薬代(調剤報酬)

薬代はどこの薬局でも同じ値段ではありません。薬局の薬代には、薬剤師が調剤する時に発生する調剤料や、患者さまに薬の説明するときに発生する管理料等が含まれています

薬代(調剤報酬)

2016年調剤報酬改定後の調剤基本料、基準調剤加算、後発医薬品調剤体制加算

2016年調剤報酬改定によって、調剤基本料、基準調剤加算、後発医薬品調剤体制加算の算定要件と点数が大きくかわり、薬局は大きな方向転換を迫られています。
薬代(調剤報酬)

調剤報酬明細書の見方 夜間、休日、時間外加算で薬代はどう変わる?薬価改定前後を比較

2016年の調剤報酬改定・薬価改定によって、ほとんどの方の薬代が変わります。どのように変わるのかを処方例をあげて解説します。薬代の計算の根拠は調剤明細書に記載しています。
薬代(調剤報酬)

5分でわかる!薬剤料と特定保険医療材料料の計算方法

薬剤料は薬価と単位薬剤料を使って計算します。薬価と単位薬剤料の意味。薬剤料の計算方法をメインに解説します。
薬代(調剤報酬)

薬学管理料は薬剤師が服薬の情報提供、支援したときの加算料

【2016年調剤報酬改定対応】乳幼児服薬指導加算、外来服薬支援料、薬剤服用歴管理指導料、かかりつけ薬剤師指導料、重複投与相互作用防止加算、 服薬情報等提供料など)を解説します。
薬代(調剤報酬)

【調剤報酬(薬代)】一包化加算、内服薬、外用薬の調剤料の計算

薬代(調剤報酬)はどこの薬局でもらっても同じ値段ではありません。薬局の薬代には、調剤するときや、患者さまに薬の説明するときに技術料や指導料がかかるためです。【一包化動画有】
タイトルとURLをコピーしました