夜尿症薬ミニリンメルト(デスモプレシン)でおねしょ治療!副作用に気を付けて

child-smile

おねしょ(夜尿症)は「甘やかしている」とか「だらしがない」とか言われ
「自然に治るから、まあいいか」と考えられてきました。

今は、おねしょ(夜尿症)の原因が生理学的に解明され、治療法も確立されつつあり、夜尿アラームと夜尿症薬のミニリンメルトが治療の2大柱です

「夜尿外来」もあり、相談にのってくれる病院も増えてきています。

夜尿症は「自然に治る病気」と言う意味では真実ですが、いつ治るのか予想が付きにくい病気でもあります。

最近では「夜尿症は早めに治療してしまおう」という考え方に変わってきています。

「おねしょ」 = 「夜尿症」 ではありませんが、本記事では便宜上「おねしょ」と「夜尿症」は同義語として取り扱います。

スポンサーリンク

夜尿症点鼻薬:デスモプレシンスプレー

ミニリンメルトが発売される前までは、夜尿症薬はスプレー式の点鼻薬しかありませんでした。

花粉症などで使うあの点鼻薬です。

デスモプレシンスプレーは、1日1回寝る前に1プッシュ~から2プッシュして眠るという使い方をします。

  • 点鼻薬というスタイル
  • デスモプレシンスプレー発売当時(2003年)は、夜尿症を治療するという考え方が浸透していない

などの理由で、デスモプレシンスプレーは積極的に夜尿症薬として使用されてきませんでした。

夜尿症飲み薬:ミニリンメルトはおねしょ治療薬

2012年にミニリンメルトというデスモプレシン錠剤(OD錠)が発売されました。

ミニリンメルトは錠剤の形をしており、従来のデスモプレシンスプレーより投薬の勝手がいいです。

現在は、ミニリンメルトがおねしょ(夜尿症)治療で、最も使用される夜尿症薬です。

左からデスモプレシンスプレー10協和、ミニリンメルトOD錠120mg、ミニリンメルトOD錠240mg

デスモプレシンとバソプレシン

ミニリンメルトの有効成分デスモプレシンが、バソプレシン(抗利尿ホルモン)の代わりとして働き、尿の再吸収をうながし尿を濃縮します。

この作用のおかげで睡眠時の尿量が減少し、おねしょする回数が減ります。

バソプレシン(抗利尿ホルモン)とは
腎臓に働きかけて、水分の再吸収を増やし、作られる尿量を抑制するホルモンです。
バソプレシン(抗利尿ホルモン)は日中の分泌量は少なく、夜間から朝にかけて分泌量が多くなるため、睡眠中はトイレに行かなくてすみます。

ミニリンメルトを服用したときの、バソプレシン濃度のイメージ

ミニリンメルトを服用したときの、バソプレシン濃度のイメージ

ミニリンメルト(デスモプレシン)が、不足しているバソプレシン(抗利尿ホルモン)を補い、健常人のバソプレシン(抗利尿ホルモン)分泌量に近づけます。

夜尿症薬 ミニリンメルトの飲み方

ミニリンメルトはチャイルドロック付シート

ミニリンメルトのシートの開け方(チャイルドロック)

出典:ミニリンメルトODを使用される皆様とご家族の方へ

ミニリンメルトは、子供が勝手に飲まないようにチャイルドロック付きのシートで出来ています。

  1. 指から水気を取ります
    (濡れた手で触ると、ミニリンメルトが溶けます)
  2. 初めてのシートを使用するときは、耳の部分を切り取ります
  3. 1錠分切り離します
  4. 「あける」の部分からフィルムをめくります
  5. シートの下からゆっくりとミニリンメルトを押し出します

ミニリンメルトを押し出すときに、錠剤が崩れてしまった場合は、崩れた分は捨てずに全て使います。

ミニリンメルトは舌下錠の夜尿症薬

ミニリンメルトは錠剤の形をしていますが、口の中に入れると瞬間的に溶けます。水分を含んだ指で触ると溶けてしまいます。
(ミニリンメルトの正式名はメニリンメルトOD錠)

原則6歳以上の小児・成人は、就寝前にミニリンメルト1錠を舌の下に入れ溶かし、水を使わずに飲み込みます(ミニリンメルトは口の粘膜からも吸収されるため)

ミニリンメルトは、舌下で溶かさずに水で飲み込んだ場合、効果はありません。
狭心症で使われるニトロペン舌下錠と同じ使い方です。

個人差はありますが、ミニリンメルトは効果が現れるには少し時間がかかります。

就寝後すぐにおねしょしてしまう場合は、寝る30分~1時間前くらいにミニリンメルトを服用した方がいい場合もあります。
(ただし、食事と寝る時間が近い場合は除く)

