長期入院が必要な病気はこれだ!入院する確率と日数も発表

スポンサーリンク

2011年(平成23年)の「厚生労働省患者調査」から1回あたりの平均在院日数(入院日数)は32.8日です。

しかし、その10倍以上の入院期間を必要とする病気(長期入院する病気)があります。

もし、そのような長期入院する病気にかかった場合、経済的負担を強いられることは必至です。

どのような病気が長期入院してしまうのか。事前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

平均在院日数と平均入院日数

平成23年9月1日~30日までに退院した患者の平均在院日数が厚生労働省のホームページに公表されています。

<参考 平成26年患者調査の概要

  • 平均在院日数?
  • 在院していた?

あまり聞きなれない言葉のため、平均在院日数とは平均入院日数のことだろうと決めつけてしまいそうです。

しかし、平均在院日数は患者の入院期間(入院日数)を足して入院患者数で割った日数ではありません。

平均在院日数は、調査期間に入院していた患者の延べ人数を、新規に入院した患者数と退院患者数を足して1/2を掛けた数字です。

平均在院日数の公式(厚生労働省)

平均在院日数=平均入院日数ではありませんが、平均入院日数の統計データが見つからないため、便宜上、平均在院日数=平均入院日数として取り扱います。
(おそらく平均在院日数 < 平均入院日数)

長期入院する病気

年齢別、性別でみた平均入院日数
【厚生労働省「患者調査(2011年)」を参考に作成】

単位:日数

病気別分類 平均 0歳
~14
15歳
~34
35歳
~64
65歳~ 70歳~ 75歳~
感染症、寄生虫症 21 23 19 5 8 16 32 34 36
内訳 結核 65 70 59 12 45 63 69 71 73
ウイルス肝炎 15 16 14 6 13 13 22 22 26
悪性新生物 20 20 20 20 16 15 22 24 27
内訳 23 21 26 19 13 16 25 27 30
結腸、直腸 18 15 21 11 14 12 20 23 27
肝、肝内胆管 19 18 21 30 17 16 19 20 21
肺など 22 21 24 27 12 20 23 24 26
乳房 12 14 12 32 7 9 17 17 20
血液、造血器の病気
免疫機構の障害
30 34 27 13 15 20 38 38 40
内分泌、栄養、代謝病気 29 26 33 6 23 19 37 40 44
内訳 糖尿病 36 29 45 14 42 21 48 54 66
高脂血症 21 13 28 56 2 6 42 46 59
精神、行動の障害 296 338 262 28 60 236 502 493 445
内訳 血管性認知症
詳細不明の認知症
359 303 400 467 255 365 366 383
統合失調症
統合失調症型障害
妄想性障害
561 659 479 87 105 375 1403 1560 1606
神経系の病気 76 64 91 18 32 56 105 112 123
内訳 アルツハイマー病 236 212 250 177 238 234 236
眼、付属器の病気 5 6 5 4 12 6 5 5 5
耳、乳様突起の病気 8 7 9 5 9 7 9 10 11
循環器系の病気 45 34 60 15 18 23 54 58 66
内訳 高血圧性の病気 41 35 44 9 10 13 49 51 55
心臓の病気
(高血圧性以外)
22 15 33 16 25 9 26 29 35
脳血管関係の病気 93 76 112 23 31 55 104 110 121
呼吸器系の病気 27 24 30 5 8 16 42 43 44
内訳 喘息 13 9 17 5 5 9 40 44 52
消化器系の病気 13 12 15 5 8 11 16 17 19
内訳 う蝕 15 23 5 1 3 45 10 10 11
歯肉炎、歯周病気 4 4 4 2 2 5 7 4 3
食道、胃の病気
十二指腸の病気
16 14 18 8 7 11 20 21 22
肝病気 27 26 29 14 12 23 32 35 38
皮膚、皮下組織の病気 27 24 29 6 10 19 35 36 38
筋骨格系、結合組織の病気 32 27 36 14 14 22 41 44 50
腎尿路生殖器系の病気 22 23 22 9 6 13 31 34 36
妊娠、分娩、産じょく 8 8 7 8 8
周産期に発生した病態 11 12 11 11 11 8 8
先天奇形、変形、染色体異常 17 16 17 15 12 22 28 31 33
他に分類されないもの 20 17 22 6 9 10 27 29 31
損傷、中毒
その他の外因の影響
33 27 39 6 13 22 47 49 50
内訳 骨折 41 30 48 6 14 26 52 54 56
その他の利用 7 6 8 6 6 5 17 20 23
平均 33 31 34 9 12 26 44 46 50

内訳:主な内訳

少しわかりにくいため、表の見方を説明します。

病気別分類 平均 0歳
~14
15歳
~34
35歳
~64
65歳~ 70歳~ 75歳~
感染症、寄生虫症 21 23 19 5 8 16 32 34 36
  • 感染症、寄生虫症で入院する場合、平均入院日数は21日です。

  • 性別では、男性の平均入院日数は23日、女性が19日です。

  • 年齢別では、0歳~14歳の平均入院日数は5日、15歳~34歳は8日、75歳以上は36日です。

赤色の病気が長期入院する病気です。

長期入院が必要な病気を抜粋すると

長期入院が必要な病気 平均入院日数
血管性認知症
詳細不明の認知症
359日
統合失調症
統合失調症型障害
妄想性障害
561日
アルツハイマー病
(アルツハイマー型認知症)
236日
脳血管関係の病気 93日

これらの長期入院が必要な病気になった場合の平均在院日数(平均入院日数)は約100~約500日です。

長期入院が必要な病気で入院する確率

あなたの周辺で、長期入院する病気で入院している方はいますか?

