ミヤリサン(酪酸菌)の下痢・便秘・おなら改善効果と副作用

スポンサーリンク

強ミヤリサン(以下ミヤリサン)は医療用整腸剤ミヤBMの市販薬で、

ミヤリサンは、胃酸・抗生物質(抗生剤)などにも抵抗力がある酪酸菌(宮入菌)を成分とする整腸剤です。

酪酸菌(らくさんきん)は乳酸菌やビフィズス菌とは少し違った働きをして整腸作用を表し、下痢・便秘・おならに効果があります。

スポンサーリンク

腸内フローラ

整腸剤を知るには、腸内フローラを先に知る必要があります。

小腸から大腸にかけて、数百兆個の腸内細菌がグループごとにかたまりをつくって共存しています。

その腸内細菌のかたまりの共存状態が花畑に似ていることから、その腸内環境は腸内フローラと呼ばれるようになりました。

腸内フローラの腸内細菌は、善玉菌悪玉菌日和見菌(ひよりみきん)の3種類に分けられ、そのバランスは2:1:7で安定していると考えられています。

しかし、善玉菌と悪玉菌は、勢力を拡大しようとお互いにけん制しあっています。

この腸内細菌のバランスが崩れたとき(善玉菌↓悪玉菌↑)、便秘、下痢、腹がはる、おならが臭い(熱いおならが出る)などの症状が起こります。

善玉菌

代表的な善玉菌に、ビフィズス菌、乳酸菌、酵母菌、麹菌(こうじきん)、納豆菌があります。

善玉菌は字のごとく、腸内環境にいい影響を与えて下痢・便秘・おなら(放屁)に効果を発揮します。

悪玉菌

代表的な悪玉菌に、大腸菌、ウエルシュ菌、黄色ブドウ球菌があります。

悪玉菌は字のごとく、腸内環境を悪化させて下痢・便秘を引きおこしたり、免疫力を低下させたりします。

腸内環境が悪くなると、下痢・便秘を起こすことは有名ですが、おなら(ガス)にも影響を与えます。

  • おならの回数が増える
  • おならが臭い
  • おならが熱い

日和見菌

日和見菌は善玉菌・悪玉菌の優位になっている方の腸内細菌の味方をします。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが2:1:7であれば、善玉菌の見方をしますが、悪玉菌が優位になってくると悪玉菌の見方をするといった感じです。

日和見菌は世渡り上手な腸内細菌です。

スポンサーリンク

市販薬ミヤリサンの成分

医療用ミヤリサンであるミヤBMは1錠中の成分は宮入菌末(酪酸菌末)が20mgです。

ミヤリサンは1錠中に宮入菌末(酪酸菌末)90mg含有しています。

ミヤリサンは次の1回量を1日3回毎食後に服用します。

  • 15歳以上:3錠
  • 11歳以上15歳未満:2錠
  • 5歳以上11歳未満:1錠
  • 5歳未満:服用不可

スポンサーリンク

ミヤリサン(酪酸菌)の下痢・便秘・おなら改善効果

ミヤリサンの酪酸菌は、酸素があると生きていけない偏性嫌気性菌です。

酪酸菌はほとんど酸素がとどかない大腸に生息しています。

酪酸菌は乳酸菌と一緒にいることで、お互いの増殖を促進します。

酪酸菌 + 乳酸菌 →酪酸菌・乳酸菌 ↑

そして、乳酸菌は糖を分解して乳酸を作ります。

乳酸菌 + 糖 → 乳酸

乳酸菌が作る乳酸には殺菌作用があり、悪玉菌の増殖を抑える効果があります。

つまり、ミヤリサン(酪酸菌)を飲むと、善玉菌が増え悪玉菌が抑えられて、便秘・下痢・おならを改善できるというわけです。

ミヤBMは抗生物質と併用OK!下痢・便秘改善効果と副作用
ビオフェルミンやラックビーは抗生物質と一緒に飲むと、抗生物質に負けて効果がなくなりますが、ミヤBMは抗生物質に耐久性があるため、併用も可能です。

ミヤリサンが腸に良く効く理由

ミヤリサンの酪酸菌は芽胞(がほう:防御膜のようなもの)された状態で配合されており、

胃酸、胆汁酸、腸液、消化酵素、抗生物質などの影響を受けずに腸に到達できるという特徴があります。

ミヤリサンの耐熱性

ミヤリサン(酪酸菌)は芽胞で守られているため、熱に強いです。

酪酸菌耐熱試験の結果(生存率)

酪酸菌耐熱試験の結果(生存率)

ミヤリサンの耐酸性

ミヤリサン(酪酸菌)は芽胞に守られているため、酸にも強いです。

乳酸菌やビフィズス菌は胃酸(pH1.0~5.4)で死ぬため、生きたまま腸に届けることが困難です。

整腸剤ビオフェルミン(R)の下痢・便秘改善効果と副作用 赤ちゃんと幼児は?
ビオフェルミンは腸内フローラのバランスを整え、自然治癒に近い形で下痢・便秘に効果を発揮します。赤ちゃんから大人まで幅広く使用されています。

一方、酪酸菌は胃酸の影響を受けません
(pH1.0~5.4の健康な成人男子の胃液中にて37℃1時間振盪することにより、影響を受けない)

