子供のおねしょ(夜尿症)原因はバソプレシンと膀胱容量と遺伝

子供が指を指す

5歳くらい以降でおねしょの回数が極端に多い場合は、夜尿症という病気の可能性があります。おねしょと夜尿症は「夜間睡眠中に無意識に尿を漏らしてしまう」という意味では同じです。

違いは年齢です。

5歳くらいまでの夜尿をおねしょといい、5歳以降の夜尿を夜尿症というのが一般的です。(おねしょ、夜尿症のボーダーラインは5歳、6歳、小学校入学あたり)

夜尿症は、年齢とともに自然治癒する病気ですが、おねしょが心配で学校や幼稚園のお泊り行事等を存分に楽しめなかったりする場合もあります。

心配しながら行事に参加するのもかわいそうです。
また、おねしょが原因で自尊心が低下するという研究結果もあります。

一昔前は、おねしょは「親のしつけがよくない」とか「だらしがない」とか言われていました。今は夜尿症の原因が解明され、治療法も確立されつつあります。

「夜尿外来」もあり、相談にのってくれる病院も増えてきています。

専門的には「おねしょ」 = 「夜尿症」 ではありませんが、本記事では「おねしょ」と「夜尿症」は同義語として取り扱います。

スポンサーリンク

5歳以降のおねしょは夜尿症という病気?

夜尿症の一般的な定義は次のようです。

5歳くらい以降の年齢において、継続的に夜間睡眠中に本人が気付かぬあいだに尿を漏らすこと

5歳くらいを超えておねしょが続く場合は、何らかの原因があります。

おねしょを夜尿症という病気としてとらえて治療するかどうかは、本人や家族の判断に任され、色々な意味で判断が難しいです。

おねしょは、原因がどうであれ年齢とともに自然になくなるからです。
放置しておいても、おねしょが原因で熱が出たり、怪我をするわけでもありません。

そうとはいえ、おねしょは自尊心(プライド)を傷つけ、自身を喪失させる原因のひとつになり、おねしょがおねしょの原因になる場合があります。

そのため、夜尿症はできるだけ早く解決すべき病気です。

排尿の仕組み(大人がおねしょしない理由)

排尿の仕組み

おねしょ(夜尿症)の原因を理解するために、排尿の仕組みを説明します。

  1. 膀胱に尿がたまってくると、神経を通して排尿中枢と言うところへ情報が伝わります
  2. 排尿中枢は、膀胱を収縮するように指令を出します
  3. 排尿します

これが排尿の仕組みです。

赤ちゃんは、ストレートに排尿の仕組みが伝わるため、絶えずおねしょしています。

年齢が上がるとともに、大脳が発達してきます。

大脳は、排尿中枢を支配しています。大脳が発達すれば、排尿中枢をコントロールできるようになります。
つまり、トイレに行く準備が出来ていない状態で、排尿しなくなります。

赤ちゃんから子供になり、2歳くらいになると、膀胱に尿がたまってくる感覚を自覚して、トイレに行くようになります。

4歳くらいになると、睡眠中でも大人のような排尿抑制機能が働き出しますので、おねしょしなくなってきます。

そして、大人は尿が溜まるとおねしょすることなく目覚めてトイレへ行きます。

本題のおねしょ(夜尿症)の原因から見ていきましょう。

おねしょ(夜尿症)の原因1:
バソプレシン(抗利尿ホルモン)の分泌不足

子供のおねしょ対策8選 夜尿症におむつを使うのはOK?
おねしょ(夜尿症)は年齢とともに自然治癒します。しかし、年齢が上がると学校行事等で外泊することもあり、存分に楽しめないかもしれません。自宅でできるおねしょ対策から始めましょう。

バソプレシンは、腎臓に働きかけて水分を再吸収し、作られる尿量を抑制する抗利尿ホルモンです。

バソプレシン(抗利尿ホルモン)は、日中の分泌量は少なく、夜間から朝にかけての睡眠中の分泌量は多くなります。

バソプレシン(抗利尿ホルモン)の分泌イメージ

バソプレシン(抗利尿ホルモン)の分泌イメージ

バソプレシン(抗利尿ホルモン)の分泌が不足すると、尿が十分に濃縮されず、薄い尿がたくさん作られトイレに行きたくなります。

夜間においては、バソプレシンの分泌不足がおねしょ(夜尿症)の原因になります。

参考
尿の濃い薄いは、「尿浸透圧」「尿比重」で表されます。

夜尿症の子供は、次の基準以下であることが多いです。

  • 尿浸透圧:800以下
  • 尿比重 :1.022以下

おねしょ(夜尿症)の原因2:
膀胱容量が少ない(蓄尿量が少ない)

