなく、インフルエンザ異常行動の例としてそのまま受け止められます(理由は後述)。

タミフル(インフルエンザ)の異常行動の例の共通点

  • 突然
  • 興奮
  • 退出(外出)
  • 幻覚など

インフルエンザ異常行動は「重度」「軽度」の2種類

厚生労働省では、2007年からインフルエンザ異常行動について引き続き研究が継続しています。

医療機関がインフルエンザと診断し、重度の異常行動を起こした時は、厚生労働省に報告するルールになっています。

厚生労働省が定めた重度異常行動の例

  • 突然走り出す
  • 飛び降り
  • その他、予期できない行動であって、制止しなければ生命に影響がおよぶ可能性のある行動

厚生労働省が定めた軽度異常行動の例

  • 会話中、突然話が通じなくなる
  • おびえ、恐慌状態、見えないものが見えると言う
  • わめく、泣きやまない、暴力、興奮状態
  • はねる、徘徊する、その行動自体が直ちに生命に影響がおよぶとは考えられないものの、普段は見られない行動や無意味な動作の繰り返し

インフルエンザ異常行動の年齢と男女比

インフルエンザ異常行動は、10歳以下の男の子に多いことが厚生労働省の研究で分かっています。

しかし、タミフルの警告は「10歳以上の未成年の患者においては…」です。

おそらく、10歳以下の子供は異常行動を起こしても親の監視下にある場合が多く、異常行動に対処できますが、
10歳以上の子供は自由に行動でき、異常行動の対処が難しい場合があるため注意喚起がされているのだと思います。

インフルエンザ異常行動と年齢
(縦軸:人数)
(横軸:年齢)

インフルエンザの異常行動と年齢

出典:厚生労働省HP

インフルエンザの重度異常行動の男女差(縦軸:頻度)

インフルエンザ異常行動と男女

インフルエンザ異常行動は発熱後48時間以内
(タミフルとの関連性)

インフルエンザ薬タミフル、吸入薬イナビルの効果と副作用
タミフル、イナビルなどのインフルエンザ薬は、インフルエンザの罹病期間の短縮効果と、重症化抑制効果があります。インフルエンザに対する効果には違いがあるのでしょうか?

インフルエンザ異常行動は、発熱してから2日(48時間)以内に、睡眠から突然覚醒して起こることが多いとわかっています。

タミフルの警告の「自宅において療養を行う場合、少なくとも2日間(48時間)、保護者等は小児、未成年者が一人にならないよう配慮する」の根拠は、これらの研究結果によるのです。

重度の異常行動の発現件数
(2009年-2010年~2012年-2013年までの合計)

インフルエンザ異常行動とタミフルの関連性

この調査結果から、
タミフルを飲んでも、飲まなくても、異常行動はインフルエンザそのものが原因で起こっていいるのではないかと考えられます。

重度の異常行動と睡眠との関係

インフルエンザ異常行動と睡眠の関係

タミフル、リレンザ、イナビルはインフルエンザ異常行動の原因?

重度の異常行動の報告件数
(件数はその他の薬の併用も含む)

インフルエンザ異常行動とタミフル、リレンザ、イナビル、アセトアミノフェンの関連性

この調査結果のポイントは2つです。

  • タミフルだけに異常行動が起こるわけではなく、リレンザ、イナビルも同様に異常行動が起こっている
  • タミフル、リレンザ、イナビルを服用(吸入)している子供より、アセトアミノフェンを服用している子供の方が異常行動が多い

アセトアミノフェンは、カロナールなどの解熱鎮痛成分で、インフルエンザの発熱によく使用されている薬です。

インフルエンザの解熱剤はロキソニンNG?カロナール(アセトアミノフェン)OK?バファリンは?
実際の医療現場では、ロキソニンをインフルエンザに使う医師もいれば、使わない医師もいます。しかし、子供に関しては、カロナール(アセトアミノフェン)がほとんどです。

そうであれば、インフルエンザ異常行動の原因は、発熱ではないかという疑いが出てきます。

インフルエンザ異常行動の原因は熱せん妄!?

  1. インフルエンザ異常行動の発生率は、タミフル服用の有無で差はない
  2. インフルエンザの発熱後2日(48時間)以内の異常行動が多い
  3. インフルエンザ異常行動は10歳以下の子供に多い
  4. タミフル、リレンザ、イナビルを服用(吸入)している子供より、アセトアミノフェンを服用している(発熱している)子供の方が異常行動は起こる

以上の事実から、

インフルエンザ異常行動の原因は、タミフル、リレンザ、イナビルではなく、インフルエンザの発熱による熱せん妄が原因と考えられています。

インフルエンザの発熱と熱せん妄

【インフルエンザ予防薬】タミフル、イナビル予防投与の効果、飲み方、使い方
インフルエンザ予防の基本は、ワクチンによる予防接種ですが、タミフル、イナビルは、緊急的、一時的に予防薬として使用されることがあります。飲み方、使い方、タイミング、効果について解説します。

熱せん妄とは、インフルエンザなどの発熱が原因で、脳が誤認識している状態のことです。

熱せん妄は、主に次のような症状を起こします。

  • 幻覚が見える
  • 意味不明な言葉を発する
  • 急に泣く

インフルエンザの軽度の異常行動にそっくりです。

熱せん妄は幼児~小学生低学年に起こり、それがちょうどインフルエンザ異常行動を起こす年齢(10歳以下)と一致します。

(熱せん妄は発熱が引き金になりますので、通常の風邪などでも起こる可能性があります)

まとめ

  1. インフルエンザ異常行動は、10歳以下の男の子が、発熱から2日(48時間)以内に、睡眠から覚醒時すぐに起こることが多い
  2. インフルエンザ異常行動の例は、幻覚、恐怖、興奮状態
  3. インフルエンザ異常行動の原因は、タミフルと言われてきたが、今は因果関係は否定されている
  4. インフルエンザ異常行動が、タミフル、リレンザ、イナビルの服用(吸入)で起こるというデータはない
  5. それでも、タミフル、リレンザ、イナビルの添付文書には異常行動の注意喚起がされている
  6. タミフル、リレンザ、イナビルの服用(吸入)しているよりも、解熱剤であるアセトアミノフェン(カロナールなど)を服用している子供の方が、インフルエンザ異常行動を起こす
  7. 今はインフルエンザ異常行動は、発熱による熱せん妄が原因ではないかと考えられている