水虫薬

足水虫(足白癬)、爪水虫(爪白癬)、カンジダ、 癜風…。カビの増殖を抑える薬が水虫薬です。

水虫薬

クレナフィンの効果はイマイチ?効かないとのうわさの真相は? 

クレナフィンは効かないとのうわさもありますが、効果が見えにくいため途中であきらめてしまう方が非常に多く、それが原因で十分な効果が発揮できていないだけです。
ルリコン

ルコナックが爪水虫に効かない3つの理由 その使い方では効果なし

「ルコナックは効かない」との声もあります。しかし、爪水虫治療に必要な期間使い続けば、結果は付いてきます。ルコナックが効かない理由を3つ上げて「正しい使い方」を解説します。
ルリコン

ルリコンの市販はない!薬局で買える病院用と同じ水虫薬はコレ!

ルリコンの市販はありませんが、水虫市販薬は多くの種類が販売されています。しかし、病院用の水虫薬は主成分単独処方ですが、薬局で買える水虫市販薬は配合剤(主成分+アルファ)がほとんどです。
ルリコン

ルリコンで水虫が悪化する2つの理由 「副作用」と「マズイ使い方」

薬局に勤めていると、ルリコンを使って水虫を悪化させてしまう方は毎年訪れます。その原因は主に2つです。1「ルリコンによる副作用」2「ルリコンの使い方がマズい」
ルリコン

ルリコンの効能効果はパワフル!それでも水虫に効かない6つの理由

ルリコンの効果は強力で少量でさえも水虫菌の繁殖を抑えます。しかし、ルリコンを一生懸命使っても全く効かない方がいるのも事実です。効かない方には6つの共通点があります。
ルリコン

ルリコンクリーム/軟膏/液 水虫塗り薬の効果的な塗り方 5つのキーワード

ルリコンは少量でも水虫に十分な効果を発揮しますが、塗り方(使い方)が悪いと効果は半減します。ポイントは塗る範囲と量とタイミングです。
水虫薬

水虫薬ラミシールクリーム、ジェネリック テルビナフィン、市販薬の使い方

使い方が間違っていると効果がでないばかりか、皮膚症状も悪化することがあります。ラミシールの効果と副作用。ジェネリックと市販薬の効果的な使い方について解説します。
水虫薬

爪水虫(爪白癬)飲み薬 ラミシール VS イトリゾール 効果、副作用、飲み方

ラミシールは肝臓に負担をかけ、イトリゾールは併用薬に気を使い、爪水虫の治療が思うように進まないこともあります。優劣を付けにくいのが爪水虫の飲み薬です。
クレナフィン

爪水虫(爪白癬)の症状と治らない3つの理由 正しい治療法とは?

爪水虫や足水虫は完治させるのが難しい病気です。その理由を3つあげます。そして正しい治し方へ導きます。
クレナフィン

爪水虫薬クレナフィンの使い方はこれでバッチリ!使用期間も完璧マスター

「薬の使い方」や「爪水虫との付き合い方」をまちがえなければ、根気よく「クレナフィンを必要期間使い続ける」ことができれば、爪水虫は終息していくはずです。
タイトルとURLをコピーしました