ミヤリサンの耐抗生物質

酪酸菌は乳酸菌、ビフィズス菌とは違い抗生物質に耐性があり強いです。

整腸剤ラックビー(R)の下痢・便秘改善効果 ビオフェルミンとの違いは?
下剤を言われる便秘薬は大腸を直接刺激して排便を促すため即効性がありますが、整腸剤ラックビーは腸内フローラの環境を整える作用のため、便秘に即効性はありません。

フロモックス、メイアクト、クラリスなどの抗生物質は細菌を攻撃して中耳炎、副鼻腔炎、肺炎などの症状を改善します。

抗生物質クラリス・クラリシッド(クラリスロマイシン)は風邪に効果がある?副作用は?
クラリス・クラリシッドは抗生物質(抗生剤)ですので細菌には効果がありますが、ウイルスには全く効果がありません。 では、なぜクラリス・クラリシッドは風邪に使われるのでしょうか?

しかし、ターゲットである肺炎球菌やブドウ球菌以外の細菌(腸の善玉菌)なども攻撃します。

すると、腸内フローラの腸内細菌バランスが崩れ、下痢・便秘・ガスがたまる・おならが出るという症状が出る場合があります。

ミヤリサンの酪酸菌は、先述の通り芽胞した状態で配合されています。

そのため、ミヤリサンは抗生物質に対しても耐性があり、抗生物質の服用でときどき起こる下痢・便秘・おならにも十分な効果が期待できます。

ラキソベロン(ピコスルファート)の効果時間と副作用(下痢・腹痛)
ラキソベロン内用液は同じ大腸刺激タイプのセンノシド(プルゼニド)と比べると副作用がマイルドです。そのため、妊婦の便秘にはよく使用されます。

ミヤリサンの潜在効果

現在のミヤリサンの効能効果は次の通りです。

 整腸(便通を整える)、腹部膨満感、軟便、便秘

強ミヤリサン錠添付文書より

しかし、試験結果から裏付けられた下記の潜在効果も参考になります。

  1. 混合培養において、
    酪酸菌は、コレラ菌、赤痢菌、腸炎ビブリオ、サルモネラ属菌、腸管病原性大腸菌、腸管毒素原性大腸菌、腸管出血性大腸菌など、各種腸管病原体の発育を抑制

  2. 無菌マウスにおいて、
    酪酸菌を投与すると、腸管出血性大腸菌O157:H7の増殖性、毒素産生性および致死率が有意に抑制

  3. 試験管内において、
    酪酸菌の主要な代謝産物である酪酸は、腸管毒素原性大腸菌による毒素の産生を抑制

  4. 試験管内において、
    酪酸菌はアミラーゼおよびビタミンB群(B1・B2・B12・ニコチン酸・葉酸)を産生

(ミヤBMインタビューフォームより抜粋)

酸化マグネシウム(マグミット)の便秘改善効果と副作用 下痢したときは?
酸化マグネシウム(マグミット)は大腸を刺激するタイプの便秘薬ではないため、お腹が痛くなりにくく、クセになりにくい自然な排便を促す薬です。

ミヤリサンの副作用

ミヤリサンの副作用は見つかっていません。

総細菌数と比較するとミヤリサンで補える善玉菌はわずかです。

毎日ミヤリサンを飲み続けたとしても副作用はでないと考えられます。

整腸剤ビオスリーの便秘・下痢改善効果 ビオフェルミンとの違いは?
ビオスリーの特徴の違う3種類の細菌が互いの増殖を助け合い、小腸から大腸にかけて腸全体に善玉菌が広がり整腸作用を発揮します。ビオフェルミンと比較しながら解説します。

ミヤリサンはAmazonで人気沸騰中

Amazonでは、強ミヤリサン錠(330錠)のレビューが235件に達しています。(出稿当時)

すごく効果があるという方から全然効かないという方まで、意見はキレイにわかれています。

ただ、全然効かないという方のAmazonのレビューを見てみると、1日とか3日など、短期間で効果を期待しているように思えます。

ミヤリサンなどの整腸剤は腸内細菌のバランスを改善して、下痢・便秘・おならを改善しますが、即効性は期待できません。

なぜならば、腸内細菌は何百兆とあり、ミヤリサンで補充できる善玉菌はわずかだからです。

効果の出る期間は個人差があると思いますが、最低でも1週間、できれば1カ月くらいの継続服用をおすすめします。

まとめ

  1. 腸内フローラのバランスが崩れたとき(善玉菌↓悪玉菌↑)、便秘、下痢、腹が張る、おならが臭い(熱いおならが出る)などの症状が起こる
  2. ミヤリサンは、酪酸菌を成分とする市販整腸剤
  3. 酪酸菌は乳酸菌と一緒にいることで、お互いの増殖を助け合う
  4. 乳酸菌は糖を分解して乳酸を作り出す
  5. 酢酸には悪玉菌の増殖を抑える効果がある
    (悪玉菌↓:下痢・便秘・おなら改善)
  6. ビフィズス菌・乳酸菌は胃酸が抗生物質に弱いが、ミヤリサンの酪酸菌は芽胞に守られているため、熱、酸、抗生物質にも強い
  7. ミヤリサンの副作用は発見されていない
  8. ミヤリサンなどの整腸剤は即効性がないため、最低1週間、できれば1カ月くらいの継続服用がおすすめ