エピデュオゲルの副作用 痛い 赤くなる かゆい!はなぜ起こる?

スポンサーリンク

エピデュオゲルは日本で発売されているニキビ薬では最強の効果がありますが、副作用も結構なものです。

  • 赤くなる
  • 痛すぎる
  • ヒリヒリする
  • かゆい

エピデュオゲルを使って痛い目にあってしまって、なぜ?どうして?という思いの方もいるかもしれませんね。

そんな、なぜ?にお答えしたいと思います。

スポンサーリンク

エピデュオゲルの副作用

エピデュオゲルはディフェリンとベピオの配合剤です。

ディフェリンゲル+ベピオゲル=エピデュオゲル

※エピデュオゲルはデザイン変更されています

ニキビ薬ディフェリン・ベピオには、赤くなる、痛い、ヒリヒリするなどの皮膚刺激の副作用があります。

詳しくはコチラ!
ベピオは背中ニキビもOK!効果、副作用、使い方 ディフェリンとの違い

エピデュオゲルはディフェリン・ベピオの配合剤のため、皮膚刺激(赤くなる、痛い、ヒリヒリ)の副作用がその2剤より強く出ます。

中にはパンパンに顔が腫れる方もいます。

副作用の理由から、エピデュオゲルを使う前はディフェリンかベピオを先に使ってみて、効果と副作用のバランスを確かめてみるのがセオリーです。
(ディフェリン・ベピオもニキビに十分な効果が期待できますからね)

3種類のニキビ薬の副作用を比較してみましょう。

エピデュオゲルの副作用比較

<3種類のニキビ薬の副作用比較>

ニキビ薬 副作用頻度 皮膚刺激頻度
エピデュオゲル 12.7% 10.4%
ディフェリン 3.0% 3.0%
ベピオ 6.7% 2.9%

(国内第3相比較試験結果より)

エピデュオゲルの副作用頻度が圧倒的であることがわかります。

そして、エピデュオゲル副作用のほとんどは皮膚刺激だとわかります。

その他の副作用は、皮膚のかゆみ、はがれ、乾燥感です。

副作用頻度

エピデュオゲル、ディフェリンゲル、ベピオゲルの副作用頻度(グラフ)

皮膚刺激率

エピデュオゲル、ディフェリンゲル、ベピオゲルのヒリヒリ頻度(グラフ)

でも、どうしてエピデュオゲルはこのような副作用が起こるのでしょうか?

エピデュオゲルの副作用が起こる理由

エピデュオゲルには3つの効果があります。

  1. ピーリング効果
  2. 抗菌効果
  3. 抗炎症効果

3つの効果 くわしくはコチラ!
エピデュオゲルとディフェリン/ベピオの効果比較 効かない噂は本当か?

ここで注目したいのがピーリング効果です。

エピデュオゲルには古い角質をはがして毛穴のつまりを防ぐピーリング効果があり、目に見えないニキビも作らせないように肌環境を整えます。

ニキビと肌環境はコチラでも解説中!
保湿剤ヒルドイドがニキビ・ニキビ跡に効く!? それは本当なの?

つまり、エピデュオゲルは正しい使い方をしたとしても、古い角質をはがして肌環境を整えるプロセスで「赤くなる、かゆみ、痛い」など不都合なことが起こるのです。

ただし、これは必ずしも副作用とは言い切れない一面もあります。

度を超えた皮膚のはがれや赤みは、相性が良くない可能性があるからです。

そのときは、エピデュオゲルを中止して診察を受けるべきでしょう。

エピデュオゲルの痛い、赤くなる副作用はいつまで?

エピデュオゲルは皮膚刺激が多く、皮膚の赤み(紅斑:こうはん)、かゆみ(そう痒)、はがれ(落屑:らくせつ)、乾燥(ヒリヒリ)、痛みなどの副作用が起こるのでしたね。

これらの副作用がいつまで続くかを調べた試験結果がコチラです。

エピデュオゲルの1年間の副作用の推移

出典:マルホHP(一部改変)

エピデュオゲルの使いはじめに副作用が出てしまった方は、本当に痛いくてヒリヒリするそうです。

その中でも痛すぎる!という理由で脱落してしまう方も実際います。
(3つの海外第Ⅲ相試験の分析結果では2%が副作用のため試験中止)

エピデュオゲルの使いはじめはツライかもしれませんが、皮膚の刺激(赤み、痛み)は1週間後をピークに少しずつなくなってきます。

皮膚のターンオーバー短縮のため、少し痛みに耐えなくてはならない期間あるのです。

ニキビ薬の順番と塗り方も要チェック!
7つのニキビ薬は この順番で こういう塗り方をするとパーフェクト!

エピデュオゲルの副作用対策

エピデュオゲルの副作用対策は次の2つが有効です。

  1. 保湿剤や化粧水を先にたっぷり使う
  2. 塗って30分くらいしたらはがす

詳しくはコチラで解説中!

エピデュオゲルの使い方 3つのルール 痛くなる前にこうすれば大丈夫

ヒルドイドの塗る順番 化粧水/乳液/ニキビ薬/ステロイド どれから?

まとめ

リンクをクリックすると対応する記事内に戻れます。

  1. ニキビ薬ディフェリン・ベピオには、赤くなる、痛い、ヒリヒリするなどの副作用がある
  2. エピデュオゲルはそんなディフェリンとベピオの配合剤であるため、ある程度の副作用は覚悟しなければならない
  3. エピデュオゲルの副作用(赤くなる、かゆみ、痛い)は古い角質をはがして肌環境を整えるプロセスで起こる
  4. 副作用のピークは1週間までに訪れ、1カ月経つとかなり消失する