住宅借入金等特別控除額の計算明細書と住宅ローン控除の確定申告書の書き方(図解) 中古マンション購入偏

スポンサーリンク

住宅ローン控除は年末調整すれば簡単です。

ただし、年末調整できるのは2年目以降の住宅ローン控除についてです。

中古マンションなどの不動産を購入した初年度(1年目)は、翌年に住宅ローン控除の確定申告が必要です。

サラリーマンの場合、住宅ローン控除が初めての確定申告かもしれません。

  • 住宅ローン控除の確定申告の書き方
  • 住宅借入金等特別控除額の計算明細書の書き方

と聞くと難しく面倒そうですが、住宅ローン控除の確定申告書と計算明細書は、ネットで簡単に作成できます。
(むしろ、必要書類集めの方が面倒なくらいです)

住宅ローン控除という国が認めた減税システムを使って、払いすぎた所得税と住民税を取り戻そうではありませんか。

スポンサーリンク

住宅ローン控除の必要書類
(中古マンション購入初年度)

中古マンションを購入したとき、住宅ローン控除の確定申告に必要な書類は7種類あります。

住宅ローン控除の必要書類のリスト

  1. 源泉徴収票(原本)
  2. 住民票の写し(原本)
  3. 住宅ローンの借入金残高証明書(原本)
  4. 土地・建物の登記簿謄本(全部事項証明書)(コピー)
  5. 中古マンションの売買契約書(コピー)
  6. (特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書
  7. 確定申告書

必要書類1~5を使って6.7を作成します。

  1. 源泉徴収票は、確定申告書の作成と給与の額の証明をするための必要書類

  2. 住民票は、居住日を確認するための必要書類

  3. 住宅ローンの借入金残高証明書は、確定申告書の作成と年末の住宅ローンの残高を証明するための必要書類

  4. 土地・建物の登記簿謄本(全部事項証明書)は、住宅ローン控除の条件を満たす不動産であることと、
    住宅ローン控除を受ける本人が購入したことを証明するための必要書類

  5. 中古マンションの売買契約書は、住宅ローン控除の条件を満たす不動産か、
    相続、贈与によるものではないかを証明するための必要書類

住宅ローン控除(確定申告)の必要書類は7種類!中古マンション購入初年度
「確定申告」と聞くと難しくて面倒そうですが、住宅ローン控除(減税)の確定申告は思ったほど難しくありません。むしろ、必要書類集めの方が面倒なくらいです。

確定申告書の「確定申告書A(第一表と第二表)」の書き方と「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」の書き方を解説します。

スポンサーリンク

住宅ローン控除の確定申告書の書き方1
【中古マンション】

確定申告トップ画面(ネット)

平成29年確定申告書作成ページ(ネット)へ移動します

以下、画面のキャプチャーが古いもの(平成27年度~28年度版)もあります。
(色などが違うだけ)

記載通りに入力していけば問題ありません。

確定申告書作成開始

【申告書・決算書・収支内訳書等作成開始】

以下【 】の内容が選択する(クリックする)ところです。

税務署への申請方法の選択

税務署への確定申告書提出方法の選択

今回は書面での書き方ですので【書面申請】

確定申告書等印刷を行う際の確認事項

確定申告書等の印刷設定の確認

①~③(キャプチャーは非表示)を確認します。

問題がないのであれば、一番上のところへチェックを入れます。

【事前準備終了(次へ)】

確定申告書等の選択

確定申告書等の選択

医療費控除、住宅ローン控除、ふるさと納税などを確定申告する方は、【所得税のコーナーへ】

所得の種類の確認

所得の種類の確認

【給与・年金の方(給与・公的年金専用)】

確定申告書の作成をはじめる前に

確定申告書の提出方法選択

今回は、確定申告書を印刷して税務署に医療費控除を申請したいので、
【確定申告書を印刷して税務署へ提出】にチェックして、生年月日を入力します。

確定申告の所得の種類の内訳

確定申告の所得の種類の内訳

給与のみの方は「給与のみ」へ

給与所得の内容などの選択

給与所得の内容等選択

多くの方は、給与の支払者(勤務先)は1カで、年末調整は行われているでしょう。

確定申告で適用を受ける控除

確定申告を行う控除の種類

住宅ローン控除の確定申告の書き方ですので、【(特定増改築等)住宅借入金等特別控除】にチェックです

給与所得の書き方

用意していた源泉徴収票を見て、国税庁の確定申告書作成のとおりに入力していきます。

エラーが出るときは、国税庁「確定申告作成コーナーよくある質問」を参照してください

給与所得の入力内容確認

給与所得の入力内容確認

【次へ】

16歳未満の扶養親族の書き方

16歳未満の扶養親族の書き方

「給与所得の源泉徴収票」のページで
<16歳未満の扶養親族>に、チェックを入れた方は扶養親族の詳細の項目を記入します。

扶養親族の氏名・続柄・生年月日・別居の場合の住所の入力する。

収入・所得金額の入力確認

収入・所得金額の入力内容の確認

特に問題がなければ、【次へ】

このあたりで入力データの一時保存を行うと、いいかもしれません。

住宅借入金等特別控除額の計算明細書の書き方
【中古マンション】

いよいよ住宅ローンの確定申告書のメイン「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」の書き方です。

