夜尿症アラームでおねしょ治療ができる!?効果とメリット、デメリット

時計

おねしょ(夜尿症)は「甘やかしている」とか「だらしがない」とか言われ「恥ずかしい、隠しておきたい」と考えられてきました。

夜尿症は「自然に治る病気」と言う意味では真実ですが、いつ治るのか予想が付きにくい病気でもあります。

今は、おねしょ(夜尿症)の原因が生理学的に解明されるとともに治療法も確立され「夜尿症は早めに治療してしまおう」という考え方に変わってきています。

「おねしょ」 = 「夜尿症」 ではありませんが、本記事では便宜上「おねしょ」と「夜尿症」は同義語として取り扱います。

スポンサーリンク

夜尿症のアラームとは

夜尿症の治療には、夜尿症薬による治療と、薬を用いないアラーム治療があります。

夜尿症薬は、ミニリンメルト(デスモプレシン)、抗コリン薬、抗うつ薬などを使い、アラーム治療には、夜尿アラームを使います。

夜尿症アラーム(おねしょアラーム)

夜尿症のアラーム治療では、夜尿アラームと呼ばれる小型の装置をパンツの中に忍ばせます。
おねしょすると夜尿アラーム装置が尿を感知し、アラームを鳴らして本人を起こします。

夜尿症のアラームを使ったおねしょ治療の全体像

夜尿アラームが鳴っているのに子供が起きない場合は、家族が子供を起こします。子供におねしょに気付かせる(おねしょを意識させる)のが大切です。

アラーム治療を繰り返すと、睡眠時の蓄尿量が増大し、朝まで尿をためておけるようになっていきます。そして、おねしょ回数が減っていきます。

アラーム治療で蓄尿量が増えるイメージ

夜尿症アラームと蓄尿量

これが夜尿アラームを使ったおねしょ治療の全体像です。

夜尿アラームを使ったおねしょ治療は、いわゆる、おねしょトレーニングです。

夜尿症アラームのおねしょ治療効果

初めて夜尿アラームを知った方は、古典的で頼りないようなイメージがわいたかもしれません。

しかし、夜尿アラームを使ったおねしょ治療は、日本と海外で医学的に認められた治療法のひとつです。

  • アラーム治療の有効率は、多くの論文を対象としたメタアナリシスによると62~78%
  • アラーム治療中止後の再発率は、メタアナリシスによると15%
  • 日本での有効率は、40~87%
  • 日本での再発率は、0~11%
  • アラーム治療は2/3の患者で有効

夜尿症診療ガイドライン2016から抜粋

メタアナリシス
統計解析の一種で、複数の研究の結果を統合し、分析すること

夜尿症診療ガイドライン2016によると、アラーム治療は夜尿症薬ミニリンメルト(デスモプレシン)と同等の推奨度です。

夜尿アラーム、夜尿症薬ミニリンメルト(デスモプレシン)の単独治療で効果が認められない場合は、夜尿アラーム、夜尿症薬ミニリンメルトの併用も推奨されています。

夜尿症薬ミニリンメルト(デスモプレシン)でおねしょ治療!副作用に気を付けて
おねしょ(夜尿症)の治療法は確立されつつあり、夜尿アラームと夜尿症薬のミニリンメルトが治療の2大柱です。そのうちのひとつミニリンメルトについて解説します。

夜尿アラームのメリット

夜尿アラームを使ったおねしょ治療は、薬を必要としないため、人の目を気にせず自宅ですぐに始められます。
(いまだにおねしょは、恥、隠しておきたいと信じられている)

夜尿アラームのデメリット

夜中に子供がおねしょすると、アラーム音が鳴ります。

子供がすぐに起きてアラームを止められればいいのですが、なかなかそうはいきません。たいていの場合、家族が目を覚まして子供を起こします。

これが数カ月以上継続すると、家族がアラーム音にまいってしまいます。

また、夜尿アラームは健康保険が効かないため、アラーム代が自費(7000円~2万円程度)になります。

夜尿アラームを使ったおねしょ治療は、家族の理解と協力が必要です。

夜尿アラームのおすすめはウェットストップ3

夜中に子供がおねしょすると、アラーム音が鳴り、家族も一緒に目を覚ますことが夜尿アラームのデメリットでした。

ウェットストップ3には、バイブ機能が付いているため、音だけで起きない子供(朝までぐっすりタイプの子供)も対応できます。

アラームユニット(アラームが鳴る方)とセンサー(おねしょセンサー)がワイヤレスになっているタイプもありますが、2万円くらいします。
コストパフォーマンスは、ウェットストップ3の方が上でしょう。

ウェットストップ3は「並行輸入品」と「正規品(日本試用品)」があります。保障内容が違うようですのでご注意を。

おねしょの再発

夜尿アラームに頼ることなく、おねしょをしない日々が続けは問題ないのですが、なかなかそうはいかないようです。

夜尿アラームは、夜尿症治療終了直後では夜尿症薬ミニリンメルト(デスモプレシン)より再発率は低くなりますが、治療終了後6カ月間では、半数程度再発することがあります。

アラーム治療はいつまで続ける?

連続で14日間程度おねしょしない日が続くまで、夜尿アラームは継続して使用するべきでしょう。

先述のとおり、アラーム治療では数カ月アラーム音が続く場合もあります。なかなか効果が出てこないケースもあります。

しかし、次のようなことが起こってきたならば、アラーム治療でおねしょが改善できてきた兆候かもしれません。

  • おねしょしても、子供が夜尿アラームに反応して起きるようになった
  • おねしょしても、夜尿アラームが鳴る時間帯が朝になった
  • おねしょしても、おねしょの量が減ってくるようになった

おねしょバイバイ!

おねしょ(夜尿症)の治療を始めても、すぐに治療効果が表れないかもしれません。

しかし、おねしょの回数や夜尿アラームが鳴る回数が、毎日から、2日に1回、3日に1回…とだんだん減っていくのが目に見えてきたら、それは夜尿アラームが効いている証拠です。

最終的に、夜尿アラームに頼ることなくおねしょをしない日々が続けば、おねしょにバイバイした記念すべき日です。

まとめ

  1. 最近では「夜尿症は早めに治療してしまおう」という考え方に変わってきている
  2. おねしょ(夜尿症)の主な治療法は、薬を使わないアラーム治療と、ミニリンメルトという薬を使う治療がある。
  3. アラーム治療は、手軽に始められるが、家族の強力が必須
  4. アラーム治療は、頼りなく思えるかもしれないが、医学的に効果が認められている
  5. アラーム治療では、おねしょ再発率がやや高い
  6. 再発した場合は、アラーム治療を再開する
  7. 最終的に、夜尿アラームがならない。おねしょをしなくなった日が続いたときが、おねしょにバイバイした記念すべき日