タミフルドライシロップとイナビルは子供(幼児)に効かない?苦い味VS吸入

水を飲む子供

インフルエンザを発症した子供(幼児)の場合、飲み薬と吸入薬の選択肢は3種類あります。

  1. タミフルドライシロップ
  2. イナビル
  3. リレンザ

リレンザは吸入方法が特殊なため、子供に使用されることは少なく、事実上タミフルドライシロップイナビルの2択になります。

しかし、タミフルドライシロップは苦味がきつく、イナビルは一発勝負の吸入になり、どちらも色々な意味で苦労する薬です。

スポンサーリンク

タミフルドライシロップの飲み方、使い方

タミフルドライシロップ3%

タミフルドライシロップの治療投与と予防投与の飲み方、使い方

治療投与 予防投与
1kgあたりの1回用量 約0.067g
1日服用回数 2回 1回
服用日数 5日間 10日間

タミフルドライシロップは、1歳未満の子供に対する安全性、有効性は確立していません。
1歳以上~37.5kgまでの子供に対して使用されます。

2016年11月24日から、0歳児もタミフルドライシロップを使えるようになる予定です。

  • タミフルドライシロップを治療に用いる場合には、インフルエンザの症状が発現から2日(48時間)以内に飲み始めます。
  • タミフルドライシロップを予防に用いる場合には、インフルエンザ患者に接触してから2日(48時間)以内飲み始めます。

(症状発現もしくは接触から2日(48時間)経過後に服用を開始した場合の有効性を裏付けるデータはありません)

タミフルドライシロップの味は苦い

ミックスフルーツ味って本当?

タミフルドライシロップは、ミックスフルーツ味といわれていますが、とんでもないです。

口に入れた瞬間は若干の甘みを感じますが、すぐに苦い味が襲ってきます。
(大人が飲んでも嫌な苦い味です)

そのため、タミフルドライシロップを飲んだ子供(幼児)は、苦い味が原因で吐いてしまう。という事例が多く発生します。

苦い味をごまかす工夫

タミフルドライシロップの苦い味を軽減して飲みやすくするために、次のような食品に混ぜるなどして工夫します。

  • チョコアイス(濃い味)
  • ココア
  • スポーツドリンク(濃い味タイプ)
  • オレンジジュース(100%)

安いバニラアイスや、濃度の薄い(味の薄い)りんごジュースなどにタミフルドライシロップを混ぜてしまうと、苦い味が増してしまうようです。

タミフルドライシロップは効かない?

タミフルドライシロップは効かないといわれる場合がありますが、そんなことはありません。インフルエンザへの効果が認められています(後述)。

タミフルドライシロップが効かないのは、苦い味のためしっかり服用できていないことが原因です。

また、タミフルドライシロップは、体重1kgあたりの1回量は約0.067gですので、体重が20kgの場合の1回量は1.3g程度になります。

子供(幼児)の体重の増加とともに、薬の量も増えるため服用が難しくなってきます。

タミフルドライシロップは効かないではなく、しっかり飲めないため効いてこないのです。

イナビルの使い方(吸入)

タミフル、リレンザ、イナビルはインフルエンザ異常行動の原因?
インフルエンザの時期になると、メーカーからタミフルの異常行動に関する注意喚起の冊子が郵送されてきます。タミフル、リレンザ、イナビルはヤバい薬なのでしょうか?

イナビルの治療投与と予防投与の使い方(吸入)

治療投与/予防投与 予防投与
対象 10歳以上の子供
大人
10歳未満の子供 10歳以上の子供
大人
用法用量 1回2本 1回1本 1回1本
投与期間 1日間 1日間 2日間

イナビルは、2016年-2017年シーズンから10歳未満への子供にも予防投与ができるようになりました。

イナビルも効かない?

イナビル吸入方法ムービー

出典:第一三共HP

イナビルもタミフルドライシロップと同様に効かないといわれる場合がありますが、そんなことはありません。インフルエンザへの効果は認められています(後述)。

イナビルの添付文書(医療者用の薬の説明書)には、タミフルドライシロップの様に、「1歳未満の子供に対する安全性、有効性は確立していません」というような記載はありません。

そのため、イナビルは吸入できるのであれば、何歳からでもイナビルの使用は可能です。ただし、正確に吸入できる年齢は、5歳以上と言われています。

イナビルが効かないは、正しく吸入できなかったことが原因のひとつです。

タミフルドライシロップとイナビルの子供(幼児)への治療効果の比較

タミフルカプセル、イナビルを大人に対して使用した場合、治療効果と予防効果は同等です。

しかし、タミフルドライシロップとイナビルを子供(幼児)に対して使用した場合、一定の条件で効果の優越が認められます。

子供(幼児)に対しては、タミフルドライシロップよりイナビルの方が効果があるようです。

効果の比較条件

  • 9歳以下の子供が対象
  • 2008年-2009年シーズン
  • イナビルは1本吸入
  • タミフルは、1回体重1kgあたり0.067g、1日2回5日間服用

イナビルとタミフルの効果(子供)

イナビルとタミフルの効果(インフルエンザ罹病時間)

イナビルとタミフルのインフルエンザ罹病時間(子供)

イナビルとタミフルの効果(体温が回復するまでの時間)

イナビルとタミフルの効果(体温が回復するまでの時間)

タミフルドライシロップの予防投与の効果

【妊婦のインフルエンザ】タミフル、イナビル、リレンザは赤ちゃんに大丈夫?
妊婦は重症化するリスクが比較的高いため、インフルエンザの薬(タミフル、イナビル、リレンザ)を使用することがあります。薬の妊婦と赤ちゃんへの影響を解説します。

イナビルの10歳未満の子供(幼児)への予防投与は、2016年-2017年シーズンからですのでデータがありません。

タミフルドライシロップの予防投与の効果のみ検討します。

国外で行われてたタミフルドライシロップの予防投与の結果
(インフルエンザを発症した割合)

タミフル服用群 タミフル非服用群
1歳~12歳の子供 4.3% 21.4%

第Ⅲ相予防試験(10日間投与)(国外:WV16193) より

私の持つ資料には使用した量についての記載がありません。

ただ、海外でのタミフルドライシロップの用法用量は日本と同じですので、同用量を使用したと思います。

まとめ

  1. 子供のインフルエンザの治療には、タミフルドライシロップとイナビルの使用例が多い
  2. タミフルドライシロップは苦いが、しっかり飲まないと効かない
  3. タミフルドライシロップの苦い味を軽減するために、食品と混ぜるのもひとつの手段
  4. イナビルも正しく吸入しないと効かない
  5. 子供のインフルエンザに関しては、イナビルの方が効果が高いように見える

ダミフルドライシロップ、イナビルの効果については、添付文書、インタビューフォームのデータを使用しています。