キズパワーパッドが剥がれない?こういう剥がし方をすれば大丈夫!

スポンサーリンク

キズパワーパッドをエイッと普通の絆創膏のように剥がしたら、せっかくできた新しい皮がメリメリッといっしょに剥がれて、アイタタターッ!という経験はありませんか?

キズパワーパッドは傷口にピッタリくっつくので、そのまま風呂に入ってもシミたり、自然に剥がれたりすることはほとんどありません。

しかし、剥がすときはその密着性の高さがデメリットになります。

なかなか剥がれないからです。

そのため、キズパワーパッドは特殊な剥がし方をします。

普通の絆創膏のように上にひっぱる剥がし方をしてはいけません。

スポンサーリンク

キズパワーパッドの仕組み

キズパワーパッドのようなハイドロコロイドを使ったドレッシング材をハイドロコロイドドレッシッグ材といいます。

キズパワーパッドはポリウレタンフィルムと疎水性ポリマーの2層構造からできています。

キズパワーパッドの構造(仕組み)

ハイドロコロイド

傷口に直接ふれる部分(内側)は、ハイドロコロイド疎水性ポリマーでできています。

ハイドロコロイドは滲出液(しんしゅつえき)を吸収して膨らみ、ドロドロのゼリー状になります。

そして、湿潤環境(ジュクジュクに湿った状態)を維持して自然治癒力を高めます

一方、疎水性ポリマーは傷口のデコボコになじんで、キズパワーパッドが傷口に貼り付くのを助けます。
(これが剥がれない原因)

滲出液とは
傷口からはジュクジュクした液体が流れ出きます。それを滲出液といいます。
滲出液には皮膚を再生する成分(傷を治す成分)が含まれ、自然治癒力を引き出す大切な液です

ポリウレタンフィルム

空気に触れる部分(外側)は、ポリウレタンフィルムでできています。

ポリウレタンフィルムは細菌や水の侵入を防ぎます。

キズパワーパッドを貼ったままお風呂に入っても剥がれないのは、ポリウレタンフィルムのおかげです。

キズパワーパッドの仕組みはこちらでくわしく解説しています。
キズパワーパッドがすごい!これが傷がキレイに早く治す仕組みだ!

キズパワーパッドの剥がし方

普通の絆創膏の場合、傷口の皮膚を押さえながら端から少しずつ上に(傷口に垂直に)引っぱって剥がしますよね?

しかし、キズパワーパッドでこの剥がし方をすると、せっかくできた新しい皮も一緒に剥がれて痛いことになる場合があります。

キズパワーパッドは特殊な剥がし方をします。

キズパワーパッドを剥がすときは、傷口の皮膚を押さえながらパッドの端をペロッと少し持ち上げ、皮膚に平行に何度もひっぱって剥がします。

こんな感じにです。
これがビックリするくらいビロロ~ンと伸びるんです。

キズパワーパッドの剥がし方
出典:キズパワーパッド公式HP

キズパワーパッドは一度貼ってしまえば簡単に剥がれませんが、剥がしたいときに剥がれないのがネックです。

ピッタリくっつきすぎて、どうしても剥がれない場合はキズパワーパッドを貼ったまま風呂に入り、出る直前にシャワーで流しながら剥がします。

風呂のお湯で温められたキズパワーパッドはやわらかくなって剥がしやすくなり、さらに膿のように見えるモノもいっしょに流せて一石二鳥だからです。

キズパワーパッドを剥がしたら膿がドロッドロッ!これは一体何だっ!

それでも傷に直接あたるところを剥がすときは少し緊張が走ります。

後は新しいキズパワーパッドに貼り替えるだけです。

スポンサーリンク

キズパワーパッドの剥がすタイミング

キズパワーパッドは今までの絆創膏とは違います。

一度貼ったら貼りっぱなしの方が本来の効果を発揮して傷が早く治ります。

キズパワーパッドの効果はこちら!
キズパワーパッドの4つの効果がステキすぎる!傷・やけどは もう怖くない!

しかし、傷口が治るまでに剥がして貼り替えるタイミングが何度かあります。

キズパワーパッド説明書によると、剥がすタイミングはこうです。

  • 2.3日に1回は傷口を確認してください。
  • 感染の恐れがなく滲出液の漏れや剥がれがないときは最長で5日間使用できます。

滲出液でパッドがパンパンになったときが、剥がして貼り替えるタイミングということになります。

また、キズパワーパッドを貼ってすぐは多くの滲出液を吸収します。そして時間の経過(貼り替える)とともに減っていきます。
(だからキズパワーパッドは傷口より大きめのサイズを選ばなくてはなりません)

こんな感じにです。

キズパワーパッドの滲出液を吸収する様子
キズパワーパッド公式HPを参考に作成

キズパワーパッド使い方はこちら!
キズパワーパッドの効果的な使い方 貼り方、剥がし方、やめどきは?

まとめ

リンクをクリックすると本文中の解説に戻ります。

  1. キズパワーパッドのハイドロコロイドは滲出液を吸収して、白いドロドロの膿状に膨らむ
  2. ドロドロ状態こそが、傷の修復にベストな状態
  3. キズパワーパッドは普通の絆創膏のような剥がし方をしてはいけない
  4. キズパワーパッドの正しい剥がし方は、傷口の皮膚を押さえながらパッドの端をペロッと少し持ち上げ、皮膚に平行に何度もひっぱる
  5. キズパワーパッドを貼り替えるタイミングは、滲出液でパッドがパンパンになったとき