キズパワーパッドを剥がしたら膿がドロッドロッ!これは一体何だっ!

スポンサーリンク

キズパワーパッドを使ったとき、2回驚かされることでしょう。

  1. 貼った後に膿のようなモノがパッドに付く
  2. 剥がした後にやはり膿のようなモノが傷口に付いている

ひょっとすると、膿のようなものを見て、あせってこのページにたどりついたのかもしれませんね。

でも、安心して下さい。

膿のように見えるモノは膿ではありません。
(答えは記事の中に)

まず最初に、キズパワーパッドの構造をダイジェストで解説します。

スポンサーリンク

キズパワーパッドの構造

キズパワーパッドのようにハイドロコロイドを使ったドレッシング材をハイドロコロイドドレッシッグ材といいます。

医療では褥瘡(じょくそう)治療(床ずれ治療)に応用されています。

キズパワーパッドはポリプレタンフィルムと疎水性ポリマーの2層構造でできています。

キズパワーパッドの構造
内側:傷口に触れる側
外側:空気に触れる側

ハイドロコロイドは滲出液を吸収して膨らみ、ドロドロのゼリー状となります。

滲出液とは
傷口からはジュクジュクした液体が流れ出きます。それを滲出液といいます。
滲出液には皮膚を再生する成分(傷を治す成分)が含まれ、自然治癒力を引き出す大切な液体です

ポリウレタンフィルムは、バイ菌が傷口に入らないようにガードしてくれます。

キズパワーパッドが風呂でもビクともしないのは、ポリウレタンフィルムのおかげです。

キズパワーパッドの構造はこちらでくわしく解説しています。
キズパワーパッドがすごい!これが傷がキレイに早く治す仕組みだ!

キズパワーパッドを貼った後の変化

キズパワーパッドは肌色半透明で、貼ってすぐは傷口の様子が透けて見えます。

サイズも普通サイズから大きめサイズまでさまざまです。

キズパワーパッドのサイズ
出典:キズパワーパッド公式HP

キズパワーパッドを貼ってしばらくすると、パッド(ハイドロコロイド)が滲出液を吸収してゼリー状に膨らみ白くなります。
(ですので、キズパワーパッドは傷口より大きいサイズの選択がポイント!)

キズパワーパッドが滲出液を吸収
キズパワーパッドHPを参考に作成

そのドロドロ状態がキズパワーパッドの効果が発揮できる傷の修復にベストな状態なのです。

なぜそうなのかは、こちらで解説中!
キズパワーパッドの4つの効果がステキすぎる!傷・やけどは もう怖くない!

しかし、初めてキズパワーパッドを使ったとき、ほとんどの方はこのドロドロを見て驚くでしょう。
(僕も何だ!とビビリましたから)

ドロドロがに見えて仕方ないからです。
(しかも臭うとゴム臭い)

スポンサーリンク

キズパワーパッドを剥がしたらドロドロの膿が!

キズパワーパッドを貼った後の変化」で解説したとおり、キズパワーパッドを貼ると滲出液を吸収して膨らみ、白い膿のようなモノが見えます。

白い膿のようなモノが満タンになってきたらキズパワーパッドを剥がしますが、キズパワーパッドはピッタリと傷に貼り付いているため、剥がすときは苦労するかもしれません。

剥がし方はこちらでくわしく解説中!
キズパワーパッドが剥がれない?こういう剥がし方をすれば大丈夫!

キズパワーパッドを剥がした後も、傷口とパッドにドロドロした膿がついているようにも見えます。
(少しゴム臭いので、初めてキズパワーパッドを使ったときはけっこうあせります)

しかし、ドロドロ物体は膿のように見えるだけで膿ではありません。正体は滲出液や細胞の死がいです。

ドロドロが膿ではない理由はこうです。

細菌やウイルスに感染したり障害を受けると炎症反応が起こります。

その炎症反応の指標となるのが次の4つの症状です。

  1. 疼痛(痛み)
  2. 発赤(赤み)
  3. 熱感(熱を持った感じ)
  4. 腫脹(腫れ)

本当に感染が起こっていてドロドロしたモノが膿であるならば、傷口が痛んだり熱を持った感じがあるはずです。

反対にそのような症状がないのであれば、膿ではないということです。

肌に残ったドロドロは、キズパワーパッドを貼り替えるときに水でサラッと洗い流してください。

後は新しいキズパワーパッドに貼り替えるだけです。

貼り替え・剥がすタイミング

キズパワーパッドは今までの絆創膏とは違います。

貼り替えずにできるだけ長い時間貼りっぱなしにした方が傷が早く治ります。

ですので、キズパワーパッドは貼り替えや剥がすタイミングの見極めが大切です。

キズパワーパッドの説明書では、剥がすタイミングを次のように解説しています。

  • 2.3日に1回は傷口を確認してください。
  • 感染の恐れがなく滲出液の漏れや剥がれがないときは最長で5日間使用できます。

キズパワーパッドを貼った1枚目は、膿のようなドロドロの滲出液を大量に吸収します。

それが、貼り替えのたびに少しずつ減っていきます。

キズパワーパッドの浸出液が貼り替えるたびに減る
キズパワーパッドHPを参考に作成

そして、キレイな皮膚ができると全く滲出液が出なくなります。

キズパワーパッドの効果的な使い方 貼り方、剥がし方、やめどきは?

まとめ

リンクをクリックすると本文中の解説に戻ります。

  1. キズパワーパッドのハイドロコロイドは滲出液を吸収して、白いドロドロの膿状に膨らむ
  2. そのドロドロ状態こそが、傷の修復にベストな状態
  3. キズパワーパッドを剥がした後も、傷口とパッドにドロドロした膿状のモノが付く
  4. 膿のように見えるドロドロしたモノは、滲出液や細胞の死がいであることがほとんど
  5. もし、ドロドロしたモノが膿であるならば、傷口が痛んだり熱を持ったような感じがある