ミニリンメルトは食後服用で効果低下

ミニリンメルトは、食事の影響を受けます。

空腹時と食後のミニリンメルトの効果の差

出典:ミニリンメルトインタビューフォーム(医療者向けの薬の詳細説明書)(一部改変)

メーカーの資料からの予測になりますが、ミニリンメルトを食後に服用した場合、空腹時に服用したときと比較して、60~70%効果が減弱すると考えられます。

食事とミニリンメルトは、2時間以上あけるのが望ましいです(空腹時投与)。

食直後投与では目的とする有効性が得られない可能性があるため、食直後の投与は避けることが望ましい。

ミニリンメルトインタビューフォームより

ミニリンメルトは水中毒の副作用に注意

水中毒の副作用

水中毒とは、体内に過剰に水分が蓄積することです。

水中毒の副作用は、薬の用量が多かった場合や、薬を飲む前の水分量が多い場合に起こりやすいです。(ミニリンメルトを飲み初めてから1~2週間以内が特に注意!)

ミニリンメルト服用の2~3時間前(夕食後)から翌朝までの水分量は、コップ1杯(200ml)程度に制限します。

それ以上水を飲んだ場合は、その日のミニリンメルトの服用は中止します。

水中毒とは怖い言葉ですが、医師の指示通りにミニリンメルトを服用している限り、まず問題ありません。
ただし、ミニリンメルトを飲み出してからは、倦怠感、頭痛、悪心、嘔吐などがひどい時は、水中毒の副作用も疑ってください。

ミニリンメルトのその他の副作用

ミニリンメルトと有効成分が同じデスモプレシン点鼻薬で、腹痛、倦怠感、頭痛、喉の渇き、嘔吐、腹痛、発熱等の副作用が確認されています。

倦怠感、頭痛、悪心、嘔吐などの副作用は、水中毒の前触れの可能性もあるため、注意が必要です。

ミニリンメルトと併用薬(飲み合わせ)

夜尿症アラームでおねしょ治療ができる!?効果とメリット、デメリット
夜尿アラームを使ったおねしょ治療は、日本と海外で医学的に認められた治療法です。

ミニリンメルトと飲み合わせの悪い薬は少数存在します。

  • 三環系抗うつ薬(トフラニール、アナフラニール、トリプタノール)
  • NSAID(インドメタシン、ロキソニンなど。子供は通常服用しない)
  • ロペミン

これらの薬を服用すると、水中毒が現れやすくなったり、ミニリンメルトの効果の出るスピードが遅くなったりする場合があります。

ミニリンメルト服用の2~3時間前(夕食後)から翌朝までの水分量が、コップ1杯(200ml)程度に制限されているため、夕食後から寝る前にかけての薬の併用は難しいです。

特に、風邪や胃腸炎を起こしてしまったときは、水分補給が特に必要となります。
そのときは、ミニリンメルトを中止せざるをえなくなります

夜尿症薬でおねしょバイバイ!

夜尿症薬メニリンメルトでおねしょ治療を始めても、最初は効かないかもしれません。

しかし、おねしょの回数が、毎日から、2日に1回、3日に1回…とだんだん減っていくのが目に見えてきたら、それは夜尿症薬が効いている証拠です。

おねしょの回数が減ってきたら、夜尿症薬を飲む回数を2日に1回、3日に1回と減らすこともできます。医師とご相談ください。

最終的に、夜尿症薬に頼ることなく、おねしょをしなくなったときが、おねしょにバイバイした記念すべき日です。

6カ月続いたならば、夜尿症薬での治療は成功と言えます。

まとめ

  1. おねしょ(夜尿症)は治療できる
  2. 夜尿症薬はミニリンメルト(デスモプレシン)、抗コリン薬、抗うつ薬がある
  3. 国際尿禁制学会と日本夜尿症学会の推奨はミニリンメルト(デスモプレシン)
  4. ミニリンメルト(デスモプレシン)は、不足したバソプレシン(抗利用ホルモン)の働きを補うデスモプレシンを有効成分とする夜尿症薬
  5. ミニリンメルト(デスモプレシン)のシートはチャイルとロック式の特殊シート
  6. ミニリンメルト(デスモプレシン)の服用方法は舌下(水で飲まない)
  7. ミニリンメルト(デスモプレシン)を飲むときは、摂取水分量に注意(水中毒の副作用)
  8. 風邪や胃腸炎を起こしてしまったときは、水分補給が特に必要となるため、ミニリンメルトを中止せざるをえない
  9. ミニリンメルト(デスモプレシン)は最初は効かない(効いた気がしない)