キズパワーパッドの4つの効果がステキすぎる!傷・やけどは もう怖くない!

スポンサーリンク

子供が小さいと、あちらこちらと傷だらけになると思います。

そこで頼りになる絆創膏がキズパワーパッドです。

ただし、キズパワーパッドは普通の絆創膏とは性質的に違います。

普通の絆創膏は傷口を保護する効果しかありませんが、キズパワーパッドには他に3つの効果があるからです。

キズパワーパッドの効能効果

切り傷、すり傷、かき傷、あかぎれ、さかむけ、靴ずれ等の創傷及び軽度の熱傷(やけど)の「治療の促進」、「痛みの軽減」、「湿潤環境の維持」、「保護」

キズパワーパッド説明書より

キズパワーパッドの保護する効果以外の3つの効果を中心に解説します。

  1. 湿潤環境を保つ
  2. 傷・やけどを早く治す
  3. 傷口の痛みをやわらげる
スポンサーリンク

キズパワーパッドの効果1
傷を保護する

キズパワーパッドは傷・やけどを保護する効果がありますが、この効果は普通の絆創膏と同じです。

特に多くを語る必要はないでしょう。

キズパワーパッドから膿の臭いが!これは一体何だっ!

キズパワーパッドの効果2
湿潤環境を保つ

湿潤環境とは、字のごとく傷口がジュクジュクしている環境を指します。

従来の絆創膏が乾燥療法(ドライヒーリング)で、キズパワーパッドが湿潤療法(モイストヒーリング)です。

では、なぜ、湿潤環境を保つこと大事なのか?

乾燥療法と湿潤療法を比較して解説します。

乾燥療法(ドライヒーリング)

  • バイ菌が傷口に入るとたいへんです。消毒して乾かしてかさぶたができるのを待ちましょう!
  • かさぶたは傷を治す効果を助けます。

これが乾燥療法の考え方です。

しかし、乾燥療法には3つの問題があります。

  1. 消毒すると傷・やけどを修復する細胞も危害を受けるため、傷の修復が遅れる
  2. かさぶたは自然にポロっと取れるが、少しの間は傷痕(かさぶたの痕)として残る
  3. 傷・やけどの修復している間、ジリジリした痛みがある

湿潤療法(モイストヒーリング)

傷・やけどを負ったとき、傷口からは滲出液(しんしゅつえき)が流れ出てきます。

滲出液とは半透明のあの白いジュクジュクした液体です。

キズパワーパッドを貼ってからしばらくすると、パッドが滲出液を吸収してゼリー状に膨らみます。

キズパワーパッドが滲出液を吸収

キズパワーパッドHPを参考に作成

膿のようにも見える滲出液は、傷を治す成分を豊富に含みます。傷を自然治癒力で治すための重要な液体なのです。

滲出液の効果を引き出すためには、傷口を乾燥させてはいけません。

ジュクジュクの湿潤環境がふさわしいのです。

キズパワーパッド効果3
傷・やけどを早く治す

キズパワーパッドは傷・やけどを早く治す効果があります。

その圧倒的な効果を体感してしまったら、もう普通の絆創膏には戻れません。
(子供が普通の絆創膏を使ってくれなくなるので、コレけっこう困ります)

キズパワーパッドの仕組みはこちらで解説中!
キズパワーパッドがすごい!これが傷がキレイに早く治す仕組みだ!

では、なぜ、キズパワーパッドは傷・やけどを早く治す効果があるのでしょうか?

傷口ではこのようなプロセスで傷が治ります。

  1. 傷を負うと傷口から出血が起こる
  2. 出血を止める血小板が傷口に集まる
    (このあたりでかさぶたが作られる)
  3. 白血球などが死んだ細胞や細菌を掃除する
  4. 線維芽細胞(せんいがさいぼう)が傷口をくっつける
  5. 表皮細胞(ひょうひさいぼう)が傷口をふさぐ

少し難しくなってしまいましたね。

要するに傷を治すには多くの細胞がフル稼働しているのです。

そして、必要な時期に必要な細胞を引き寄せるのが、滲出液に含まれる細胞成長因子(細胞増殖因子)です。

いい湿潤環境ができていれば、細胞成長因子(細胞増殖因子)はその役目を存分に発揮できます。

傷を治す効果を加速させるというわけです。

キズパワーパッドが剥がれない?こういう剥がし方をすれば大丈夫!

キズパワーパッドの効果4
傷・やけどの痛みをやわらげる

乾燥療法(ドライヒーリング)では、傷が乾燥してかさぶたを作る過程で炎症が起こります。

その炎症が痛みを起こします。
(かさぶたの下でジリジリ痛みますよね)

キズパワーパッドはかさぶたを作りません。

かさぶたを取るのに失敗して、傷痕を残す恐怖からも解放されます。

ドレニゾンテープは傷痕・ケロイド・あかぎれに効果抜群のステロイド!

そして、いままで痛かった傷・やけどの痛みが、ウソのように取れていきます。

ただし、キズパワーパッドを使ってもジリジリした痛みや赤みが続くようであれば、感染が起こっている可能性があるため、キズパワーパッドを使ってはいけません。

キズパワーパッドの使い方(貼り方、剥がし方、やめどき) はこう!

まとめ

リンクをクリックすると、記事内の対応するところへ移動します。

  1. 乾燥療法は3つの問題を抱えている
  2. 滲出液は傷を治す成分を含んでいる
    そのため、傷を自然治癒力で治すための重要な液体である
  3. 滲出液を活用して傷を早く治す効果を引き出すためには、いい湿潤環境を整えることが大事
  4. キズパワーパッドはかさぶたを作らない。
    炎症が起こらないため痛みもほとんどない