所得控除の内容の選択

住宅借入金等特別控除選択

住宅ローン控除は【住宅借入金等特別控除】の項目を使用します。

新築中古区分選択と居住年月日の書き方

新築中古区分選択と居住年月日の書き方

今回は、中古マンションの住宅借入金等特別控除額計算明細書の作成です。

【中古住宅を購入した】

を選ぶと、住み始めた日を問われる画面が表れます。

そこへ中古マンションに住み始めた日を入れます。

忘れてしまった場合は、住民票の住所を異動した日でもOKです。

住宅や土地についての質問

住宅や土地についての質問

質問7で「はい」と答えておくと、

来年度から住宅ローン控除は年末調整できるようになります。

2年目以降の住宅ローン控除は年末調整でOK!必要書類と書き方(図解)
2年目以降の住宅ローン控除は年末調整できますが、自分で記入して会社に提出しなくてはならない必要書類もあります。書き方も解説します。

住宅ローン控除の年末調整忘れたなどの理由で、確定申告している方は「いいえ」と答えます。

住宅ローン控除の年末調整忘れた!どうする?確定申告2年目以降の手続き
住宅ローン控除の年末調整を忘れたときは「再年末調整」もしくは「確定申告」が必要です。また確定申告?と思うかもしれませんが、1年目より必要書類が少ないため簡単です。

次の画面は内容を確認して【次へ進む】

中古マンションの金額や面積の書き方

中古マンションは土地建物が一式です。

「土地に関する事項」の取得対価の額は空欄で進みます。

住宅ローンの年末残高の書き方

【年末残高証明書を入力する】をクリックすると、次の画面が開きます。

住宅ローンの年末残高の書き方

①中古マンションは「住宅および土地等」です。

後は、住宅ローンの借入金残高証明書のとおりに書きます。

複数銀行から住宅ローンを受けていれば、【続けてもう一枚入力】

全て書き終えたならば【入力終了】

借入金の年末残高等証明書の入力内容の確認

借入金の年末残高等証明書の入力内容の確認

借入金の年末残高等証明書の入力内容を確認して【次へ進む】

次の画面の内容も確認して【次へ進む】

住宅借入金等特別控除額の計算結果

実際の住宅ローン控除額

住宅ローン控除は20万円まで受けられますが、

今回のシミュレーションの所得税(源泉徴収税)が86200円ですので、それ以上の控除は受けられません。

損しない住宅ローン控除(減税)シミュレーション【新築中古マンション偏】
住宅ローンを組むと所得税、住民税から減税を受けられるというおいしい制度が住宅ローン控除です。しかし、減税をフルに生かすためには、ある程度の収入が必要です。減税失敗例も解説します。

「住宅借入金等特別控除額の計算明細書の書き方」はここまでです。

以下、「住宅ローン控除の確定申告書の書き方」の続きです。

住宅ローン控除の確定申告書の書き方2
【中古マンション】

住民税等に関する事項

  1. 住民税の徴収方法の選択
  2. 16歳未満の扶養親族の有無
  3. 別居の控除対象配偶者・控除対象扶養親族の有無

住民税等に関する質問

3つの質問に答えて【次へ】

住所・氏名等の書き方

住所、氏名を入力していくと、最終的に住宅ローン控除還付金の受取銀行の記入ページまで進みます。

住宅ローン控除還付金の入金口座

受取方法の【▼】をクリックすると、受取銀行を記入するページが開きます。

銀行名・支店名・口座番号などを入力

マイナンバーの書き方
(平成28年度以降)

平成28年度の確定申告から、マイナンバーの記入が必須です。

マイナンバーの書き方

 確定申告書へのマイナンバーの記入

詳細は、平成28年確定申告特集(国税庁)

確定申告書の印刷

確定申告書の印刷

【帳票表示・印刷】 プリンターで印刷します。

印刷終了の前に【データの保存】をしておくと、今までのデータで保存できます。

こちらの記事から来た方は、下のリンクから元記事へ戻ってください。

住宅ローン控除の年末調整忘れた!どうする?確定申告2年目以降の手続き
住宅ローン控除の年末調整を忘れたときは「再年末調整」もしくは「確定申告」が必要です。また確定申告?と思うかもしれませんが、1年目より必要書類が少ないため簡単です。

税務署に確定申告へ
平成28年度からはマイナンバーが必要

住宅ローン控除の必要書類1~5と、確定申告書住宅借入金等特別控除額の計算明細書を持って、所轄の税務署に確定申告に行きます。
(ただし、源泉徴収票は確定申告書に裏に貼付)

さらに、平成28年分以降の確定申告書の提出時、マイナンバーの記載本人確認書類の提示または写しの添付が必要になりました。

マイナンバーカード(表裏)、もしくはマイナンバー通知など+運転免許証などを確定申告書の裏面(本人確認書類欄)に貼りつける必要があります。

平成28年度、マイナンバーと確定申告書本人確認書類

国税庁(平成28年分確定申告特集)HPより

確定申告書の受付時、確定申告書控えに受付印を押してくれます。

受付印の押された確定申告書控えは、確定申告を行った証拠書類ですので、大切に保管しておきましょう。

税務署にもよりますが、確定申告初日に行けば3月から4月の間に指定の口座に還付金が入金されます。
(私の場合:平成26年分は、平成27年3月12日に入金)