ワセリン

よく使われるワセリンは「白色ワセリン」「プロペト」「サンホワイト」です。油分が水分を閉じ込めるエモリエント効果が期待できます。

ワセリン

万能すぎる!白色ワセリン、プロペト、サンホワイトの使い方7選

ワセリンの便利な使い方を7つ紹介します。美容美肌対策、手指のひび割れ防止、唇の乾燥防止、足のかかとのひび割れ、赤ちゃんのおむつかぶれ、ヘアカラーから肌を守る、坐薬を入れるとき。
ワセリン

サンホワイトは純度で勝負!プロペト/白色ワセリンとの違いは何?

サンホワイトを超簡単に説明してしまうと、美容意識の強い女子向けのワセリンです。なぜなら、サンホワイトは他のワセリンより値段が高くコスパで負けるので、普通の方はワセリンでいいや。となるからです。
ヒルドイド

ステロイドが怖い!ヒルドイドやワセリンで薄めると強さも弱くなる?

「ステロイドはヒルドイド/ワセリン薄めると安心して使える」こんな話を聞いたことがあるでしょうか?医師がこう説明することがあるかもしれませんが、本当の気持ちは別にあります。
ワセリン

【赤ちゃんのおむつかぶれ対策】ワセリン(プロペト)のおしりへ使い方

おむつかぶれ対策はいろいろありますが、ワセリンを使った対策がコストパフォーマンスが高く手軽です。効果的なワセリンの使い方を解説します。
ワセリン

プロペトと白色ワセリンの違いはこれ!市販も色々あるけど何が違うの?

白色ワセリン、プロペト、サンホワイトは、どれも日本薬局方の黄色ワセリンをベースに作られています。主な違いは、色、純度、塗り心地、満足感、保険使用の有無などです。
ワセリン

ワセリン(プロペト)の効果で顔がプルン!美容美肌にはこう使おう

プロペトは直接の保湿効果がありませんが、間接的に保湿効果を発揮します。プロペトは白色ワセリンより軟らかく、粘り気が少なく、塗りのばしやすいのが特徴です。
ヒルドイド

ヒルドイドとプロペト(ワセリン)、その混合薬はこう使い分けよう

皮膚科で使われる乾燥肌対策の薬がヒルドイドとプロペト(ワセリン)です。同じように使っている方が多いですが、違う性質を持つ保湿剤であるため使い分けが必要です。
ワセリン

サリチル酸ワセリンの かかとひび割れに効く使い方!市販はある?

多くの女性を悩ませている足トラブルに「かかとひび割れ」があります。かかとの角質ケアの塗り薬はケラチナミン・ウレパールが有名ですが、皮膚科ではサリチル酸ワセリンを使うことが多いです。
タイトルとURLをコピーしました