ほとんどいないと思います。

なぜなら、長期入院する病気で入院する確率は相当低いからです。

厚生労働省患者調査(2011年)「傷病分類別にみた受療率(人口10万対)」を参考に、長期入院する病気で入院する確率を計算すると次の通りです。

長期入院する病気 入院確率
精神、行動の障害 0.23%
血管性認知症
詳細不明の認知症
0.03%
統合失調症
統合失調症型障害
妄想性障害
0.13%
アルツハイマー病
(アルツハイマー型認知症)
0.03%
脳血管の病気 0.14%

1万人の知り合いがいたら「アルツハイマー型認知症」で入院した人を3人くらい思い出せるかもしれません。

認知症の薬はこちらを参照しよう。
認知症薬は効果なし?むしろ悪化? 薬の種類と副作用一覧

長期入院する病気で入院する確率は、それくらいの確率です。

病気別入院確率
平均入院日数

厚生労働省「患者調査(2011年)」を参考に作成

※入院率=10万人あたりの入院人数 / 10万

病気 入院人数
/10万人
入院率 平均入院日数
感染症、寄生虫症 18 0.02% 20.5
内訳 結核 3 65.4
ウイルス肝炎 1 15.4
悪性新生物 120 0.12% 19.5
内訳 12 0.01% 22.6
結腸、直腸 15 0.02% 17.5
肝、肝内胆管 6 0.01% 18.6
肺など 15 0.02% 21.7
乳房 4 11.8
血液、造血器の病気
免疫機構の障害
5 0.01% 30.0
内分泌、栄養、代謝病気 29 0.03% 29.4
内訳 糖尿病 19 0.02% 36.1
高脂血症 0 21.2
精神、行動の障害 225 0.23% 296.1
内訳 血管性認知症
詳細不明の認知症
31 0.03% 359.2
統合失調症
統合失調症型障害
妄想性障害
139 0.14% 561.1
神経系の病気 92 0.09% 76.2
内訳 アルツハイマー病 33 0.03% 236.3
眼、付属器の病気 10 0.01% 5.3
耳、乳様突起の病気 2 8.2
循環器系の病気 200 0.20% 45.3
内訳 高血圧性の病気 6 0.01% 41.2
心臓の病気
(高血圧性以外)
46 0.05% 21.9
脳血管病気 137 0.14% 93.0
呼吸器系の病気 71 0.07% 26.5
内訳 喘息 3 12.7
消化器系の病気 51 0.05% 12.9
内訳 う蝕 0 15.4
歯肉炎、歯周病気 0 4.0
食道、胃の病気
十二指腸の病気
6 0.01% 15.9
肝病気 7 0.01% 27.4
皮膚、皮下組織の病気 13 0.01% 26.8
筋骨格系、結合組織の病気 50 0.05% 32.2
腎尿路生殖器系の病気 38 0.04% 22.1
妊娠、分娩、産じょく 14 0.01% 8.0
周産期に発生した病態 5 0.01% 11.4
先天奇形、変形、染色体異常 5 0.01% 16.5
他に分類されないもの 15 0.02% 19.7
損傷、中毒、その他の外因の影響 99 0.10% 33.4
内訳 骨折 68 0.07% 41.1
その他のサービスの利用 7 0.01% 7.4
平均 1068 1.07% 32.8

その他のサービスの利用:健康状態に影響を及ぼす要因、保健サービスの利用

医療保険は入った方が得なのかを数値で計算した結果、意外な事実が!
医療保険は必要?不要? 受取保険金 VS 保険料

病気別、年齢別平均入院日数

厚生労働省患者調査(2011年)を参考に作成

主な病気 平均 0~
14歳
15~
34歳
35~
64歳
65歳
以上
70歳
以上
75歳
以上
結核 65 70 59 12 45 63 69 71 73
ウィルス肝炎 15 16 14 6 13 13 22 22 26
胃の悪性新生物 23 21 26 19 13 16 25 27 30
結腸、直腸の悪性新生物 18 15 21 11 14 12 20 23 27
肝、肝内胆管の悪性新生物 19 18 21 30 17 16 19 20 21
肺などの悪性新生物 22 21 24 27 12 20 23 24 26
糖尿病 36 29 45 14 42 21 48 54 66
血管性認知症
詳細不明の
認知症
359 303 400 467 255 365 366 383
統合失調症等 561 659 479 87 105 375 1403 1560 1606
アルツハイマー病 236 212 250 177 238 234 236
高血圧性疾患 41 35 44 9 10 13 49 51 55
心疾患 22 15 33 16 25 9 26 29 35
脳血管疾患 93 76 112 23 31 55 104 110 121
食道、胃、十二指腸の疾患 16 14 18 8 7 11 20 21 22
肝疾患 27 26 29 14 12 23 32 35 38
平均 33 31 34 9 12 26 44 46 50

通常の医療保険では長期入院する病気に対応できません。

1回あたりの入院日数の上限が60日~120日だからです。

↓このような保険の加入が必要です。
医療保険のおすすめは長期入院保障型!違いは入院日数

まとめ

  1. 平均在院日数(32.8日)の10倍以上の日数を必要とする長期入院する病気がある
  2. 長期入院する病気は、脳神経や精神に関わる病気が多い
  3. 最も長期入院する病気は「統合失調症」
  4. しかし、これら病気で長期入院する確率は相当低い