睡眠中は、覚醒時と比べて膀胱が広がりやすくなり、蓄尿量(膀胱に貯めておける尿量)が増えます。

睡眠中と覚醒時の膀胱容量(蓄尿量)の違い

睡眠中は覚醒時の約1.5倍膀胱が広がりやすくなると言われています。

しかし、夜尿症の子供の場合は膀胱が広がりが不十分で、睡眠中の膀胱容量を十分に確保できません。

そのため、少し尿が溜まってくると膀胱からあふれ出してしまいます(おねしょする)。

おねしょ(夜尿症)の原因3:
膀胱の動きが活発(過活動膀胱)

膀胱の動きが活発になりすぎると、多くの尿が作られるためトイレの回数が増えます。

膀胱の活動は睡眠中に限定せず、覚醒中も絶えず膀胱が活動し続けます。このタイプの夜尿症は過活動膀胱と言われています。

過活動膀胱がひどくなると、おねしょや昼間の尿失禁が増えます。

どちらかといえば、過活動膀胱は大人の尿失禁に多いタイプです。

おねしょ(夜尿症)の原因4:
遺伝

おねしょまで遺伝?

目を疑ってしまいそうですが、親が子供のときにおねしょの気があったならば、その子供も5倍~7倍夜尿症になりやすいという報告があります。

ただ、遺伝がおねしょ(夜尿症)の原因としてわかっていても、克服する術はありません。遺伝は歯がゆい夜尿症の原因です。

夜尿症のタイプと治療

多尿型夜尿症

夜尿症薬ミニリンメルト(デスモプレシン)でおねしょ治療!副作用に気を付けて
おねしょ(夜尿症)の治療法は確立されつつあり、夜尿アラームと夜尿症薬のミニリンメルトが治療の2大柱です。そのうちのひとつミニリンメルトについて解説します。

多尿型夜尿症では、睡眠中のバソプレシン(抗利尿ホルモン)の分泌量が少ないことが原因で、うすく多くの尿が作られます。(夜尿症の原因1参照)

そのため、膀胱容量を超えておねしょしてしまいます。

夜尿症は、このタイプが最も多く、治療にはミニリンメルトという夜尿症薬を使うことが多いです。

膀胱型夜尿症

夜尿症アラームでおねしょ治療ができる!?効果とメリット、デメリット
夜尿アラームを使ったおねしょ治療は、日本と海外で医学的に認められた治療法です。

膀胱型夜尿症では、夜間睡眠時のバソプレシンは正常に分泌されているが、膀胱が小さい、もしくは睡眠中の膀胱容量が増大しないのが原因です。(夜尿症の原因2参照)

年齢推定膀胱容量
=【25 ×(年齢+2)】mL

夜間尿量は正常であるにもかかわらず、蓄尿量が限界に達し、おねしょしてしまいます。

治療にはアラーム治療をすることが多いです。

混合型夜尿症

多尿型夜尿症と膀胱型夜尿症の両方が原因です。

おねしょ(夜尿症)の治療の実際

  1. 多尿型夜尿症(ミニリンメルト)
  2. 膀胱型夜尿症(アラーム治療)
  3. 混合型夜尿症

原因別に3つのタイプの夜尿症がが知られていますが、原因別にタイプ分けしてから治療に入るのは日本的な考え方のようです。

「アラーム治療」と「ミニリンメルト」効果があるのはどちら?

欧米では、原因別にタイプ分けしている時間があるのであれば、「アラーム治療」か「ミニリンメルト」のどちらかの方法で治療に入った方が早く効果が出ると考えられています。

多尿型夜尿症を治療するとき、「アラーム治療」が「ミニリンメルト」より治療効果が劣るという確信がないからです。

そして、選択した治療法の効果が低いようであれば、変更か併用をします。

日本でも原因別にタイプ分けせずに、メリット・デメリットを説明した上で「アラーム治療」か「ミニリンメルト」を選択するという方法が採用されつつあります。

(2016年版の夜尿症診療ガイドラインでは、多尿型夜尿症、膀胱型夜尿症についてはほとんど触れられなくなりました)

まとめ

  1. 5歳くらいまでの夜尿を「おねしょ」といい、5歳以降の夜尿を「夜尿症」というのが一般的
  2. 夜尿症は3タイプが知られており、多尿型、膀胱型、混合型
  3. 多尿型夜尿症では、夜間のバソプレシンの分泌不足が原因
  4. 膀胱型夜尿症では、夜間睡眠時のバソプレシンは正常分泌されているが、膀胱が小さい、睡眠中の膀胱容量が増大しないのが原因
  5. その他の夜尿症の原因は、過活動膀胱と遺伝
  6. 昔は、夜尿症のタイプ分けをしたのち、治療方法を決めていたが、タイプ分けせずに「アラーム治療」か「ミニリンメルト」を選択するという方法が採用されつつある