賃貸アパートの退去連絡と退去立会いとは?円満解約のポイント

引越準備

今回お話しする内容は、賃貸アパートの入居と退去を繰り返した方ならば、もはや常識かもしれません。

初めて賃貸アパートを退去して別の賃貸アパートに引越する方は、最後でつまずかないで退去できるように、賃貸アパートの入居と退去を6回繰り返した私が、賃貸アパートの退去の重要ポイントを解説します。

スポンサーリンク

賃貸アパートの退去連絡方法と必要期間

賃貸アパートを退去しようとするときは、退去予定の連絡を行います。

賃貸アパートの契約書を探して、解約もしくは退去にかかわる条文を探します。

解約、退去に関わる条文は、次のようなものが多いです。

第○条
乙は、甲に少なくとも30日前に解約の申入れを行うことにより、本契約を解約できる。
解約の方法
連絡先に解約の電話を入れ、別途添付の「解約届」を次の連絡先にFAX、または郵送すること。

前項の規定にかかわらず、乙は解約申入れの日から30日分の賃料(本契約の解約後の賃料相当額を含む)を甲に支払うことにより、解約申入れの日から起算して30日を経過する日までの間、随時に本契約を解約できる。

甲とは大家を指し、乙は入居者を指します。

(解約、退去の方法の記載がない場合←あり得ない)管理会社の連絡先などが、契約書に記載があります。

そちらへ電話して、どのように解約、退去の手続きを進めればいいか相談してください。

また、賃貸アパートを紹介した仲介会社に連絡する方もいますが、仲介会社は賃貸アパートの入居までの手続きを主な仕事としています。
(仲介会社が管理会社をかねている場合もある)

連絡しても賃貸アパートの解約、退去の手続きはできません。

退去連絡は退去日の30日前としているところがほとんどです。

賃貸アパートの退去日と明け渡し日の決定

退去日とは

退去日とは、字の意味からは引越日(退いて立ち去る日)を指すのですが、
賃貸アパートの退去日とは解約日。家賃が発生する最後の日を指す場合が多いです。

本記事では、退去日=解約日と定義します。

入居日とは

同様に、入居日とは、字の意味から引越してくる日(住居に入る日)を指しますが、家賃が発生する最初の日を指す場合が多いです。

明け渡し日とは

すべての荷物を部屋の外に出して、いつでも賃貸アパートの明け渡しができる状態になったら部屋の明け渡しができます。

通常、明け渡し日=退去立会い日となります。

賃貸アパートの引越日、明け渡し日(退去立会い日)、退去日のスケジュール

賃貸アパート・マンションのクリーニング代、鍵交換特約と原状回復費用
賃貸アパート・マンションの使い方によっては、退去時に入居時の費用に匹敵するくらいの退去費用がかかるケースがあります。原状回復費用と特約について解説します。

通常、賃貸アパートの退去までのスケジュールは

  1. 次の入居先の入居日を決める
  2. 引越日を決める
  3. 退去日を決めて連絡
  4. 明け渡し日(退去立会い日)を決めて連絡

引越から退去までのフローチャート

私は近所に引越時、【引越日=明け渡し日(退去立会い日)=退去日】をしたことがありますが、気分が切迫します。あまりおすすめできません。

通常は、引越→明け渡し=退去もしくは、引越→明け渡し→退去となります。

賃貸アパートの退去立会いとは

さきほどから何回か出てきている「退去立会い」の説明です。

賃貸アパートの契約書には、次のような条文の記載があります。

第○条 乙は、本契約が終了する日までに本物件を明け渡さなければならない。
乙は、前項の明渡しをするときには、明渡し日を事前に甲に通知しなければならない。

本契約が終了する日とは、退去日のことです。

明渡し日を事前に通知しなければならないのは、明け渡しの前に退去立会いを行うためです。

賃貸アパートの退去立会いと部屋の明け渡し

アパート退去費用(原状回復費用)でトラブル?東京ルールを見直そう
東京ルールは賃貸アパートの原状回復の考え方を示したルールです。このルールで、敷金の清算を行うのが一般化しつつあります。

明け渡し日、もしくは明け渡し前には、退去立会いが行われます。

退去立会いとは、賃貸アパートの借主、大家(管理会社)、リフォーム会社などが、賃貸アパートの部屋に集まって、部屋の痛み具合をチェックすることです。

部屋に荷物がある状態では、退去立会いは行えません。退去立会いは必ず引越後に行います。

退去立会いの準備

賃貸アパートの退去立会いの前に、やっておいてもらいたいことがひとつあります。

軽くでかまいません。掃除をしておいてください。それだけで心象が違います。

退去立会い時の汚れがひどい場合、部屋の使い方も荒い傾向にあることは、不動産に携わる人間であれば経験的に知っています。

退去立会いで汚れが目立つ場合は、厳しく部屋をチェックされます。

退去立会いの自己申告

もし、自分で壊したり、傷つけたところがあったときは、賃貸アパートの退去立会い時に速やかに自己申告してください。

黙っていてればわからないだろうとは思わないでください。

だいたい、壊れやすいところ、傷つきやすいところは決まっています。

退去立会いの確認書

ワンルームタイプの賃貸アパートであれば、退去立会いは30分もあれば終了します。

退去立会いの最後に、退去立会いの確認書にサインを求められます。

退去立会い確認書には、壊した部分、傷のあった部分を確認し、おおまかな原状回復費用の記載があります。

原状回復費用の負担に納得できたならば、サインをすれば退去立会いは終了です。
さらに、鍵を返却すると部屋の明け渡しは終了です。

退去立会い確認書のサインについて

退去立会いは、入居者と大家の両方にとって、原状回復にかかる費用負担を決める重要なイベントです。

疑問がある場合は質問して、それでも説明に納得できない場合は、安易にサインしてはいけません。

賃貸アパートの明け渡しと原状回復費用の査定は別の問題です。

サインしないと退去立会い(部屋の明け渡し)が完了しないわけではありません。部屋の荷物をすべて出して鍵を返せば、部屋の明け渡しは成立します。

原状回復費用に関しては、後日相談すればよいのです。

まとめ

賃貸アパートの退去の手順

  1. 次の引越先(入居先)の入居日を決める
  2. 引越日を決める
  3. 退去日を決めて、退去予定の連絡を大家(管理会社)にする
  4. 明け渡し日(退去立会い日)を決める

まとめ

  1. 退去立会いとは、賃貸アパートの借主、大家(管理会社)、リフォーム会社などが、賃貸アパートの部屋に集まって、部屋の痛み具合をチェックすること
  2. 退去立会いは、原状回復にかかる費用負担を決める重要なイベント
  3. 退去立会い前に部屋の掃除を済ませておく
  4. 破損部は自己申告する
  5. 賃貸アパートの明け渡しと原状回復費用の査定